出口のない海の作品情報・感想・評価

『出口のない海』に投稿された感想・評価

gakupapa

gakupapaの感想・評価

3.5

人間魚雷回天の非道さを改めて知る。
周りが見えない極狭空間に閉じ込められ、特攻に失敗すれば海底で窒息死。
日本の敗戦を確信しながらも志願して死んでゆく若者が唯々不憫であり、人命軽視の狂った時代が再び…

>>続きを読む
ゆう

ゆうの感想・評価

3.5

空からの特攻があるなら下からもあるのかな?とふと思い、流石にそんな非人道的なことはしないよなと思いつつ調べたら本当にあったのが回天だった。

戦争映画は好きじゃないし苦しいけど、私にできることは知る…

>>続きを読む

有人魚雷型特攻兵器「回天」の搭乗に志願した若者の話。

潜水艦内では音立てたら居場所がバレるから大声なんて出さないし、省エネのためにみんな横になってぐったりしてるしで今まで見た戦争映画と全然違った。…

>>続きを読む

8月個人的戦争映画特集第5弾

この映画の良いところは回天の内部構造を説明している事。
その訓練なども映してくれている。
難しい名前を順番通り覚えなくてはならずより事故が起こりやすくなっている気がし…

>>続きを読む

八月なのでまた戦争映画。
佐々部清監督、横山秀夫原作で『半落ち』に続く同コンビによる作品。
山田洋次さんが脚本(今村昌平監督の『うなぎ』を書いた冨川元文さんがもしかしたらメインライターなのかも知れな…

>>続きを読む
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

2.0

大まかにしか知らなかった人間魚雷「回天」について理解できたし、こうして現代の感覚からすれば「無益に」命を散らした人たちの生き様が垣間見えるという点では貴重だが...クサいと説教臭いがないまぜになった…

>>続きを読む
静かな映画

盛り上がりはないけど
回天がどういうものなのか知るには良かった

大切な人が出兵してしまうのなんて耐えられない
映画猫

映画猫の感想・評価

3.0

2022-18

回天に限らず命懸けでお国のために戦った軍人の多くが今の自分と同世代だったことに切なさや苦しさを感じるけど、それと共にある種の尊敬も感じる
物語として大きな起伏は無いけど、静かな中で…

>>続きを読む
大和ミュージアムで実物の回天見ました

若者たちは本当に望んで逝ったのか
軍神になりたかったのか
搭乗員の肉声や手紙が残っていますが、それが本心なのかどうかは同じ立場にならない限りわからない
MayumiM

MayumiMの感想・評価

2.7

大東亜戦争末期には、回天に限らず潜水艦どころか戦艦すら特攻兵器として活用されたんだから……と思いつつも、最初から特攻兵器として作られた回天はの存在はやっぱり悲しいよな、と思いながら鑑賞。
とはいえ、…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事