男たちの大和/YAMATOの作品情報・感想・評価

「男たちの大和/YAMATO」に投稿された感想・評価

null

nullの感想・評価

4.0
軍人が美化されているという評価もよく見かけるけど
こういう作品で美化されることで鎮魂に繋がるのなら、こういう作品は必要だと思う
特攻なんて馬鹿げている、美しい事のように描くな、なんて考えるよりも
死にたくなくともそれを選ばざる得なかった人たちが実在して、今がある事を忘れたくないと思った
miki

mikiの感想・評価

3.5
反町と中村獅童は、毎度同じようなキャラの軍人役で見飽きた。
松山ケンイチがまだ初々しい。
戦闘シーンは気合入っている。
プライベートライアンやハクソー・リッジ先に観ちゃうと…。
お国の為、命を落とされた方々を思うと辛い一本です。
水曜日

水曜日の感想・評価

2.4
戦艦大和の最後の出撃。沖縄に米艦隊に向けて小艦隊で決死の出撃をする。

巨大セットを作った割に、艦橋と対空機銃員に絞った話だが、悲劇を語るには適度な範囲だと思った。これ以上話を拡げると、話と俳優たちが分からなくなる。

結果的に大和は、使い道を決めかねるまま最期を迎えるのだが、戦争中「大和を沈めても勝利を得る」局面が数回あったと思う。その決意が出来ないまま不運な最期を迎えた事は、日本的な責任回避構造の結果だと思った。
Seiji

Seijiの感想・評価

3.6
やや、感動させようと誘導する事が鼻に着きますが、邦画としては迫力のある戦闘シーンは特筆できます。
SharkD

SharkDの感想・評価

4.2
長渕剛の主題歌がいい!
ちょうど大和のセットがある時期に修学旅行で広島行って実物見れてよかった思い出!
貴重な戦争体験、とむらい方なので感動的だった。
若くして戦地に赴いた若年兵の事を思うといたたまれない。内地に残した家族の事、想い戦地に散った先人の事を思える一本でありました。
Mark

Markの感想・評価

3.0
いかんと思いながら複数回に分けて鑑賞。

お金がないのか、戦況や時代背景を解説で済ますのはやめてほしい。いきなり安っぽくなる。そこは上手く演者に話させて欲しかった。

現在と過去が行ったり来たりするのも冷めるのでやめて欲しかった。

決戦シーンは概ね良かったが、血だけが多すぎる気がするので、もっと残虐な感じでも良かったと思う。ライアンのオマハビーチ的な。

なぜか日本の戦争映画を観ると命について考えちゃいますね。
海外の戦争映画観ても、歴史の1ページみたいなイメージで、全体像に関する感想しかないけど、日本人が死ぬとやっぱり身近に感じちゃうのかな。
内容が正しいか正しく無いかは別として泣ける映画。戦争映画は描き方によってどちらかよりになるものだと思って見たらいいと思う。戦争によって多くの犠牲と多くの苦労をした人達が居る事は分かると思う。
高速道路も通行止になる大雪の中、1時間の道のりを倍以上の時間をかけて観に行った思い出深い作品
作り手の自虐趣味を楽しむ映画だ。あの大戦を美化したいのであればこんなメソメソした終わり方にしてはいけないだろうし、英雄譚にすらなっていない。仲代達矢もよく付き合っている。

戦闘場面はさすがに佐藤純彌監督だけあって迫力はあるが、異様に借り物くさい。イーストウッドの「硫黄島からの手紙」と比べれば演出の洗練度で大きく差が出ている。邦画特有のクサイ資質が全面に…。
>|