花筐/HANAGATAMIの作品情報・感想・評価

花筐/HANAGATAMI2017年製作の映画)

上映日:2017年12月16日

製作国:

上映時間:169分

4.0

あらすじ

少年は魂に火をつけ、少女は血に溺れる。 1941年の春、アムステルダムに住む両親の元を離れ、佐賀県唐津に暮らす叔母(常盤貴子)の元に身を寄せることになった17歳の榊山俊彦(窪塚俊介)の新学期は、アポロ神のように雄々しい鵜飼(満島真之介)、虚無僧のような吉良(長塚圭史)、お調子者の阿蘇(柄本時生)ら学友を得て“勇気を試す冒険”に興じる日々。肺病を患う従妹の美那(矢作穂香)に恋心を抱きながらも、女…

少年は魂に火をつけ、少女は血に溺れる。 1941年の春、アムステルダムに住む両親の元を離れ、佐賀県唐津に暮らす叔母(常盤貴子)の元に身を寄せることになった17歳の榊山俊彦(窪塚俊介)の新学期は、アポロ神のように雄々しい鵜飼(満島真之介)、虚無僧のような吉良(長塚圭史)、お調子者の阿蘇(柄本時生)ら学友を得て“勇気を試す冒険”に興じる日々。肺病を患う従妹の美那(矢作穂香)に恋心を抱きながらも、女友達のあきね(山崎紘菜)や千歳(門脇麦)と“不良”なる青春を謳歌している。しかし、我が「生」を自分の意志で生きようとする彼らの純粋で自由な荒ぶる青春のときは儚く、いつしか戦争の渦に飲み込まれてゆく。「殺されないぞ、戦争なんかに!」・・・俊彦はひとり、仲間たちの間を浮き草のように漂いながら、自らの魂に火をつけようとするが……。

「花筐/HANAGATAMI」に投稿された感想・評価

山

山の感想・評価

-
夢かうつつか、もしくは妄想か、

大林さん、やっぱすげえやッ!!
日本映画界に居てくれただけで感謝。カッコよかったッス
あぶ

あぶの感想・評価

5.0
尾道映画祭にスタッフとして参加した合間に満員のホールの中で邪魔にならないよう三階席の階段に座ってみました。
映像の何処を切り取っても一枚の絵になるような美しさで背景の際立たせ方や、効果や色彩調整、独特な台詞回し、同じカットを何度も入れるような演出がどれも異彩を放っていてそれが大林宣彦監督がおっしゃっていた「僕の映画の中では死者が生きている人よりも生き生きとしている」という言葉を体現しているようでこの数々の演出があったからこそ生きている人と死んでいる人とが曖昧になりかけていたあの時代をこんなにもセンセーショナルに描けたのだと思います。
舞台挨拶の中で大林宣彦監督がおっしゃっていた「僕は尾道を観光客が沢山くる街にしたいんじゃなくて、戦争で死んでいった人が楽しく生きれる街にしたい」という言葉が尾道という街が大好きな自分にとって価値観を変えられる一言でした、古き良い映画の街として今も素晴らしい映画を上映してくださるシネマ尾道や、古民家を改装して作られたゲストハウスや飲食店、最近ではしまなみ海道を楽しむサイクリストの姿も多くみます。そんな今の尾道は週末にはカメラを首に下げた観光客が大勢来て各々思い思いの時間を過ごしています、そういった今の楽しい尾道があるのは大林監督のおっしゃった尾道を日本を守ってくださった先人達がいたお陰で、その事に感謝をする気持ちを持つという事を考えてもいませんでした。
これから大林監督のおっしゃった言葉のように自分も先人もそしてこれからを生きていくこども達にも楽しく過ごせる楽しく生きていける街となっていく尾道にまた訪れたいと思います。
mako

makoの感想・評価

4.0
《2018#41》

檀一雄の原作。未読。 
大林宣彦監督の、デビュー作『HOUSE/ハウス』より以前に書き上げられていた幻の脚本が40年の時を経て映画化された。 
大林宣彦監督作は、『転校生』と『時をかける少女』しか観たことがありませんでした。 

