ノクターナル・アニマルズの作品情報・感想・評価

ノクターナル・アニマルズ2016年製作の映画)

Nocturnal Animals

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:116分

3.9

あらすじ

スーザンは夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。 ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワードから、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。才能のなさや精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスー…

スーザンは夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。 ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワードから、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。才能のなさや精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスーザン。 彼はなぜ小説を送ってきたのか。それはまだ残る愛なのか、それとも復讐なのか――。

「ノクターナル・アニマルズ」に投稿された感想・評価

余命少ないエドワードが過去のスーザンとの間に起こった出来事への後悔、謝罪、リベンジを連想させる小説を送りつけたのだと思った。
にしても陳腐な小説。
※コメント欄に長文覚悟ネタバレ編あり

眠って忘れられるなら、
何も苦労はしなかった。
望んだはずの地位や豪奢の椅子は色褪せ、
虚しく呼気を染めた。
過去は今日にまで、
脂肪をつけてグロテスクに迫った。
引き返せない荒野の道。
繰り返される解釈だけが、
震えて綱を渡る。
強く打つ鼓動は後悔と余念を知らしめ。
届けられた小説は復讐か愛か。
高鳴る期待をよそに、
憂いた瞳の奥で悲しみが黒く凝った。
話題になった映画ということもあり期待を大きくして鑑賞。
場面、設定の切り替わりが多く、設定故に所々映像をデフォルメ(芸術的?モノクロの背景に濃厚なカラーを中心にした映像)されたシーンが出てきますが、最近の撮影技法の流れを組んでいて、作品評価に繋がりませんでした。また、構成中にある゛暴力的な題材゛も古典的で、ストーリー全般に入り込めず。奥の深いサスペンス小説のような映画も、評価が分かれる映画かと。
whitelily

whitelilyの感想・評価

3.6
印象としては“難しい”。でも難解だけで投げ出してしまいたくない深さがある。それは人物が発する言葉とかさり気ない仕草とか。現在と過去、小説の中のフィクションの世界が交差し、現実との境界が歪んでいく不思議な感覚。ひとつひとつの場面で問題提起をされてるようで小説を読んでいるような映画だった。
トム・フォード監督ならではの映像美には冒頭から惹き込まれた。

失ったものと過去の過ち。
誰にでも内に秘めたい過去はあるもの。そんな内面の防波堤を見事に剥ぎ取られた気分。
mai

maiの感想・評価

3.5
トム・フォードが監督をされたということで、映像やファッションの色使い等は本当に観ていて美しかったです。

話はグイグイ引き込まれましたが、普通に小説の方を映画にしてほしいと思った。
Yuki

Yukiの感想・評価

3.5
No.58

現実と空想のリンク
これは間違いなく元夫から送られたメッセージなんだ

言葉にできない空気感で目が離せなかった
物語は、「疑似体験させ」「内在している性質や忘れたい過去などの感情的な記憶を呼び出させ」「自分はこう考えるという参加させ」という3つの能動的な姿勢から、創造力を高めるアウトプットさせる装置みたいなものという脳科学者が居たが、この映画は、まさにその理論を体言化したような奇妙でユニークな設定。

但し、私にこの物語の核となる小説再現シーンへの読解力が無く、小説のフィクションストーリーと夫婦の別離への想い・理由が、どう結びつくかが、いまいち感じ取れず、3つのストーリー(愛が欲しいのに不倫されて独りぼっちの現在の話、愛だけじゃ物足りなかった過去の話、愛だけで結婚はうまくいくと考え、人生を戦おうとしなかった夫の反省としての小説の話)がバラけてしまったのが、惜しい。

しかし、この映画の試み・設定は、誰かがより高めてくれそうな気がする。非常にオルタナティブな意義ある作品。
トムフォード監督作は初鑑賞。
おしゃれ成分強めなんやろなあ、と少し身構えてたら、冒頭のインパクトでいきなり椅子からずり落ちそうになった…笑
この不意打ち的な漫☆画太郎ばりの洗礼を受けて完走できるか不安になったが、ストーリーは現在、過去、小説の3軸が上手く絡んでて楽しめた。
おしゃれ要素もそんなにノイズにならなかった。
オチは少し不満。あんなに丁寧に風呂敷広げた割に、そんなあっさりした畳み方でいいのか。

筋肉ボディなジェイクは、今作では明らかにミスキャストでしょ!笑
Abu

Abuの感想・評価

4.0
今世紀最大の恐怖を感じた最初の5分間が過ぎ、徐々に映画に集中する事が出来た。
しかしながら目を背けたくなるような話はここからが本番だった。
だが、その嫌な場面も絶妙のタイミングで現実世界を交互させ、決して観る目を休ませようとしなかった。
この手法の映画としては非常に面白く良く出来ていると思う。
すっかり冒頭の恐怖を忘れた頃に、あの恐怖は壁にかかった絵で一瞬だけ現れ、再び映画に集中出来なくなる…

そしてラスト…全てが納得できた。

マッチョな役が多くなってきたジェイクだけど本来はこういう役所が似合っているように思う。

このレビューはネタバレを含みます

男のじっくりと時間をかけた復讐。

「生きていたとしても自分の手からなくなれば殺されたも同然。」
妻と子どもを同時に失った苦しみとお怒りを20年かけて小説に落とし込み、それを生きている妻に送る。

小説の最後、主人公は生き絶える。現実世界の彼は、生きた亡霊。

設定の妙が効いているし、やはりビジュアルがさすがトムフォードといった感じ。
>|