スタンドアップの作品情報・感想・評価・動画配信

「スタンドアップ」に投稿された感想・評価

Momoiro

Momoiroの感想・評価

2.5
2008年以前に書いたブログ(もうとっくに閉鎖)からの転載。
自分用に記録として。当時は今より辛口!

--ここから
監督: ニキ・カーロ
出演: シャーリーズ・セロン、フランシス・マクドーマンド、ショーン・ビーン、ウディ・ハレルソン、シシー・スペイセク
原題: NORTH COUNTRY
制作: 2005 アメリカ

最初に言ってしまえば、私には女性が立ち上がる映画には見えなかったということ。
さて前半はもう道も歩けばいやなことがごろごろ転がってるごとくやりきれません。背景説明ですし話を動かす源だといえばそうなんでしょうけど、あそこまで「アホ」な男たちに我慢した後の復讐はもっともっとやっちゃってほしい感じでしたね。まあ、彼女が我慢した背景にはここにもやっぱり母の辛抱があるわけです。最初、その母としてもまだまだ幼稚で、DVの旦那さんから逃れ育った地元の偏見の中で、最底辺の視点からやっと少しばかり世間を知り始めたところ。それが打ち出の小槌を振るわれた一寸法師のように大きく育っていくんですね。要するに荒波が大きくしてくれるんです。自助というよりはしかたなくって感じ。でも、生きることに必死さはあるから応援したくなる気持ちは沸きますが共感ということまではいかない。うん、あの町の1傍観者のごとくただ見つめてるような感じでした。それは彼女の決断が私には解決の方法だとは思わないからかも知れません。子供を巻き添えにする環境は彼女の意に反したものだったとは思うけどそうなったときの判断はまだほかにあったような気がするから。

原題が「NORTH COUNTRY」と倉本聰氏のドラマのような題名を邦題「スタンドアップ」にしたのかしら? もちろん立ち上がって歩き出すこの女性ジョージィのことだと思いますよね。だけど彼女のことじゃんなかったんですねぇ(彼女のことも掛け合わせてるのだとは思いますけど)それは、冴えない(見栄えのです)友人弁護士の最後の台詞。結局は男性の台詞なんですよ。ネタバレになるのでこの辺にしておきますが、彼女を立ち上がらせるためにこの友人(恋人じゃないのね)弁護士や集団訴訟を段取ってくれた判事さんとかが居なければどうにもならなかった。そういう意味では彼女はただの駒という感じもしてしまいます。そう、母という存在だけど社会的には世間知らずのままだったんですから。

さて、もう一つこの映画に期待していた「胸のすくような」は残念ながらこれも彼女が与えてくれたものではありませんでした。猿芝居のような労働集会で彼女は名を名乗って発言します。「私の名前はジョージィ・ジェームスです(直訳)」と。私はここでたどたどしい発言の末きっとキメ言葉をいうんだろうってなんだか期待しすぎていました。しかし結局、気持ちよかったのはここでのパパじゃないですか。 それまで彼女のことを振り向いてもくれないような冷たそうな人がですよ、その人が言ってくれた言葉。あの時ギィ~って大きな傾きが反対方向へと動き出した感じがはっきりしましたよ。ここから、はい、私は面白くなってきたんですね。
法廷ものというほど巧みな話術合戦で見せてくれるわけではありませんが、それでも観衆を巻き込んでのジャッジが始まって展開していくのだろうと… しかし、まあ結果はアメリカ人なら周知の事実なんでしょうけど。その結末はただテロップで紹介されてそしてタイトルロール。

ここに登場する男性陣、そして女性陣もやっぱり昔の世界の人間です。だけど偏見や差別が今の時代だって無くなったわけではないでしょう? そもそもジェンダーフリーを小学校でも習う時代ですがわざわざ唱えなければならないベースにはまだまだその偏見があるからですものね。
さて、この映画で一番救われたのは大勢の中で身動きのとれなかった良心を持っている人たちね。彼らはこの事件で彼女を養護することで自尊心は救われたのでは。

「力もない。自信もない。味方もいない。それでも立ち上がってみようと思った」この(プロモ)コピーは酷い勘違いだよ。ちゃっかり彼女は社長というジョーカーを持ってる自信があって立ち上がって結果は使えないジョーカーと知るわけですよ。まあ、これが実話を扱う限界かと思うけど。実話だけじゃ話が詰まらなくなってしまう。女性が描く映画ならもっと女性を脚色しても良かったかなと感じます。これじゃ彼女の取った行動が勇気なのかおバカな衝動なのか解らなくなりませんか?
とぅん

とぅんの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

実在した鉱山でのエゲツないセクハラに対して、女性労働者が立ち上がって、会社を相手取って集団訴訟を起こした話。

劇中のイジメの数々は本当に気分が悪くなるものばかりだし、主人公の高校時代の話なんかも酷すぎて、観るにはなかなか覚悟がいる作品だと思った。
最終的には訴訟に勝つのだけど、法廷での話がメインではなく、主人公が立ち上がるまでが大半なので結構辛い。

シャーリーズ・セロンは最近も「スキャンダル」に出てたけど、この頃からスタンスがブレて無くてカッコいい。
さらに、キャストの2番手にはフランシス・マクドーマンドまで揃ってて、強いなぁと。

