ノクターナル・アニマルズの作品情報・感想・評価

ノクターナル・アニマルズ2016年製作の映画)

Nocturnal Animals

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:116分

3.9

あらすじ

スーザンは夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。 ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワードから、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。才能のなさや精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスー…

スーザンは夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。 ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワードから、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。才能のなさや精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスーザン。 彼はなぜ小説を送ってきたのか。それはまだ残る愛なのか、それとも復讐なのか――。

「ノクターナル・アニマルズ」に投稿された感想・評価

何度も見返して噛みしめたい映画だった。‬
‪アメリカ南部の話の通じないチンピラというジム・トンプスンの小説ばりの不条理な劇中小説。‬
‪そんな自分の人生の一部と重なっていたほど親しい人が書いた小説を読むうすら怖さ。‬
‪こういう映画はクセになる。‬
書くことで作品に命が吹き込まれ生き続ける……悲しい復讐だった

ジェイク様は本当に憑依型の俳優なんだと思う、気持ち悪くてジメジメしてて、でも切なさを煽るような… 最高に適役でした
Quietboy

Quietboyの感想・評価

4.4
ラスト、めっちゃ味わい深い!
それが正解なのか、なんで来なかったのか
意味とかどうでも良くって、
ああほんとにあの終わり方すごい!

おまえにレイプ犯だと見られたから、ほんとにそうなった
っていうの、責任逃れの言い訳でもなんでもない。
誰か、ましてや愛する人から見られた自分、
それが弱い自分だったら、
ほんとに弱くなっちゃう。

あなたには才能がある!って言ってあげられてたら、ほんとにそうなってたはずなのに…

愛する人のこと、そうさせてしまってたの、自分のせいだって気づいてなかったのかな、

スーザンに捧ぐと宛てられたあの小説、
あの女は、ノクターナルアニマルズ、
そう、妻も娘も奪っていく野蛮な獣。
Shiren

Shirenの感想・評価

4.2
・オープニング映像が反則。夢に出そう。
・主人公の現状、前夫から送られてきた小説を映像化する劇中劇、主人公の回想の再現の3つのパートで構成されるドラマが秀逸。
・主人公が置かれている立場、送られてきた小説の内容と現状パートで登場する娘の描写部分、ラストシーンをどう解釈するかで感想が大きく分かれるタイプの作品。かなり文学的で、鑑賞後暫く余韻に浸れる。おそらく男性と女性では全然違う感想になるだろう。
あきら

あきらの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

冒頭いきなりパンチ効きすぎてて、これはなんか凄いことになるぞ感あったけど、本当にすごかった!!?


見ただけでハイブランドとわかるこだわり尽くしたインテリアもファッションもすごいし、チリひとつバグを許さない、画面作りが相変わらず完璧。
高級そうなクリスタルに活けられるオレンジのモカラ。エントランスに飾られてたのはオンシジウム だったかな?
蘭の花で統一してある徹底ぶりが見事だった。アートだった。

けどその映像に負けてない構成と心理描写が圧巻。
美しさと悍ましさの対比と共存、無残なはずの母娘の遺体をあんなに美しくするなんて!

こんな復讐の仕方ってあるのか!
こんなにも後引く暴力の表現があるのか!
いや復讐なのかどうかもよくわからないけど。


あれはあくまでも虚構で、エドワードはただ小説を書いただけだ。
なのにとても暴力だった。捨てられた男の胸の嵐に圧倒された。

実に緻密に繊細に描かれた愛とその恐ろしさの話だった。

このレビューはネタバレを含みます

トム・フォードの二作目。前作は(おそらく)本人の経験を基にした作品だったけど、デザイナーらしい美意識を感じさせる美しく調和のとれた映像とトップデザイナーという肩書きなど関係ないぐらい確かな演出力を見せつけた作品だった。

今作でも一級品の演出力とストーリーテイラーとしての才能を見せている。

現代アートなんかの仕事をしているセレブな主人公スーザンの元に昔の旦那エドワードから小説が送られてくる。この小説は残酷で救いがない話だ。善良だが弱い所のある男が不条理にも妻と娘を殺される。男の善良さと弱さはどんどん自体を悪い方悪い方へ転がしていく。
なぜこんな小説を送って来たのか?エドワードもスーザンに“弱い男“と見られ捨てられたからかもしれない。もしかしたら、別れずに結婚してたかもしれない自分たちの物語としてこの小説を書いたのかもしれない。

