ノクターナル・アニマルズの作品情報・感想・評価

ノクターナル・アニマルズ2016年製作の映画)

Nocturnal Animals

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:116分

3.9

あらすじ

スーザンは夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。 ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワードから、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。才能のなさや精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスー…

スーザンは夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。 ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワードから、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。才能のなさや精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスーザン。 彼はなぜ小説を送ってきたのか。それはまだ残る愛なのか、それとも復讐なのか――。

「ノクターナル・アニマルズ」に投稿された感想・評価

saiki

saikiの感想・評価

3.8
トムフォードの1作目
「シングルマン」がすごく良かったので期待していたが
いやぁ〜よくこんなつまらなそうな脚本を映画化したなぁと。。
でもギリギリ上手く成立させてた。
あっぶねーとこだった。。

デブのおばさんが全裸で踊るという映画史に残る変態オープニングから始まり、
ケバい化粧でオバサン度を大幅アップさせてしまったエイミーアダムスがつまらなそーにしてるのを観ててヒヤヒヤしてしまった。
これは酷い事になるぞと不安になった。

がしかし!
その後に出てくるアーロンテイラージョンソン君。
彼の演技が素晴らしい!!
まさかキックアスのボンクラ少年がこんなワル〜い役をやるとは!!
全く別人だよ!
とにかく今作でアーロン君に惚れ込んでしまった。
ゴールデングローブ賞にノミネートされたと聞いた時はガッツポーズしてしまったくらいだ。

誰もいない夜道でのアーロン軍団とジェイクギレンホール家族のシーン。
あれは映画史に残るくらい恐ろしいシーンだった。。
すんげぇシーンだ。
徐々に嫌ぁ〜な雰囲気が加速していくあの感じ。
想像してた最悪の状況が実際に起こっていくあの感じ。。

このシーンがこの映画の中で飛び抜けてスゲェ。


映画単体としてはパッとしないんだけど、
映画史に残る変態オープニングと、
映画史に残る恐怖シーンって事で、
Two thumbs up!!!

このレビューはネタバレを含みます

@試写

画面の隅々までスタイリッシュに構築されたこの映画の世界で、幾重にも逆説的に描かれる2,3のテーマについてだけ、書き記しておく。

冒頭のシーン。たっぷりと贅肉を携えて脂肪そのものの女性たちが全裸で踊る。やがて、それらはヒロインのスーザン(エイミー・アダムズ)が経営するギャラリーで展示されている映像作品だとわかる。オープニング・レセプションで着飾ったハイソな客たちが行き交う会場には、踊る4人の裸体がうつ伏せに倒れ込んでいるオブジェ。そう、これがロサンゼルスで成功したスーザンが扱う現代美術なのだ。

スーザンの仕事場や自宅など、映画の全編にわたっていくつものコンテンポラリー・アートが飾られている。監督のトム・フォード自身が所有するものも含めていずれも本物で、映画に使用するための交渉ではしばしばフォード自身が直接電話したという。どれも人間のダーク・サイドを表現している、どちらかと言えば気が滅入るような美術品だ。そんなかで「REVENGE」(復讐)という文字のみが血塗られたように描かれた大きなタブローと、上記の肥満した女性たちの裸体が、この映画のために製作された作品である由。

女性の裸体はその後、2度、登場する。スーザンの元に20年前に別れた元夫エドワード(ジェイク・ギレンホール)から送られてきた小説『ノクターナル・アニマルズ』において、主人公のトニー(同じくジェイク・ギレンホール)がゴミ捨て場で見出す、ソファで全裸で抱き合っているかのように置かれた妻と娘の裸体。「これほど背面が美しい女性死体はいまだ見たことがない」とパンフレットに評論家が書いているが、その「美しい女性死体」は一瞬、眠っているのかと微かな期待を抱かせるものの、カメラが近づくと、後に窒息死と判明する娘は虚ろな眼を見開き、妻の方は頭蓋を割られているのがわかる。また、そのシーンの描写を読んで不安に駆られたスーザンが娘に電話をすると、携帯電話に出た彼女は眠る恋人の傍らでやはり裸の背中を見せる。

「美しい」全裸の死体と、冒頭の現代美術としての「醜い」裸体は、明らかに対比されている。その記号性は何を意味しているのか? 

たぶん、それはトム・フォード自身にもわからないのではないか。彼はただ、自身が映画世界に出現させたいものを直観的に選びとったに過ぎないのだろう。つまりはこの映画自体が、ファッション・デザイナーとして成功し、アメリカン・ドリームを体現した時代の寵児たる彼が、さらなる展開を続けていくために必要な創造的なプロセスなのだろうから。

そして、際立って浮かび上がるテーマは「弱さ」である。若きスーザンとエドワードは、それぞれ芸術表現に自分の人生を賭けられるか、という一点において、道を分かった。小説家として芽が出そうにないエドワードを見捨てたスーザンは、自身がアーティストになることにはスマートに見切りをつけ、言わば金銭で美術作品を評価するアート・ディーラーとして成功した。

