もう終わりにしよう。の作品情報・感想・評価・動画配信

「もう終わりにしよう。」に投稿された感想・評価

ふじ

ふじの感想・評価

4.0
精神が一番安定してる時にみるべし。
あと最後までちゃんとみるべし。
kupa

kupaの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

良い→怖い→ウザい→怖い→ウザい→怖い→ウザい→ウザい→は?

の映画です。解説サイトを読むことは極力したくないのですが、さすがに読みました。

確かに、この映画の展開や意味を考える際、妄想や夢オチの類では?と予測できたとしても、心情がこちらに聞こえてくることや、彼氏の実家で起きる事象が女性中心に起こることから、主人公は女性だという先入観のもとにストーリーを理解しようとしてしまい、その結果、帰路での出来事が(序盤もだけど)まったく理解できず、は?となってしまいました。
妄想によって生み出された人物が主人公のように振る舞っている。それにまったく気付けなかったので、解説を読んで素直にああ〜そうか〜と感心しました。では面白いかと言われると退屈な場面も多く、とにかくウザいことに変わりはないです。実家とソフトクリーム屋の怖さは好きでした。

ていうかカサヴェデスのこわれゆく女、これから観ようと思ってたのになんか軽くネタバレされたな!!
decap

decapの感想・評価

4.1
時間を費やして生きる意味と価値。気まずさを内包したホラーな前半から、行為よりも思考を優先した観念的な後半への流れが震える。現実と妄想、他者と自身の違いさえ曖昧になり、理屈を求める思考が邪魔になるこの体験は、今年最大の問題作ではなかろうか
Moe

Moeの感想・評価

4.4
なんか心が痛いし現実と想像?の違いが意味わかんなくて頭ふわふわする
とにかく、実家に行くまでの道中の
シーンがめちゃくちゃ長い!!
途中で観るのやめようかなってくらい
この映画、凄い難解で時間の系列が
めちゃくちゃになったり、
えっ?なんで?!ってシーンの連続
だから、頭がグチャグチャになった!
途中でもしかしたらこの映画って考察
を考えるとだいたいの人は当たると
思う。
自分も、もしかしてって考えて考察見たら、ピンポイントで当たってた。
この映画のジャンル、ホラーって
いわれてるけど、確かに全体的に
不気味だけど、ホラーじゃない気がする。どちらかというと、ドラマ映画な
気がする。
eriok

eriokの感想・評価

3.8
チャーリーカウフマン、マルコヴィッチからのファンなのだけど、コメディ要素が減りだんだん難解になってくる。

時が流れるのではなく時という空間の中を人が通過していく、この映画では通過せず意識が漂流する感じ
(たぶん?)

役者も怪演

もう一度見返さないと!
叔母

叔母の感想・評価

3.2
最初から最後まで悪夢を見ているかのようだった〜

この世界観はもう理解できなくていいやって諦めて観てたのちに考察みて、ああ、そこに気づけなかったんだからそりゃ理解できないわなって😮‍💨
にゃお

にゃおの感想・評価

2.3
最初から最後までほぼ意味がわからない。
最初の40分間くらい会話劇で眠気と闘ってみましたが結局理解不能...
本当にずっと変な夢を見てるような感覚でした。考察を読んでやっと(なるほど)って思いました。笑

久しぶりに変な映画として印象に残った映画でした。
noroyu

noroyuの感想・評価

-
悪い夢を見てるような。
会話がヘヴィーに折り重なっているわりに2時間10分観れてしまうのはこれいかに。一考の価値あり。
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.5
もう終わりにしよう
五輪という茶番を←しつこい


えー何だこれ
こわ。

「あーやだやだ
カレシの両親と顔合わせなんて
イベント嫌だ」

っていう若い
女の妄想劇と思いきや

超こえーこれ。


全く噛み合わない
カレシの両親との晩餐会から
既に色々と不穏で怖いけどさ


なかなか姿を見せないカレシの両親
携帯に届く謎の声
地下室
心の声は突き抜け
怪しげなスタンド
雪の中一人ぼっち
カレシの高校

何から何まで怖い
何これ

ジョン・カサヴェテスの
「壊れゆく女」を
スッカスカの映画と
評するのは
大胆だなと思ったしここ好き。
僕もカサヴェテス映画があんまり
好きじゃないので
なんか痛快w
やれやれー
もっと言ってやれーという感じ笑


最後のあれは
「ビュティフル・マインド」かなとか
色々と目の前で起こってることから
連想はできるけど
わけわかめ〜

デヴィッド・リンチ好きな人は
大いに好きなんじゃない?

挑戦的な映画だなと思う
ただ会話のシーンが多いので
舞台劇向きかなぁ
>|