ノクターナル・アニマルズの作品情報・感想・評価

ノクターナル・アニマルズ2016年製作の映画)

Nocturnal Animals

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:116分

3.9

あらすじ

スーザンは夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。 ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワードから、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。才能のなさや精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスー…

スーザンは夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。 ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワードから、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。才能のなさや精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスーザン。 彼はなぜ小説を送ってきたのか。それはまだ残る愛なのか、それとも復讐なのか――。

「ノクターナル・アニマルズ」に投稿された感想・評価

KMD

KMDの感想・評価

3.6
なんかもう内容に反して、小説書いてるジェイク想像したら笑ってしまう。どんだけ執念深いんだよって。みんな演技が素晴らしかった。
memo

memoの感想・評価

4.3
ゲイ特有の繊細な感性を持ち合わせたトム・フォードだからこそ、このゾクゾクする映像。硬質で冷たい印象を与える映像に奇妙な絵や写真が合わさりなんとも言えない艶かしさ。真っ赤なカーテンをバックに脂肪の塊のような女達のストリップというファーストカットから衝撃的。デヴィッド・リンチの映画を想起させる。赤いソファに横たわる裸体は白い肌に波のようなウェーブがかかった赤毛のロングヘア、忘れられないほど美しい死体。
言葉で形容することのできない、観ることによってしか味わうことのできない興奮はまさに時間の芸術。エイミー・アダムスの妖艶さがもっと見れたらさらに良かったです
「人を愛したら努力しろ、失ったものは二度と戻らない」
マイケル・シャノンの渋さが堪らない。
Eno

Enoの感想・評価

4.0
緊張感が途切れない映画。
主人公スーザンの元夫エドワードの小説が映像化され、スーザン自身の物語とシンクロしていく。
こうなったら嫌だと思う方へどんどん進んでいく小説の世界は見ているのが辛かった。
ラストで、時間と共に変化するスーザンの表情が切ない。
別れた夫から送られた小説は何を意味するのか? 世界の映画賞を独占、エイミー・アダムス、ジェイク・ギレンホールら豪華スター共演。トム・フォード監督が描く愛と復讐の美しきミステリー
RYO

RYOの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

OP映像の衝撃。
しかしOP長かった。個人的には見ていて気持ちのいい映像ではなく、華やかさの裏に不気味さが際立っていた。

メタフィクションで物語が進んでいく中、現在のスーザンの心境との対比が面白かった。

ジェイク・ギレンホールは相変わらず、不気味というか冷酷な本性が見え隠れするキャラが上手いなと思った。表情に滲みでるんだよなぁ。

鑑賞後に考察とか調べたけど、ラストの展開は単純に復讐ってことで良いのかな。
DVD版のインタビューに監督が触れてるみたいだけど、未視聴なので自分の中ではそうやって納得した。

プライドの高いスーザンが未熟だったが故の結末だったのかな。エンタメとしてはチャンスを与えても良かったけど、サスペンスだからあれでいいのか。
sada

sadaの感想・評価

3.9
ドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクン
誰の音?
夜行性の女になりレイトショーにて。

冒頭から平静さを保ってられない映像が映される。
現代美術の奥の深さよ。

仕事帰りの半睡状態だったけど手汗で眠気もぶっ飛んだ。
全てを手に入れたら人はどうなるのだろう。

最終日ということもありいつもはスッカスカの映画館も結構いてエンドロールになると誰か席を立つんだけど
誰も、立てないっ
r

rの感想・評価

4.1
期待を上回る作品 最高すぎた❥
_
音楽/映像/芸術的要素/FASHION性
手に汗握る展開/渇き 虚無感◎
もう…好きすぎてため息とまらない。
"PARSONAL SHOPPER"観た感覚に
似てて 後味悪い余韻 不気味な音楽が
頭から離れず1日平気で潰れる笑
_
小説/過去/現在 異なる時系列で
過去の愛称で捧げられた小説
元旦那との馴れ初め 軽蔑した過去
現在の掴みきれない感情__
_
どれも絶妙で"これぞ魅せる映画"
悪夢と負の連鎖 後悔の連続
_
貴方は"復讐"と解釈するか
それとも"愛"と解釈するか
最後の解釈も何通りも出来る傑作☺︎
Haruka

Harukaの感想・評価

4.5
文句のつけどころが一つもない。
始まりから終わりまで全てが美しい in every single way.
やはりトムフォードは天才です
es

esの感想・評価

3.8
気づいたらエンディングを迎えてたという初めての経験。寝てたわけではなく。
自分も、復讐され騙されていた側に入り込んでいた。
Kotoha

Kotohaの感想・評価

3.5
どの描写も美しい、ヌードシーンの肌がツヤッツヤ。二つの物語が交互に進行して、細かい部分がリンクしていてすごく繊細なものを見た感じ。オープニングが本当に本当に良かった。
>|