ヴィジットの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ヴィジット2015年製作の映画)

The Visit

上映日:2015年10月23日

製作国:

上映時間:94分

3.4

あらすじ

祖母の家には奇妙な「3つの約束」があった。 第一の約束 楽しい時間を過ごすこと 人里離れた祖母の家へ 休暇を利用して祖父母の待つペンシルバニア州メイソンビルへと出発した姉弟。 都会の喧騒から離れて、田舎での楽しい1週間を過ごす予定だった―その時までは。 第二の約束 好きなものは遠慮なく食べること 奇妙な「3つの約束」とは? 優しい祖父と、料理上手な祖母に温かく迎え入れられ、…

祖母の家には奇妙な「3つの約束」があった。 第一の約束 楽しい時間を過ごすこと 人里離れた祖母の家へ 休暇を利用して祖父母の待つペンシルバニア州メイソンビルへと出発した姉弟。 都会の喧騒から離れて、田舎での楽しい1週間を過ごす予定だった―その時までは。 第二の約束 好きなものは遠慮なく食べること 奇妙な「3つの約束」とは? 優しい祖父と、料理上手な祖母に温かく迎え入れられ、母親の実家へと到着した2人。 しかし出会えた喜びも束の間、就寝時、完璧な時間を過ごすためと、 奇妙な「3つの約束」が伝えられる。 第三の約束 夜9時半以降は部屋から絶対に出ないこと この家は、何かがおかしい 夜9時半を過ぎ、異様な気配で目が覚める2人。部屋の外から聞こえるただ事ではない 物音に恐怖を覚えた彼らは、絶対に開けてはいけないと言われた部屋のドアを開けてしまう。 そこで2人が目にしたものとは――? 挙動がおかしい祖母/呼びかけに無反応な祖父/カギがかけられた納屋/ 尾行してくる男/消えた隣人/「ここには“暗闇さん”がいるの」/夜中に響く騒音/ 床下で襲ってくる女、――なぜ?

「ヴィジット」に投稿された感想・評価

Maru

Maruの感想・評価

3.6
今まで観たホラー・サスペンスより何より怖かった。ドキュメンタリーの様に撮影されていて個人的にはとても苦手な内容だった。シャマラン監督の映画だから借りたけど想像してたよりずっとサイコパスで動揺した。
マイナス=緊張した気持ちから

ゼロ=安心に近づくことで

相対的にプラスと錯覚し、快感が得られる。

サスペンスの本質です。

今作のラストに関しては、

ハラハラドキドキハラハラからのゼロ地点どころかイッキにプラス5万くらいまで感情が振り切れた〜!!

カタルシスに思わずこぶしを突き上げたくなるこのエモーティブさは『デス・プルーフ』以来!

少年少女の成長物語と恐怖の合わせ技で、スティーブン・キング作品を観てるようでした。

そして緊張後の緩和剤として笑いをどんどんぶっこんでくる弟くんが素晴らしい。

大きな恐怖を感じた人間は、精神を安定させるため本能的に笑ってしまうことがあります。

弟くんのリアクションはまさにそれでしたね〜。

「ケイティ・ペリー!」に爆笑

エンターテイメントにとっていかにギャップ演出が大事かという事を再認識させられる映画でした!
therapy
トラウマに向き合うということ
ちなみに邦題は地獄の里帰りというらしいマジか
特筆すべきは尻マジか
切羽詰まったら人は頑張れる。
そこそこ好きなラストだった。×1
yk

ykの感想・評価

4.1
怖いしきもいけどたまに笑っちゃう。ホラーかと思ってなにも考えずに観てたので素直に騙されたし面白かった
おばあちゃんが怖過ぎ😱

でも なんだか笑わせられる場面もチラホラ😏

おばあちゃんちに遊びに行ってあの不気味さは耐えられない。

でも ちゃんとオチがあってとりあえず安心。

最後のラップは必要かな?
笑えたけど😅
しも

しもの感想・評価

3.2
【エンタメ】★★★
【映画評価】★★★

M・ナイト・シャマラン監督ということで……ちょっと期待が過ぎました(^^;)
子供たちが回しているカメラという体ですが、絶妙にホラーの嫌な感じ(なんか来そうなハラハラ感)を作り出すのはさすがだなぁと。
おばぁちゃん怖いですね(笑)

ただ、終盤の方で自撮り感に飽きてしまったのが正直なところ。細かいかもですが、一眼を2カメ目(おそらく弟カメラ)として扱うのにも違和感がありました。全体構成として、それ(カメラワーク)を捨てるわけにいかないのはわかるんですが、設定の限界ですかね。。

ストーリーは「おおお!」となりましたが、オチはうーんという感じで、終盤はもう一歩エンタメ的な演出があった方が楽しく観れたかなぁと思いました。
おばあちゃん必死で鬼ごっこするし、半ケツやし、ツッコミどころ多過ぎるけど見てて楽しい映画でした(笑)
もうちょっと怖くても良かったかも💧

このレビューはネタバレを含みます

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いしますm(__)m

戌年だからって犬の映画観るわけでもないし(苦手なので)、通常運転でいきたいと思います。

新年1発目は、キ◯ガイたちによるホラーコメディ。

夜中に全裸で暴れるババア、失禁オムツコレクターのジジイを祖父母に持つ姉弟二人の悲惨な1週間を追ったPOV作品。

自分の弱点やトラウマに立ち向かい、最後には克服していくストーリーは『イット』に通じるもの。こちらは恐怖の対象が幽霊や悪魔とかではなく、普通の高齢者。何もかも全て「高齢者だから」「病気だから」と済ませてしまうから後の頭おかしい展開に効果的。そしてPOV映画で度々起こる"何で誰がカメラ回してるんだ?"問題。今回は冒頭で合理性のある説明をしてくれるので、終始カメラを回しているのも納得がいく構成。また、不可解な行動の数々が妙にリアルでおぞましい。床下での鬼ごっこは何とも云えないけど、赤の他人に突然怒鳴ったり、銃口を自分に向けたり、パーティーの日を勘違いしたり……これが果たしてボケなのか?わざとなのか?ドキドキしながら観れます。

所々にこの祖父母に関するヒントとか隠されていて深読みすればするほど、非科学的・非現実的な何かを連想してしまいます。が、オチは微妙です。あれだけ引っ張っておいて結局あそこに着地するのかと思うと、シャマラン監督は『シックス・センス』がピークと言われても無理はないと思います。

まあ同じPOVホラーの『パラノーマル・アクティビティ』よりかは数倍マシですし、何より現実に起こりうる怖さですから、興味本位で観てみるのもアリだと思います。

ババアのお色気ショットとか誰得で観る人を確実に選ぶ作品ですが、一見の価値あり。

そしてみんな好きという弟くんだけど、俺ああいう子嫌い。弟だったら殴ってると思う。
Takashi

Takashiの感想・評価

5.0
劇場でみてめちゃめちゃこわかった!サスペンスとしても楽しめる。ホラー映画だけど、最後のシーンはほっこりさせられた。これを観てシャマランが好きになった。