ノクターナル・アニマルズの作品情報・感想・評価

ノクターナル・アニマルズ2016年製作の映画)

Nocturnal Animals

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:116分

あらすじ

スーザンは夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。 ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワードから、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。才能のなさや精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスー…

スーザンは夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。 ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワードから、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。才能のなさや精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスーザン。 彼はなぜ小説を送ってきたのか。それはまだ残る愛なのか、それとも復讐なのか――。

「ノクターナル・アニマルズ」に投稿された感想・評価

山

山の感想・評価

3.2
絶妙に外してきたな、、、
カーチェイスのシーンはドキドキして良かったです。
みてる間鋭利なものをずっと突きつけられていたような緊張感で、終わってからもしばらく息吐けなかった気がする(疲
ジェイク・ギレンホールの映画にはずれなし記録更新中。トムフォードで血のような色のルージュを買いたいです。普段滅多に口紅つけませんがゴリゴリにメイクしてお洒落していつまでも来ないエドワードを待ちたいです。凄いなートムフォードのまえに平伏す勢いでもってかれてるーー
評判の高さに釣られて鑑賞。

正直に言って、19歳の自分の感性と理解力の低さではこの映画の良さに気付くことが出来なかった。(なんか情けない…)
過去・現在・小説という複雑かつ緻密な脚本構成になっているのは分かった。
特に、小説は現在のスーザンと重なる部分があり、大きな影響を与えたのも分かった。
話の大枠は分かるのだが、この作品の最も評価するべき本質というか、根元にある部分がイマイチ読み取れなかった。
なのでスコアは点けないでおきます。

こういった作品をしっかりと評価できるようになりたい!
Zhenji

Zhenjiの感想・評価

3.5
途中で出てくるrevengeの文字が鑑賞後によみがえる。1人彼を待つエンディングを素直に解釈すると「復讐」なんだけど、、、
なんか違う気がする
ななこ

ななこの感想・評価

4.0
恐怖に対して妥協し目を背けてもそれはずっと追ってくるし逃げられない
最後は自分が成すはずだったこと、自分の身に起きるはずだったことに直面することになる

恐怖感を煽られ先を見るのを躊躇する。更に登場人物たちの逃避した先の結末を考えると益々身の置き所がなくなるのは、私にも身に覚えがあるからか

映像様式美や設定のロケーションはトムフォードらしいクラシックな印象を受けるが、思考は前作に比べてマッチョ
警官が犯人二人を主人公の目の前に突き出して責め立てるあたりなど

物質消費主義への風刺や自己肯定観の低い主人公の描写などトムフォード自身のパーソナルな背景を考えてしまった

それにしてもNYで再会しレストランでデートするシーンのジェイク・ギレンホール、作中の台詞どおり本当にロマンチックなルックスをしていた。(アーミー・ハマーはゴージャス!)
ビジュアルの美しさにはただため息
るび

るびの感想・評価

4.2
‪「ノクターナルアニマルズ」鑑賞。
息が詰まり手に汗握りその場から逃げ出したくなるような不穏な2時間。アーロン演じるレイは今年一番胸糞の悪いキャラなんじゃないかな。美しくておぞましくてラストは心の中で主人公に匙を投げつけながら映画館を後にしました。ないものねだりってこういうこと‬。
こう

こうの感想・評価

4.0
トム・フォードの様式美を楽しむも良し、ミステリー的に誰がどのような行動をとったののか、考察するも良しの見応えたっぷりの傑作です。
kdyk

kdykの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

他の感想を見ると謳い文句によってミスリーディングがあったのがわかる。
愛や復讐にとらわれず見た方が楽しめる作品だった。

決してアート感が先行するような作品ではなかった。それ以上の重みがあって、時間を忘れて夢中になったし、途中退出したくなるくらい衝撃的な内容だった。間違いなくトラウマになると思う・・・・。

エドワードが自殺した、や、そもそも存在していない、などいろんな憶測が飛び交っているけど個人的にそんなことはどうでもよくて、人は本質的には変えられない宿命みたいなものを持っている絶望感が味わえたのが非常によかった。私の中では、2017年で1番の映画になると思う。
世界的ファッションデザイナーのトム・フォードが監督した作品なので、ヒロインでアートギャラリーオーナーのスーザン・モローのファッションや、彼女の邸宅やオフィス、そこに置かれている調度品を含め、計算され尽くした美しさがある。
ただ、その美しさには背中合わせに無機質さや虚無があり、更にその内側には度胆を抜くようなオープニング映像と相通ずるような醜悪さがあるように思える。
一流ブランドファッションを身に付け、スマートでハンサムな夫がいて、アートディーラーとして精力的に仕事をこなしているスーザンは公私共に充実しているように見えるが、その実、心は満たされず、夫婦生活をはじめとして不協和音が響き始めている。
そんな矢先、20年前に別れた作家志望の元夫エドワード・シェフィールドから、スーザンに捧げられた彼の著作「ノクターナル・アニマルズ(夜の獣たち)」が送られてくる。
ここから物語が本格的に始まるのだが、映画はスーザンがいるアートギャラリーというハイセンスな世界と、彼女が読んでいる小説「ノクターナル・アニマルズ」の殺伐とした世界が並行して展開していく。
この2つの物語の陰陽のコントラストが見事で、その世界観に引き込まれてしまう。
そして、家族旅行中に獣のようなならず者たちに蹂躙されたトニー・ヘイスティングの悲劇の顛末を描いた「ノクターナル・アニマルズ」は、トニーとエドワードを同一人物化していることによって、物語を読み進めていく内にスーザンのいる世界を徐々に侵食していく。
「スーザンに捧ぐ」と最初のページに書かれたこの小説は、元夫エドワードの彼女に対する積年の思いを込めた“メッセージ”なのだが、その意図は映画の後半に出てくるアートギャラリーの廊下に掛けられた絵で明らかにされている。
理不尽で暴力的な世界の中で、人にとって何が大切なのか、本当に価値あるものは何なのか、幸せとは物質的に恵まれたことなのかを、本作はシニカルな反語形で描いている。
NATUME

NATUMEの感想・評価

4.1
いっときも目が離せなくなる、トムフォードの演出に驚く。原作に忠実なのか読んでみないとわからないけれど、人の感情を右から左へと揺り動かす技術に感動します。小さな愛をここまでドロドロしたリベンジにして観る者の心に棘を刺す。ファッションも現代アートも小馬鹿にする、オープニングだけではなく全てに美しくて下品な映画。恐れ入ります。ラストシーンのLAの山城レストランも…
>|