スーザンとエドワードの結婚に、スーザンの母親は反対していた。お前はいずれ、ブルジョワ的な暮らしができない彼との人生に満足できなくなるだろう、と予言して。エドワードを「弱い男だ」と言う母親に、スーザンは「私なら弱いのではなく、繊細なのだと言うわ」と反撥したのだったが。

エドワードは金銭的にも社会的な評価においてもスーザンを満足させられないという「弱さ」を抱えていたわけだが、その「弱さ」はエドワードが書いた小説ではより典型的な「男の弱さ」へと変奏されていく。小説『ノクターナル・アニマルズ』の主人公のトニーは、偶然に降りかかってきた暴力に対して、妻と娘を護ることができない。

それはトム・フォード自身がパンフレットのインタビューで言及している。

「個人的に胸を打つ主題の一つは、私たちの文化における男らしさの探究です。我々の主人公、トニーもエドワードも私たちの文化が要求する男らしさの典型的特徴を持ってはいませんが、最終的に彼らは勝利します。テキサスで育った少年として、私は古典的に男らしい人間とはみなされず、そのことに苦しみました。私はトニーとエドワードのそんな側面を強調しましたが、私は彼らの辛抱強さに胸打たれたのです」

いや、「最終的に彼らは勝利」したのか?

トニーの一家を襲った3人組の男たちのリーダーはサイコパスであり−−−−ごく普通の青年に見えながら、常識(コモン・センス)では到底理解できない振る舞いに及ぶ役柄を見事に演じたアーロン・テイラー=ジョンソンがゴールデングローブ賞助演男優賞−−−−常人が立ち向かえる相手ではなかった。とはいえ、男たちがキレて暴力的になる引き金は、トニーの娘が彼らに向かって中指を立てたことなのだから、やはり彼らも「男に歯向かう女は許せない」という「男の弱さ」の持ち主ではあったと言える。

トニーは最後に妻子を殺した憎い男を追いつめ、「俺を殺してみろよ。お前は弱すぎる」と言う彼を銃で撃つのだが、同時に鉄の棒で殴られ、銃の暴発で生命を失うという結末を迎える。言い換えれば、銃に象徴されるテキサスのカウボーイたちの末裔の「男らしさ」とは、どこまでも不条理なのだ。

誰に評価されなくても、自身の衝動にあくまでも忠実に芸術表現を模索し続ける〝強さ〟を、エドワードが自分の分身であるトニーの恐ろしい運命を小説にすることで証して見せたのだとしたら、夫との仲は冷え切り、仕事にも虚しさを感じざるを得ないスーザンが、エドワードと再会するには、やはり途方もなく大きな試練を乗り越えるしかない。ラストシーンでスーザンが待ちぼうけを食らうのは当然なのだ。

トニーの一家を襲った男たちの暗い狂気は、実はスーザンが扱っている美術作品のテーマでもある。作家はその狂気と直に格闘しているが、アート・ディーラーであるスーザンはそうした作品を金銭に換えて利ザヤを稼いでいる。エドワードがスーザンに捧げた小説『ノクターナル・アニマルズ』は、そのようなビジネスで一見、人も羨むゴージャスな生活を送っているスーザンへの、復讐というよりは告発なのかもしれない。

ファッションはアートかビジネスか? という議論があるように、映画もアートでありビジネスである。この映画世界を実現させる作業は、ファッション・デザイナーのトム・フォード自身がアートとビジネスの危ういバランスを維持するための壮大な冒険なのだというふうに思えてくる。
mizuki

mizukiの感想・評価

4.7
ラストシーンが凄すぎて余韻が永遠に続く。
「顔」の映画。目が物語るとはよくいうが顔がこんなに語る映画も珍しい。トムフォードのセンスに脱帽。
ShowgoBond

ShowgoBondの感想・評価

4.2
"Nocturnal Animals" is directed by Tom Ford well known for directing "A Single Man" and stars Amy Adams and Jake Gyllenhaal. This film can be divided into two chapters: The Real World and The Novel. A woman, whose idyllic life is getting destroyed by her calismatic second husband always travelling around, gets a novel written by her ex-husband, played by Jake Gyllenhaal and which leads to The Novel that follows a man, played by Jake Gyllenhaal, tries to capture three hooligans, who took his wife and daughter away on their way and raped and ended up murdering them, with a help from the police.     The plot is really intertwined with the present, past, and the story in the novel that pretty much darkened and made it creepy. 

Michael Shannon received a nomination for Best Suppritng Actor at The Academy Awards. I was able to enjoy it very freshly since I knew nothing about this movie. In short, it really did blow me away and kinda regretted watching it now, should've seen it like when it came out in the United States. Although It seems very much like a thriller and kinda horror film, this is the very mystery one that I was looking for. The weird thing, should I call it Director's trick?, is that Jake Gyllenhaal plays two roles and the perspective of Amy constantly changes scene to scene that must have confused me a lot though. I highly recommend it to everyone. I loved it! 

Thank you for reading my brief review of "Nocturnal Animals", coming out in November in Japan!!

