ミスター・ダイナマイト ファンクの帝王ジェームス・ブラウンのネタバレレビュー・内容・結末

ミスター・ダイナマイト ファンクの帝王ジェームス・ブラウン2014年製作の映画)

Mr. Dynamite: The Rise of James Brown

上映日:2016年06月18日

製作国:

上映時間:115分

3.8

あらすじ

「ミスター・ダイナマイト ファンクの帝王ジェームス・ブラウン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

・ジェームズブラウンのメンバーとの軋轢などネガティブな部分もちゃんと描いたのはよかった。
テスト終わりにヒカリ座へ〜。ここ最近のヒカリ座はラインナップが大変私好みで、嬉しい悲鳴が出る。
昨日見たのはジェームス・ブラウンのドキュメンタリー。ドキュメンタリーを映画館で見ることはなかなかない。友達が、この映画をみて彼のこと好きじゃないと思った、って言ってて逆に興味が湧いたので滑り込みで観てきました。なるほど、私もこんな人が身近にいたら好きじゃないと思うかもしれない。でも、彼の性格は小さい頃の貧しい生活とか裏切られた経験からだと思うと、嫌いだとわりきれなくて悲しい気持ちになる。当時のバンドのサックス奏者が「彼のことは好きだった。でもそれを言ったことはないよ、その気持ちは必ず利用されるから。」と言っていたのは彼と周りの人間関係をよく表していると思った。愛があったとしても信用はしない。そんなことを知ってから彼の曲を聞くと、どの曲もただただエネルギッシュだった。癒しとか優しさとかはなくて、魂のこもったシャウトやファンクな音。人種差別への怒りとか不安を吹き飛ばすような、あの時代にマッチした音楽なのだなぁ、と思う。あの時代があったから今の時代があるのは確かで、マイケルジャクソンやプリンスは明らかに影響を受けているし、彼の作った音楽はR&Bやファンクソングの土台と言えるほどだと思う。彼が作った音楽に心からの敬愛を。
昨年公開の『ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男』に引き続き、ミック・ジャガーのプロデュースしたJB映画。こちらはバンドメンバーを中心にインタビューしたものをまとめたドキュメンタリーで、そこそこマニアックな話もあるため、JB知らないって人でもなんとなく楽しめるってなると前者の方がオススメですね

印象に残ったシーンをいくつか、、、
まずはブーツィー・コリンズが兄である故キャットフィッシュ・コリンズについて語っている場面。「"The ONE"のgrooveが自分にはなかなか飲み込めなかったけど、兄はそれが出来ていてJBに気に入られていた」という話は初耳。やっぱすごい人だったんだ……。ファンク系のギタリストをやってる身としてはアツい場面です
あとはJBとパーカー兄弟がもめて発砲騒ぎになった話。メイシオ……よくそれでバンド続けたよな……

それと、JBについてハイテンションで語りつつ、合間合間でさらっとビートを刻むクエストラヴがめちゃくちゃカッコよかった。アフロに串さしてるのもイイ

似ている作品