蜜のあわれの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

蜜のあわれ2016年製作の映画)

上映日:2016年04月01日

製作国:

上映時間:110分

3.3

あらすじ

赤子(二階堂ふみ)は、ある時は女(ひと)、ある時は尾鰭をひらひらさせる、真っ赤な金魚。赤子と老作家(大杉漣)は共に暮らし、夜はぴたっと身体をくっつけて寝たりもする。 「おじさま、あたいを恋人にして頂戴。短い人生なんだから、愉しいことでいっぱいにするべきよ」「僕もとうとう金魚と寝ることになったか―」奇妙な会話を繰り広げる2人は、互いに愛を募らせていく―。そんな或る時、老作家への愛を募らせこの世へ…

赤子(二階堂ふみ)は、ある時は女(ひと)、ある時は尾鰭をひらひらさせる、真っ赤な金魚。赤子と老作家(大杉漣)は共に暮らし、夜はぴたっと身体をくっつけて寝たりもする。 「おじさま、あたいを恋人にして頂戴。短い人生なんだから、愉しいことでいっぱいにするべきよ」「僕もとうとう金魚と寝ることになったか―」奇妙な会話を繰り広げる2人は、互いに愛を募らせていく―。そんな或る時、老作家への愛を募らせこの世へ蘇った幽霊のゆり子(真木よう子)が現れる。作家の芥川龍之介(高良健吾)、金魚売りのおじちゃん・辰夫(永瀬正敏)が3人の行方を密かに見守る中、ある事件が起きて・・

「蜜のあわれ」に投稿された感想・評価

原作を知ってる分、よく映像化できたなぁと。台詞が文語っぽくてときどき違和感あったけど、衣装のヒラヒラドレスとかダンスシーンとか色鮮やかで映像綺麗だった。室生犀星の思想が爆発してたなぁ。
一日中男のことしか考えられない!って二階堂ふみと真木よう子が叫んで部屋ゴロゴロするシーンがすごい好きだった。あと二階堂ふみえろ可愛い。
二階堂ふみかがひたすらにかわいい
かわいいって二階堂ふみのためにある言葉
mmm

mmmの感想・評価

3.2
二階堂ふみちゃんのキュートな色気を堪能できる映画。先生があんなにもモテるのはやはりずるい優しさがあるからだなぁ〜 ずるいなぁ〜笑
YukiOka

YukiOkaの感想・評価

3.3
金魚の綺麗!だけではすまない禍々しさと人間の執着心の粘っこさが混ざり合った、奇妙な映画だった。
Tomomi

Tomomiの感想・評価

3.1
二階堂ふみちゃんが出てたから観た

うーんって感じ

音楽は好きだった
Kana

Kanaの感想・評価

2.0
美しい金魚と物書きのドロドロに儚い浪漫譚。
二階堂ふみの阿呆で妖艶な演技が美しい。
大杉漣の優しさを履き違えた身勝手さが憎らしい。
絵的にはすごく綺麗ですが、2時間は長いかなぁ。
1時間くらいにまとめて欲しかった。
真奈

真奈の感想・評価

3.0
"人を好きになるということは、愉しいことでございます。"

二階堂ふみがとにかくキュートだった。お尻めちゃ綺麗で羨ましい(?)
金魚みたいなフィッシュテール風の真っ赤な衣装がどれも可愛かった。
アクタガワの高良健吾も雰囲気あってよかったなあ。

女だっていつも男のことを考えてるのよ、の一連の台詞が個人的にとても好き。全編通して独特の台詞回しがよかった、真似したくなる。

大杉漣が今年亡くなったことを考えると、死期を悟ってる老作家がすごく切なかった…。
二階堂ふみちゃんがかわいい。女の子ーー!って感じがいい。
途中で出てくるダンスが謎だったけど、雰囲気が好きな映画だった。
Mika

Mikaの感想・評価

3.1
おじいさんと少女の種族を超えた愛、不倫、幽霊…という幻想的すぎる設定だらけのこのような類の映画があまり得意でないのだが、とにかく二階堂ふみの金魚役がかわいくてハマリ役だったから見続けられた。ぷくーっと顔を膨らますところがたまらなかった。
真木よう子の存在がいまいち解せず、、途中で二階堂ふみに絡みに行くところもよくわからなかった。文学的な深い意味があるのか?
つな

つなの感想・評価

3.5
金魚ってこんなにかわいいのか…

ほんとに文学の世界をそのまま映像にしたような雰囲気
優しくするばかりで自分を追いつめて苦しむおじさまはとても作家らしい
というか金魚をここまで愛でるなんてすごいな
>|