ノクターナル・アニマルズのネタバレレビュー・内容・結末

ノクターナル・アニマルズ2016年製作の映画)

Nocturnal Animals

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:116分

3.8

あらすじ

「ノクターナル・アニマルズ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

エドワードは愛しているからこその行動だったんだろうなぁと感じた。

劇中でREVENGEという絵画が出てくるし劇中劇の様相は復讐だし、ラストも復讐に見えるけど。
何か違う気がしてしまって。

結末は結末としてあるにしても。本人の心と他者から見たものは狂えば狂うほど違うように見え得るんじゃないかなって。

内容についてはあれはこういうことなのか、それともああいうことなのかという推測が色々出来てしまって完結させてしまってないのがいい。

本当に観る人次第の映画。
おもしれー

別れた夫から送りつけられた憂鬱小説
夫と上手くいっていない現在
別夫との過去
3つのエピソードがうまく構成されていた

最後、待ち合わせ場所にエドワード来てほしかったなー

でも、ドタキャンで復讐するとか意外過ぎてエドワードの男としての小ささが笑えるっちゃ、笑えるけど…

見たことないストーリーで、とても印象に残った!
トムフォードってデザイナーだと思ったら映画も作るなんて多才過ぎて眩しい。
OPが衝撃的。スーザンがエドワードの小説を読み始めてからグイグイ引き込まれた。うーんうーんと考える部分もあるけど個人的には面白かった。原作も読んでみたい。
見る人によって解釈が異なるかもしれないと思ったので、念のためネタバレとしました。

回想シーンかと思っていたら、それは小説の中の話で、実際の回想シーン、現在の3つの話が並行して展開していると思いました。

病院での前のシーンで、現在の夫を、妻と子供を奪ったならず者達に例えて小説が構成されているのか?と気づきましたが、どうでしょう?

また観て確認する必要あり
・赤が綺麗。
・空が綺麗。
・牛〜!
・画面が割れているように見えるのだけれど、
いくら上司とは言え来週新機種が出るからと許せるものか。
・全裸に腕時計、拭いた紙の汚物を見せるとは…。
・やる気満々でふられるの惨め…。
・充血した目の皆さんよい。

・自分の事だけ考えて動いて大切に出来なかった過去の人に、自分が弱っている時になって都合よく頼ろうとするなんてね、甘いんですよ。
・女性も強く見えてそんなに強くなくて、
無意識下で母親に支配されていて、彼女の弱さが彼を傷付けて彼を弱くする。

・冒頭だけパンチがあって、後は普通のちゃんとしたストーリーだったので意外だった。
・女性の方が大分年上の設定に見えたのだけれどそういう訳でも無かったのか。
いろんなところに伏線があって凄い。
「お母さんと同じ」はスーザンの未来を感じてた。
スーザンは小説の中の妻であり堕ろされた子は娘であり、スーザンは殺した犯人でもある。自分の手で犯人を殺し、弱さを克服するのと引き換えに自分も死ぬ。
そしてラスト、現れない事でリベンジ。凄い。
元夫から小説が送られてきて、過去の回想と共にストーリーは進む。
様々な解釈ができる展開だが、著者=主人公で、妻と娘を奪われたことに対する憎しみ、立ち向かう姿がが込められていると考えるのが妥当か。
素晴らしい小説を書き、復縁に目が眩んだ妻に最後は放置プレイという復讐を果たす。
序盤のデブダンスがなかなかキモい。
いつ起きてもおかしくない事件の描き方がリアルで感情移入度高め。
ちょい眠状態で観たため小説か現実かわかりづらいシーンあった。
小説内の復讐シーンがヌルい。
あんな、クズはとことんやってもらいたかった。
保安官?いいヤツ。
【復讐と醜さを巧みに表現されたスリラー。】
鑑賞日…2018年10月15日~Amazonプライム

「ノクターナル・アニマルズ」字幕版 Amazonプライムで鑑賞。

*概要*
アートギャラリーの成功を収めたスーザンの元夫が書いた過激な小説の世界が交互に描くスリラー。

*主演*
エイミー・アダムス
ジェイク・ギレンホール

*感想*
冒頭ビックリした。。一体何なんだ、あのデブはww 意味分からないけど、見始めていくとドンドン引き込まれた。要は、小説家の元夫が自分を見下して捨てた元妻に対する復讐劇です。

現実世界と小説世界を交互に進行させ、最初はよくわからなかったけど、この小説世界は、元夫エドワードをモデルにした復讐なんだと半分理解しました。不気味なんだけど、始まりから終わりまで、その雰囲気に飲み込まれていった。。

高速で母親と娘がレイプされ殺害されるという悲劇が描かれており、犯人のレイを演じたアーロン・テイラージョンソンの演技が非常に上手い。「GODZILLA ゴジラ」と全然雰囲気が違って、逆に恐ろしかったw

100%理解したわけではないのですが、そんなに堅苦しい映画ではなかったです。見始めると、雰囲気にグイグイ引き込まれて、捨てられた元夫エドワードの恐ろしい復讐が小説の中で、リアルに描かれてて、現実でも、スーザンの性格の醜さ、元夫に対する食い違う意見、後悔、苦悩といった描写が描かれてて、冒頭のデブは、スーザンの醜さを表してるのだろうか…?(^^;

あと、エイミー・アダムスとジェイク・ギレンホールの迫真の演技が素晴らしかった。

ラストを見終わったあと、暫く放心状態になって、物語を頭の中で整理して、あ、これは元夫からの復讐劇なんだと、改めて実感しました。

雰囲気は恐ろしいけど、そんなにめちゃめちゃ難しい話ではなくて、最初は理解するのに苦戦するけど、何度も言いますが、グイグイ引き込まれていきます。復讐と醜さを巧みに表現されたスリラーだった。

見る前はそんなに期待してなかったけど、なかなか面白かったですよ。(^^)
若いころの2人の言いあいの中でも言われてるように、
作者は自分の話を書いているっていうことで、
スーザンの想像では主人公は当然のように作者のエドワードになっているし、
小説は彼の主観の何らかのメタファーなんだと思う。

結婚中の2人はわかるとして、
難しいのは別れた後のスーザンに対してどういう気持ちなのかっていうことだと思う。
物語の中では早々に妻がいなくなっちゃうので、
その妻は実際に結婚していたときのスーザンだとしても、
現実世界では生きているスーザンはどういう立ち位置なのか。
娘と妻を奪った犯人にスーザンを重ねているのか、
犯人を殺せた主人公は今のエドワードの気持ちなのか。

スーザンが今までやってきたこととか、
今になってまたエドワードのこと気になり始めてるとことか、
優柔不断で場当たり的な性格なのは確かに酷いし、
壁に飾られた意味深なREVENGEとか、
最後に現れなかったり、
そのまま受け取るとエドワードの復讐というか、
彼の恨みっぽいけど、
なんか曖昧な感じ。
映画の中ではっきりとされていないことだから、
そのまま曖昧な感じが答えなんだと思うけど。
はっきりしてるのはエドワードとトニーは同じ気持ちを共有してるってことだと思う。

劇中劇の意味を考えながら観るっていう感じ、
ここまで直接的だとなんか新鮮だった。
>|