サクラメント 死の楽園(2013年製作の映画)

The Sacrament

上映日:2015年11月28日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:100分
    監督
    タイ・ウェスト
    脚本
    タイ・ウェスト
    キャスト
    ジョー・スワンバーグ
    AJ・ボーウェン
    エイミー・サイメッツ
    ケイト・リン・シャイル
    ディーン・ジョーンズ
    あらすじ
    ある日、連絡が途絶えていた妹から奇妙な手紙を受け取ったパトリック。彼は過激な取材スタイルのVICE社のサムとともに、とある共同体へと潜入取材を敢行する。「エデン教区」と名付けられたその場所は皆幸せそうに暮らしており、妹も無事だった。彼女は、ここで豊かな生活ができるのは“ファーザー”のおかげだと話す。しかし、平和に見える<地上の楽園>だったが、不可解な空気が見え隠れし始める。彼らは取材を装い、妹を救い出そうとするのだが…。

    「サクラメント 死の楽園」に投稿された感想・評価

    実在したカルト教団の集団自決をモチーフにしたPOV映画です。あらすじ聞いただけならツボすぎてご飯3杯いけちゃいますね。笑
    話題のホラーゲームOutlast2も同じ「人民寺院」の事件をモチーフにしていますが、なんかどっちももったいねーなー。。。
    尺が足りなかったのか?この惨事に至るまでの狂気が圧倒的に足りてないです。もっと理解が追い付かないほど狂ってる描写が欲しいんですよね信者も教祖も。。まあ元の話に忠実にした結果なのかもわかりませんが元の話があるからって視聴者に委ねすぎなところがあるような。

    んでも個人的にはグリーンインフェルノよりはオモロイかなって感じです。てかさグリーンインフェルノももったいない感じだよね。イーライロスの映画色々もったいない。。。立派な動機作りに一生懸命になりすぎて後半からトーンダウンするのやめて!笑
    同じようなテーマならV/H/Sの二作目あたりに入ってる話の方が全然楽しいからオススメ!!
    集団心理怖い。けど、実話の方がもっと酷いと聞いて調べたくなった。知らない人が見るには事実を知る良い機会なのかもしれない。
    フェイクなのを隠そうともしないの面食らうなー。
    どうせやばい奴らなんだろっていうこっちの考えに頼り過ぎじゃないか。
    死者数をだいぶ少なめにしたのもションボリくる。
    うっかり劇場で見なくてよかった...。
    しょうもないのばっかのモキュメンタリーの中ではかなりマシなんじゃないか

    このレビューはネタバレを含みます

    カルト集団の中で生活する妹の元に赴き、カルト集団の実態を暴こうとカメラを回す。
    逃げ出すものは許さないカルト集団の実態が暴かれる。

    あらすじの通りの話。
    まあぼちぼち。
    集団心理ってやつなのかな。
    こんなの自殺なんて言えない。完全に殺人だし、みんな狂ってたなぁ。本当に怖いわ。
    POVなのにちゃんとした切り返しがあった。文句言ってる人もいるけど、個人的にこのインタビューでの切り返しはかなり良いと思う。女の子の現れ方が怖い。幽霊みたい。
    これはこれで良かったけど、ガイアナ人民寺院の悲劇のが不気味で怖かったかな
    ラストの集団自殺するところはゾクッとした、自殺じゃなく殺人だろと思った
    妹救出大作戦!

    ヤク中だった妹からひさしぶりの手紙を受け取ったパトリック。彼女は現在「エデン教区」なる集団の一員になり、すっかり更生したらしい。しかし別の意味でイかれたのでは、と心配したパトリックは、ジャーナリスト2名と共にエデン教区に潜入する。

    実在したカルト教団「人民寺院」を元ネタにした、ドキュメンタリー風のサスペンス。
    ネタはけっこう好きですが、思ったより地味で残念。ドキュメンタリーという設定いらなくない?このカメラは誰が撮ってるんですか?ってシーンが何回かあって、ヤラセ感が漂う。(ヤラセだけど)
    そしていちばんの問題が、エデン教区の実態がボヤけていた点。ヤバいのはわかるんですが、具体性がなかった。「お父様」のありがたいお説教とか、暴力やらお金の問題やら、もっと詳細に教えてほしかったです。何がヤバいって「空気がヤバい」しか言わないし、私はその空気吸ってないからわかりません。
    とは言え、ラストは壮絶でした。全員でなくても、心の底からお父様を崇拝している人はいたわけで、そういった人たちにとっては彼の言葉は絶対。支離滅裂で意味不明な言葉ですら、100%正しく、疑う余地などまったくない。心の拠り所としての宗教を否定はしませんが、のめり込みすぎると死が待っている。戦前の日本みたいだった。
    >|