パレードへようこその作品情報・感想・評価

パレードへようこそ2014年製作の映画)

Pride

上映日:2015年04月04日

製作国:

上映時間:120分

4.0

あらすじ

英国サッチャー政権下、境遇の違う人々をつないだ深い友情と感動の物語。不況と闘うウェールズの炭坑労働者に手を差しのべたのは、ロンドンのきらびやかなLGSMの若者たちだった! すべては、ロンドンに住む一人の青年のシンプルなアイデアから始まった。炭坑労働者たちのストライキに心を動かされ、彼らとその家族を支援するために、仲間たちと募金活動を始めたのだ。しかし、彼らが実はゲイの活動家(LGSM)だと知ると…

英国サッチャー政権下、境遇の違う人々をつないだ深い友情と感動の物語。不況と闘うウェールズの炭坑労働者に手を差しのべたのは、ロンドンのきらびやかなLGSMの若者たちだった! すべては、ロンドンに住む一人の青年のシンプルなアイデアから始まった。炭坑労働者たちのストライキに心を動かされ、彼らとその家族を支援するために、仲間たちと募金活動を始めたのだ。しかし、彼らが実はゲイの活動家(LGSM)だと知ると、寄付の申し出はことごとく断られてしまう。そこへ、勘違いから、唯一受け入れてくれる炭坑が現れる!彼らは、ミニバスに載ってウェールズ奥地の炭坑町へと向かうが…。

「パレードへようこそ」に投稿された感想・評価

映画天国17/6/27
差別と偏見はやっかい。敵の敵が味方にならない。
GLたちを嫌悪していた組合の女性は考えを変えたのだろうか?
あきら

あきらの感想・評価

3.8
背景を全然知らずに観たのでちょっとわからないところもあったけど、こういうことがあったんだなーと勉強になった。

80年代ファッション、イギリスの田舎の風景も充実してて目に嬉しい

逆にサッチャー目線の映画も観てみたくなった。
nyamumoko

nyamumokoの感想・評価

3.8
実話だしストーリーの流れがある程度予測しやすいからボーッと見ていましたが、ラストシーンにものすごく感動してうるうるしてしまいました。
偏見を持つことは良くないと頭では分かっていても、いざ自分が偏見無く振る舞えるかと思うと難しい……。
炭鉱の女性陣が頼もしく温かく優しくて泣けます。
80年代の音楽も良いです!
Have some pride because life is short, okay?
ハ

ハの感想・評価

4.1
授業内で鑑賞

音楽もストーリーもとても好きだった
自分も頑張るぞ、ってなんだかやる気が湧いてくる作品
nyoloner

nyolonerの感想・評価

4.0
Pride month

今でこそやっと、LGBTは個性であり、生きづらさをなくしていこうと動き出した感のある日本。欧米での長い戦いの歴史があっての今なんだなぁ。

サッチャー政権時代、炭鉱閉鎖に直面していたウェールズの労働者達が自分たちと同じように虐げられているのを知り、募金活動をして支援したLGBTグループの実話を基にしたお話。

こういうのって、「ライオン25年目のただいま」もそうだけど、事実と後日談を最後に流すのってずるい。そこで一気にそれまでのストーリーが蘇って涙腺が決壊するんだよね。

痛みを知っているから、痛み対する想像力が豊かだし、寄り添える勇気があるんだと思います。問題は、大概の人は自らは行動に移せないこと。行動に移せる人が少ない間は曖昧な行動を取ってしまうこと。人は善良だと信じているけど、1人では動けない生き物なんだと思う。

この年のパレードの先頭は、炭鉱労働者だったんだそうです。今度は我々がLGBTのためにアクションを起こすんだと。大勢が行動に移すまでに心が動いたことが素晴らしくて、力を感じたし心が温まりました。
sn

snの感想・評価

2.0
明るいおばちゃん達のおかげで
テンポがいいので見やすいし、
LGSMと炭鉱夫達が少しずつ心を開き
打ち解けていく様子が良かった。

若者達の真っ直ぐな気持ちと行動力が
たくさんの人の心を動かして、
歴史に残るほどの大きな力になった。
実話ということで、より凄さを感じる。

Bread and Rosesを歌う場面は
女性の強さが伝わってきて感動した。
眠い

眠いの感想・評価

3.3
恩を返す、手を繋ぐということ最初から最後まで。フレディにいさーん
Kota

Kotaの感想・評価

4.2
辛い話や苦労話を面白おかしく話す人って一緒にお酒飲んでても楽しい

こいつはそんな感じの映画。

しかも実話ときたら、笑って泣いてしまいますよ

原題はPRIDE
後半の後半この言葉がグッとくる
kuuiie

kuuiieの感想・評価

4.3
Based on a true story, it depicts the solidarity between two minor communities fighting against one big giant, the government.

The flow throughout the film is elegant, the way they capture scenes is absolutely amazing.

Dai's speech at the bar filled me with hope for humanity.

Fighting for the things you believe in, raising your voice against intolerance, discrimination, and injustice. These are the things that make a difference in this world.

After I finished watching PRIDE,
my mind keeps repeating;
Life is too short. Live it to the fullest.
>|