スパイナル・タップの作品情報・感想・評価

スパイナル・タップ1984年製作の映画)

THIS IS SPINAL TAP

上映日:2018年06月16日

製作国:

上映時間:82分

ジャンル:

あらすじ

「スパイナル・タップ」は60年代にデビューし、かつて一世を風靡したイギリスの人気ロックバンド。ビートルズ・スタイル、フラワーチルドレン、…時代とともに音楽性も変化させてきた彼ら。そして時は80年代、最先端であるハードロック・スタイルを武器に現在に至っている。そんななか、アルバム「Smell the Glove」のリリースが決定、大々的な全米ツアーを行うことになった!彼らの大ファンである映画監督マ…

「スパイナル・タップ」は60年代にデビューし、かつて一世を風靡したイギリスの人気ロックバンド。ビートルズ・スタイル、フラワーチルドレン、…時代とともに音楽性も変化させてきた彼ら。そして時は80年代、最先端であるハードロック・スタイルを武器に現在に至っている。そんななか、アルバム「Smell the Glove」のリリースが決定、大々的な全米ツアーを行うことになった!彼らの大ファンである映画監督マーティ・ディ・ベルギーは、ツアーに密着を決意。映し出されるのは、結成秘話からメンバーたちの苦悩、歴代ドラマーの怪死、トラブルから感動のステージまで、次々と明かされるファン必見のエピソードの数々。伝説のロック・ドキュメンタリー『スパイナル・タップ』がここに誕生する――!!

「スパイナル・タップ」に投稿された感想・評価

ゆみこ

ゆみこの感想・評価

3.8
ロックのモキュメンタリー、略してロキュメンタリー。
私はそのことを知っていてこの作品を鑑賞したが、それを知らずに観ていたら実在のバンドであると勘違いしてしまうだろうなー、というくらい絶妙なバランスで80年代のロックあるあるを埋め込み、表現している。

笑える場面がわんさかあるし無駄に曲がかっこいい。
また、大部分がキャストのアドリブというのも観ていて楽しい。
とにかくその発想の斬新さと、展開の行方の期待にわくわくした。好きだなあ。みんなに観て欲しい。
試写でとがんばって大きな音にしてくれてたと思うけど、やっぱスクリーンで見たい。
Yuki

Yukiの感想・評価

3.0
何も知らないで見ると、実在するバンドだと思ってしまいそう。
くだらないことで、真面目にモメてて笑える。
トマト

トマトの感想・評価

3.0
「墓碑銘に何か刻むとしたら?」
「D.ハビンズ此処に眠って…何が悪い」

架空のUKバンド〔スパイナル・タップ〕の偽の密着ドキュメンタリー風作品。(あえてモキュメンタリーとは言わない)

架空のバンドながら、メンバー一人一人にちゃんとした設定があるところに監督のこだわり(悪ふざけ)を感じる。

ライブ中、ベーシストがカプセルから出てこられなかったり、舞台セットの発注ミスでちっちゃいストーンヘンジになったり、メンバーらが楽屋からステージまでの間に迷子になったりする様子が面白い。

最後は、スパイナル・タップの「愛の農園」が、なんと日本でチャートイン!日本ツアーのステージでギターのナイジェルが、ジャイアンツのユニフォームを着ている!背番号1王貞治!時代やなぁ。
1234

1234の感想・評価

4.2
架空のバンドの架空のドキュメンタリー
いま観ると明らかに古いのでわかんない人も多いだろうけど、わかるとたのしい とにかく細部を詰めてる マネージャーがツボ バンドクラッシャーほんとにアレだな
kunico

kunicoの感想・評価

3.2
架空おバカバンドのドキュメンタリー、いや、ロックメンタリー。

ストーンヘンジの小ささや舞台装置から脱出不可など、当の本人たちが大真面目にもめてる中あまりのバカバカしさに笑う。

ギタリストの彼女がしゃしゃってマネージャー役を買って出た瞬間迷走を極めるバンド、既視感バシバシ。
グラムロックのフェイクドキュメント最高!爆笑しながら見れます。
じゅんP

じゅんPの感想・評価

3.4
モキュメンタリーだと知らなければ普通に騙されてしまいそうな、バンドの迷走密着コメディ。

リアルを組み上げる中で差し込まれる演出と誇張が絶妙で、時代が進めば進むほど「記録された映像」感が増して面白さが熟成していきそう。
絶頂から転落した架空バンドの迷走を描いた映画。

人形劇の後にバンドをやらされたり、軍の基地でバンドやらされたり、セット裏で迷子になったり、バンドで喧嘩したり、リーダーの彼女がめちゃめちゃ口出ししたり、
バンドの方向性がコロコロ変わる。

バンドメンバー全員馬鹿ばっかりで微笑ましい。というかサイコーかよ!!ロックは馬鹿じゃねぇと。

インタビューが深そうに見えてわけわからない。
yadakor

yadakorの感想・評価

2.0
字幕作成者の誤訳がすごく多い気がする
バンドメンバーがあまりにブサイクでスタイルも悪くてオーラがなく、ステージパフォーマンスも酷いもんだから、風刺になってない
80年代のhr/hmが好きな人がもう10年先輩のバンドを時代遅れだとdisるために作ったのかな、と思ってしまうね その点でおれは80年代のヘビメタが全然好きじゃないから楽しめなかった
スタンドバイミー撮ってる監督と知って安心した クソな訳だ
(追記)字幕作成者の須賀田昭子は実在しないとも言われてるらしいね これも納得
>|