ヴァレリアン 千の惑星の救世主の作品情報・感想・評価

ヴァレリアン 千の惑星の救世主2017年製作の映画)

Valerian and the City of a Thousand Planets

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:137分

あらすじ

西暦2740年。連邦捜査官のヴァレリアン(デイン・デハーン)とローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)は宇宙の平和を守る任務に就き、銀河をパトロールして回っている。ふたりは“アルファ宇宙ステーション”へと向かう。そこは長い年月を経て拡張を続け、あらゆる種族が共存する“千の惑星の都市”として銀河にその名を知られていた。しかし、その深部には邪悪な陰謀と、宇宙の歴史から抹殺されようとしていた“秘密”があ…

西暦2740年。連邦捜査官のヴァレリアン(デイン・デハーン)とローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)は宇宙の平和を守る任務に就き、銀河をパトロールして回っている。ふたりは“アルファ宇宙ステーション”へと向かう。そこは長い年月を経て拡張を続け、あらゆる種族が共存する“千の惑星の都市”として銀河にその名を知られていた。しかし、その深部には邪悪な陰謀と、宇宙の歴史から抹殺されようとしていた“秘密”があった……。果たしてヴァレリアンとローレリーヌは“千の惑星の都市”と銀河の危機を救うことができるのか―!?

「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」に投稿された感想・評価

中庭

中庭の感想・評価

3.3
気取らぬ明るさを装いつつも、同様に巨額の製作費を投じられた御大の『レディ・プレイヤー1』と比べ、切実な内容と出来栄えとなっているSF大作。
腕の先のみをロックされたヴァレリアンの、二つの空間を股にかける逃走劇は痛快。『レディ・プレイヤー1』の構造が超えられない壁を突き抜けるような展開だったなと思い返される。幕あいのようなシークエンスで颯爽と登場し暴れるイーサン・ホークの動き一つひとつからも目が離せなかった(あまり画面の中心に据えてはくれなかったが)。
一番好きだったのが、アルファ宇宙ステーションを捜索物目がけて一直線に突っ切る羽目になったヴァレリアンが、各居住区を壁をぶち抜きながら通り抜け(多元レイヤーの各構成を正確に目で追うことは不可能かついちいちファンシーなオチがある)、誤って宇宙空間に飛び出るまでの繋ぎの演出。爽快すぎるが故に、映画的な快楽を伴った感動だったかと問われれば、それはまた別の話。
カーラ・デルヴィーニュの、水着と一体化したような戦闘服兼普段着の衣装、あれは最高。
nobuo

nobuoの感想・評価

3.5
リュックベッソン監督作の超大作スペースオペラ。宇宙ステーションが約二百年かけて次第に増築されていく様をダイジェストで見せるアバンタイトルや、CMにも使われた壁ブチ抜きチェイスシーン等々の楽しさで心が躍ったが、色々惜しさが目立つ映画だった...。


原作は五十年程前の漫画なのでこの点を突っ込むのはヤボだが、クリーチャー描写に魅力・新鮮さが感じられない...。原作の影響を受けた作品(スターウォーズ等)が既に世に出てしまっているため、それらの焼き直しに見えてしまう。ストーリーの主軸となるエイリアンが「アバター」のナヴィにしか見えないのが特に痛い。
世界観の広がり・見応えに関しては確かに凄いものの、被写界深度が浅くて背景をじっくり見せてくれない場面ばかり。監督的にはエイリアン達を見せられればそれでよかったのかな?

また、中盤の潜入ミッション等々の寄り道に割く尺が長過ぎて、せっかくテンポ良い語り口で進むストーリーの流れをぶった切る結果に。リアーナの出番を無理矢理ねじ込んだようにしか感じなかった。


以上書き連ねた文は、楽しめたからこその贅沢な不満ということにしてください...
こんなに不満があるのに、ホントに楽しかったんです。続編が作られるかどうかは厳しそうだけど、やるならまた期待して観に行きます。
デインデハーンがさらなる売れっ子役者になることを切に願う。
cinemastic

cinemasticの感想・評価

3.5
SPACE ODDITYのすばらしきイメージビデオ。大画面で名曲を堪能できるのは最高なんだけれど、楽曲の力が強すぎて本来の映画のパワーが弱まっちゃう現象が起きていた。
ストーリーはものすごく普通というか凡庸な感じだけど、映像はキレイで世界もそれぞれ独特でワクワクさせられる星々ばかり。宇宙大河的な映画におバカカップルが抜けてる感じなのも好き、リアーナが「君は最高のアーティストだよ」と何度も言われているのが結構シュールだった(笑)
地球規模でさえ、人間は好き勝手やっているけど、宇宙規模でみると人間の醜さが引き立つよう。
人間らしさを失ったらロボットと同等でしかないというのをひしひし感じさせられた。だけど実際に映画館に向かう道中で、ただマニュアルに従って能率的にしか動かない人と既に出喰わしたし(きっと全てが彼らの責任ではない)、人間にかわって機械が担っているのを利用している自分もいて、なんだな皮肉的だった。「日本にはヒューマニティーがない」と言われたことがあるが、たしかにマニュアルに一字一句従うだけで、想像力さえ使わずにいる人は残念ながら多いようだし、対応外のものへの冷酷さや例外に対する対応力の悪さは「ありゃりゃ」と感じてしまう。なんだか、愛を持ちにくい社会なのかもしれない。
恭介