スーザンとエドワードの過去と小説は微妙にシンクロしながらスーザンに過去を思い出させていく。失敗や後悔。

これはエドワードの復讐だったのか。
わからないところは多いけど、強く印象に残る作品だった。
sariii

sariiiの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

本物の現代アートの作品が登場すると聞いて期待。実際には15作品ほど登場するらしいが、ジョン・カリン、ウォーホル、クーンズくらいしか気付かなかった。画面で語るとき、作品を引用することでそのシーンにもっとたくさんの意味や意図が示唆できると読んで納得(Viceの記事に詳細あり)。DVDが出るまでに、作品をちゃんと調べてからまた観るのもありだと思った。
(クーンズのバルーンの作品にチェーンが揺れて当たってるシーンは、傷がついちゃうと勝手にヒヤヒヤ)

アーロン演じる主犯役が胸くそ悪いほどハマってた...胸くそ悪くなるってことはリアリティーを感じている証拠?外の便器でう@こしてる姿はあまりにナチュラルだった(笑)
道路で揉めたシーンで、見下された態度を取られたときだけキレるのも、最後に白状したときも、人を殺すに許されない動機だけど、はっきりと理屈はある気がした。

ただ、エイミー演じる主人公は、ここから大きく生まれ変わる可能性は感じなかった。ある意味、もう遅いことを知って終わるエンディングかと。反省して生まれ変わる、万人受けするオチではなく、救いを求めて観る映画じゃない。自分に「間違った選択はしてない」とごまかし続けた結果、それはどこまでも自分を追い続けてくるものなのだ、と私は受け取った。それは社会的な、経済的な成功ではごまかせない、意志やメンタリティーにおいて自分に素直に生きているかという問いにちゃんと向き合ってきたか。そのことから一生逃げ続ける、そういうことって、実際にあると思う。
他人事のようにしか見れない、観者を置いてきぼりにしがちな「生まれ変わるヒーロー物語」とは違うリアリティーを感じさせてくれた。

観終わってからじわじわくるので、またそのうち加筆したい。

トム・フォード監督作品が好きだ。
Piccolo

Piccoloの感想・評価

4.2
夜の獣たち

ずっと気になってた作品でやっと日本公開。
しかーし、お約束の首都圏だけの上映。
出た、出たー、またですか。また地方は待たされるんですか。
まあ、待ちますよ。待ちますけど、もう完璧に地方差別じゃないのか。
たまには、地方から上映始めてもいいじゃない。
たまには、地方にハリウッドスターが来たっていいじゃない。
たまには、地方でプレミア開催したっていいじゃない。
ダメー。いいと思うけどなー。

さて、映画の感想です。
まず、オープニングが強烈でした。きっと当分は忘れられないでしょうね。このオープニング、多分何か意味があると思うのですが自分にはわかりません。
そして、ラスト。観た人によって捉え方が変わってきますね。

はっきり言ってこの映画、観た人によって解釈がかなり分かれる映画だと思います。
小説の内容は何を意味してたのか。
娘は何を意味してたのか。
夜の獣たちとは何なのか。
ラストはどういう意味なのか等々。
自分なりの解釈はありますが、はっきり言って難しい。
解説サイトにGOです。

映画は、すべての謎に答えなくてもいいんです。
ある程度、謎のままでいいんです。さすがに投げっぱなしはダメですが、この作品は違います。
たとえ間違っていても自分なりの解釈があればいいんです。
それを指摘されて納得したら考え方を改めてもいいんです。

役者の演技も最高でしたね。キックアスは全く別人。マイケル・シャノンはいつ観ても悪人顔。エイミー可愛い。ジェイクは安定の凄い演技。
2時間、役者たちの素晴らしい演技を堪能し、頭もフル回転で考えながら鑑賞できる大人の映画でした。
meg

megの感想・評価

4.0
あまり期待していなかったけど、観てからだいぶ経つ今でも思い出す絵や色彩は数多い。
MAAI

MAAIの感想・評価

3.0
全編回想だらけの嫌いなタイプの映画だが、「夜」の映画だけあってテキサスの夜の鬱蒼とした雰囲気は良好。
>|