ヴァレリアン 千の惑星の救世主の作品情報・感想・評価

ヴァレリアン 千の惑星の救世主2017年製作の映画)

Valerian and the City of a Thousand Planets

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:137分

3.6

あらすじ

西暦2740年。連邦捜査官のヴァレリアン(デイン・デハーン)とローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)は宇宙の平和を守る任務に就き、銀河をパトロールして回っている。ふたりは“アルファ宇宙ステーション”へと向かう。そこは長い年月を経て拡張を続け、あらゆる種族が共存する“千の惑星の都市”として銀河にその名を知られていた。しかし、その深部には邪悪な陰謀と、宇宙の歴史から抹殺されようとしていた“秘密”があ…

西暦2740年。連邦捜査官のヴァレリアン(デイン・デハーン)とローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)は宇宙の平和を守る任務に就き、銀河をパトロールして回っている。ふたりは“アルファ宇宙ステーション”へと向かう。そこは長い年月を経て拡張を続け、あらゆる種族が共存する“千の惑星の都市”として銀河にその名を知られていた。しかし、その深部には邪悪な陰謀と、宇宙の歴史から抹殺されようとしていた“秘密”があった……。果たしてヴァレリアンとローレリーヌは“千の惑星の都市”と銀河の危機を救うことができるのか―!?

「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」に投稿された感想・評価

友一

友一の感想・評価

3.3
心の中学二年生ことリュック・ベッソン、ここに極まれり。

デイン・デハーンってニヒルなヒーローキャラクターあんまり合ってないかも...なんて、

このレビューはネタバレを含みます


ヴァレリアンとバブルの会話が最高!

「私のダンスどうだった?」

「 最高だった」

「サンキュー」

「どういたしまして」

あぁ〜 この会話最高!

こんなシンパシー感じられる人間でいたい!

あ〜 リック・ベッソン作品観てる〜
tennisboyk

tennisboykの感想・評価

3.5
映像すっげえキレイ!!
カーラ・デルヴィーニュすっげえ美人!!
話すっげぇ微妙!!!
【多様性の中に】

リュック・ベッソンの作品の中で、僕が一番好きな作品は実は、[フィフス・エレメント]だったりする。ブルース・ウィリスの短髪、そしてミラジョボの卓越した美しさ、そしてあの世界観…好きだった。その世界観をまた新しい形で、実現したのはこの作品。

[アーサーシリーズ]も手掛けていたリュック・ベッソンだが、[SF作品]はこの作品が久々に手掛ける作品だ。
まるで、[アバター]と[スターウォーズ]を掛け合わせたような世界観。
題名の[ヴァレリアン]は、主人公の名前で、彼と、パートナーの[ローレリーヌ]の物語である。アバターのように透き通った肌を持つ、[種族]との戦争を描いている。だが、そこには政府の[陰謀]が渦巻いており、なぜ[種族が故郷を追われたのか?]、政府の陰謀と関係があるのかを、二人は追うことになる。

この頃、監督作としては、あまり[良作に恵まれていない]ベッソンだが、自分はこの作品が良作であると言える。というのも、ベッソン監督は過去に[グラン・ブルー]という傑作を作っており、本作がその流れを汲んでるからだ。彼は、その直後から、映像の質に拘っている。[フィフス・エレメント]でも、未来都市の構成から何まで徹底していたし、[アーサーシリーズ]でも、ミニモイ達の住む世界のグラフィックが、群を抜いてた。

本作は、いわゆるベッソンの[原点]に少しだけ帰ってきたと言える作品だと思う。そこには、種族の多様性に対する、[人の認識]の仕方が込められており、メッセージ性もちゃんとある。
原作が、なかなかマニア性をくすぐられる内容であろう、この作品がおそらく、映画化には必要な内容であったに違いない…。

だから、観客も映像の[虜]になれるのだ…。

まさに、[劇薬]だった…。
面白かった!未来を描くSF映画。スターウォーズ、フィフスエレメント、アバター、レディープレーヤー1 、混ぜた感じ😆笑
やっぱみんなこうなるんだろうね。けど、脇役にイーサン・ホーク、リアーナくるとこが豪華✨
Takuma

Takumaの感想・評価

4.9
デイン・デハーンとカーラ・デルヴィーニュ主演の超大作スペースオペラ!

この2人が主演なだけで有難うございます!て感じですが内容も普通に面白い!

とにかく色んな宇宙人がいて、色んな文化があって、それらを想像するのがすごく楽しい!

人間側も色んなコスチュームあってオシャレ、イーサン・ホークとリアーナまで出てて最高!
i71113

i71113の感想・評価

3.3
目が冴える映像美と
カーラデルヴィーニュに魅了される。The スペースオペラ。
オーロラ色を帯びた光沢の質感が
ひたすら美しいね。

オープニングから
フィフスエレメント感あって
あがる。&デビットボウイのspace oddityで掴みはバッチリ。
ハンサム君はペットにしたい。
上質なウランをどうぞ。
Space Oddityのクールなオープニングからの映像、世界観も見応えあり。途中、アバターで見たことあるような宇宙人が出てきたあたりから様子がおかしい。どう見てもチャラそうに見えないデイン・デハーン、リアーナの謎過ぎる絡み、チープなラブストーリーとそのオチ、壮大な世界観を活かしきれていない内輪過ぎる原因と惜しい映画でした。フィフス・エレメントのような振り切った悪役が欲しかった。そしてイーサン・ホークの無駄遣いw
福介

福介の感想・評価

2.6
2018.09.21 鑑賞。

アルファが発展していくオープニングは良かったんですけどね。
あとは特に言うこともなし。
azzu

azzuの感想・評価

3.5
映像はすごい。ストーリーも面白いけど、主軸の話がちょっと薄かったな。SFはもうちょっと夢があってもいいよね、リュックベッソン。
>|