スパイダーマン ホームカミングのネタバレレビュー・内容・結末

スパイダーマン ホームカミング2017年製作の映画)

SPIDER-MAN: Homecoming

上映日:2017年08月11日

製作国:

上映時間:133分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ニューヨーク。15歳のピーター・パーカーはスパイダーマンだ。部活のノリで街を救う、ヒーロー気取りの高校生。そんなピーターの能力を見出し、真のヒーローとしての“道”へと導こうとするのがアイアンマンことトニー・スターク。スタークに新しいスーツまで作ってもらい興奮するピーターは、自分の力を認めてもらおうと街に飛び出す日々。そんなある日、巨大な翼で飛行する怪物が街に突如現れる。ピーターはここぞとばかり、…

ニューヨーク。15歳のピーター・パーカーはスパイダーマンだ。部活のノリで街を救う、ヒーロー気取りの高校生。そんなピーターの能力を見出し、真のヒーローとしての“道”へと導こうとするのがアイアンマンことトニー・スターク。スタークに新しいスーツまで作ってもらい興奮するピーターは、自分の力を認めてもらおうと街に飛び出す日々。そんなある日、巨大な翼で飛行する怪物が街に突如現れる。ピーターはここぞとばかり、ニューヨークの平和のために怪物退治に乗り出そうとするが、スタークに「アベンジャーズに任せておけ」と止められてしまう。「ガキ扱いは、ゴメンだ!」とピーターはその忠告を聞かずに戦いに挑むが―。

「スパイダーマン ホームカミング」に投稿されたネタバレ・内容・結末

基本的に恋愛が絡むとヒーローが保守的になりがちなのに腹が立つタイプなので、今回のスパイダーマンはそこらへん淡〜くボカしてくれてたことに感謝。
あとトムホスパイディが社長に認めて欲しくてアホな事をするのに無茶苦茶イラつきましたが、最後泣きながら頑張れ僕!と瓦礫の中から脱出するシーンではじめてのおつかいを見て涙ぐむおばさん現象が起き、最終的にエヴァンゲリオン然り肉体も精神も未熟な子供にこんなクソ重たい事させる大人のバ〜〜〜〜カ!!んなもんお前の責任になるに決まってるだろ采配ミスじゃタコ!!と謎の怒りが…
こんなところも社長可愛いからいいんだけどね。普通の中年おじさんがやってたら吊るし上げですわ。
スパイディが可愛い!!!
社長も可愛い!!!!!!
みんな可愛い!!!!!!
ヒーローものは、救いたいという気持ちだけでがむしゃらに動いてたらいいというわけではない、というところが熱い。
とても青くさくてよかった、あと社長結婚おめでとうございます。
スパイダーマンシリーズで初めて映画館で見た。敵キャラが格好良かった。
過去にも様々なスパイダーマンの映画があるが、その中でもホームカミングは上位に入る。

アイアンマンはやっぱりかっこいい。
・2回目、2017年8月22日、2D吹替版、TOHOシネマズ川崎で鑑賞。

・3回目、2017年9月28日、2D字幕版、TOHOシネマズ川崎で鑑賞。
頑張るピーター・パーカー。

スパイダーマンはそんなに好きではないのだが、本作はかなり気にいった。
「そんなに好きではない」のは、今まで見たやつが基本、青春モノだったからかも。
今回のは、青春ではあるが、基本、主人公の成長冒険物語。わたくしの好きなタイプの物語だったのだ。

アイアンマンに認められたくて、アヴェンジャーズに入りたくて頑張るスパイダーマン。
憧れの彼女の父が宿敵と知って苦悩するスパイダーマン。
それぞれの登場人物にそれぞれ事情があり、それぞれ頑張ってる。
それでいて湿っぽ過ぎず、暗過ぎず。

頑張れ、ピーター・パーカー。

スパイダーマン映画にして初めてもう一度観たいと思った作品でした。
アベンジャーズと絡めすぎて完全にスパイダーマンの話に落とし込めてないのが残念。アクションやらは文句なしに良い!スティッキーボムとか。
ヴィランやら叔父さんが死なないあたりがスパイダーマンストーリーが報われていこうとしてる気がして希望が持てる笑
あとお前がMJかい!
 面白かった。見た目も考え方も無邪気なピーターの珍道中は見ていて楽しいし、現行のアベンジャーズとは違う道に進んでいく結末も納得。ただ、今回の火種もアイアンマンことトニー・スターク。というか最近のMCU大体トニー絡みの問題。お前敵作りすぎじゃね?ちょっとは気を使え。ピーターの扱いに関しても雑ですよね。アメイジング・スパイダーマン2のエレクトロが「必要って言った!」って暴れてたじゃん。ピーターもそうなってたかもよ?(時系列的な関係はないけど)。それでいてピーターを懐柔しようとするところを見るに、お前全然学習も反省もしないのかと。

 MCUが進むたびにトニー・スタークの株がどんどん下がってく。アイアンマン3はあんなに格好良かったのに……。
スパイダーマンホームカミング
自分用のメモ
【話構成】
おまけ・
起・ヒーローになる、浮かれる。アベンジャーズにはいりたい
B恋をしている
承・失敗、スーツを没収される
M告白、ホームカミングデーの相手になれる
転・自分のスーツで敵に立ち向かう
E彼女より人助けを取る。彼女は転校
結・アベンジャーズには入らず、市民を守るヒーローになる
おまけ・刑務所内のやつ

【総合感想】
話構成は上にざっと書いた他に敵側から話を見ることで三構造になっている。
起・スタークに反感を持つ
承・スパイダーマンが現れる
転・娘の彼氏がスパイダーマンだった
結・倒されるが味方ポジに
みたいな。最初に客に敵の中身を紹介することによって、敵が彼女の父親だったという驚きのインパクトがかなり大きくなる。日々の会話子供、嫁をかなり想っていることも繋がり、敵に説得力がついた。ヒロインかわいい。MJかわいい。親友くんが、というかピーターもオタク臭くていい。めっちゃ喋るのいい。トニーは詰めが甘い。もっと金で買収すればいいのにってめっちゃ思った。ただただ敵のスーツのデザインがかっこいい。
かなりいろんな要素がある中でごちゃごちゃせずまとまっていて明るい。

【自分が書くなら】
トニーの出番を削ってもっと日々を描く。

【その他、エピソード、印象的なの】
CMで出てきた、アイアンマンと一緒に飛ぶシーンがカットされていたのがびっくり。なぜカット??まあいいけど…
トムホランド来日してた
エンディングがかわいい。
『やあ、ペドロ』のセリフはピーターをラテン語にするとペドロだから、らしい。
パンフがいい。部屋に飾っている。
キャプテンがBlu-ray Discの特典映像としてついてくるらしい。ヤッター
三回観てしまった。
校長先生はキャプテンの戦友の息子か孫。
原作のシビルウォーでは世間に顔を出してメイ伯母さんが殺されるから、別ルートでよかった。明るい〜〜
素晴らしかった。最初、日常パート長いんじゃない?とか思ってたが、最終的に大満足。アントマン的な、MCUにおける閑話休題的な映画でありつつも、親子愛の物語で良かった。プロムで迎えに行くときに、ドアを開けたらマイケル・キートンがいたのがめちゃくちゃ怖かったし、最後にあえて手製のスーツで戦うのが良かった。
>|