ヴァレリアン 千の惑星の救世主の作品情報・感想・評価

ヴァレリアン 千の惑星の救世主2017年製作の映画)

Valerian and the City of a Thousand Planets

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:137分

あらすじ

西暦2740年。連邦捜査官のヴァレリアン(デイン・デハーン)とローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)は宇宙の平和を守る任務に就き、銀河をパトロールして回っている。ふたりは“アルファ宇宙ステーション”へと向かう。そこは長い年月を経て拡張を続け、あらゆる種族が共存する“千の惑星の都市”として銀河にその名を知られていた。しかし、その深部には邪悪な陰謀と、宇宙の歴史から抹殺されようとしていた“秘密”があ…

西暦2740年。連邦捜査官のヴァレリアン(デイン・デハーン)とローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)は宇宙の平和を守る任務に就き、銀河をパトロールして回っている。ふたりは“アルファ宇宙ステーション”へと向かう。そこは長い年月を経て拡張を続け、あらゆる種族が共存する“千の惑星の都市”として銀河にその名を知られていた。しかし、その深部には邪悪な陰謀と、宇宙の歴史から抹殺されようとしていた“秘密”があった……。果たしてヴァレリアンとローレリーヌは“千の惑星の都市”と銀河の危機を救うことができるのか―!?

「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」に投稿された感想・評価

スー

スーの感想・評価

4.0
吹替版を試写会にて鑑賞。

めちゃくちゃ面白かったんですが!!
ヤクを決めたスターウォーズと聞いていましたが、まさにその通りでした。そこにアバターを足したような感じ。
細かいことに突っ込んではダメです。
「えっ?今のなんだったの?」
「ま、いっか」
「さっきのアレなに?」
「ま、いっか」
の連続でとても楽しめました笑
良くも悪くもリュックベッソン監督作品という感じなので、好みは真っ二つに割れそうです。

カラフルで壮大な景色や宇宙空間はやはりスクリーンで見てこそ。
楽しかった。
カーラは可愛いし水着姿最高!
リアーナの七変化もキュート♪

吹替版ですが良かったですよ。
特にダギーズ役のTHE ALFEEの3人はピッタリでした。ヘタな芸人さんよりこの3人を使ったのは正解だと思います。めちゃくちゃ上手い!
ただ、バブル役の方はギリギリOKみたいな際どい線ですね。人によってはダメかもしれません。芸人さん使うならブルゾンちえみさんを使って欲しかった。ジオストームの吹替がかなり上手いと聞いていたので。
画面の情報量が多いので吹替版をオススメしたいですが、好みがあるので各自ご判断を。

公開されたらまた見に行きたい。
4DXか3Dで。
JUSA

JUSAの感想・評価

4.0
カーラはかわいい
デハーンもカッコいい

CG綺麗だし面白かった◎
自分の大好きなリュックベンソンはLucyを境に少しずつ違う方向へ向かってしまったけど見届けます。
餅

餅の感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

吹替の完成披露試写会にて鑑賞。
映像ぱない。本当にすごかった。めまぐるしいけど話は思ったより安定感あって、ほどよく安心して観てられる感じ。
目当てと言ってもいい大好きな沢城みゆきが良い役でね(*´ω`*)カーラ・デルヴィーニュ素敵だった。
しかしバブルは声優が勿体なかったよね。人型じゃなければまだましかもだけど泣かなかったもん。
THE ALFEEはうまかったのに。
字幕で観たらまた変わるかな?
saramaro

saramaroの感想・評価

3.5
吹き替え版での鑑賞。
宇宙の映像や様々な世界?(宇宙)の人々が出てきてどこか恐竜チックだったり過去の作品のあれに似てるよね?的なのが沢山(笑)
ストーリーは単純です、ヴァレリアン(主人公)は政府の取り締まる方、追うのは?なのでお子さんでも楽しめると思います。
今回の吹き替えはほぼ「声優業」の方々で固めていますので、違和感なくすんなり。シークレットにされていたダギーズの3人は「アルフィー」の皆さん。アルフィーの方々はコンサートやラジオでもトークが楽しい方々なので、3人の掛け合いはバッチリでした。

