花筐/HANAGATAMIの作品情報・感想・評価

花筐/HANAGATAMI2017年製作の映画)

上映日:2017年12月16日

製作国:

上映時間:169分

4.0

あらすじ

少年は魂に火をつけ、少女は血に溺れる。 1941年の春、アムステルダムに住む両親の元を離れ、佐賀県唐津に暮らす叔母(常盤貴子)の元に身を寄せることになった17歳の榊山俊彦(窪塚俊介)の新学期は、アポロ神のように雄々しい鵜飼(満島真之介)、虚無僧のような吉良(長塚圭史)、お調子者の阿蘇(柄本時生)ら学友を得て“勇気を試す冒険”に興じる日々。肺病を患う従妹の美那(矢作穂香)に恋心を抱きながらも、女…

少年は魂に火をつけ、少女は血に溺れる。 1941年の春、アムステルダムに住む両親の元を離れ、佐賀県唐津に暮らす叔母(常盤貴子)の元に身を寄せることになった17歳の榊山俊彦(窪塚俊介)の新学期は、アポロ神のように雄々しい鵜飼(満島真之介)、虚無僧のような吉良(長塚圭史)、お調子者の阿蘇(柄本時生)ら学友を得て“勇気を試す冒険”に興じる日々。肺病を患う従妹の美那(矢作穂香)に恋心を抱きながらも、女友達のあきね(山崎紘菜)や千歳(門脇麦)と“不良”なる青春を謳歌している。しかし、我が「生」を自分の意志で生きようとする彼らの純粋で自由な荒ぶる青春のときは儚く、いつしか戦争の渦に飲み込まれてゆく。「殺されないぞ、戦争なんかに!」・・・俊彦はひとり、仲間たちの間を浮き草のように漂いながら、自らの魂に火をつけようとするが……。

「花筐/HANAGATAMI」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

大阪の「シネ・ヌーヴォ」にて本日鑑賞。

ともかくあらゆるカット全てが極端にドラマティックで、画のよう。まるで刻々とせまりつつある出兵を前に残された時間は一秒一秒がまばゆい──とでも伝えたいのだろうか。

ともかく個性的な登場人物。桜の花弁舞い散る冒頭の教室から「ただ事では済まない」予感が漂いはじめる。中でも大林作品「らしい」ものと言えばやはり日本家屋の登場回数の多さで、光と陰に多くを語らせようとしているかのようだ。

見る前には果たして約3時間に及ぶ長尺に不安もあったが、基本スライドインによる場面転換でテンポはよくあっという間であった。迫る戦火=死と肺病で残りわずな命の美那が「逃げおおせぬ死」を否応なしに見る者に突きつける。

この作品は戦争の悲惨を映画を通じ伝え続けている大林監督にとっての『ゲルニカ』なのであろうか。
行きつけの地方の映画館なのですが、終戦のこの時期に戦争3部作の最終章と言われる今作の上映を機に是非ということで大林監督をお呼びしたそうなのですが、現在、尾道での撮影が押しているということで叶わなかったのですが、大林監督の粋な計らいでビデオレターを送って頂き本編前に鑑賞させていただく運びとなりました。
監督が言われるには、自分が戦争映画を撮る資格はないと思っていたが、癌にかかり余命3ヶ月と言われたことでやっと「生」を扱う戦争という題材を撮る資格ができたと思い撮影したという思いが詰まった作品だと言うこと。余命3ヶ月と言われながら今でも生きながらえていることで生に心から感謝することができるようになり今では蚊に血を吸われようが生き物を殺すことはなくなったなど語られていました。
監督の話で否が応否が応にも本編の期待は高まりましたが、開始10分後には爆睡し本編169分の大作のエンドロールが終わって辺りが騒ついた時に目が覚めたという。というわけで本編については語れませんが、ビデオレターをみなさんに語りたかったとご理解頂ければ。そして開始10分を見た限り近いうち必ず鑑賞したいと思える素敵な作品でした。
2018/8/16
シネピピ

文学!文学!文学!
やはり文学の年齢層は団塊の世代。
21世紀にこのような作品を観ることが
何よりもキセキ、か。
満島君の肉体が、脳裏に焼き付いている。
わけわかんなかった。
演出も登場人物も。
今まで見たことがある映画とは全く別物って感じで、良いか悪いかというよりただただ新鮮だった。
だからそういう意味ではおもしろかった。?
何時間か消化しきれない感じ。今何を見たんだ的な
登場人物たちが共通して持ってる何かを私は理解できなかったから別世界の人間を見てた感覚
Dan

Danの感想・評価

5.0
この映画を一言で表すとしたら、「嵐の前の静けさ」そのもの。
戦争直前の不穏な空気を不気味なほど鮮やかに描いている。
これほど生々しい戦争映画があるだろうか。
そして美しい唐津の風景と優雅な音楽がこの不気味さを引き立てている。
商業映画ではないので、宣伝があまりされないが、キネマ旬報の2017年の第2位に選ばれるだけの質がある作品である。
登場人物が地味に豪華!
Naga

Nagaの感想・評価

3.8
戦時中の映画とかは割と観たことあるけど戦争が始まる直前の青春映画ってあんま観たことない。

とにかくパワフルな映画だった。CGと合成の連続なんだけど安っぽく見えない感じはなんでだろうな。

内容2割も理解できたか微妙だ。
ふつうに生活しててふと戦争がそろそろ始まるのかって思うような若者たちの心情と青春。

青春が戦争の消耗品だなんて。
spetsnaz

spetsnazの感想・評価

3.8
門脇麦応援オタクなので麦ちゃんもっと観たかった…w

大林監督の作品初めて観たけど、良いとか悪いとかじゃなく、こうした空気感は今の世代には撮れないなー
茶碗

茶碗の感想・評価

5.0
大林映画に親しんでる人でもこれは衝撃的だったのではないかと思う。こういう映画を見れて良かった。
2017年12月22日、有楽町スバル座で鑑賞。
(18:00~21:00の回)

大林宣彦監督【戦争三部作】の三作目にして、完結作。

一作目『この空の花~長岡花火物語』、二作目『野のなななのか』に通じる作風ではあるものの、更に上回る表現を見せてくれた!

約2時間50分の作品であったが、「もっともっと観ていたい」と思わせられる映画だった。

普通の風景の中に、極彩色を描き、目を見張る至福の時間。
それらは、真っ赤な魚の置物であったり、若い女性に覆いかぶさるようなスクリーンいっぱいの月であったり、………。

戦争突入の時代にも拘わらず、真っ赤なロングドレスを着た常盤貴子の美しさは素晴らしい!

戦争三部作と位置付けられた作品であり、太平洋戦争が忍び寄る不気味さを独特の色彩感覚で描いたあたりは凄い!
「軍人たちの行進+日本の旗+提灯」という風景などは、「恐さと極彩色の不思議な組合せ」を感じた。

大林宣彦監督、渾身の「戦争三部作~最終作」であった。

大傑作!
原作未読。

窪塚俊介と満島真之介が全裸で馬に2人乗りして夜の海辺を駆ける絵面の衝撃が強過ぎる。

吉良の台詞と言い方が良い。

死が身近な時代の青春ってなんでこんなに鮮やかなんですかね。
>|