このレビューはネタバレを含みます

大根役者が1人もいなかった。
どんどん引き込まれて目が離せなかったです。

現実世界の中の主人公と、主人公が読む物語が交互に進んでいます。
進んでいるというか、主人公がどんどんその物語を読んでいっているという設定です。

その物語というのが、大学時代に付き合っていた男性から送られてきた小説。
タイトルが "Nocturnal animals " というこの小説の内容がかなりショッキングなもの。

ある晩ドライブしていた家族が頭のおかしい若者集団にクルマをパンクさせられ母娘は誘拐され男は道端に捨てられる。

なんとか民家に辿り着くものの親子の電話には繋がらない。
警察に掛け合い事情を説明し、自分が捨てられた場所へ向かうと、

そこには………




















裸で抱き合う親子の死体が。






母の頭蓋骨は割られており、娘は窒息死させられたことが判明。

その後犯人を追うも足取りは掴めず。
しかし男は諦めない。
警察からの知らせを待つこと1年。

犯罪グループの1人がスーパーの強盗をして捕まったとの情報が。
すぐさま男は確認に向かう。
案の定犯罪グループの一味であった。

その後主犯の居場所も判明する。
問い詰めるもシラを切る主犯の男。
タイミング悪く、この事件解決に協力をし続けてきた警官の肺炎と、警官のポストから退けられようとしていることも明らかとなる。

そこに追い討ちをかけるように主犯の男の釈放が告げられる。

最早現存する法ではこの犯罪者を裁くことは難しいと判断した男と警官は法を逸脱した手段を取ることにする。

主犯の男を含む犯罪者3名を小屋におびき寄せる。

しかし男の不手際で脱走されてしまう。
警官はすぐさま脱走した1人を撃ち殺す。
男は自分が殺すべきだったと嘆き、逃した主犯の後を追う。

自室のベッドでくつろぐ主犯に拳銃を突きつける男。
拳銃を突きつけられてもなお余裕ぶる主犯。
更には、男の妻を強姦した時のことを嬉々として語りだす。
男はたまらなくなり、発砲するも主犯の隠し持っていた鉄パイプにより頭を強打し、意識を失う。

目が醒めると男は視力を失っていた。
何も見えない世界で触覚だけを頼りに男が死んだことを悟る。
そして拳銃を握りしめ外に出て発砲する。

しかし何の反応も無い。
地べたにへたり込み男は拳銃を落としてしまう。
そして拳銃は誤って発砲され、男の腹を……………。















そこで小説は終わる。

よくある復讐劇であり、目新しいものでは無いのですが、役者の演技が素晴らしくて見ているこっちも、怖くなってきます。

映画の中でこの小説を読む主人公は現在の旦那とはうまくいっていなく不倫されている。

そんな中で昔の元カレから送られた小説を読んでいくうちに彼と過ごしてきた日々を思い出します。

若き頃、彼女は芸術家を目指し彼は作家を目指していた。

彼女がどんどん成功するとともに彼が日の目を見ないのにつよく当たる彼女。

そして成功するなんて夢だという。
私はあなたのように夢の中で生きられないのだ、と。

小説を読み終えた主人公は、送り主にメールを送る。

話したいことがあるから夕食でも、と。

彼からの承諾の返信を受け取り、めかしこんで中華風レストランで彼を待つ。

しかし、彼は現れない。。。




















様々な解釈ができる映画だと思いますが、これは彼からの復讐であると感じました。

現在の彼女は芸術家としてまあまあ成功しているのですが、彼は若い頃に彼女に捨てられたのを根に持っていたのだと思います。

また、彼女の回想シーンの中で元カレとの間に出来た子供を堕してしまいます。

そのことも彼は憎んでいたのでは無いでしょうか。

全体的に暗く重い雰囲気の漂う映画でしたが、見てよかったと思います。

色々な解釈があると思いますので、鑑賞なさった方は是非ご意見をお聞かせください。
いち麦

いち麦の感想・評価

5.0
Opからの度肝を抜く悪趣味的シーン。その映像が警告するスーザンの内面とそれに共鳴する不快極まりないエドワードによる内小説、そして哀しく苦い恋愛物語を表裏に一体化させた様な渋い味わい。サスペンスが醸す緊張感は最高。そしてクセの強い名優達の贅沢な共演。眼力によるアーロン・テイラー=ジョンソンのキレ演技が痺れる。
映画祭にて。
面白かった。オープニングからトムフォードの術中にはまった気が。エイミー演じる画廊オーナーの元に別れた旦那から一冊の脚本が送られてくる。現実と小説の出来事が交錯、どちらもミステリアスな物語。出演者みなキレイに撮られてるし、ガチッと決まった画ヅラがたまらん
K

Kの感想・評価

3.8
すごい、トム・フォードの世界観。
ヨラ

ヨラの感想・評価

3.7
終わり方がおしゃれすぎて死んだ
AikoTanaka

AikoTanakaの感想・評価

4.4
Tom大先生の映画は観たことなかったがひと観惚れした。ばっちゃんがいっつも言ってる、人を不幸にしたら必ず自分にかえってくるって。
>|