サクラメント 死の楽園のネタバレレビュー・内容・結末

サクラメント 死の楽園2013年製作の映画)

The Sacrament

上映日:2015年11月28日

製作国:

上映時間:100分

3.1

あらすじ

ある日、連絡が途絶えていた妹から奇妙な手紙を受け取ったパトリック。彼は過激な取材スタイルのVICE社のサムとともに、とある共同体へと潜入取材を敢行する。「エデン教区」と名付けられたその場所は皆幸せそうに暮らしており、妹も無事だった。彼女は、ここで豊かな生活ができるのは“ファーザー”のおかげだと話す。しかし、平和に見える<地上の楽園>だったが、不可解な空気が見え隠れし始める。彼らは取材を装い、妹を…

ある日、連絡が途絶えていた妹から奇妙な手紙を受け取ったパトリック。彼は過激な取材スタイルのVICE社のサムとともに、とある共同体へと潜入取材を敢行する。「エデン教区」と名付けられたその場所は皆幸せそうに暮らしており、妹も無事だった。彼女は、ここで豊かな生活ができるのは“ファーザー”のおかげだと話す。しかし、平和に見える<地上の楽園>だったが、不可解な空気が見え隠れし始める。彼らは取材を装い、妹を救い出そうとするのだが…。

「サクラメント 死の楽園」に投稿されたネタバレ・内容・結末

 

自宅にて鑑賞。'78年、ガイアナで起こった人民寺院集団自殺を扱ったPOV。ジェームス・ウォーレン・ジョーンズは劇中、“お父様(ファーザー)”と呼ばれ“チャールズ・A・リード(演じたG.ジョーンズは実在のJ.ジョーンズより高齢だったが説得力があり素晴らしかった)”とジョーンズタウンは“エデン教区”、足を踏み入れたのも視察に訪れた政治家ではなく、妹を救出に同行した潜入報道の為と改められている。更に犠牲者が914人から167人となり、実際の事件とはラストも異なる。地味目乍ら最後迄眼が離せなかった。70/100点。

・集団自決直前迄は知る限り史実に近い展開の上、無茶な作りや大袈裟な演出は鳴りを潜め、惹き込まれる様なリアリティがあった。特に徐々に楽園のボロが噴出する様はサスペンスフルで、臨場感があった。終始、堅実な作りに映る反面、派手さに欠け、後味も悪いのが好みを分けると思われる。

・本作と同じ事件を扱ったものでは、『ガイアナ人民寺院の悲劇('80/パナマ・メキシコ・スペイン合作)』、TVムービーの『Guyana Tragedy The Story of Jim Jones('80)』、ドキュメンタリー『Jonestown: The Life and Death of Peoples Temple('06)』がこれ迄に製作されている。

・劇中、登場する"VICE"はNY、ブルックリン、ウィリアムズバーグに拠点を置き、実在する。

・プレゼンターと(共同)製作を務めたE.ロスによれば、当初のシナリオのラストは、ヘリコプターが上昇した後、("C.O'Jore"とクレジットされた)C.オジョア・メイフィールド演じるパイロットが「我々は“お父様”の命令に従わなくてはいけない」と科白を云い、二人を殺害した後、ヘリコプターを墜落させると云うものだったらしい。

・鑑賞日:2016年10月29日

 
 カルト教団人民寺院の集団自殺をモチーフにした話。

 妹が宗教団体のコミュニティに入ったまま帰ってこないので、その奪還とその場所の取材に行ったクルーたちが撮影したという体のPOV方式の映画でした。POV方式の映画によくある構成のパターンで事件が起こるまでが取材という形で話が進んで行きますが、何やら不穏な空気が感じることができますが、特に何も起きないのでなかなかの集中力がいる序盤でした。

 1人の少女が「助けて」というメモを持ってきたあたりから、話が転がり始めて、逃げたいという人たちがいたりファーザーと呼ばれる教祖様が怪しい人物だったりと絶対この場所危ないというのがわかってきて、翌朝に迎えに来たヘリに行くけど…。