ただ、ここは声を大にして言いたい「何故、あのキーポイントの役をゆりやんレトリ○バァにやらせた?」ここのシーンになるといきなりド下手なしゃべりになっちゃって、最初誰?この吹き替え?と観てて思い、エンドロールでだからか(呆)
だからスコアの-0.5はここのせい。


個人的には主人公二人の吹き替え、脇役をやった若い声優さん(花澤さんとか)の方があうと思う。声が低いんですよ、観た目若い二人なのに

アルフィーファンの方は吹き替えで、作品楽しみたい人は是非オリジナル字幕版で!
リュックベッソン監督の最新作
近未来SF大好きマンなわたし、めっちゃすき。世界観おもしろすぎ♡
テーマもハッキリしててわかりやすいしこれは今年一番のSF超大作(自分比)
スターウォーズ
フィフスエレメント
GotG好きな人は好きだと思う!
異星人、そして女性キャラクターの描き方がすてきなリュックベッソン。
今回も冒頭のカーラの水着姿にリアーナの七変化と、見所あり✨

アトラクション的な怒涛の展開と綺麗な映像がすてき✨
あーほんと楽しかった♡字幕版でもみたい!
今年一番になるかもしれない、CGを最大限活用した迫力あるSF映画だった。本当に多種多様な異形の種族が劇中で紹介されていくから、ハリーポッターでも観てるかのような不思議な気分になった。
今作はコメディ要素を取り入れて、ドリーム感のあるSF映画でとても楽しめる作品だった。
Asuka

Asukaの感想・評価

3.5
次から次へと展開していく。出て来る舞台はどこも綺麗で幻想的。キャラクターも個性的でSWが影響受けたのにも納得。最初はあまりキャラクターに好感が持てなかったけど最後らへんは結構好きでした。楽しい映画
minori

minoriの感想・評価

3.3
2D吹替版を鑑賞。

フランスの有名B.D.(バンド・デシネ=フランスのコミック)が原作のSF作品。

SWシリーズに多大な影響を与えたということで、SF好き・SW好きな自分にとっては見応えのある映像が幾つも出てきました。
まるでアトラクションに乗っているようなシーンもあり、そこが凄く楽しかったです。

主に70〜90年代の映画やアニメ作品をブラッシュアップしたような映像美で、視覚的には本当にお腹いっぱいになりました。



…が、良いのは映像だけで、全体的には「うーん…」という感じ。
色々な物を表現しようと詰め込み過ぎて、無駄な部分ばかりが増えてしまっていた。

ストーリーにも無理があったし、なにより主人公のキャラがブレブレ&イーサン・ホークとリアーナの無駄遣いが悪目立ちしすぎた…。

そして前述した通り昔の作品をブラッシュアップしたような映像が沢山出てくるので、「映像美は凄い。でも真新しさは無い」というジレンマに陥っていた。

色々詰め込んだ割に脚本にはあまり捻りが無く、ただ説明セリフが続く場面ばかりだったのも気になりました。


上映前に登壇したTHE ALFEEの3人のトークの方がよっぽど面白かった気がする(苦笑)
アルフィーの御三方はドーガン・ダギーズという異星人情報屋トリオの吹替を担当されていましたが、普通にお上手でした。

あと、ゆりやんレトリ○バァがリアーナの吹替やってたけど…うん、キャスティングした人間はちょっと長いお休みを取った方が良いんじゃないかな()


兎にも角にも、映像は綺麗。
でもそれだけ。
アル

アルの感想・評価

3.0
ひどい…
試写会なので無料で観れたことを考慮してもこのスコアです。
キャラクターに全く魅力がない
俳優さんというより脚本がダメダメ これ制作前に気づくレベルだと思うんだけどな〜
ハラハラする展開もまるでないですし この監督さんSF合ってないですよ。

映像美とTHE ALFEEさん達の吹替ぐらいですね 良かった点は。
>|