蜜のあわれの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

蜜のあわれ2016年製作の映画)

上映日:2016年04月01日

製作国:

上映時間:110分

3.3

あらすじ

赤子(二階堂ふみ)は、ある時は女(ひと)、ある時は尾鰭をひらひらさせる、真っ赤な金魚。赤子と老作家(大杉漣)は共に暮らし、夜はぴたっと身体をくっつけて寝たりもする。 「おじさま、あたいを恋人にして頂戴。短い人生なんだから、愉しいことでいっぱいにするべきよ」「僕もとうとう金魚と寝ることになったか―」奇妙な会話を繰り広げる2人は、互いに愛を募らせていく―。そんな或る時、老作家への愛を募らせこの世へ…

赤子(二階堂ふみ)は、ある時は女(ひと)、ある時は尾鰭をひらひらさせる、真っ赤な金魚。赤子と老作家(大杉漣)は共に暮らし、夜はぴたっと身体をくっつけて寝たりもする。 「おじさま、あたいを恋人にして頂戴。短い人生なんだから、愉しいことでいっぱいにするべきよ」「僕もとうとう金魚と寝ることになったか―」奇妙な会話を繰り広げる2人は、互いに愛を募らせていく―。そんな或る時、老作家への愛を募らせこの世へ蘇った幽霊のゆり子(真木よう子)が現れる。作家の芥川龍之介(高良健吾)、金魚売りのおじちゃん・辰夫(永瀬正敏)が3人の行方を密かに見守る中、ある事件が起きて・・

「蜜のあわれ」に投稿された感想・評価

瞳子

瞳子の感想・評価

2.8
むずかしい、、。
誰の気持ちも分からなかった、、。
見せようとしてるところと
見せないことで予感を生もうと目論んでいるポイントが読めない、
ないのかも知れないけど。
キャラ立ちが良い。映像が綺麗。
aitadaka

aitadakaの感想・評価

2.9
IQの低いわたしには全くもって意味わからんけど、二階堂ふみのかわいさと衣装はとても良かった。
こーじ

こーじの感想・評価

2.0
えーと、何が何やらわからんねw 二階堂ふみはガッチリしてるし人間臭い役の方が合っていると思うから、金魚的な無垢で華奢な可愛らしさや謎めいた色気や神秘性を感じないのが残念。妙な効果音を入れた昭和チックな雰囲気は観ているうちに慣れてくる。
え、キモい、と思わず発するレベルのエロだった。
二階堂ふみの茶色眉毛がめっちゃ現代。
可愛かった。
xxx

xxxの感想・評価

2.7
台詞があんまり頭に入ってこなかった。
話もいまいち飲み込めないまま終了。
serine

serineの感想・評価

4.0
二階堂ふみが可愛くて艶やかで鮮やかな映画でした。ただひたすらにふみ様が良い٩( ᐛ )و

ふみ様がよい(大事な事なので2回書きました)

え!?この話、1959年に書かれたの!?
すごくない?
古い本ってSFと落語くらいしか読まないのだけれど、こんな話を昔の人が書いたの?
ほんと?って思ってしまって。
原作が青空文庫にあったので読んでみました。

ら。

まんまじゃん!٩( ᐛ )و
ってゆーか、もう台詞はふみ様と大杉漣で再生されます笑
なんてゆーか、これは私の中で新しい体験!
落語の高座を文字に落としたのは、口調に気を付けて落としてあるから、脳内で噺家が再生されやすいんですけど。
えーと、これは、役者さんが原作の雰囲気をちゃんと演じてるから、それがフィードバックされてるって、こと?なの?かな?

あーもう映画の感想じゃなくなってるし(´ー`)

点数はね、
ふみ様かわいい・・・・・・+2
芥川イケメンすぎ・・・・・+1
安定の大杉漣・・・・・・・+1
で4点です(我ながら雑い)
あさひ

あさひの感想・評価

5.0
世界観が素晴らしい。どタイプな一本。台詞が独特で美しくて、原作が読みたくなった。大杉漣と二階堂ふみの組み合わせが素晴らしい…
水萌

水萌の感想・評価

3.5
一回見ただけでは理解できないような不思議な世界観。
最期にそばに居てくれたのは一匹の金魚。
潤った、
妖艶さでいっぱいいっぱい
夏の夜にみるのがいいな、
時代背景もこんなかんじだったのかなと違和感なく見れた、
(ゆりやんの先生ネタがちらほら頭をよぎる)
ユリ

ユリの感想・評価

-
うーん、ちょっと苦手だったかな
監督のお話聞いたときは、監督のこと好きになっちゃったんだけどな〜〜

もっと高良健吾を見てたかったです!!!
>|