サクラメント 死の楽園の作品情報・感想・評価

「サクラメント 死の楽園」に投稿された感想・評価

kiko

kikoの感想・評価

3.4
900人以上が自殺、惨殺によってカルト教団に殺された史上稀に見る実話。個人的に宗教に入れこめることができる人は疑うことを知らないピュアな人達なのねと。逃げだしたいと思っても監視され逃げられない恐怖は計り知れない。
この集団自殺のうち、子供が200人以上含まれていたそうで‥。子は親を選べない。
[キャラ][脚本][テーマ][演出][世界観]
3 3 3 3 3
エデン教区と言われる 集落に潜入取材しに行った男たち。そこは”お父様”と崇められる男がいる、慈愛に満ちた場所だった。しかし、次第に状況がおかしくなっていき、、というモキュメンタリー作品。実際にあった事件がもとになってるので、胸糞で不気味😭
shoichiABE

shoichiABEの感想・評価

2.5
この映画の元は、1978年に起きたカルト教団「人民寺院」による集団自殺事件。

約900人の死者を出し、その内300人が自殺を強要された悲惨な事件だ。
しかも、教団の村から抜けようとした信者と、それを手助けした視察団が空港で信者たちに襲われ、議員を含む視察団5名が亡くなったというのも恐ろしい。

Wikipediaの『人民寺院』のページには、集団自殺時の録音テープ『死のテープ』が残っている。
なんでも公開される時代なんですね。

この惨劇は9.11の同時多発テロが起きるまで、故殺(意図的に人を殺すこと)としてアメリカ内で最も被害者を出した事件となっていたらしく、事件の大きさを物語っている。

そんな、あまりにも凄まじい惨劇を元にした本作は、取材陣が教団の村に取材をしに行くというスタイルで始まる。
そのメディアが、潜入取材を得意とするVICEというのが、現代的で面白い。

だけど作品では、教団の闇が上手く描けてなくて、あんまり怖くない。
怖くないのに突然、集団自殺が始まるのだから、なんだろうなぁって消化不全を起こしてしまう。

あと、本作のほとんどが潜入したVICEのカメラで映されるという主観ショットで作られている。
正直なところ、メディアが1日中、何でもかんでもカメラに収めてるわけではないので、そこで違和感を感じてしまう。
『なんでここでカメラ撮ってるの?』みたいなシーンが何回もあって、作品を構成するために、主観にしてるのが伝わってきて、とても萎える。
リアリティってすごく大事なのに。

同じく主観ショットで作られた映画といえば『ブレアウィッチプロジェクト』が有名だけど、あれはストーリーが飛びすぎるんだけど、逆にそれがリアルで良かった。

で、もう一個萎えるのが、血糊が雑すぎる。
オレンジ色の血糊ってハッキリ分かる。
なぜオレンジ?
あと、銃で2発撃たれたくらいでは死体は血でベチャベチャにならないと思う。

ということで、思ったよりB級作品で、教団の恐ろしさがあんまり伝わってこない作品でした。
Rookie

Rookieの感想・評価

3.6
実際にあったカルト宗教を下敷きにしたPOV映画
こういうカルト題材大好きよ!
もう少し盛り上がりがあっても良かったが、後半の展開も良い。


置いていっちゃいけないもの置いていった気もするぞ

POVで撮りたい気持ちと、でもこうやって映像で魅せたいよねってシーンが介在してごっちゃになってる感

うーん、宗教と洗脳って全く別物だと思うんだよね。みんながバタバタ倒れてるシーンは気味悪くて最高です
higa

higaの感想・評価

2.0
沖縄ではイーライの『グリーン・インフェルノ』が公開されたほぼ同時期に公開された映画で、観ようと思いつつも忘れることが多く、Gyaoで配信されていたので、この機会に鑑賞。

感想

実話をベースにしたというだけあり、何かしらの怖さはあったものの、なぜかPOV方式で撮影されているし、その結果、逆にリアル性をあまり感じなかった。

ラストは、なかなかのバイオレンスではあったものの色々と消化不良。

無料で観たのが正解。

ってか、折角イーライが関わっているんだから、あいつも信者の一人として登場して、『ピラニア3D』のような悲惨な死に方をしてほしかった。

関係ないが、今週からイーライの新作が公開されるが、端役で出て、壮絶な死に方をしてくれないだろうか?あっ、ファンタジーだから無理か(笑)
新興宗教団体の自治教区にドキュメンタリー番組の取材で潜入。最初はみんな教団に満足しているように見えたが、日が過ぎるにつれ異常性が明らかになっていって…って話。どうもフィクションめいていない。もっと演出をクッキリハッキリできるでしょ、ってところでなんか弱い。と思ったら、これは実際にあった話だったのね。ということはリアリティを出すための描写だったということだ。
ただ、それについての驚きと映画の面白さは別かな。設定以上の面白さにはならなかった。
m900

m900の感想・評価

2.5
実話だし、教祖様だし!って思ったけど、あまりピンとコナカッタ!

こんなにあっさりしてるものなのかな😗??
実際にあったカルト宗教を基にした映画。
1978年11月18日、南米ガイアナで918人の人々が、大量殺人もしくは集団自殺により命を落とした事件。
アメリカ合衆国下院議員と代表団メンバー4人が空港で信者に惨殺されている。
Ayuko

Ayukoの感想・評価

3.0
実在したカルト教団「人民寺院」の集団自殺事件を元に映画化された作品。実際の事件より小規模で地味に描かれてしまっているけど、独裁的な教祖の乱心ぶりと洗脳されることの恐怖は感じられたかな。
>|