ノクターナル・アニマルズの作品情報・感想・評価

ノクターナル・アニマルズ2016年製作の映画)

Nocturnal Animals

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:116分

3.8

あらすじ

「ノクターナル・アニマルズ」に投稿された感想・評価

ymsn

ymsnの感想・評価

3.5
めちゃ胸糞&難解サスペンススリラー。
エイミー・アダムスと僕の好きなジェイク・ジレンホール主演。

現実の主人公の場面と、劇中で主人公が読み始めた小説が映像化された場面の2パターンで進んでいく映画。

現実と小説の切り替わりは分かりやすいほうなので、ごっちゃにはなり難いが主人公が見るフラッシュバックで交錯し、意図的に現実と同じような構図になっていたりする。

ほんと胸糞悪いので注意。でも見る価値はある、面白かった。
カウボーイの刑事がクソかっこいい。
Amazon prime で。
こわかった…
大人の映画や…
アーロン・テイラー=ジョンソンという素敵な俳優に出会えました。

そしてトム・フォード監督も。
今作のあと「シングルマン」も見ましたが、
最も次回作が待ち遠しい監督となりました。

あんなデカフォントでREVENGEって。
もう解釈しきれない。自分のことだけで精一杯なのに。
皆さんのレビューだけが頼り。
とはいえ
10年後も語り継がれる名作だと思いました。
理解できてないのにこんなに楽しい!
ハイビジョンで輝く貪婪の肖像

…このオープニングは生涯忘れ難いですね。
鏡の前に立つのが怖くなる。
醜悪さを見つめるという行為の入れ子構造的な
醜悪さ。では、その逆も真なり…かと言うと、美の事はさっぱり分かりませんのよ。シンナリ?

アートギャラリーを営むスーザン。パーフェクトな夫。優雅な生活。
華やかな(?)インスタレーションも大好評で喝采を浴びる、まさに成功者といった風だが、実際は経営も思わしくなく破産寸前、夫との間には愛は無い。でも、それは、いつから?
ある日彼女の元に届けられた一片の小説。表紙には『ノクターナル・アニマルズ』。捲ると見返しに“スーザンへ捧ぐ”…。
これは20年も前に別れた、元夫エドワードからの贈り物。小説家として輝かしい未来を志すも、きっとモノになるまいと見限って、酷い捨て方をしたエドワード。

…いつの頃からか孤独を感じていたスーザンは小説『ノクターナル・アニマルズ』の暗い魂の世界に引き込まれていきます。映画は“現在のスーザン” “ノクターナルアニマルズの脳内再現映像” “記憶の中のスーザンとエドワード”の3つのパートがシャッフルされて語られます。

……うまい。異なる3つの軸が、混乱・衝突を巧みに回避し、美しくスイッチされ、過去の出来事を始点として現在までの補助線を引き、浮かび上がるその図形は、小説“ノクターナル・アニマルズ”と見事に符合。暗闇に浮かび上がる夜の獣たち。
小説『ノクターナル・アニマルズ』は現代劇のビジランテ物で、構造的には古典的な西部劇風です。…現実に復讐者は誰なのか?報いを受けるのは? このある意味ベタな物語に強く惹かれてしまう辺り、現在のスーザンの心境が察せられます。…悲しいけど、


言わずもがなでは有りますが、この映画ルックがずば抜けて良い!
とにかくファインで悲しいほどに整っている“現在”のパート。西部劇的で有ったり、本物の事件映像の様で有ったりと緊張感や漂う荒々しい“小説内”パート。そして、まるで90年代の王道ラブロマンス映画の様な甘い色合いの“2人の過去”の回想シーンが違和感なく見事に縫いとめられています。よく、「仕立ての良い服は裏返しに着てもおかしくない」と言われますが(自分は、裏返しに着てるみたいな服の方が好きですが☺︎)、この作品で言えば、物語られなかった部分を想像するだけでも豊かな映画的悦びがこみ上げてくる…というか、寧ろ制作現場だけを眺めていても既に美しいのでは⁈

心の最深部まで一気に届き、留まり続けるラストシーンの余韻…。実は自分、映画のラストシーンを憶えていない事がしょっちゅう有るのですが、これは忘れようがない。消費されきるようなものでは無い。いつまでも、あの表情の行方を捜し続けられる悦び。

エイミー・アダムス。以前はあまり得意では無かったのですが、『メッセージ』に続き完璧としか言いようが無いです。彼女の見え方次第で随分違うトーンの映画になってしまったのではないかしら?
そして、ジェイク・ギレンホール!これはもう新たな代表作だと思います。想像の中だけの男が、映画全体を支配してしまった‼︎
マイケル・シャノンはギレンホールよりギョロギョロしてたし、アーロン・テイラー=ジョンソンの汚れ役はその後のキャリアが心配になるレベルです…。
あ、あと、冒頭の現代美術の皮肉めいた使い方から、トム・フォードは現代美術嫌いなのかな?とか思っちゃいましたが、そんな訳ないですね。クーンズやハーストがゴロゴロ映るので、その筋の方も必見です。垂涎で絨毯を駄目にしないよう注意!🐑🏹
てな感じで、もうメロメロです。個人的には『シングルマン』を凌駕する程に、広く愛されるべき名作だと思います!

赤いソファに沈みたい…。そのまま永い眠りについてしまいたい…。
現実の話と、劇中劇がうまく重なっていくストーリー展開は、よくできた脚本だなと思った。
ラストは…元夫の静かな復讐なのかな…?
あーごめんなさい全然分かんなかった。
むしろ解説見てから観ればよかった。笑

小説の中の誰が誰なのか、
ラストシーンの真相は、
多種多様な捉え方ができると思います。

自分で想像するのはもちろん、
いろんな人の考察からしっくりするのを見つけるのも面白いと思いました(考察力ないだけ笑)。

不穏な雰囲気長くて静かに進んでく。
気味悪い感じは嫌いじゃなかった。

まあでも最初のおばさんたちはクセ強すぎるし長いわ。笑
あとトムフォードでいうとシングルマンの方が10倍好きだったかな。
YUKIiii

YUKIiiiの感想・評価

3.7
愛のなのか復讐なのか?

愛のある復讐。とみた。

描写が不気味でぞわぞわする。
Y

Yの感想・評価

3.7
小説の中の人物と現実世界の人物、それぞれの未熟さをリンクさせ三者三様に解釈できる作品。
YjK

YjKの感想・評価

3.5
愛する人に批判されたくないってセリフはとても共感できた。
人にしたことはいつか返ってくる。
さすがトムフォードの
アート性と画の綺麗さ
出だしとラスト良かった
面白かったかな
>|