未来を花束にしての作品情報・感想・評価・動画配信

「未来を花束にして」に投稿された感想・評価

なな

ななの感想・評価

4.6
今の私達が人並みに暮らせているのは
彼女たちのおかげ
ありがとうを言いたい
忘れない

歴史好きの方へオススメの1本
les misérableに似てるものがある
makozaru

makozaruの感想・評価

4.8
闘い勝ち取る歴史を忘れてはいけないし、知らなくてはいけない。
先人たちが残した財産を大切に守り抜くことも今の私たちのねばならない事の一つ。
この映画をみたら選挙の大事さを痛感する人も多いはず。
参政権に限らず、今あることを当たり前にしてはならない。
さすがイギリス🇬🇧社会運動や労働運動の映画のヒットが多い。
日本もあるのになかなか市場に出てない気がする。
2019年鑑賞

当時のイギリスの労働環境のひどさや、女性たちの人権活動の激しさに衝撃。
彼女らの現実に抵抗する力、圧力に対する忍耐、行動し続ける勇気は、あらゆる権利闘争のエッセンスだと感じた。

労働者、母親、活動家という1人の女性の様々な側面を演じた、キャリー・マリガンが素晴らしかった。
きょん

きょんの感想・評価

4.0
今更観た! 色々辛くてしんどかったけど、「嘲笑されるのは恐れられている証拠」みたいなのがとても良い言葉だなと…
ヘレナボナムカーターいつも良いとこ持ってく役してるなって印象
ふうか

ふうかの感想・評価

4.0
現在の私たちが享受している権利一つ一つが、過去に生きた人々の奮闘の結果だということをきちんと認識しておかないといけないと思う。そのことを学ぶための良質な映画だと思った。

この映画の一番の問題は、邦題。
nonno宣

nonno宣の感想・評価

4.2
見応えありの映画だつた
現在は女性にセクハラで訴えられ女性の顔色で右往左往~
この時代の女性のなんてしっとりと美しい事衣装のせいかな~
MI

MIの感想・評価

3.9
やっと観れた!女性の命がけの訴え。男性の皆さんの反応は見覚えしかない。羨ましい✌️声をあげる女性によくも。ほんとに、踏みつけてるその足をどけて✌️相手は人間、そもそも踏みつけてることさえも忘れすぎ。怒らないで😢雰囲気壊さないで😢男がみんなそうではないよ😢と言っちゃう人に、優しくごめんねと言う必要はないな。にしてもキャスト最高だな…
aya

ayaの感想・評価

4.0
彼女達の闘いがあって
現代の女性の生活がある。
原題のSuffragetteが
「未来を花束にして」なのは
まだ女性差別が終わってない事を象徴していると思う。
なちゅ

なちゅの感想・評価

5.0
イギリスの女性参政権を求める運動、実話に基づいてる。命を賭けて戦い続けて勝ち取った女性の権利。後進の日本の激しい性差別は未だに、女性が命を賭けて戦い続けることを強いておる。こういう映画、男性が積極的に観てほしいわ
spica

spicaの感想・評価

4.2
私の「見るべき映画」の中に入っていたのだが、やっと見た。

女性がまともな人間扱いされて、まだ100年ちょっと。この時代と比べたら、今は全然マシだけど…
こんな命や人生を賭けて闘った人のおかげで今があるとするなら、現代の私たちもまだまだ未来の女性のために闘わないといけないことがたくさんあると思わされた。

キャリー・マリガンが活動を通じて、どんどん強くなっていくのが良かった。
今の日本だって、抑圧が取れたら、いきいき元気に自分の力を発揮できる女性はたくさんいる。ほとんどの女性が何かしら自分の力を無意識にセーブしてると思う。あまりに最初から当たり前に抑圧されてるので、そのことによって自分の力が発揮できてないことにさえ気付いていない。
>|