花筐/HANAGATAMIの作品情報・感想・評価

花筐/HANAGATAMI2017年製作の映画)

上映日:2017年12月16日

製作国:

上映時間:169分

あらすじ

少年は魂に火をつけ、少女は血に溺れる。 1941年の春、アムステルダムに住む両親の元を離れ、佐賀県唐津に暮らす叔母(常盤貴子)の元に身を寄せることになった17歳の榊山俊彦(窪塚俊介)の新学期は、アポロ神のように雄々しい鵜飼(満島真之介)、虚無僧のような吉良(長塚圭史)、お調子者の阿蘇(柄本時生)ら学友を得て“勇気を試す冒険”に興じる日々。肺病を患う従妹の美那(矢作穂香)に恋心を抱きながらも、女…

少年は魂に火をつけ、少女は血に溺れる。 1941年の春、アムステルダムに住む両親の元を離れ、佐賀県唐津に暮らす叔母(常盤貴子)の元に身を寄せることになった17歳の榊山俊彦(窪塚俊介)の新学期は、アポロ神のように雄々しい鵜飼(満島真之介)、虚無僧のような吉良(長塚圭史)、お調子者の阿蘇(柄本時生)ら学友を得て“勇気を試す冒険”に興じる日々。肺病を患う従妹の美那(矢作穂香)に恋心を抱きながらも、女友達のあきね(山崎紘菜)や千歳(門脇麦)と“不良”なる青春を謳歌している。しかし、我が「生」を自分の意志で生きようとする彼らの純粋で自由な荒ぶる青春のときは儚く、いつしか戦争の渦に飲み込まれてゆく。「殺されないぞ、戦争なんかに!」・・・俊彦はひとり、仲間たちの間を浮き草のように漂いながら、自らの魂に火をつけようとするが……。

「花筐/HANAGATAMI」に投稿された感想・評価

D

Dの感想・評価

3.0
大林宣彦監督作品は"HOUSE"しか知りませんが、とりあえず大林ワールドは健在でした。
あからさまな合成感や、バッハの"プレリュード"と小鼓のポン!の効果音などが終始カオスなミックス感で使われて、文学小説だけあって台詞が難しい、、笑
あと、門脇麦が可愛かったなー。あの気怠い悩ましいキャラクターがまた良かった。

これだけ世界観爆発されたら、約3時間の尺は頭パンクしますよそりゃ。笑

とりあえず、世代的になかなか理解が難しい作品。
唐津先行上映!
映画館もない街に、映画がやってきた!!
ただ映画の上映だけと思って行ったら、監督とキャストが!!!

恐縮ながら、大林監督作品初鑑賞。
まず、ここまで情報量の多い作品は、初めてだった。
カットの嵐、効果音、照明、合成。さらに、重要なシーンを、幾度も反復する。
でも、初めて見る作風ゆえに、テーマや隠喩を読み解けない。一回で解かせる気もないのだろうが。戦争に対して距離のある、自分らのような世代は、繰り返し見て、「戦争」を考えないといけないと思う。

自分の街が、映画の中にあった。これだけで感動もん。唐津の人たちは、唐津をこよなく愛している。だって、あまりにも住みやすいもん。
くんちの囃子が作中で鳴ると、唐津っ子の血が踊り出す。それは、曳山を引いてない人も、老人も、もちろん子供も。唐津っ子にとっては、限りなく居心地の良い映画。
ふと思い返せば、二年連続、唐津くんちに行ってない。(唐津では、これはヤバい事)
いつのまにか遠ざかっていた。唐津の良さを思い出せた。古里映画!

豊臣は朝鮮出兵の時、唐津に拠点、名古屋城を建設した。(唐津には、豊臣の色々な伝承もある。悪事も...)
その際、唐津に日本の権力者が集められた。唐津を愛する唐津っ子は、権力に屈しまいと唐津くんちを始めた。町人の街唐津は、権力に対して、祭りで対抗した。
戦争も神祭も命がけだ、というセリフ。
権力への服従と権力への反抗。
前者と後者、どちらを選びますか?
ユズネ