今見ると非常にキャストが豪華で、とりわけ最悪の男を演じたジェレミー・レナーが強烈だった。ホークアイ以降しか知らない人には衝撃かもしれない。
うさぎ

うさぎの感想・評価

4.0
女vs男じゃなくて、1人vs大勢ってなると普通怖くなっちゃうけど、1人だけでも立ち向かう勇気かっこよかった
別に賠償金が欲しいわけじゃないし自分を認めて欲しいとかだけじゃなくて、世界中の女性のために権利を掴むために闘う
もしこれがなかったら、今よりもっと男女の平等は図られてなかったのかなと思うと頭が下がるし、これからもっと男女が平等になるように私達も闘うべきだと思った
シャーリーズ・セロン目当てで観たら、ジェレミーレナーやウディハレルソンまで出てきて得した気分w
作品自体は胸糞シーン満載だったけど、ラストはグッときた。
highbury

highburyの感想・評価

3.9
【世の中は変わる】

DV夫と別れ地元に戻った主人公は父と同じ炭鉱で働きだすが、そこで待っていたのは男たちからの悪質なセクハラで・・・。
1980年代に起きた実話をベースとした作品です。

ほんの30~40年前までは『女性さえ我慢すれば上手くいく』『男性社会で働くなら仕方がない』という世の中であったことに改めて驚かされます。
この作品を観た大多数の方は炭鉱夫たちの行動に嫌悪感を覚えるはずですので、やはり声を上げていくことが社会を変えることに繋がってるのでしょうね。

頑なに娘を拒否していた父親が登壇し、スピーチした場面は感動モノでした。

セクハラ訴訟、そして二組(主人公と父親、主人公と息子)の親子関係に軸を絞り、下手に恋愛話を絡ませなかった点も好印象です。


ジェレミー・レナーのヘタレ役も見もの。
papapaisen

papapaisenの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

胸糞ゲージが100回ぐらい振り切れたけど大丈夫?そんな映画でした。セクハラ訴訟の先駆け、実話ベースに脚色。
何度も何度もブチギレて血管破裂して血だらけになりそうになりながら鑑賞したので、とりあえず鉄分補充します。

こんなこと絶対に許されへん。
心底思ったのは、自分はこんなふうに育たんくて良かったってこと。生まれた時代と環境でこんなふうになっちまうと思うとゾッとする。

ベストシーン
・親父が演説で娘を救うシーン
・親を憎む青年が立派な大人に諭されるシーン
・ラストの息子を何故産むことにしたのかを語るシーン

いやぁ、それにしても配役が素晴らしかった。今から考えるとめちゃくちゃ豪華なキャストやなぁ。売れてる人ばっかり。

シャリーズセロン→こういうの当たり役でしかない。

ウディ・ハレルソン→主人公に適度な距離感を保ったインテリのジェントルマン

リチャード・ジェンキンス→クソ親父から急変、やっぱり娘を愛する最低だけど最高のパパだった

シシー・スパイセク
→結局は奥さんのほうが旦那より強し、オスカー女優

ショーン・ビーン
→ゲームオブスローンズと同じぐらいいい役、母親を憎む青年に最高の接し方

フランシス・マクドーマンド
→スリービルボードなみに信念をもった難病とたたかう最高のスケット

ジェレミーレナー
→マーベルファンが発狂しそうな、今じゃ考えられない極悪キャラ、終盤の折れっぷりは謎

ミッシェルモナハン
→ひっそりと登場。この美人誰?ってなったらやっぱり

コール・ウィリアムズ
→今や売れっ子のこの人もちょい役で登場

アンバー・ハード
→主人公の若い時
映画の90%は胸糞悪いし、終わる8分前までムカつく。しかしタイトルの持つ意味は大きく、大切だ。
kumi

kumiの感想・評価

4.0
女性の社会進出には、こんなにも酷い性的迫害をされたことへの立ち上がる勇気が礎になっているのだと痛感しました。
中盤から後半は涙が止まらず、本当に感動しました!
自分も母親として色んな立場の気持ちが痛烈に理解できて、こんなに泣いたのは久しぶりでした。
沢田

沢田の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

悔しい。

夫からのDVで家を出て、女手一人で子供育てるべく、男社会の鉱山で働くことになった女性。

ひどいセクハラを受けて、人権もなく、レイプされ、アバズレと呼ばれ!本当に悔しい気持ちで何度も途中で止めながら見てしまった。
これが実話に基づく話だから、なおさら苦しい。

どんなに辛くても、苦しくても戦うことを諦めたらダメだ。女性は人間としての権利を持つことができるべきだ。
でもこの時代に、セクハラを訴えるのは勇気のいることだったろうし、だからこそ初めての勝訴だったんだろうな。誰も聞く耳を持ってくれない時代に、勇気を出して戦った彼女を本当に尊敬する。

ジョージーの父も最初は他の組合員と同じように女性を卑下した態度だったけれど、気持ちが変わっていくのを感じた。よかった。
レイプに関しては一生のトラウマだし、本当に辛いシーンで涙が出た。トイレのシーンもそう。

みんな、冗談通じないな〜とか、本気にしたの?とか、からかったり面白いと思って言っているかもしれないけれど、
セクハラは冗談でもなんでもないよ。
いじめ。性的迫害。犯罪。

今の令和の時代でさえ、なくならない。変えていかなきゃならない。
nakachaaaa

nakachaaaaの感想・評価

4.1
ストーリーは実話に基づくとのことだけれど、もうあまりにも見てられなくて、本当に心が痛んだ。
お父さんの気持ちが変わり出すところも見ててグッときたし、やっぱり最後の法廷シーンは、尋問の部分からラストまでもう震えっぱなしでした。

そしてとにかく配役が見事。
シャーリーズセロンは本当にこう言う役ハマりますよね。うますぎます。
ウディハレルソンのあの優しさあふれる感じも、フランシスマクドーマンドのドライなところがあるけど愛がある感じも素晴らしかった。
>|

あなたにおすすめの記事