スパイナル・タップの作品情報・感想・評価

スパイナル・タップ1984年製作の映画)

THIS IS SPINAL TAP

上映日:2018年06月16日

製作国:

上映時間:82分

ジャンル:

あらすじ

「スパイナル・タップ」は60年代にデビューし、かつて一世を風靡したイギリスの人気ロックバンド。ビートルズ・スタイル、フラワーチルドレン、…時代とともに音楽性も変化させてきた彼ら。そして時は80年代、最先端であるハードロック・スタイルを武器に現在に至っている。そんななか、アルバム「Smell the Glove」のリリースが決定、大々的な全米ツアーを行うことになった!彼らの大ファンである映画監督マ…

「スパイナル・タップ」は60年代にデビューし、かつて一世を風靡したイギリスの人気ロックバンド。ビートルズ・スタイル、フラワーチルドレン、…時代とともに音楽性も変化させてきた彼ら。そして時は80年代、最先端であるハードロック・スタイルを武器に現在に至っている。そんななか、アルバム「Smell the Glove」のリリースが決定、大々的な全米ツアーを行うことになった!彼らの大ファンである映画監督マーティ・ディ・ベルギーは、ツアーに密着を決意。映し出されるのは、結成秘話からメンバーたちの苦悩、歴代ドラマーの怪死、トラブルから感動のステージまで、次々と明かされるファン必見のエピソードの数々。伝説のロック・ドキュメンタリー『スパイナル・タップ』がここに誕生する――!!

「スパイナル・タップ」に投稿された感想・評価

サワラ

サワラの感想・評価

3.3
バンドあるあるネタ
ロックバンドってみんなこんなにアホなんかな
すげームツロウ(大学同期)を思い出す

amazon primeとか、再放送とかで良い
何でもかんでもビートルズ/エルヴィスから始めないでスキッフルブームに源流を求めるとか、アドリブ多用でセリフの作為性を弱めるとか、いろいろとちゃんとしてるな。今これを見る意義はよくわからないけれど。
ひと昔前まで人気だったバンドの再起をかけたツアーに密着したドキュメンタリーっていう設定の完全フィクション。けっこうおもしろい
ギャグ満載、普通に笑うた。こんなあほらしいもん、よう考えるわ。
有名作なのに見逃していたが、楽しかった。ロブ・ライナーって才能あるんだなー。
ボリューム11、ストーンヘンジ、「ブラック」アルバムネタがウケた。ニコニコ笑いながら楽しーとか言って見てたらあっという間に終わってしまった。
F亮

F亮の感想・評価

4.2

スパイナル・タップ最高!

今のところ、ロブ・ライナーで一番好きだわ...

モキュメンタリーとは解っていても、最期のアレは燃えるし、やっぱりバンドに女はいらねぇ...

ストーンヘンジとかバンドあるあるで笑いまくれる!

他人のゲロで人が死ぬのは本当なんだよな
この時代のロックバンドにはありがちな破天荒な逸話伝説の数々をリアリスティックかつコミカルにあぶり出したロック・ドキュメンタリー=ロキュメンタリーの傑作。バンド活動に介入して不和を起こしがちなボーカルの彼女、マンネリを打破するためのぶっ飛んだステージ演出、ギタリストとボーカルの少年時代の思い出、どれを取っても何処かで聞いたことあるようなエピソード。スタンドバイミーの監督が手がけたとは信じられない。
ね

ねの感想・評価

3.7
実は何十年前に上映されたと知らずに鑑賞。バンドのモキュメンタリーという事で面白うだなという事ふらっと観に行った。

いわゆる世界的なヒットを飛ばした今は落ち目のバンドにファンのディレクターが密着するという体なのだが。メンバーの死別やジャケットのパロディや運営に口出すメンバーのガールフレンドや自分も全て分かった訳ではないが、業界にまつわるバタバタがいちいち面白い。

で、映画終わりには伊藤政則さんのトークショーという事で貴重な話がいろいろ聞けた。バンドのギタリストが値札付きのギターを持っているのはメーカーからの提供とか。それを○○○するやつが昔は結構いたとか。誰か来た時一緒に観たい映画というのも納得。

30何年を経ての上映という事。迷ったら観た方がいい映画。
ロックバンドを上手くちゃかしたコメディなのだが、要所要所でリアルな部分があり、ただ皮肉った作品ではないことがわかる。音楽好きなら笑える部分も、音楽をやっている人間は痛いところを突かれたと思うだろう。

音楽ファンのために作られていると思うので、当時の音楽事情を知らないとわからない部分もあるのは、仕方がないと思う。
かつ

かつの感想・評価

3.5
日本でスマッシュヒットは笑う
ここまでやり(ボケ)きったのがすごいわ

帰りにグッズTシャツを買いそうになって思いとどまった…
>|