169分と長めの作品ですが、私はそれほど長く感じませんでした。これまでに観たことがないような演出や映像で驚きました。斬新だと思いました。 

太平洋戦争勃発前の男女6人(窪塚俊介、長塚圭史、満島真之介、矢作穂香、門脇麦、山﨑紘菜)の若者達の青春物語。 
佐賀県唐津市の唐津くんちも交え観応えがありました。 

17歳の役を長塚圭史が演じるの?と、ちょっと戸惑いましたが物語が進むにつれてそんな事を感じなくなりました。 
常盤貴子の妖艶な雰囲気は素敵でした。 
戦争勃発前の不安を感じさせないように青春を謳歌しようとする若者達。 
劇中の「青春は戦争の消耗品ではない」という台詞が心に刺さった。 
刺激的な作品でした。

大林監督が『花筐』の事を話している動画がありましたので興味がある方はどうぞ。少し長いですが聴き応えがあります。 『花筐』を作った経緯や小津安二郎監督の事も話しています。
ライムスター宇多丸さんとの対談です。

https://youtu.be/C9SqR5R9eG4 
この空の花、野のなななのか、に比べると入り込みにくい

美しい映画ではあるが

唐津の祭りともいまいち合っていない気がする
ぶぶこ

ぶぶこの感想・評価

4.5
3月で一旦閉館する「京都みなみ会館」で、大林宣彦監督の「花筐/HANAGATAMI」を見に行った。約3時間の長編で、現在少し腰の痛みがぶり返しておりますが、傑作とまでは行かなくても、一見の価値のある怪作であるのは間違いないと思います。
知人が絶賛していたし、元々大林監督のファンなので見に行ったわけですが、知人の言うように、強靱な意志に支えられた狂った世界が大展開。最初の20分、非リアリズムの演技と世界に慣れればこっちのもの。長さもそれほど感じなかったです。
最初取っつきづらいけど、「これはこういう世界なんだ」と納得するとその世界にずぶずぶ入り込んでしまう画像、というのは大林とホドロフスキーに共通すると思います。個々の俳優の印象を言うと、吉良役の長塚圭史が良かった。やはり声、お父さんに似ているね、彼。この映画にも出演の常盤貴子が現実の妻なのは許し難いが(笑)。
少し下世話な話をすると、大林監督は結構出演者を「脱がせる」ことでも有名だが、今回も「象徴的」な裸が色々。でも、一番は裸になって裸馬に跨がった満島真之介君と窪塚俊介君だな(笑)。特に満島君はよく脱いでいました(青春の肉体面の象徴的人物だからだが)。あと娼婦役の池端慎之介も良かったな。
映画を彩るヒロインたち(矢作穂香、門脇麦、山崎紘菜)、みんな可愛かったですが、それぞれ印象的かつ象徴的な役割が与えられていたので甲乙つけがたいが、ある意味「傍観者」的な役割を負わされていたあきね役の山崎さんがよかったかな。
上手く言葉をまとめきれません…モチーフを並べてみると…桜、青春、友情、文学、不良な遊び、淡い恋、キス、月、海、ドラキュラ、不治の病、戦争、血、唐津くんち…様々なモチーフが極彩色で画面に散らばって、それはそれは美しかったです。万華鏡を覗き込んでいるような、入れ子重箱のような、どこまでも広がっていく宝石たちをただただ3時間眺めていた。

キャストも良かったです。男性陣の皆さんは兄弟や父親が俳優の方たちばかり。長塚圭史さん演じる吉良くん良かったなぁ〜あと三島由紀夫を彷彿とさせる(モデルにはなってないと思うけど)満島さんの眼力とボディにヤラれました…常盤貴子の笑顔なのに不安な影がある表情も良かったです。

殆ど実写じゃありません。それに学生の設定なのに明らかに年齢と合っていない配役w セリフも演劇ぽく少し大げさ(セリフ回しはメトロノームに合わせて厳密に行われたそうです)そのチグハグ感に普段は目が行きがちだけど、考える暇がないくらい世界観に飲み込まれました。結局重要なのはディテールじゃなくて、どこまで映画に飲み込まれるか、なのだと思いました。私は完全にこの世界に溺れました。ラストの畳み掛けで描かれる、唐津くんちの「熱気」、そして太平洋戦争前夜の人々の抱える「無力さ」のコントラストは目を見張るものがありました。主人公たちの言動一つ一つに様々な意味があったり、キャラクター一人ひとりも個性的で、戦争を生き抜いた、そして生き抜けなかった人物像を細かく描かれてあるんだろうなと思うんですが、無知さと情報処理の低さの為、私には拾いきれなかった感がかな〜りあります。また見なければ!

