真木栗ノ穴の作品情報・感想・評価・動画配信

「真木栗ノ穴」に投稿された感想・評価

arataki

aratakiの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

映画好きならオチの部分には
早々に気付いてしまうだろうけど、
それが分かっても退屈せずに
最後まで見ることができた。

ふいに出てくるホラー要素に
何度かドキッとしてしまう場面も...(苦笑)

とは言え、派手な仕掛けで驚かすような
コテコテのホラーとは違い、
妖艶な雰囲気が漂う、怪奇ミステリーという感じ。

西島秀俊が役にハマっていてよかった◎



2020-064
ルネ

ルネの感想・評価

5.0
築40年のアパートに住む売れない作家が官能小説を書くことになる。アパートの部屋には隣の部屋が覗ける穴が空いていて、そこに若い女が引っ越して来ないかと夢想するのだが・・・。

鎌倉を舞台にしたなんとも情緒のある作品で、前半のコメディタッチなところから後半から段々とシリアスになってくる。

西島秀俊の演技もいいし、栗田麗の適度に普通なルックスと色気もいい。

コメディとシリアス、そしてエロスの按配がちょうどいいです。これ以上エロくてもやりすぎだし、やはり見せすぎないってのは大切ですね。

最後の展開も含めて、すごく好きな作品でした。出会えてよかったです。
sunflower

sunflowerの感想・評価

3.6
西島秀俊さんが出ているので観てみた。

うん、謎😂

どこからが妄想でどこからが現実だったのか🤔

最初から最後まで、掴みどころのないモヤに包まれて終わった感じでした☁️

この頃の西島秀俊さんって、こういう自堕落な暮らしをしているダメ男をよく演じていた気がする🙄
今の強くて優しい、守ってくれる男のイメージとは真逆😲

これは西島秀俊さんだから最後まで観られた作品、でした😆
まさかホラーと思ってなくて見ていたので、終盤には驚いた。

それでなくてもストーリー的に面白い。

西島さんのダメな男感、溢れる悲壮感素晴らしかった。


壁に穴空いてんのにめちゃくちゃデカい声で喋る所何気に笑う。
いや向こうの声聞こえてるならこっちも聞こえてますよー!!???て


まあそれが聞こえて様が聞こえまいが関係ない所に後にホラーとなって分かるところに怖ってなった。


まあ要するに怖っ
な

なの感想・評価

1.5
心の乱れと字の乱れ。彼女がミューズのように、世の中がうまく回り出してから不穏感があったよね。
維管束

維管束の感想・評価

3.4
こんな都合のいい女いないだろって前半少しモヤモヤしながら見てました。
生活感や人間味がまったく無く、ピュアな男性の理想像を描いたエロ漫画のヒロイン的な。
後半その違和感が回収されいっきに辻褄が合うと同時にゾワっとします。


演じる時お手本になりそうなキャラ
↓↓↓
○ミステリアスで何を考えているか分からない女性
○得体が知れないけど謎めいていて美しく男を虜にする柔和な女性

○寂しさを隠し明るく振る舞うリアルにいそうなメンヘラ40代女性

○明るく健康的で健気で素直で登場人物に振り回される新入社員女性、ヒロインタイプ
淡々と進んでいくものの、その淡々さが不気味を帯びてくる瞬間がある。
そして途中からよく分からない感覚に…いや、途中から私も真木栗と共に狂ってたのか?
果たして、あの物語は本当に終わったと言えるのかしら。
たまご

たまごの感想・評価

3.8
江戸川乱歩のようなアングラな感じもありながら、過激ではなく静かなホラー映画
少しずつ壊れていく日常という感じがとても良かった
秋元

秋元の感想・評価

3.6
江戸川乱歩なの?って感じのお話でした。


個人的にはけっこう好き!
題材が覗き穴なんて…
それだけでワクワクしてしまう

わたしは確実にのぞく派ですね


オチが読めてしまうな〜
と思ってたら最後はオチのラッシュで
え?え?と、怒涛のラストを迎えた感じでした
棒に見えて実は役の特徴に深く入り込んでる西島秀俊の演技が楽しめる。
>|