ノクターナル・アニマルズの作品情報・感想・評価・動画配信

ノクターナル・アニマルズ2016年製作の映画)

Nocturnal Animals

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:116分

3.8

あらすじ

「ノクターナル・アニマルズ」に投稿された感想・評価

Tetsuya

Tetsuyaの感想・評価

4.0
綺麗に綴られた復讐の物語
現実世界を生きたいと言われたエドワードが
自分の才能で再びスーザンを引きつける
ベッドで集中して読むスーザンのように
こちらも重厚な小説を読み終えたような感覚に陥る
映像はさすがの美しさ
オープニングで「ムリーーー( ˟ ⌑ ˟ )」ってなった派。

ジェイク様の安定の演技力!!
Karin

Karinの感想・評価

3.0
監督の美意識が垣間見える。上品で示唆的
相変わらずジェイクギレンホールは最高
もう何回か見てこの映画を理解していきたい
なんだか、自分にはチョット…何これ?的な映画だった。
冒頭から醜悪なアート?を見せられ、その後、20年前だかに離婚した夫から送られてきた本を読むエイミー・アダムス。
本作では、現実世界と小説世界が入り乱れて進行するパララン・ドラマ。

ちょっと上手いな…と思ったのは、若い時のエイミー・アダムスを本当に若く見せるメイク。
「そのうち面白くなるかな…?」と思いながら観ていたら、唐突に終わってしまった。
何これ感が残りまくる「なんだかな~映画」だった。
なすび

なすびの感想・評価

3.5
うーん、私にはちょっと難しかったかなぁ。解説読んでなるほどってなった。単に私の頭が悪いだけです。ワンシーンワンシーンが綺麗だったから飽きはしなかった
torso

torsoの感想・評価

3.8
REVENGE。久々に観た線細いジェイクギレンホール、トラウマに怯える演技が印象的。
nann

nannの感想・評価

2.8
ファッションデザイナーでもあるトム・フォードの監督第二作。

アート・ディーラーのスーザン(エイミー・アダムス)は仕事も裕福な家も持ち何不自由ない暮らしを送っているように見えるが、夫とはすれ違いが続く。そんな時に元夫エドワード(ジェイク・ジレンホール)から一冊の本(小説『Nocturnal Animals』=夜行性の動物たち)が送られてくる……。

物語は、現在のスーザン、小説の中のストーリー、そしてスーザンとエドワードの過去の3つが入り混じる構成。
色彩、特にエイミー・アダムスが赤い背景の前で座るメインビジュアルのショットは印象に残る。
小説の中のジェイク・ジレンホールの味方となる刑事役のマイケル・シャノンが好演。

いやーな感じが漂う、映画。スーザンとエドワードの過去には何かあったようで、エドワードはどういうつもりでスーザンに陰惨な内容の小説を送ったのか、明確な答えは出ない。
かつての恋人だった作家の男から、一篇の小説が送られてくる。
ノクターナル・アニマルズと題された作中作と、二人の恋愛が辿った破綻までの道が交互に映し出されていくというスタイルの、高度な復讐劇。

送られてきた作品に揺さぶられ、最後まで読んでしまうのは、心が残っていた証だよね。
作中作の、愛する妻子を奪われ怒りと後悔に駆られる夫の姿は激しいのに、現実は違う。してやったり、なんだろうなあ。

作中の事件の悲惨さをもって、心の傷を表現するこのスマートさ。
愛って難しいね。
eye

eyeの感想・評価

3.2
この作品はあまり多くは語れないが…考察や解釈を楽しむ作品なんだと思う。
ホント、人によって評価が二極化する。
映像は綺麗だし、構成は良かった

本作を色々調べて気になる方は鑑賞しても損しないと思う。
主人公が描く残酷な小説の話がメインで、それを元恋人が読むという変わった映画
>|