ノクターナル・アニマルズの作品情報・感想・評価

ノクターナル・アニマルズ2016年製作の映画)

Nocturnal Animals

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:116分

3.9

あらすじ

スーザンは夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。 ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワードから、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。才能のなさや精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスー…

スーザンは夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。 ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワードから、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。才能のなさや精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスーザン。 彼はなぜ小説を送ってきたのか。それはまだ残る愛なのか、それとも復讐なのか――。

「ノクターナル・アニマルズ」に投稿された感想・評価

ある意味脳みそ疲れた。
観終わった後のざわざわ感。
暗い怖い、、、
おへそ

おへその感想・評価

3.5
最後までずっとドキドキしてたけど、色んなシーンが入り乱れてついていけないところも
公開便所わら
もう一回観ないと完全には理解できず、、でも怖いからもう観ない
がく

がくの感想・評価

4.3
いや〜、これは傑作だ!


僕の好きなジェイク・ギレンホールが出ているから観てみた。終始緊張感が漂っていて、やはり彼の演技は素晴らしい!

目ん玉と眉毛。彼の90%がこれでできている。

エイミー・アダムスもいい!

でもなんといってもストーリー。含ませ方がウマ〜イ!

愛か復讐かって?
僕はどっちでもないと感じた。
LaserCats

LaserCatsの感想・評価

3.6
原作も面白かったし、トム・フォードの2作目やし、キャストも実力派が集結。それだけで見応えが保証されたようなもんですね。
ギレンホールやシャノンらを前にしたアーロン・テイラー=ジョンソンの堂々たる演技には度胸あるなと感心したけど、やっぱりシャノンに一番心を動かされたかも。
ラストなどは原作と違ったと思うんだけど、この映画をしっかり解釈できてるかと言えば微妙なところなんだよな。もう一度原作も読み返したいなと思った。
"Isla Fisher is Not Amy Adams"
黒猫

黒猫の感想・評価

3.5
現実のスーザンの家や職場の無機質な感じの対極にあるエドワードの小説の中の感情むき出しな感じの映像とストーリー。

なんか観てる間ずっとざわざわした。
Barolo

Baroloの感想・評価

2.5
原作はオースティン・ライトの「ミステリ原稿」当初ポケミスで出ていた時は、冴えない題名だなあと気にも留めなかった。映画化にあわせて、「ノクターナル・アニマル」と改題して文庫化。ルース・レンデルも絶賛した作品だとのことで、購入するも積読。原題は"Tony and Susan" この原題をみると、この作品の解釈の度合いも変わってくるかもしれない。

オープン・エンディングなので、どう作品を解釈しても構わない。655321さんよように、切れ味鋭く驚くべき解釈もあろうし、これは全部スーザンの妄想もしくは夢の中の話なんだよ、で括ってしまっても構わない。もしくは、意味分かんない、何これ?つまんなーい、でも決して不正解ではない。

偏見の目線になるやもしれないが、アイビーリーグで学んだ苦労知らずの秀才のお金持ちのお嬢さんの生き様になにを見ろというのだろうか?人生の哀しみ?苦み?不思議さ?怖さ?そこに何かがあったとして、それをどうして欲しいのだろうか?

全ての作品に社会的なメッセージがなくてはならない訳ではない。最後の解釈を巡って、色々語り尽くして欲しい思いで作られる作品があってもよい。だが、私がこの作品に没入出来なかった理由は、美学のひけらかしが鼻についたからだと思う。不必要な自然描写、不自然な長回し、わざとらしい白い背景、奇抜さを狙ったオープニング、どれをとっても、製作者の美意識のマスターベーションを見せつけられているようで、共感出来なかったのである。

役者さん達の演技は見事。が、かえって、それがあざとさを浮き彫りにしてしまったように感じてしまった。

またしても、マイノリティ街道を驀進するバローロ。この作品がお気に入りのみなさん、ごぺんなさい。ダンゴムシの耳垢以下のもののタワゴトですから、どうかお気になさらないでください。

とってんからりのぷー
HASUMI

HASUMIの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ジェイクギレンホールは間違いなしですね。久しぶりにこんな時間を忘れて映画観ました。面白すぎた。最高でした。

いろんなネタバレ読みましたが、どの視点から観ても面白かったです。

中絶した子供と、作中での娘をかぶせていることは間違いないと思いましたが、それ以外ははっきりとわからないです

そこがまた最高。

絵画にある、リベンジの文字とか
劇中に散りばめられているものを繋ぐと
はっきり見えてくるのかもしれないですが、この少しもやっとした気分で観終わる作品が一番好きです。

もう本当最高。DVD鑑賞でしたが、劇場に足を運べばよかった
なな

ななの感想・評価

3.8
全体的に不気味でなんかねちっこい。
よく分からないけどアーティスティックな感じがした。
特にオープニングは衝撃的で、芸術って理解不能なものもあると再確認。

小説内の車のシーンがあまりに緊張感あふれてて怖かった。
ラストは結局どういうことだ!?って結構モヤモヤする。

母親って自分のことをよく分かっていて、反発してしまっても結局母親が言う通りの結果になってしまうよなってしみじみ思う。

ある場面でめちゃくちゃ驚いて心臓が止まるかと思った。
古

古の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

小説家志望の元旦那から、主人公の元へ彼の作品が届けられる。これは愛か復讐か?なお話。過去・現在・小説と3つのシーンが流れるように絡み合う、複雑な構成だけど混乱することもなくて凄く上手い見せ方するなぁと思いました。

言ってみれば嫌味・当てつけ・皮肉、それら諸々をエドワードなりの表現方法でスーザンに全力投球した話。スーザンから「会おう」と連絡が来るところまで計算していたとは思わないけれど、連絡が来た時、エドワードはほくそ笑むよりも哀しくなったのではないかと思った。彼女はあの頃から何も変わらないのかと。ラストで結果的に復讐になったのかもしれないけど、多分エドワードもスッキリしてないよね、これ。小説の中のトニーと同じでさ。
スーザンとエドワードの人生は、きっともう二度と交わることは無い。と、しっかりとピリオドを打ったラストでした。

このレビューはネタバレを含みます

これは彼からの復讐?

過去、現在、小説の中が交錯し合う。

彼が伝えたかったことは彼女に伝わったのだろうか?

あの小説すべてが彼女で…

大切なものを見つけたら誰になんて言われようが手放してはいけない、そんなメッセージを感じた。
>|