よい子と遊ぼうの作品情報・感想・評価

「よい子と遊ぼう」に投稿された感想・評価

深緑

深緑の感想・評価

3.5
「この世代が日本をダメにする」的な悪童のノリにモータウン系の陽気な音楽当てちゃって異彩放ち過ぎ。

ジャケ写からは想像出来ないテイスト。

そして「あの頃の東京」の真空パック具合がただただ香しいのです。
雨

雨の感想・評価

3.5
☆小学生の時にタイトルに惹かれて借りた
好きな映画
高橋一生よりも金田一少年のドラマ(堂本剛シリーズ)に出てる俳優がいたことに沸いた
悪ガキどもが冷蔵庫盗んだり、放火したり、そして謎のバット男に襲われる。

何やこれ、よく分からん。

当時中坊だった高橋一生が出演。立ちションシーンは修正がかかってます。
「学校の怪談」の監督が撮ったガキンチョホラー?間違いなく優良物件やで!ぺろぺろ、つって鑑賞するも……

窃盗、転売、糞ガキ共が謎の通り魔殺人鬼とバトルなんぞ!って話

くぅ……おもんな!ゲラゲラ、そもそもこれホラーなん?確かに仮面殺人鬼が襲ってきたりはするものの、ガキと戯れているようにしか見えねぇし、それ以外はまぢワルガキの日常を追っかけるのみのほっこり映画よ

しかし、この糞ガキども家電量販店に盗みに入るんはよいが、なぜかターゲットが馬鹿デカい冷蔵庫……アホか!簡単に持ち運べて高価なもん家電量販店ならいくらでもあるやろ!うん、この脚本はちょい大人が子供ナめ過ぎていてどうかと思うなぁ!子供ってもっとしたたかよねぇ……

だからね、唯一の見どころといえば……高橋一生少年のピンピンちんこに青いモヤモヤのぼかしかかっているシーンくらいかなぁ……、え?皮カムリ子供ちんこは映すんセーフちゃうん?むけてたんかな?
……まぁ一生ファンはぜひ観てくれよね!
窃盗少年集団が家電量販店のバックヤードから冷蔵庫を盗んだり、ムカつく店長の店を放火したりと、やりたい放題するが謎のバット男に付け狙われる話。

少年の高橋一生が観られる。

ホラームービーと謳っていたり、屋上での会話から察するに、スラッシャームービー風の作品が撮りたかったのかも。
違うか。

マスク剥がねーのかよ!ってなる。
あかね

あかねの感想・評価

3.2
友達が観ていてずっと
気になっていたやつ🌸
何がありがたいって43分!!
今色んな物に手をつけてるから
ありがたい....

ジャニーズの伝説的ドラマ
少年探偵団みたいなやつ。

中学生の時期も一番危ういよね!
早口言葉やらざまぁ味噌漬け
あたり懐かしいノスタルジー。

普通の中学生なのに
電気屋から万引きするものが
小さい物じゃなくて
くそでかい冷蔵庫で吹いた笑笑!!
後先考えなさすぎで最高笑
アメリカもびっくりな
俺たちの秘密基地だ!も
可愛い地下室とか木の上ではなく
組織ばりばりの空きビルみたいな。

結構ガチガチにクレイジー。
普通の子がやはりぶっとんでるよね。
バット持ったオヤジ狩りならぬ
中学生狩りナマハゲもなかなか。
まじで中学生殺しにかかるからね!

さくっとたまにジブリ感も。
だけどクレイジー。
高橋一生の子供時代面影あり。
jonajona

jonajonaの感想・評価

4.5
子供の会話が非常にセンスがいい。
『学校の怪談』シリーズも生き生きした子供(特に悪ガキたち)の会話の妙が冴え渡るそれらしいし、さらには同年代の頃に見るとちょっと憧れるような自由奔放なカッコ良さがある。本作はもはやその部分にだけ焦点を絞ってほぼほぼ子供達がやいのやいの悪事を働きながら街中で喋って、夜道で喋って、というだけ。

本作のメインとなる金属バットの怪人の襲撃についてのリアクションもどこかハスに構えた外し方でシュールリアルな方向に向かっていて恐怖感はほどほどといった感じ。(子供の頃に見たらこれでも相当に怖かっただろうと思うがね)

なんとなーくだけどちょっと前に見た『カラマリ・ユニオン』という映画を思い出した…笑
カラマリユニオンでは粋がってカッコつけてる男たちが謎の何処かを目指してる道中に一人また一人と倒れていく感じだったけど(途中でレンタル返却しちゃったから見切れてない)、本作は粋がってカッコつけてる悪ガキたちが自分たちの街をグルグルしてるうちに謎の金属バットに追い回され一人また一人と…っていう。
ま、関係ないでしょうが笑
Haman

Hamanの感想・評価

3.0
子供が子供らしくあるというか会話テンポがそれらしくあって『学校の怪談』シリーズの平山秀幸監督だからなのか、とりあえず罵倒全てがハゲだったりするイキり姿に懐かしさを感じる。
塾仲間の5人組でいつも盗みを働いてる少年達が都市伝説的な仮面金属バットの暴漢に襲われる話。

冒頭で家電量販店へ盗みに入るのだけど中学生だからゲーム機とかそういう類のものを盗むのかなと思いきやクソデカい冷蔵庫をチョイスしていて笑った。しかもアジトみたいな場所もあるし何なんだコイツら。盗みに飽きたらず放火までこなす重罪人だし。
ジャケットから漂うホラーみは一切なかったけど、『オールナイトロング』的な空気というか鬱屈とした少年達の犯罪エネルギー並びに世紀末ジャパンな雰囲気が好きな人にはオススメ。あと少年5人の内の一人が子役時代の高橋一生だから一生ファンもウホホイできるのでは。

ファンクなエンディング曲を真っ暗な画面で一分くらい聞かされるの意味不明すぎてアがる。
これは傑作。悪さをするクソガキ達にマスクを被った男が迫ってくる話。家電を盗み出すシークエンスももちろん良いのだが、屋上でガキ達が色々語るのが最高。ああいう仲良いグループがわざわざ集まってどうでもいい会話するの大好き。「じゃあ30分後に駅前のマックな!」の中学生感。高橋一生が「ビンビンに勃ってる!」って言ったとき少し笑った。
過去の記録。高校3年の冬。
こんなガキがいたら、ムカつくと記載メモ。
>|

あなたにおすすめの記事