ていうか監督余命三ヶ月宣告されたのちにこんな大作作り上げるなんて…。奮い立たされます!!!
大林宣彦監督。
人生の終焉を迎える監督が撮った作品は、「HOUSE」を思い出させる映像技法で、原点回帰を感じさせ「時をかける少女」「狙われた学園」などの表現も垣間見えます。

ドラマも、戦前から現代までをシュールに描いていて「戦争」への想いが、ただの反戦ではなく、当時の若者の考えも(戦争に行けない=非国民)取り入れ、対比軸を出して悲壮感を増してます。

大林監督の作品を「HOUSE」からリアルタイムで青春期に観ていた世代には、懐かしいようで、切なくて。「HOUSE」の中で、黒猫を絵で表現したカットがあり、この作品では長崎原爆の雲を同じく絵で表現されていて、胸がいっぱいになりました。

惜しむらくは、大林監督は作品内で女優の裸体を入れる人ですが、今回は妥協した感が。

大林監督には、まだまだ作品を発表して頂きたいと思いましたね。
菊池2018

菊池2018の感想・評価

3.0
分かったフリして通ぶりたいけど、正直なところ良さが分からなかった。ストーリーは面白いが。
茅

茅の感想・評価

-
天才ジジイの真骨頂!
窓から見える景色は脳髄汁垂れ流し!
ひとつひとつのセリフも言霊本気レベルマックス!
グォォオ、スゲーーー!
夢か現か幻か。

昭和16年。唐津。大学予備校に通う鵜飼(満島真之介)、吉良(長塚圭史)、俊彦(窪塚俊介)、その叔母である圭子(常盤貴子)、従妹の美那(矢作穂香)などを巡る群像劇。迫り来る戦争の影の中で、若者たちのエロス(生の衝動)とタナトス(死の衝動)が乱反射し、明滅する躍動は美那の鏡にヒビさえ入れる。

皮肉だ。

死の予兆が漂えば漂うほど、生命は渾然と勇躍し、余すところなく燃焼し始める。それはもはや青春の浪費とは言えない。月は限りなく下天を占め、海はあり得ぬほど広大である。明暗含めた深慮なる瞳には戯画ではなく、世界はかくあれかしと言わんが如く。

「血…!花…!」

繰り返される紅は生、エロティシズム、死、否応なく受け継がれる命脈のシンボル。卵の殻で交わされる時代のベルモット。

「夫は『俺は満州に落ちる真っ赤な夕陽の下で命を果たすんだ』と言って立派に死にました」

戦争の足音が近づくにつれ、若者たちの交差する思いは明る過ぎる月光に晒され、色濃い輪郭を木々の裾に投げつける。能面が光の加減で次々と表情を変えるように、やがて時空の境は消え、過去や夢や現実がめくるめく踊る幽玄美。織り成される記憶はチェロ、合唱、祭り囃子と共に混然と喚起し。

「青春が戦争の消耗品だなんて、まっぴらだ」

大祭、唐津くんち。本来なら狂気じみた衝動を発散するこの場でも、彼らの姿は小さくうごめくに留まる。戦争という巨大な死の虎口の前では、艶やかな祭りの興奮など慰めの代償に過ぎない。

真珠湾攻撃。

喀血を繰り返し、徐々に病状を悪化させる美那は当時の日本の姿そのもの。だが死の前でこそ、気高く瞬時の命を全うする若者たちの姿が眩い。エロスは十全に果たされたのだ。

「さあ、お飛び!お飛び!!」

私達は憶することなく生きているだろうか?きちんと飛翔できているだろうか?美那の見る一夜の夢の欠片のように、儚く脆く切なかろうと。いずれ誰かの胸に仕舞われるひとひらの花筐。

「綺麗…」
>|