WeWork/470億ドル企業を崩落させた男の作品情報・感想・評価

WeWork/470億ドル企業を崩落させた男2021年製作の映画)

WeWork: Or the Making and Breaking of a $47 Billion Unicorn

製作国:

3.6

あらすじ

「WeWork/470億ドル企業を崩落させた男」に投稿された感想・評価

Apple TV+のドラマwe crashedが事実に基づいて描かれていたのが良く分かる。
アダム本人の映像もあり、ホンマに世界の意識を高めるしか言ってないやんどんだけ胡散臭いねん。と思った。
EDDIE

EDDIEの感想・評価

4.0
大企業WeWorkの創業者であり実業家アダム・ニューマンを題材にしたドキュメンタリー。教祖のように振る舞い、カリスマ性と発言力と行動力で会社を牽引した事実はあれど、捲し立てるような物言いにたぶらかされ結果的に騙された(と感じている)社員は大勢いることだろう。

AppleTV+で配信されているオリジナルドラマ『wecrashed〜スタートアップ狂騒曲』を観てから、本ドキュメンタリーを観たため、ドラマの答え合わせのようになった。
もちろんドラマは脚色はあるだろうが、ほとんどが事実に基づいていることを証明する結果となったドキュメンタリー。

▼以下はドラマのレビュー。
https://filmarks.com/dramas/11100/15439/reviews/8632363

▼こちらはドラマとWeWorkについてかいたnote
https://note.com/yujiezaki_eddie/n/n1ad1e557c3f8

なお、最後にドキュメンタリー内で表記される事実として、アダム&レベッカ夫妻は出演を断ったとのこと。

※2022年自宅鑑賞86本目
coppo

coppoの感想・評価

-
work hard, play hard的な社風はどこかのネット広告代理店にも似てる気が、、

結局、スピリチュアルな嫁が一番怖いわぁ

明日も一生懸命働こう。
ちくわ

ちくわの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

恥ずかしながらweworkという企業は初めて知ったんだけど、日本でもオサレ企業はコレを真似してるのね。

詐欺師の典型の様な人物という印象w
口だけが異様に達者で、カリスマ性があり、言葉にする物の実態はあるようでないw
カルト宗教集団と一緒の仕組み。
真ん中くらいで辞めときゃ上手く回るのに、アダム自身も自らを過信しちゃってるから歯止めが効かない。
変なスピリチュアル妻を経営に入れ込むなんて典型的なダメダメビジネス。
ビートルズのオノヨーコですよww

孫さんとこも大丈夫か?w

ウィーウィー言っといて退職金独り占めだもんねー、良心のかけらもないよ。
meguros

megurosの感想・評価

3.8
邦題は「〜崩落させた男」とあるが、原題はWeWork: Or the Making and Breaking of a $47 Billion Unicornなので、470億ドルユニコーン企業を作って壊した話。

“今まではiが中心(iPhoneとか)だったがこれからはwe”だとか、”フリーランスと小さな会社がこれからの世界を作る”だとか、そうした連帯のビジョンは死んでいない。むしろ、コロナ禍を経た都市生活者にとってはかつてより響く世界になっているはず。

しかし、世界を変えるためにビジョンが拡張されていく中で、WeWorkのコア、あるいはアダム・ニューマンの魔法のコアにあった最も身近な社員やコミュニティに対するWe意識が薄れていってしまったように感じた。最終的には自分だけ退職金をもって逃げてしまうのだから、本当に残念というしかない。

孫正義から類似企業が出るから「もっとクレイジーになれ」と言われるエピソードが紹介されるが、どこからか間違った意味でおかしくなっていってしまった。金遣いが荒くなったり、自分の妻を役員に入れだしたりはまず危ない兆候なのだと認識。社員が「働き方を変えるだけでも大変なのに、教育にまで手を出すなんてヤバいと思う」というのは本当にそうだと思う。

共同創業者のミゲルさんはどういう風に考えていたのだろうか。彼の話も聞いてみたかった。
リーン

リーンの感想・評価

4.3
面白かったし勉強になった

カリスマ性ある人っていとも簡単に人を騙せるけど、それさえも才能だから面白い
騙された人たちは傷つけられて文句言ってたけど、多分あの人たちは人生かけてもアダムと同じことできないんだよなー!不都合な真実。
学校の名前怪しすぎて最後わろた
とら

とらの感想・評価

5.0
自分はいま大学生で、将来について不安がある年だ。自分の方向性を見出せずにいて、探している。
そんな時にアダムのようなカリスマ性に溢れ、「世界を変える」と言ってくる人がいたら、自分でも魅力を感じて乗るだろうと思う。若いもののエネルギーは無限だ。
実際にweの経営理念は共感できるし、この人との距離が遠のいたコロナ禍において、コワーキングの必要性は確実にあると思う。
しかし問題は、過大評価だ。彼の宗教的なカリスマ性によって洗脳され、騙され、本当の企業価値が見えない。誰もが憧れるようなキラキラした部分だけを見せつけ、本質を隠す。
まるでネズミ講のようだ。インスタでお金移す奴らと同じだ、と感じないか?
しかし実際に惑わされないようになるのは難しいし、わかっていてもなかなか防げないからこうなったのではないか。
常に疑問を持ち、主観だけでなく客観的な視点を持ち続けることができれば解決するだろうか。

孫さんのことも驚いた。日本から出てる人で、尊敬と畏怖があるから神格化されてた部分がある。が、彼でも失敗はするんだな、と当たり前なことに気がついた。
でもソフトバンクは投資会社じゃない、よな、、?

オノヨーコみたいで、スピリチャルな妻は要注意ですね
Julia

Juliaの感想・評価

3.6
孫正義でも間違えることあるんだなあという、本筋と違う感想😀笑


会社の理念、当初目指すものが美しくても、人間だもの。
だからこそ欲望が邪魔して間違った方向に行くことを前提としたシステム構築が大切。

違和感を、「面白い」で上塗りし始めて気づかないフリをし始めたら、もうお終い。
ベンチャーはすぐそうなってしまう危険性があるからこそ、何度でも方向性を問い直す努力が大切
ビジネスパーソンなら知ってて当然なんすか?
ソフトバンク赤字にも大きな影響を与えたwework崩落までの道のり。
自分みたいに全くの門外漢には分かりやすい構成ですが、アダム・ニューマンという人物像への肉迫はやや物足りない。

ビジネスインサイダーの取材記事を読むと本社のブラック企業ぶりが浮き彫りにされてるのでそちらも必読。
APPLETV+でドラマ化されるらしいのでそっちを観た方がいいかもしれません。
kochata

kochataの感想・評価

3.5
一連の騒ぎを振り返るのにはいいけど中の人のインタビュー少ないからやや薄い感。コミュニティ重視とかiからweとかコンセプトは間違ってなかったんじゃないかなと!

あなたにおすすめの記事

似ている作品