ユズネの感想・評価

3.0
記録。

音楽とか話の流れとか雰囲気とかがとても好みでした!古臭い言い方とかすごい好きで……
もっと感じるべきことはたくさんあるのだろうけど、今の私は見たままの感想しか述べられません。
劇場で上映が始まったらまた見に行ってみようかな。
登場人物のせりふの言い方が、古い映画か舞台のようにカチッカチッとしていて、現代の喋り方と比べると自然な感じとは言いがたい。それも演出なんだろうが。大林監督が脚本を書いた40年前に撮った方が良かっただろう。エンドロールで唐津の人名や会社名が腐るほど出てくる。そんなに金がなかったのか。あと、長い。
『この空の花』が大好きマンなので、予告観たときから死ぬほど楽しみにしてた作品だけど、色んな意味でとんでもない映画だった。やりたい放題やり過ぎ。監督自身これが遺作になるかもしれないって分かってやってるのが画面から死ぬほど伝わってきて、そこにノレるか否かで評価が変わりそう。「映画は嘘から出たまこと」って大林監督は言っていたけれど、本当にそうだと思う。誇張されすぎた演出の先に見えてくる「現実」。ある意味すげえわ。
10/28 東京国際映画祭で花筐を観てきた。地方を舞台に映画を作ってきた監督が、佐賀の唐津を舞台に、戦争の足音が迫る時代を生きる若者達の青春群像を描く。自分自身、大林監督の映画は殆ど観た事が無く、激しい感情を露にしたゴッホの油絵のような映像と作風には驚いた。

檀一雄の花筐の言葉の由来をネットで検索すると室町時代の世阿弥が作った能の演目が見つかる。花筐の映画は、公家と武士の文化が混ざり合った華やかで力強さを感じるが、織田信長の様な狂気を含む混沌とした能の舞だった。

以前、何処かで能と狂言は違うと聴いた事があるが、能がシリアスなストーリー、狂言はコミカルなストーリーで、狂言は能と能の間に気分転換で舞われると聴いた。花筐の映画自体は狂言のようなコミカルな表現に終始するが、大病を病む監督が、次の時代を担う世代に伝えたい願いはシリアスで真摯、その物だった。

自分の父は富山の新湊で生まれたが祖母に連れられ、何度か新湊曳山祭を見に行った事がある。漁師町の曳山には、漁師町らしい魂が揺さぶられる魅力が在り、映画を通して観る唐津くんちの曳山も素晴らしい。

北陸能登の輪島塗りは、室町時代に生まれたそうだが、映画の「花筐」は、輪島塗りのように何層にも漆を塗り固めた漆器のような映画なのだろう。自分は静かな映画が好きなので感性が合わない映画だったが、監督の故郷、友情、戦争等に対する真摯な思いは受け止めたい。
TS

TSの感想・評価

4.2
東京国際映画祭で鑑賞!
初の大林監督作品でした!

僕はアマチュアでずっとやってきたと
豪語している。だから自由で好きな映画を
撮ってる、家族の支えがあって何歳になっても
自分が本当に現代に伝えたい、生涯残していきたいと思う気持ちの強さを感じた最高の作品です!
もっと自由に想像力豊かに生きていきます!
大林監督ありがとう!
最高にカッケー!
noobyoo

noobyooの感想・評価

3.2
東京国際映画祭にて観了。

余命三ヶ月とされた中で撮り上げた、大林宣彦監督の正しく渾身作であるとは思います。

オーバーワークな演技と過剰なデフォルメ背景模写の連打は、言わずと知れた大林宣彦ワールドの持ち味であり、それにドキュメンタリー要素を融合させた凄まじい情報量に圧倒させられた傑作である前々作「この空の花 長岡花火物語」で感服したので、本来の純文学路線に回帰した本作は、その確信的学芸会構成が永遠と続く169分の長尺も含め、観ていて正直辛い部分もありました。

とは云え窪塚俊介さんと長塚圭史さんが16歳の学生を演じる元々ブッ飛んだ設定なので、戦争中の時代背景ながらロリ的エロスを随所に散りばめ、同性愛な要素すら挿入する反戦映画という何でもありな青春哀惜ノスタルジーになっている純大林宣彦映画だと思います。

その意味で第一ヒロインの矢作穂香さんは成る程なキャスティングだし、前作「野のなななのか」の時より確実に演技が上手くなった山崎紘菜さん、若手演技派女優の地位を更に押し上げる門脇麦さん、そして大林的妖艶世界にハマった常盤貴子さんなど、濃厚な女優映画でもあるだけに、主演の窪塚俊介さんの上擦り加減が、最後まで違和感から抜けられなかったのが残念です。
R

Rの感想・評価

-
観客が初見では抱えきれないほどのエネルギーでぶつかってくる…本当に圧倒された。

映画は“大ウソからでた大マコト”
本当に本当にすごい作品だった。

このレビューはネタバレを含みます

人生の終末期に、自分の好きなことを詰め込んだ作品なのだなとは思う。
窪塚弟の芝居がキャパ1200人くらいの舞台で、大河ドラマの幼少期を大人が演じましたという嘘で塗り固められた“純粋さ”。意図して演出してるなら一人だけアニメの中にいるような異質さはもう少し他と馴染ませて欲しかったし、そもそも演出せずにこの出来なら無責任すぎて哀しい。

あまりにも自分と合わない映画だと、眠れもしないのだなと久々に再確認した。
>|