俺たち ポップスターの作品情報・感想・評価

俺たち ポップスター2016年製作の映画)

Popstar: Never Stop Never Stopping

上映日:2017年08月05日

上映時間:86分

3.8

あらすじ

幼馴染みのコナー、オーエン、ローレンスが結成した世界的に有名なヒップホップバンド“スタイル・ボーイズ”。ところが、フロントマンのコナーが“コナー4リアル”として突然ソロデビューし、バンドは呆気なく解散。専属DJに成り下がったオーエンと引退して農家を営むローレンスを尻目に、ファーストアルバムが大ヒットして人気絶頂のコナーは自分のドキュメンタリーを製作することに。しかし、やる事なす事が全て裏目に出て…

幼馴染みのコナー、オーエン、ローレンスが結成した世界的に有名なヒップホップバンド“スタイル・ボーイズ”。ところが、フロントマンのコナーが“コナー4リアル”として突然ソロデビューし、バンドは呆気なく解散。専属DJに成り下がったオーエンと引退して農家を営むローレンスを尻目に、ファーストアルバムが大ヒットして人気絶頂のコナーは自分のドキュメンタリーを製作することに。しかし、やる事なす事が全て裏目に出てしまい、セカンドアルバムは不評で大コケ、世界ツアーも大トラブルで中止に追い込まれてしまう。果たして、彼らの運命は・・・?

「俺たち ポップスター」に投稿された感想・評価

NZRK1

NZRK1の感想・評価

4.5
20171016 シネモンド
20171017 シネモンド
スマホが逝ってしまわれて。機種変してたり、仕事が忙しかったりで(ФωФ)
マーク出来てないのが18本もたまってしまいました。

この作品はめっちゃ笑って、めっちゃ楽しませていただきました‼️
日本では洋画のコメディはスルーされちゃいやすいんで、こんなお馬鹿で楽しい映画を劇場で見れて良かったです。
豪華なカメオ出演者にもニヤケ顔が止まりません(笑)
夏

夏の感想・評価

3.6
コメディなんだけど、ドキュメンタリー調でストーリーが進む。このドキュメンタリー調っていうのが自分と合わなかった。しかし、ラスト、仲良し3人組の場面あたりから一気に良くなり、結果、観て良かった~と思った。すべての曲の歌詞がふざけているが、終盤には慣れて、最後はノれた。笑
やっぱり、一人でふざけるよりも、三人くらいでふざけた方が面白いよね、と再認識した。
それと、カメオ出演が本当に豪華すぎ!個人的には、マルーン5のアダムの歌声が聴けてとても良かった。あと、テイラー・スウィフトの使い方がひどくない?笑
yuu

yuuの感想・評価

4.8
ロンリーアイランドのセンスが光りまくってた。最近のセレブはこんな生活送ってんだなあとか、誇張してるのは分かってるけどすごい忠実だったと思う。カメオは豪華すぎだし、いちいち面白い。そしてほんとにこの3人が大好きで、これほどの映画作っちゃう才能がすごい。もっと3人で映画作ってくれ👏👏👏
劇場三十六本目、字幕版にて単身鑑賞。
最新のショウビズパロディとして実に愉快。洋楽弱者の私でも知るスターミュージシャンがゴロゴロとカメオ出演。これ好きなんで。
日本でも似た案件が有るから置き換えても楽しめるんじゃないすかね。
mimiyi

mimiyiの感想・評価

3.3
劇場で予告編を見ただけで、音楽×爆笑を求めて鑑賞。
まさか、この三人が実際に売れっ子のコメディグループだとは・・・しかも音楽ネタやるし、アルバムもヒットしてるし、サタデーナイトライブで大物達と共演していてYouTubeの再生回数ハンパじゃなくてetc.etc...(キリがないので気になる方は自分で検索してみてw)・・全く知らなかった私。しかも本作の制作監督脚本もしてるという・・・(゜゜;)・・白目
当然それありきで観るべき映画でした(汗)
でもまぁ、支障はなく観れましたけどww
ほんとにありそうなエンタメ世界の闇ですよ。金と名声の臭いに群がる人達。若くして世界的な有名セレブになったら普通のイイ人で居られる方が難しいのかも。思い当たる有名人沢山居るよね(^_^;)
アメリカ臭プンプンの下ネタとギャグ満載だけど、全編に渡り次々に超大物のカメオ出演が有ってけっこう笑えた。⬅️アメリカ的お下劣に引いてる隙間がないw
なるほど「薄っぺらい音楽ドキュメンタリーを茶化して面白がる事がこの映画の全てだ」って公式に書いてある。見る側からしたら自虐ネタかよって思ったりしちゃうんだけどww
SNS風の自撮りやドキュメンタリー調の証言がダダダダダっとずっと続き、観るのが忙しいので早いテンポで一気に終わった。

*ジャスティンティンバーレイクはジャスティンティンバーレイク役じゃないw
まさ

まさの感想・評価

3.5
soooooo good!!
一言で言うと現代版「スパイナル・タップ」(^ ^)!アホ音楽コメディで最高です!笑った笑った〜bravo!!


作品紹介:
『40歳の童貞男』でメガホンを取ったジャド・アパトーが製作を手掛け、「サタデー・ナイト・ライブ」でブレイクしたコメディグループ“ザ・ロンリー・アイランド”のアンディ・サムバーグ、ヨーマ・タコンヌ、アキヴァ・シェイファーが製作・監督・脚本・出演を務めるなど、ハリウッドを代表するエンターテイナーがタッグを組み、音楽ドキュメンタリーにまつわるパロディ満載の本作を作り上げた!さらに、俳優、コメディアン、ミュージシャンなど、あっと驚く豪華セレブも多数カメオ出演!!“ポップスター”の失敗と挫折と転落を描いた、波瀾爆笑のしくじりコメディ!!!
よよよ

よよよの感想・評価

3.5
有名アーティストがたくさん出演しててびっくり
歌詞サイテーやけど音も良かった!
ドンキーロール踊りたいw
私が好きだった あのグループも、こんなことが原因で解散したのかなぁ。
raga

ragaの感想・評価

4.0
現在の音楽シーンを揶揄していく "笑い" に対する姿勢が実に心地よい。ご本人達も協力する懐の広いこと、日本では無理なんだろうな、政治色強いだけでも眉をひそめるトンチンカンな土壌となってしまうようじゃ笑いにも無頓着。ああ現在の我が国をみればキヨシローが憂うことでしょう…
>|