花筐/HANAGATAMIの作品情報・感想・評価

花筐/HANAGATAMI2017年製作の映画)

上映日:2017年12月16日

製作国:

上映時間:169分

4.0

あらすじ

少年は魂に火をつけ、少女は血に溺れる。 1941年の春、アムステルダムに住む両親の元を離れ、佐賀県唐津に暮らす叔母(常盤貴子)の元に身を寄せることになった17歳の榊山俊彦(窪塚俊介)の新学期は、アポロ神のように雄々しい鵜飼(満島真之介)、虚無僧のような吉良(長塚圭史)、お調子者の阿蘇(柄本時生)ら学友を得て“勇気を試す冒険”に興じる日々。肺病を患う従妹の美那(矢作穂香)に恋心を抱きながらも、女…

少年は魂に火をつけ、少女は血に溺れる。 1941年の春、アムステルダムに住む両親の元を離れ、佐賀県唐津に暮らす叔母(常盤貴子)の元に身を寄せることになった17歳の榊山俊彦(窪塚俊介)の新学期は、アポロ神のように雄々しい鵜飼(満島真之介)、虚無僧のような吉良(長塚圭史)、お調子者の阿蘇(柄本時生)ら学友を得て“勇気を試す冒険”に興じる日々。肺病を患う従妹の美那(矢作穂香)に恋心を抱きながらも、女友達のあきね(山崎紘菜)や千歳(門脇麦)と“不良”なる青春を謳歌している。しかし、我が「生」を自分の意志で生きようとする彼らの純粋で自由な荒ぶる青春のときは儚く、いつしか戦争の渦に飲み込まれてゆく。「殺されないぞ、戦争なんかに!」・・・俊彦はひとり、仲間たちの間を浮き草のように漂いながら、自らの魂に火をつけようとするが……。

「花筐/HANAGATAMI」に投稿された感想・評価

茶碗

茶碗の感想・評価

-
大林映画に親しんでる人でもこれは衝撃的だったのではないかと思う。こういう映画を見れて良かった。
2017年12月22日、有楽町スバル座で鑑賞。
(18:00~21:00の回)

大林宣彦監督【戦争三部作】の三作目にして、完結作。

一作目『この空の花~長岡花火物語』、二作目『野のなななのか』に通じる作風ではあるものの、更に上回る表現を見せてくれた!

約2時間50分の作品であったが、「もっともっと観ていたい」と思わせられる映画だった。

普通の風景の中に、極彩色を描き、目を見張る至福の時間。
それらは、真っ赤な魚の置物であったり、若い女性に覆いかぶさるようなスクリーンいっぱいの月であったり、………。

戦争突入の時代にも拘わらず、真っ赤なロングドレスを着た常盤貴子の美しさは素晴らしい!

戦争三部作と位置付けられた作品であり、太平洋戦争が忍び寄る不気味さを独特の色彩感覚で描いたあたりは凄い!
「軍人たちの行進+日本の旗+提灯」という風景などは、「恐さと極彩色の不思議な組合せ」を感じた。

大林宣彦監督、渾身の「戦争三部作~最終作」であった。

大傑作!
原作未読。

窪塚俊介と満島真之介が全裸で馬に2人乗りして夜の海辺を駆ける絵面の衝撃が強過ぎる。

吉良の台詞と言い方が良い。

死が身近な時代の青春ってなんでこんなに鮮やかなんですかね。
三条狼

三条狼の感想・評価

3.6
This is 大林。 なんとか映画館で拝見できて本当によかった。 今回は正直好きになれないキャラクターばっかりだったけど、時が経てばまったく違う感想を抱くのだと思う。
脳に直接打ち込んでくるタイプの映画。情景と言葉まわしが美しい。一度見るとものすごい気力を奪われるが、頭のすみにいつまでもこびりついてきっとまた見たくなるんだろうなと思った。
マ

マの感想・評価

4.8
記憶に残りやすい言葉とか言い回しがすき、この映画は何回観ても飽きることはないと思う
haru

haruの感想・評価

4.0
一体何を見ているんだろうというほどの登場人物の濃さとケレン味たっぷりの映像表現。
そしてその異様な世界観を上回る戦争の異質さ
大林監督の頭ん中を映像化するとこんな風になるんだなぁと観てた。吐き出せる事が素晴らしいね!
この空の花の時と同じく大林さん余韻が強い

美しかった

エンドロールでは
監督の作品への愛を
作品へ関わった全ての方々への
あたたかい心を
感じずにはいられなかった
涼

涼の感想・評価

-

ちょ〜よかった!!!!!
学生だからって700円でみれちゃったんだけどいいの???って思った
これを気に入った人たちと喋りたい

たまに行くミニシアターなんだけど初めて上映前にスタッフの方がみんなの前で熱くベラベラ喋ってるのみたな、いつもそんなことしないのに
>|