俺たち ポップスターの作品情報・感想・評価・動画配信

「俺たち ポップスター」に投稿された感想・評価

ジーナ〜〜〜〜♡

パッケージがクソすぎるし予算使いの贅沢さに引くけど、なんでアンディ・サムバーグのことこんなに好きなんだろうな
Nakokoko

Nakokokoの感想・評価

3.6
モナリザにビンラディン🤔
曲が頭に残って困る、けど、
期待以上に笑えたから
楽しい時間をありがとう😉
angelica

angelicaの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

こーいうミュージシャンの密着ドラマあるあるww 再現度とパロギャグがすごい😂
みんな歌うますぎ!パフォーマンスすごすぎ!
仲間の素敵感も良いしとにかくすべての完成度が高すぎてお腹いっぱいで最高!!
出演者も豪華だったー!!お礼言いたいレベル✨

ビンラディン😅テイラースイフトwww訴えられそう🤣

#1日1アンディサムバーグ
フライ

フライの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

馬鹿馬鹿しいコメディーが好きなら、何も知らずに見て欲しい作品!


思わず実際に存在する有名アーティストの密着ドキュメンタリーかと見間違う程のリアルでアホな映画。
世間知らずな超大物アーティストの色々な失敗談を、皮肉たっぷりに展開する密着ドキュメンタリー風ゴシップ コメディーは、よくこんな映画を製作したなと思える位、終始馬鹿馬鹿しいが、ある意味アメリカエンターテインメントの一部を垣間見れるだけに、色々な意味で楽しめた。

幼い頃から音楽の才能に溢れたコナーと、子供の頃から幼馴染みのオーエンとローレンスの三人でスタイル・ボーイズと言うヒップホップグループを作り一躍スターダムに。しかしコナーの才能に嫉妬したローレンスは、仲違いし解散。ローレンスは一人農家になるも、コナーはボーカルとしてコナー4リアルと言う名でソロになり、オーエンをDJとしコナーの才能は更に爆発して行くのだが…

本当にやらかした大物アーティストのゴシップや失敗をオマージュした内容と、信じられない様な有名人を多数起用し、真面目にコメントさせている上、昔風の映像や真面目に?ドキュメンタリー風に展開しているので思わず事実かと錯覚するアホらしさと面白さが。
何より本作の一番の見所の音楽は最高で、曲も良いし、歌も素晴らしいのに、上映中止になってもおかしくないレベルの暴言と中傷の連続の歌詞の酷さに、ドン引きした上、爆笑してしまった。
アメリカ独特の無知な人気者にあやかり、大人までバカをする皮肉たっぷりな内容は、とにかく最高だった。

一部日本の慣習をディスる内容に不快感を覚えたが…これ迄見てきたアメリカコメディー映画とは違う面白さと、くだらなさがあり、かなり楽しめた。何より日本では考えられないレベルの大物有名人が、このくだらない作品に出演している凄さに、終始驚きと面白さを感じた。特にエマ・ストーンには色々な意味で驚いた!
RH2017

RH2017の感想・評価

3.8
予想外に面白かった。
全然期待してなかったし、どんな話なのかの前知識もなかったから、ドキュメンタリータッチなのに驚いた。しかも、他の人も書いてる通りカメオでとんでもない豪華なスターが出演しまくってる。

ストーリー自体はシンプルだし、よくある話といえばその通りだし、ラストも予想通り。
でも、幼い頃からの友達っていいよなって思って感動してしまった。
個人的にはコナーの曲はどれも好み。
音楽映画が好きなら楽しめると思います。
TakashiM

TakashiMの感想・評価

2.6
「俺たちフィギュアスケーター」シリーズかと思いきや、残念全く違いました。。

有名人がこれでもかこれでもかと出てきてリッチな絵面。でも、「で?」って感じ・・
そもそもだけど外国ラップが好きではない。全部同じに聞こえてしまう。
歌詞はくそったれだし、メロディは超クソッタレだしさ、リズムは超々(以下省略)

おかげでストーリーが頭に入らなかった。まあそんなに無かったと思うけど。

曲のシーンはほぼ早送り。1時間以下で観終わりました。
というわけで感想は特に無し。
以上。

俺たちフィギュアスケーター、もう一回観ようかな笑
qlo

qloの感想・評価

5.0
2021年10本目

バッシュブラザーズ、マイケルボルトンに続けて、またアンディサムバーグの映画をみよう。ただそのつもりで大した情報もないままみたら、、何これ!!最高すぎて泣けた。早くみとけばよかった!!
これ日本一ツボったの私じゃないかって思えるほど最高でした。スコア5点じゃ足りないわ。最高ポイントがあまりに多いのでわけて書くことにしよう。

最高ポイントその1 : 大好きなコメディ俳優だらけ
想像できていたけれど、アンディをはじめサタデーナイトライブ(みたことないのだけど)俳優陣が勢揃いで、マーヤルドルフはもちろんのこと(ブルックリンナインナインの役名で申し訳ないのだけれど)ジーナ、ケイレブ、ドーザマンと大好きな人たちが勢揃い
それだだけでも最高だというのに…
さらにだよ?

