メッセージ(2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:116分
    監督
    ドゥニ・ヴィルヌーヴ
    脚本
    エリック・ハイセラー
    原作
    テッド・チャン
    キャスト
    エイミー・アダムス
    ジェレミー・レナー
    フォレスト・ウィッテカー
    マイケル・スタールバーグ
    マーク・オブライエン
    ツィ・マー
    Abigail Pniowsky
    ジュリア・スカーレット・ダン
    ルーカス・シャルティエ=デザート
    アナナ・リドヴァルド
    ラッセル・ユエン
    ジョー・コブデン
    あらすじ
    突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは―。

    「メッセージ」に投稿された感想・評価

    事前情報ほぼゼロで観に行きました!
    ミステリー映画って私の中では普段あんまり借りないジャンル…!
    でもこの映画は、物語の中心になる巨大は飛行物体「殻」が日本のあるお菓子に似てるってことで話題になってたので、ちょっと気になってました。

    観終わってからの第一声は「……頭疲れた」でした(笑)
    難しかったけど言語学や数学と絡んでいるのが面白かったし、話が進むにつれて少しずつ引き込まれていきました。
    宇宙船のデザインの発想が
    ばかうまだったとは…

    このレビューはネタバレを含みます

    少し難解なSFだけれど、見た後にしばらく頭の中を占拠してしまうような、とてももの悲しくて印象深い作品。BGMのOn The Nature The Daylightがその悲しさを助長させています。

    正直、中盤は静かすぎて眠くて眠くて。見てるのが苦痛と感じてしまうほど(^^;;だけど、ラストの展開には度肝を抜かれてしまいました。もう一度きちんと見たらきっと好きになってしまう作品だと思います。

    宇宙人だとか、世界情勢だとかは置いておいて、実はとてもとても私的な話。彼らの言語を知ることで彼女の人生観が変わっていく。時間軸の中での感覚ではなく、全ての物事をフラットな状態で捉えるというのはどんな感覚なのか。それはわからなくて当然なのでしょう。彼女だけが”彼ら”に選ばれ、知り得た感覚なのだから。

    彼女が進むと決めた道の尊さと美しさ。私が彼女の立場なら同じ選択が出来るだろうか?

    「Come back to me.」
    この言葉の意味がとても切ない。
    凶暴なエイリアンとの激しいネゴシエーションバトル映画かと思ってたら全然違った。(笑)派手なアクションやCGはないので注意。
    久しぶりに哲学的?なSF見た。なかなか考えさせられる。
    途中の子供の絵の黒い物体チラ見せがホラー。
    SF

    歌で始まるサントラが、とにかく耳に残る

    このレビューはネタバレを含みます

    素晴らしい。。映画の構成もさる事ながら、もし未来を知った時にどうするか?という問いに対してのヴィルヌーブ監督の答え「相手により想いを伝えると思う」が一番素敵だった。バックトゥーザフューチャーが陳腐に見えてしまうじゃないか。
    ドゥニ・ヴィルヌーヴの良い緊張感が本作でも映像と音楽でよく表現されてた。好きだな。
    話の方向は思ってたものとは違うけど、愛おしさで胸が一杯になる。

    このレビューはネタバレを含みます

    映像と音楽がすごい綺麗で不思議な気持ちになった。
    序盤ではまだ未知のエイリアンに対する恐怖感がすごく伝わってきて、中盤や終盤の謎がとけていく感じもよかった。
    和を乱すやつが、少し前まではロシアだったのがここ最近は中国に取って代わってるな〜と思った。
    インテリと非インテリの対立にも見えた笑
    難しかったけど
    なんとなく理解できてからの感動の余韻。
    初めて原作をじっくり読んでみたいと思った作品。
    >|