シークレット・アイズの作品情報・感想・評価・動画配信

「シークレット・アイズ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

胸糞悪い映画。誰も救われない。見てて辛くなってくる。ジュリアロバーツの演技がいいから感情移入しちゃう。ニコール・キッドマンの役必要あったのかな。テロ対策が大事なのはわかるけど犯罪者庇うのはね。2回目はもう見れない。辛すぎて。
Fredisius

Fredisiusの感想・評価

3.5
モリーナ履修で鑑賞。

現在と過去がどんどん切り替わって進む構成の映画。
最初その切り替わりが全然わからなくてついて行くのに集中力がいる作品でした。
とにかく暗いし重い。

俳優陣はすごく豪華で、どのシーンも見応えがあり、満足感は高めの映画でした。

モリーナは、またなんだか捜査に非協力的な捜査班の上司の役。ドントレットゴーとすごく似てる感じだった。
この作品に関しては嫌なイメージのまま彼の登場は終了しましたけどね(^^;
ドントレットゴーは単に潔白な人だったと最後にはわかるので、似たようなキャラでもあっちの方が良かったなぁ。

最後のどんでん返しがすごく残酷で、ジュリア・ロバーツの演技も迫真。
ラストの笑顔の意味を色々と考えるとすごくズシンとくる作品。

どうやらリメイク版らしいので、大元見てから見直すのもアリかもと思っています。
おゆ

おゆの感想・評価

3.4

「瞳の奥の秘密」のリメイク版、
オリジナルは未鑑賞。

13年前の未解決殺人事件を
再び捜査することになった捜査員達。
13年経って
明かされる事件の真実とは....

これはストーリーがとにかく暗いし
ずっしりと重たい作品でした。
過去と現在を織り交ぜながら
進んでいくので
その切り替わりが少々分かりづらい。

ジュリア・ロバーツが役柄的に
どんどん老け込んでいって
その見た目から苦しみが伝わってきた。

ニコール・キッドマンは
めちゃくちゃお美しい!!

ネタバレになってしまいそうだから
上手く感想言えないな(´・ω・`)
オリジナル版も観てみたくなった。
とし

としの感想・評価

3.5
2022年4月9日
映画 #シークレット・アイズ (2015年)鑑賞

#ニコール・キッドマン と #ジュリア・ロバーツ が共演している
それだけで見る価値のある映画だった
欲を言えば、主演ではなかったのが残念だが
くにお

くにおの感想・評価

3.3
最後のどんでん返し観たことがあると思い、調べたら以前視聴した事があるアルゼンチン映画の#瞳の奥の秘密#のリメイク版でした。途中全く気づかず観ておりました。
ジュリア・ロバーツの演技がすごかった。
最後には驚いたけど、気持ちはわかるな。本当に大変だっただろう…
なかなか辛かったけど、観られて良かった!
ふじこ

ふじこの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

衰えることの知らないニコール・キッドマンの美しさよ…。

かつて務めたFBI時代に起きた同僚の娘の殺害事件、それから13年経ち犯人を捕らえることの出来なかった自責の念を抱えて生きてきたレイは遂に手がかりを掴む。
久し振りに訪れた、かつて憧れた女性検事と同僚の元で、遂に事件の幕を引こうとする…ってお話。

わたしはこれ結構すき…ニコール・キッドマンの美しさに あら~ってなってる間にかなり深刻な事実が発覚してしまう。
主人公レイが13年間探し続けて、目星をつけた犯人は本当に関係なくて、実際に娘を殺した男はその母親でレイの同僚であるジェスによって既に殺されていた。
……からの、ジェスのこれまでの言動から事件を真実を知ったレイがジェスの郊外の自宅を訪れると、檻に入れられ13年前からずっと監禁されていた真の犯人がいた。

「終身刑よ」
「…君にとってもそうだ」

あくまでレイはジェスの気持ちに寄り添いながら銃を置き、穴を掘り続ける姿と、一発の銃声共に本当に全てを終えたジェスの表情で終わる。

正直予想外かと言うとそうでもなくて、あーなるほど~って感じなのだけれども演出がよい。
「君にとってもそうだ」と言ったレイであるけれど、彼自身にとってもこの13年間は同じようなもので、そしてニコール・キッドマン演じる検事のクレアにとってもそう。
13年経ってレイが本物ではなかったにしろ容疑者を持ち込んだ事でやっと彼等の歯車が動く。
残念だったのは過去と現在の違いがすぐに分からないところ。
黒人はシワが少ないと言うけれど、あまりに違わなさ過ぎるし、ニコール・キッドマンはずっと美しいし、唯一娘を失って急速に老け込んでしまったジェスが居るのだけれど、現在時間軸でも、過去映像の中でも事件後は老け込んでしまっているから違いが分かり辛くて残念だったなあ。

良いなぁ~と思った一つに、過去現役時代に少しだけ距離の近付いたレイとクレアの、現在になっての会話。
結婚がうまくいかなかったのは相手はとても素晴らしかったけれど、君じゃなかった、と言うレイに、どうして一緒に来てくれと言わなかったのか、と返すクレア。
夢を追う君にそんな事は出来なかった、と言うレイだけれど、やっぱり言わなくて良かった、13年間君が断らなかったかも、と思う事が出来た、と。
エモすぎる~。キュンとしてしまった。
そうね、行動しなくて後悔する事も多いけれど、しなかった分、本当は希望もあったんじゃないかって思い続けられるものね…。色んな意味でおいしい一作だった。
s子

s子の感想・評価

3.5
ジュリアロバーツとニコールキッドマンが一緒に出てるなんて凄く豪華だと思った😳
ニコールキッドマンは安定に美しかった✨
ジュリアロバーツの愛する娘を亡くしてやつれてる演技凄く上手だと思った👏✨
娘を亡くした理由が理由だけに母親の気持ちを考えると見てるこっちまで辛くなった…。
最後の結末にもビックリした!!
13年前の未解決殺人事件を解決するため、捜査員たちが再会し、再び捜査をしていく話。

キウェテル・イジョフォー、ジュリア・ロバーツ、ニコール・キッドマンなどの豪華キャスト共演のサスペンス。
未解決の凶悪なレイプ殺人事件の顛末を巡る展開。
ジュリア・ロバーツのやつれ具合や暗さがとても印象的でした。
二転三転するストーリーにハラハラしました、捜査官達の苦悩がよく伝わる作品。

ラストは結構衝撃。
これは予想してなかったな。
悲しくて暗い気分になりました、未解決事件て実は結構こんな結末なのかも。

このレビューはネタバレを含みます

もっと早く打ち明けて入れば.....
主人公も13年間終身刑みたいなもんだったしつらすぎる
シャツのボタンが飛ぶとこだけ え?笑
ってなってしまった笑
>|

あなたにおすすめの記事