最高ポイントその2 : アーティスト豪華すぎ&みんな本気で面白すぎ
このカメオ出演の豪華さはなんなの!?
覚えている限りでクエストラブ、NAS、アッシャー、50セント、エイサップロッキー、RZA、ファレルが本人役で出演してたよ、最高。リンゴスターまでいたよ??
スヌープ、マライアは本人役で出演しちゃうし。興奮しっぱなしで前半の記憶があまりないよ。。
曲ではNot Gayではピンク本人じゃん、と思ったら、プロポーズの場面で歌うのはシールだし、狼咬まれるとかよくこの仕事うけたよねシリーズじゃん。
料理人タイラス、ジャスティンティンバーレイクも笑えた!かわいくて最高だった〜!

最高ポイントその3 : 笑いのセンスの素晴らしさ
ジャスティスビーバーがネタだろうし他にも色々あるだろうけどPOPカルチャーを風刺しながらも愛している感じ。こないだ観たバッシュブラザーズと同じ。EDM DJがiPod流してるとかも誰だったか元ネタあったよね。曲もくだらなくて下品だけどあれも世の中の色々を皮肉っている高尚すぎるネタだよなあ。とは言えビンラディンは元ネタわからないけど。

最後ポイントその4 : 音楽ネタ使いがもはやHIPHOP
音楽好きな人にしか伝わらない最高のネタ使い。もうこれHIPHOPのトラック作るのと同じ。サンプリングだよ、完全に。
マネージャーのハリーのTony! Toni! Tone! TonEe?で大爆笑して笑いすぎてほんと苦しかった
最後のメソッドマンもRZAもソロでやってもウータンクランはウータンクランだって笑

好きポイントが多すぎてもう、本当にやばい。興奮しすぎて疲れた。
この金のかかったイタズラ。天才。ほんとありがとうございます。あまりに好きすぎて定期的に観たくなりそうなのでDVD購入を本気で検討します。
頭から離れなくなるイマドキな音楽に下品で意味不明な歌詞という面白さ。
賛否ありそうだけれど、音楽業界あるあるで単純なストーリー×派手なステージシーンとのバランスがちょうどいい。
パロディの元ネタや豪華過ぎる出演者が分かる人にとっては贅沢な作品。
分からなくてもノリのいい音楽だらけで演出過剰なステージシーンは見応えあるかと。
最高にくだらなくて最高に面白い。
スヌープ様が最強過ぎたし、最後拍手していたのはポールマッカートニー?
豪華なカメオ出演の連続で瞬き忘れる。
chip

chipの感想・評価

3.7
とってもとってもバカバカしいんだけど…
前半は、アメリカの音楽業界って、きっとこんななのかと思わせるドキュメンタリー風、
人気さえ有ればなんでもできる、ってことね〜
白人ラッパーのコナー、
ステージで全裸になって
衝撃の◯無し、とか…(・_・;
公開プロポーズの現場でオオカミが大暴れしたり、
大袈裟な亀の葬式とか…
笑を通り越して、口あんぐり状態。。


有名人がちょい役でいっぱい出ててびっくりしました!
サイモン・コーウェル、
マルーン5のアダム、
エドシーラン、
マライヤキャリー、
リンゴスター、
ブルーノマーズ、
アッシャー、
ジャスティンビーバー、
マイケル・ボルトン


特に、ジャスティン・ティンバーレークのコック役と、
「テイラースイフトが殺人で逮捕」という記事に、爆笑しました!


天狗になっていたコナーが
落ちぶれて…
反省した彼。
友情復活でグループも復活!
前半とはうってかわって、
後半は、なんだか深イイ話になっていました、😊

ドンキーロール
一緒にやりました!
『俺たち○○○』系のクソ邦題は本当に嫌いだが、内容は最高に下らなくて素晴らしい。
>|

似ている作品