恭介の感想・評価

3.3
公開終了間際に滑り込み鑑賞

レオンの面影はどこえやら
リュック・ベッソンの悪ノリが
最高潮に達したハチャメチャB級
ビッグバジェットムービー(笑)

フィフス・エレメントもかなり
ハチャメチャな映画だったが
本作は更にバージョンアップされており
リュックの監督、脚本家、製作者としての
経験値が上がっていると同時に
悪ノリスキルも上がってる事が
良く分かる本作(笑)

世界観の統一感なぞクソくらえ、な
意気込みがヒシヒシと感じられ
目の前のテーブルに、ケーキやプリンや
ゼリー、ドーナツ、クッキー、アイスに
杏仁豆腐、さらに、うまい棒まで並べ
られ、さぁ食え!どや!みたいな
ベッソン流強制的スイーツバイキング。
しかも出てくるスイーツは全て合成着色料
使用の極彩色スイーツばかりだ(笑)

また、大挙として出てくる異星人達の
デザイン。CGが当たり前の時代に
あえて、着ぐるみ的で珍妙な奴らが
多いのはフィフス・エレメントから
変わってないなぁ(笑)
個人的にCGだけど
腹立つぐらいツボに入ったのが
「ダ」っていうエイリアン(笑)


何もかも視覚的にはド派手に見えるので
最初のウチは目を奪われるかもしれないが
やはり、コテコテのものばかりだと
あっと言う間に飽きがくる。

ただ、ストーリーが上手く乗っかって
くれてれば、飽きずに話でグイグイ
もっていかれるので、見た目が
コテコテでも相乗効果でアリになるが
・・・

いかんせん、上映時間が長すぎる。
好きなものをブチ込み過ぎて収集が
つかなくなりました、テヘペロっ
って舌出してる場合じゃねーよ
リュック(笑)

ただ、キャスティングは良かった!
過去作品からちょっと暗いイメージの
あるデイン。今回みたいなチャラい
にいちゃん風が意外にも合ってて
前より親近感アップ。

そしてなにより、カーラ。
もうあんな相棒ならなんでも許す(笑)
ベッソンお得意の、無意味に衣装チェンジを繰り返す演出で、何を着ても似合ってる
のが凄い(笑)

この二人がキャラクターに割と
マッチしてて良かっただけに
ストーリーとテンポが悔やまれる。

世界観に統一感なくてもいいんです。
ハチャメチャにやってくれても
いいんです。B級的なノリは大好物!
それなら鑑賞中に、はっっと我に帰る
スキを与えない演出やテンポが欲しい。
それこそが悪ノリトリップ映画の極意。




あ、けど

色々言いましたが
そうは聞こえないかもしれないけど

好きですよ、ヴァレリアン(笑)
SUNAO

SUNAOの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

宇宙を縦横無尽に飛び回るアドベンチャーかと思いきや

箱庭であります

一つの宇宙ステーションという箱庭の中に、多くの異星種族が住まっているという設定です

恐ろしや、フランス漫画バンド・デシネの考える世界観

この設定のおかげで、スペースオペラにつきもので、なんか長い星間移動を廃しつつ、船内探索劇に変えてしまうんだからびっくり

しかして、原作であった『時空警察』の要素はなりを潜め
スターウォーズならばEP1かなぁとなる内容です

それでも、映像美には目を見張りますし
何より、技術アイデアにはびっくり

『VRでお買い物』の最終形とも言える発想には、さしもの現代人も驚きなんじゃないでしょうか

つまり、観ないとSFを偉そうに語る事が出来なくなるような作品の一部になってる気がします

続編見たいなぁ.....
ここ数ヶ月PR誌を切り抜きスクラップしながら待ちわびていた。
公開館数と、スクリーン座席数の少なさか?常にほぼ満員状態だった印象です。観るのが遅くなってしまい後悔。もう一回くらい見たかったです。
問題はデハーンが映ると他を見ることがおろそかになってしまうところでした。少佐階級の設定がより萌えを誘ってくる。コミックの印象と全然違うけどもはや最高。
脇の俳優陣も好きなタイプの人ばかりだったので早くもう一度見たい。
nyaho

nyahoの感想・評価

3.5
映像がすごすぎて
頭追いつかんかった(笑)
ただ逆に安っぽく見える不思議。
まぁ最初から最後までラブラブカップルを見守る映画、すてき。
Hidezou

Hidezouの感想・評価

2.8
『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』

オリジナリティのある物語ではないが、『フィフス・エレメント』を継承発展させたようなリュック・ベッソン独特の世界観と映像に魅了された。
でもこの世界観がダメな人も多いのかな。

R・ハウアーとE・ホークの使い方(笑)
ローレニーヌが可愛かった。
人間の夢が詰まった…というか詰め込みすぎた良作!!!

やっぱりこういう宇宙映画良いよね…夢が、ロマンが溢れてるよね…!

終盤が個人的にとっても惜しかったのは否めないけど、観ててとっても楽しい映画でした!

バブルのダンスシーンが一番良かった…うん(感涙
Roze

Rozeの感想・評価

3.7
長らく待ってましたー!!!
映像すごい、あんな世の中を想像する
リュック・ベッソンはすごいな

デインデハーンもかっこよすぎる
一児のパパだとは思えない
>|