めぐりあう時間たちの作品情報・感想・評価

「めぐりあう時間たち」に投稿された感想・評価

tamii

tamiiの感想・評価

4.0
ずっと見てたと思ってたけど見てなかった!
好きな女優さんばかり。
見ているこちらが苦しくなるほど全体を覆う神経症。苦しいけどこういう作品は好き。
エドハリスも凄かった。
レンジに顔を突っ込んで自殺したのは違う人だったな。生きて行くのはとても大変。
自分の中で整理して、感想を深めるのに時間のかかる作品だ。。。色々思うところはあるけどとりあえずもう一回観たい笑

ニコールキッドマンの演技が素晴らしかった。最後のエンドロールで、あ、これニコールキッドマンだったんだっけ?!ってなるくらい、、!

(音: 日、字:無)
すべては、物語からはじまる。自分の気持ちに素直に生きようとすると、そこらじゅうにぶち当たる。重たい話だけど、役作り、メイク、見どころいっぱい。少し前に検事役のニコールキッドマンを見たけど、全然分からなかった。
以前観た記録です。
ニコールキッドマンの顔、どしたの?
っていうくらい別人に見えたのです。
役作りしましたね。参りました。
ストーリーも良かったのですか、
ニコールの顔ばかり気になるのでした。
yas9

yas9の感想・評価

3.7
何度観ても難しい。だけど何かが残って、数年後また観てしまう。

80/2018
時代の違う3人の女性それぞれの1日が交わりリンクしていく複雑な映画
物語の軸となるのが「ダロウェイ夫人」という小説
活字苦手マンのあたしはもちろん未読w

詳しいことはわかりませんが、冒頭にでてくる"花束を買いに行く"という台詞で、三者三様シチュエーションは違うが物語は進んでいきます

どの時代にも"死"がテーマとしてあり重苦しく感じたけど、同じように「こうでありたい」や「こうしたい」という"願望"...."欲求"かな?そういうものも感じられた

立場も違う3人が同じテーマの上でそれぞれ別の結末を迎える物語

あたしには少しだけ難しかったけど多分それはこういった文芸作品に普段触れてないからかなーとも思う

あとはとにかくキャストが豪華✨
ニコール・キッドマンにジュリアン・ムーア、メリル・ストリープの娘役にクレア・デインズ
パネェっす!w
Kalina

Kalinaの感想・評価

4.5
【レビューというよりただのメモ】
先日レビューを書いた、髪結の亭主を見たことによって思い出したこの映画。
実在した小説家ヴァージニアウルフも愛する夫を想い自殺した。

私は今彼女が書いたフェミニズム批評の本を読んでいるが、やはり女性の自死にジェンダー問題は必須な気がする。


この映画を見た当時の私はまだ若かった。女性として生きていく際の理不尽さにまだ気付けていないくらいに若かった。
今ならまた違うだろう。
近いうちにもう一度見よう。
#157
暗いですが良き作品😊超有名女優3人の怪演に圧倒されました。全員が病んでいて、全員がダロウェイ夫人だった。じわじわと心が揺さぶられる感覚…脚本の素晴らしさがにじみ出ています👍
Hiroking

Hirokingの感想・評価

3.0
内容はかなり重い
妻が精神的な病を抱えていると、家族の大変さは痛いほどわかる。
何をしても、わかりあうことは限り無く少ない。
これは…かなり重い作品でした。

2018年322本目
苦手な話だけど3人の女優さんが素晴らしすぎて、演技ってこういうことなのかと思った。心に余裕のある時に観るのがいいです。
>|