蜜のあわれの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「蜜のあわれ」に投稿された感想・評価

tipsy806

tipsy806の感想・評価

3.0
蜜のあわれという題名が好きで原作を買って読んだわけですがまさかコレが映画化されているなんて。
燃えるような赤い金魚とエロおじさんの馴れ合い。
金魚のわがままな小悪魔っぷりが憎めなくなってきて、骨抜きにされているおじさんの気持ちもわかってきてしまう。
ひらひらした中にかいま見える人間の欲望。
kaho

kahoの感想・評価

3.4
二階堂ふみがただただ可愛く艶っぽい、妄想的な変態映画(だけど、そこまでエロティックではない)。それに芥川役の高良健吾が美しすぎる〜!話の内容は正直、最後までよく分からなかった…。
たぬ

たぬの感想・評価

4.0
内容はおいといて、二階堂ふみさんの美しさが際立っていて好きな作品
chika

chikaの感想・評価

4.0
水の中を泳ぐかのようにひらひらと演技する二階堂ふみが印象的。芥川龍之介役の高良健吾◎
Kikuno

Kikunoの感想・評価

3.0
映画化にあたり色々と脚色したり尺を考慮する必要があったからであろうが、原作に比べ話の展開がちょっとスピーディーに思えた。しかし、原作のひたすらカギカッコが続く対話メインの文章で、会話を細やかに描写している感じは非常によく表現できていたように思う。原作の台詞を、原作とは違うシーンに引用していた部分がいくつかあったので、原作を読んだ人はそういった細かい違いも楽しめるのではないだろうか。
とにかく二階堂ふみがハマり役。
前述のスピード感の点と、個人的には、演出が全体的に少しやりすぎなように思えたので3とした。
せい

せいの感想・評価

3.8
二階堂ふみちゃんと大杉漣さんの絡みが見たくて鑑賞。
衣装の赤がひらひらとして可愛いし、動くたびにぴちょんぴちょんと鳴る水の音もいい。
天真爛漫、自由奔放な赤子が本当に可愛い。先生の昔のことを知っているゆり子さんが出て来た時のふくれっ面、と思えば二人で話す時の楽しそうな雰囲気。表情が豊かで目が離せない。
個人的には先生とあやとりの糸で引っ張り合いながらキスするところが好きだった。

「まるで君を孕んでるみたいだな」
鈴木清順監督が撮りたくて撮れなかった小説だと思いながら見たら、清順さんならこうは撮らないんだろうな〜とばかり考えながら見ることになった。
撮ってほしかった

大杉漣さんは使わなかっただろうな〜
夢十夜みたいな大正、昭和ロマンを期待しましたが、あんまりでした。雰囲気は嫌いではないです。
akiho

akihoの感想・評価

-


二階堂ふみがとにかく可愛い。
内容は本当にイマイチだったな〜
momotim

momotimの感想・評価

3.9
予告と名前から気になって見た作品

記録用


二階堂ふみのおしりが良い
>|