 そこから、悲惨な集団自殺とか銃で襲いかかってくる信者とかサスペンスが高まりますが、実際の事件を知ってしまっているとそれ以上のものがないので、新たな驚きがなかったです。それよりも最後の最後のピンチで、いきなり助けてくれる警備の人みたいな男性とか一体誰だったんだろう? という疑問が残ったまま終わってしまいました。それに銃撃されて負傷したヘリのパイロットとかも撃たれてヘロヘロなのに、律儀にみんなを待っていたりしているのが不思議でした。

 とはいえ、人民寺院の事件のあらましを知ることができるという点で面白い映画でした。
カルト集団の中で生活する妹の元に赴き、カルト集団の実態を暴こうとカメラを回す。
逃げ出すものは許さないカルト集団の実態が暴かれる。

あらすじの通りの話。
まあぼちぼち。
いろいろと勿体無いし惜しい映画。

元になった事件があまりに強すぎるために、それを活かしきれていない気が。

POV/ファウンドフッテージものにすることで、あの歴史的事件を追体験できるようなつくりではあるけど、そうすると問題の宗教団体の一部分しか見ることが出来ないわけで
「信者はどうしてこんなにお父様を崇拝しているの?」
「お父様がここまでどうやって団体を大きくして人を従わせているの?」
などが腑に落ちないし、この題材からしてその点がちゃんと明らかになっていないと恐怖も半減する。

この映画を見たことで元の事件を知ったけど、この映画よりも、事件のwikiを読んだほうが怖くて、事実は小説より奇なりとは思った。

同時期にやっていたイーライロス監督作品の「グリーンインフェルノ」がかなりよかったせいで期待しすぎたのもあるかも
カルトについて学ぼう。
実話に基づくPOVのモキュメンタリーてことで。
イーライ・ロスとタイ・ウエストのコンビでよくまとまってました。
オープニングからワクワクしていい感じ。
でも、POVだけに深堀りがあまりされず、その場で起こってることの記録にとどまってしまうのが、不完全燃焼になる。

教祖ファーザーは自分で取材許可しといて、おまえらが楽園壊したと言い出すひどい自己中。
自分だけ生き残るのかと思ったら疲れたとか言ってみんなの後に自殺。笑
死体の後処理係は洗脳されきってなかったのか、味方を銃で打ち、おまえら早く逃げろー というはからいで
取材班逃亡成功。
ヘリのパイロットも腕打たれただけで生きてた。都合がよすぎるぞ。
あっさり生き延びちゃって失笑でした。
テープ持ち帰るには生きてなきゃいけないからまぁ、仕方ないかな。。
人民寺院の集団自殺事件の縮小版完コピ。POV視点のモキュメンタリー。監督はタイ・ウェスト。製作にイーライ・ロス

一人の男の手で作り上げたユートピア(偽りの楽園)が内ゲバから崩れ去る・・。よく聞く話やなぁ。相変わらずイーライ・ロスの題材選びは完璧と言って良い。タイ・ウェスト×イーライ・ロスで人民寺院事件をやる!!と言って出来が気にならないファンはいないはず。まぁ結果は並だったわけだけど・・。

『怪しいカルト教団が出てくるやつ大体面白い』と相場は決まっていたんですがねぇ。あの「20世紀少年」ですら小池栄子が出てくる所らへんはちょっと面白かったのだから・・。
正直事件の概要等を知っている人には、『予想以上に完コピだった・・』って以外の驚きはないような気がする。この事件自体TVの”世界のビックリ事件簿”的なヤツでよくやってるわけで・・。個人的にあの集団自殺時の生の音声の方がよっぽど恐い。映像すらないのに不思議ぃ~。

ぶっちゃけこれ導入部が一番面白いんだよなぁ。外部のもんから見たコミューンの生活がどれほど奇妙かを見せる場面が面白さのマックス。(自分達の施設がどれほどすばらしいか熱弁する信者のインタビューシーンや教団側から珍奇な文章が書かれた封書を渡される件とかあの辺)人死が出たりして起こる事態が派手になるからといって尻上がりに面白くなるわけでもないのが悲しいところ・・。都合がよすぎで雑な視点切り替えは、”撮影素材をVICEが見易いように仮編集したもの”を見させられていると思えばまぁ許せる。

