この国の空の作品情報・感想・評価・動画配信

『この国の空』に投稿された感想・評価

kanoko

kanokoの感想・評価

-
24.0619
「私が一番綺麗だったとき、」
二階堂ふみがどハマり
荒井晴彦ピンク映画

これは笑わせようとしているのか?それとも本気なんだろうか?と思う微妙な演出が各所にあり、ラストシーンもちょっとこれは、、、、となりましたが、そんな事より二階堂ふみ演じるヒロイン里子の劇中に次第に艶や…

>>続きを読む
かの

かのの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

・この状況から再開できる濡れ場があるんですか?!
・オチは好きなんだけど最後ゆっくりズームしていくの笑ってしまうのでやめてほしい(何かのオマージュだったりする?)
・エンドロールの朗読が良かった
まさ

まさの感想・評価

-

2024年 37作目

戦時中の日本の生活を一つの家庭を中心に描かれていて、生活の困窮さや人間関係の不和や意識せざるをえない死への怖れが台詞や映像から常に感じさせられて濃密な人間ドラマのように感じま…

>>続きを読む
ku

kuの感想・評価

-

二階堂ふみさんの昭和感がすごい。
戦争映画だが、戦争中の直接的な描写や戦争に直接関わるような人物が出てこない。そうではなく、戦時中の日常を描いた作品で、焦点が一般的な戦争映画とかは異なるところに面白…

>>続きを読む

太平洋戦争の終戦の間際の日常を淡々と描いた作品。
静かな中に時々激情。女優さんが皆よかった。
アカンかったのが、ある俳優が、最近観た別の映画の役の印象が強くて、ただやらしいだけの奴に見え、乗れンかっ…

>>続きを読む
rai

raiの感想・評価

3.5
わたしが一番きれいだったとき

たくさんのことが奪われた日々
その中で生きるということ
iryu

iryuの感想・評価

-

京都国際映画祭@祇園会館にて

誰も死なない戦争映画である。舞台はアジア・太平洋戦争末期の東京。毎日空襲警報が鳴り、どんどん人々が疎開していく。しかし、人の死ぬ描写はひとつもなく、死体も全く出てこな…

>>続きを読む
theocats

theocatsの感想・評価

1.0

情欲に負け生娘不倫をする妻帯者長谷川博己

全く奇妙としか言いようがない戦争末期の東京描写記。

申し訳程度に空襲の脅威が描かれはするが緊迫感は皆無。
市井の人々の描写も緊張感、逼迫感がリアルなもの…

>>続きを読む
横山

横山の感想・評価

-
途中まで結構良かったのに最後の最後がダメすぎるな。
途中のカメオ土田環は流石に笑っちゃう。

あなたにおすすめの記事