将軍の娘/エリザベス・キャンベルの作品情報・感想・評価

「将軍の娘/エリザベス・キャンベル」に投稿された感想・評価

軍隊基地内で手足を縛られた全裸の女性士官が発見される。それが題名にある通り、将軍の才色兼備の娘。調査にあたるのはトラボルタさんとかって恋人だったレイブ関連のスペシャリスト。
調査を進めていく内に色々な秘密が判明していく…

誰が殺したか?と同時になぜ殺される様な女になったのか?がポイントか。やや重い題材だけどテーマはご立派。だけど今一つぱっとしない。
ペコ

ペコの感想・評価

3.2
こんなことあっちゃいけないけどありそうなストーリー。なかなか面白かった。
crazylove

crazyloveの感想・評価

5.0
正しい処理 誤った処理 そして軍隊式の処理だ
彼女の死に方は彼女の生き方のせいだ
DTAK

DTAKの感想・評価

2.3
【軍事法廷劇は】
あまり面白くならないということがわかった。
正しい選択って難しいよな。
立場によって選択の難しさって変わるし。潔白であり続けなきゃいけない職業こそ難しいかもしれない。
mayuchi

mayuchiの感想・評価

2.7
【2017年85作目】

アメリカ・ジョージア州にある陸軍基地で殺人事件が発生した。
被害者は次期大統領の有力候補のジョー・キャンベル中将の娘であるエリザベス・キャンベルだった。
この捜査にあたったのが、陸軍犯罪捜査部のポール・ブレナーと、レイプ事件専門の捜査官のサラ・サンヒル。
才色兼備のエリザベスに何があったのか・・・。

トラボルタは、善人も悪人も演じる俳優さんだけど、私の中では悪人役の方がしっくりときているようで、今作でも悪人なのかと思ってしまい、勝手にミスリードしてしまった(^_^;)

事件の事に触れるとネタバレしてしまいそうなので、あまり詳しくは書けませんが、これは酷い話しです。
エリザベスの気持ちを考えるとね・・・。

面白くないとバッサリ切ってしまうほどつまらなくはないですけど、また観たいとかは思わないです。
オススメもしないですね(^_^;)


話しは変わって・・・
3月末くらいから、鑑賞にレビューが追いついてなく、どんどんレビューを書いてない作品がたまってきてしまいました。
頑張って書いてはいますが・・・(><)
劇場で観た作品は、しっかり書きたいと思うし、面白かった作品もしっかり書きたい。
逆に面白くなかったのも、自分の中で分析しながら書きたいと思っていたら、なかなか進まなくなりました。
なのでとても面白かった作品以外は、少し簡単に書いて、貯金を減らそうと思います(^▽^;)
「手抜きか!!」とは思わないで下さいませ(笑)
明日以降、数本立て続けに劇場で鑑賞予定ですし、DVDもレンタル開始で鑑賞予定のもあります。
ここに間に合わせたいので、少しサラっとしたレビューが続きます。
しっかり書ける作品はしっかりと書きますので(*´ー`*人)
頑張ります(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑
marumame

marumameの感想・評価

3.8
トラボルタが正義の捜査官ですよ~!
私は極悪トラボルタのほうが好きですが、トラボルタって軍服似合うね~~!
事件はかなり重いし、軍内部で隠蔽だらけ!そこをトラボルタが正義でがんばります!
クソ野郎は誰だったのか……。残酷すぎる真実ですね。
ぴっぴ

ぴっぴの感想・評価

3.5
以前、観たのは覚えてたんですが、うろ覚えだし…で再鑑賞。
トラヴォルタもかっちょいいし、なかなか重かったよかった。
良質サスペンスだから、関根さんが、「タイトルが(いまいち)ねぇぇぇ」っていうのもわかる。あと、エンディングソングの軽さ。おいおいいいいいおい。
リズ、辛かっただろうなぁ。辛い。「クズ野郎はあなたでした」、この映画の全て。

2017.4
moririn

moririnの感想・評価

3.5
日本の芸能界は寛大だとつくづく思う。
だって今日もりゅうちぇるがテレビに出てる。
ジェンダーレス男子、女子が流行っている。
オネエタレントはテレビ界に置いて両性の意見が言えるとっても貴重な存在だ。
性差別なんか遠い昔のこと。
メディアを見ているとそんなふうに思う。

実際は全然違う。
将来のビジョンを聞かれる。
女は結婚したら辞めるかもしれない。男だから一人前になるまでは結婚出来ない。
同性愛者は同性全員が狙われる。子孫を残す事が一番偉い事。
女だからナメられる。男だからしっかりしないと。
こんなことはどこの誰が決めたのだろう。
この映画が公開されたのは17年前。今と何も変わっていない。
ひろ

ひろの感想・評価

4.3
これも期待値の遥か上をいく作品、ジョントラボルタってだけで期待値を下げるのはやめよう( ´△`)女性で軍務ってどれだけか、軍人の隠蔽ってほんとに怖い、まず逆らうことが怖いからね(ノД`)親父よう、、、