BDで再見
製作と脚本にイーライ・ロスの名前が見えたのでレンタルしました。POV…って捉えていいんですかね…簡単に言うと「カルト教団の集団自殺」…厳密には「自殺」とは言えないんでしょうが。
ただ、あたかもその場所にいるかの様な錯覚を味わえるPOVと言うジャンルは好きです。
今作も「足を踏み入れてはいけない場所に来てしまった」とか「自分ではどうする事も出来ない、死へ向かう流れに呑み込まれていく様子」とか…緊張感わ味わいながら映画を楽しめました。
ジムジョーンズの人民寺院を元ネタにしたカルト教団の話。
教団に突入した取材班を追うPOV作品。良作サイコ映画だった。
元ネタの時点でオチはわかってたけど、イーライロスは教団集団自殺が映像でやりたかったんだろなと思って見てた。

もう少し、虐待や教団の酷い部分を映してもよかったと思うけど。それはあえてやらなかったのだろうか。
教祖の胡散臭さは名演だった。

ラストの集団自殺は素晴らしかった。
実際にあった新興宗教団体の集団自殺をテーマに作り上げたPOV形式の映画。

予告編を見ると物語の1から100まで紹介しているので、話の展開には驚きは無かったが、追いつめられていく信者の苦しみや錯綜には心を痛めた。

教祖が何を以て楽園を閉鎖しようとするのかとワクワクして観ていたら、「取材スタッフを帰したらボロクソな記事書かれて軍隊くるし、帰さなかったら捜索隊くるし、俺積んだわ」って言い出すのは笑うしかなかった。そんなこと予想できるだろ!だったら最初から呼ぶなよって。(取材スタッフも楽園を知れば分かってくれる。とか、これで宣伝すれば信者増える。とか浅はかな考えだったのだろうラリってたし)

後はもう、信仰や暴力よりも、教祖の言葉を聴く以外選択肢を持てなくなってしまう集団心理って怖いね…。
VICE社の突撃取材が売りのスタッフによるPOV形式。
薬物治療のためにある宗教団体のコミュニティ「共同体」に入った妹から手紙をもらったという男。
「共同体の暮らしですっかり更生してげんきにしているから一度遊びにきたら」と。
手紙から不穏な様子があるということで、取材レポーターとカメラマン、そして件の兄の3人が「エデン教区」に乗り込む、というモキュメンタリー形式。

「おとうさま」と呼ばれる教祖を中心に、性別年齢人種問わず、平和で幸せに、手作り感溢れる小さなコミュニティを形成する人々。
取材やインタビューの中から見えてくるのはそんな様子のみ。
ただ入口ゲートに武装した警備がおかれていたことの引っ掛かりを除けば。
「おとうさま」に単独インタビューを申し込むと、これまた意外にあっさり、オッケーがでる。
その取材は礼拝堂という、オープンなキャンプ場のバーベキュースペースみたいな集会所で行われ、まるで野外フェスのような雰囲気。
単独インタビューのはずなのに、なぜか信者たちがギャラリーをつくり「おとうさま」の答え一つ一つに感動し声をあげ、祈る。すっかりけむに巻かれた取材チームの周囲・・・このあたりから雲行きが怪しくなってくる。

実際あった「宗教組織による集団自決事件」とのことです。
ちなみにタイトルの「サクラメント」というのは、わたしは最初、街の名前かと思っていましたが「聖餐」という意味だそうで。



ここまで読んで、興味を持った方は最後まで読まずにいたほうがいいかもしれません。

私の感想としては「んー、すべてが物足りない」
イーライ・ロス脚本製作とのことですが、おどろくほど薄味な感じでした。尺が短いのか、教祖のカリスマぶりも、インタビュー時のせりふと、集団自決前のスピーチぐらい、「え、これだけ?」という感じで。脱走しようとする人の怯えるほどの精神的支配や洗脳のあたり、そこの部分、描写があればもう少しなんとかなんとかなった気がしますが。

そしてPOVというわりに、ときどきカメラが「あれ?誰が撮ってるの、これ」みたいにみえて、いらんことに気が散ってしまう。
ヘンに大仰な演出で攻めてこないから、かえって「いやこれほんとにありそうだな」という気にもなるし。
設定は嫌いではないですけどね。短くあっさり見られてよかったかな。
>|