パレードへようこその作品情報・感想・評価

パレードへようこそ2014年製作の映画)

Pride

上映日:2015年04月04日

製作国:

上映時間:120分

4.0

あらすじ

英国サッチャー政権下、境遇の違う人々をつないだ深い友情と感動の物語。不況と闘うウェールズの炭坑労働者に手を差しのべたのは、ロンドンのきらびやかなLGSMの若者たちだった! すべては、ロンドンに住む一人の青年のシンプルなアイデアから始まった。炭坑労働者たちのストライキに心を動かされ、彼らとその家族を支援するために、仲間たちと募金活動を始めたのだ。しかし、彼らが実はゲイの活動家(LGSM)だと知ると…

英国サッチャー政権下、境遇の違う人々をつないだ深い友情と感動の物語。不況と闘うウェールズの炭坑労働者に手を差しのべたのは、ロンドンのきらびやかなLGSMの若者たちだった! すべては、ロンドンに住む一人の青年のシンプルなアイデアから始まった。炭坑労働者たちのストライキに心を動かされ、彼らとその家族を支援するために、仲間たちと募金活動を始めたのだ。しかし、彼らが実はゲイの活動家(LGSM)だと知ると、寄付の申し出はことごとく断られてしまう。そこへ、勘違いから、唯一受け入れてくれる炭坑が現れる!彼らは、ミニバスに載ってウェールズ奥地の炭坑町へと向かうが…。

「パレードへようこそ」に投稿された感想・評価

Ellie

Ellieの感想・評価

4.0
私は同性愛者ではないけど、すごくLGBTに関する映画には弱い。

どうして同性愛者=変態・異常者扱いなのか。
愛の対象が違うだけで、持ってる愛情や情熱はノーマルな人たちと同じなのに。
でも、そんな逆境もポジティブに変えて行ってしまう彼らのパワフルさに勇気をもらえる映画。

カミングアウトや拒絶や偏見にいろんな苦悩を抱えてる彼らの勇気にいつも感心させられてしまう。だから、彼らを応援したくなるんだと思う。
同じようにこの村の人たちもそれに感化されて、考えが変わっていったんだ。

彼らの味方をしてくれてるおばあちゃんたちがアグレッシブで最高すぎる!笑
実話だったんですね〜。奇想天外というか、ストライキ中の炭鉱夫のために何の関連性もない活動家グループが支援を始めて結果世界を変えていく。凡人の私にはきっと思いつけないアイデアでしょう。

最近LGBTに関する作品をいくつか観たけれども、特定の人物ではなく歴史的な視点での物語なので性描写は控えめ(ただし下ネタは飛び交ってます)だし明るくてテンポ良く観ることができた。それにウェールズの人たちがあったかい!同じように世界初の権利運動を起こした物語の『ストーンウォール』を思い出したけど、こちらは暴力色が強くて暗い気分になりますね...

80年代のUKヒット曲が所々に使われていて、イギリスに憧れてた小娘の頃を思い出した。映画と音楽は人生を彩ってくれますよね^ ^
C

Cの感想・評価

4.0
とても良かった。
偏見や差別を乗り越えて皆で力を合わせて歩いた最後のパレードのシーンで泣いた。
ななお

ななおの感想・評価

4.0
すごくよい映画!
勇気があり暖かい人たち。
集会での歌と最後のシーンは涙が出たね。
サンドイッチのシーン最高でした。
necco

neccoの感想・評価

4.8
これが実話なんて!!
炭鉱ストを支援しようとするゲイ達
警察と政府に虐げられ
敵は同じじゃないか!
ストレートもゲイも関係ない
みんなで強くなればいい!!

ほんとによい映画でした😭😭
躊躇いのない勇気!
情熱は誰にも奪えはしないし、
正義はいつだって勝たなきゃいけないけど。

ひとりじゃ無力でも、
みんながいたから、仲間があったからね。

あったけ〜ですPRIDE
AiMaru

AiMaruの感想・評価

3.7
実話。
炭坑労働者とゲイの人たちの友情に感動。最後の行進は素晴らしかった。

おばさんたちがゲイの集まるクラブではしゃぐ姿がよかった!
最後のシーンが出るまで、実話だとは知らずに観ていた。これが実話だったなんて!
なんて素敵な人達なのでしょう。
Netflixで。

全く関わることのなかった団体同士がお互いを知りあううちに友情が芽生える過程がとても良かった。

他人を認め合う、そして助け合う。
簡単そうにみえてとても難しいこと。

ラストの行進は号泣。
ポール・ダノの次にくるお気に入り俳優はジョージ・マッケイだ!
この作品と『はじまりへの旅』の2作で完全に虜に!
ちなみに映画は、近年で抜群によかったかと。まわりの人におすすめするためあらすじ話すだけで泣きそうにになる。
>|