メッセージの作品情報・感想・評価

メッセージ2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは―。

「メッセージ」に投稿された感想・評価

時番人

時番人の感想・評価

3.3
墨の丸が芸術的なのが印象深い。

時間さえ操る宇宙人の設定で、このコミュニケーションの仕方は賛否両論だなぁ。

パッケージからは『2001年宇宙の旅』を。話が始まってすぐに、アニメの『正解するカド』を思いだす。

これ好きな人は『正解するカド』もみてほしい。発想元は同じかも? 共通点がたくさんあるし、なんなら話数が多い分『正解するカド』の方が更に人類に深くチャレンジしてきます。ぜひに!
KK

KKの感想・評価

3.8
哲学的な映画だったなぁー
全体的な流れは分かるんだけど、1つひとつの細かい伏線やら、数学的、哲学的な意味を考えると一気に難しくなる
言葉の意味とか分かってるともっと面白くなるなとは思った。
もし本当に宇宙人が来た時、おそらく人類は無力なんだろーなー

「思考は話す言語に影響される」
これはすごい深い言葉だと思うんだけどどうだろう?
前にこれに似たような事を考えたことがあって、言語化するとこういうことかと、なんとなく嬉しくなった。
誰か、これを研究してる人とかいないのかな?

ラストについて
感動するポイントは分かるんだけど泣けはしなかった。運命は自分で決めたい派
モズク

モズクの感想・評価

3.9
面白い。
ハードSF寄りの作品は、作中に出てくる説明不足の専門用語をなんとなく受け止められないと退屈してしまうことが多いけど、この作品はストーリーにしっかり仕掛けがある。
なるほど!と感じられて楽しい。ただ、展開的な盛り上がりにはやや欠ける印象。世界観を楽しむ映画にはかわりない。
YY

YYの感想・評価

3.8
メッセージ!
タイトル通り!
色々考えさせられる映画で面白かった!

宇宙人は、今の時代になってもあのシルエットなんだね!笑笑
意外と面白いストーリー。言語学 について興味が湧く内容。きっと、今普通に使っている言葉たちも、はじめはあんな感じで理解していったに違いない。新開誠監督のおすすめだけたる。君の名は。と近しい部分あり。
yoshi

yoshiの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

この映画を見て「2001年宇宙の旅」を思い出しました。

宇宙船はモノリスに見え、劇中現れる時間軸をバラバラにした映像は、2001年宇宙の旅のラスト、ボウマン船長が老人から赤ん坊までの時間軸を飛び越える様を思い出しました。

科学者たちの言語による異星人とのアプローチは「未知との遭遇」の音楽によるアプローチを思い出させ、アメリカ軍や各国政府の慌てふためいた対応は、「コンタクト」や「インデペンデンスデイ」を思い出させました。宇宙人の形はもちろん「宇宙戦争」です。
様々なSF映画の名作に対して、監督は意識してオマージュを捧げてると思います。

あまりに科学的なSF設定は、私には難解でした。(「インターステラー」もそうでした。まだあの映画の五次元の納得できる解釈が、私の頭の中ではできていません。)

しかし謎があるからこそ、また観たいという知的好奇心をくすぐられます。
これから思い出すたびに、「あれは何だったのか」と無性に見たくなる類の映画だと思います。

私が個人的に気にいっているシーンは、やはりラストでしょうか。

結婚する人そして離婚が予め分かってしまっている未来。
愛する娘が早死にする未来を知りながら、
異星人への軍事攻撃を阻止するため、
異星人の言語の意味を地球全体に公表し、
人類に新たな価値観と可能性を秘めた技術を示唆するため、
個人的な悲劇が待つ未来でも、前進しようと選択する主人公の静かな決意。

私はラストシーンをこう解釈したのですがいかがでしょうか?

見る人によって様々な解釈が成り立つラストだと思います。

宇宙人の言語のビジュアル化など、多くの謎と解釈の幅を持たせた映像を生み出した脚本、そして監督の才能に敬服します。
ブレードランナーの続編の監督に抜擢されたのも納得です。

巷では絶賛の声が多いですが、1度見ただけでは設定の深さ、テーマまで私はよく理解できませんでした。

今回のスコアは作品の評価ではなく、頭の悪い私の作品理解度です…。
誤解されませんように。
ohana

ohanaの感想・評価

4.5
未知へのアプローチが言語学という所がまず琴線に触れました。
とても思索的なSF。
演出も音楽も相変わらずのヴィルヌーヴ品質で言うこと無し。
宇宙人のビジュアルがタコ足で基本踏襲型なのも良かったですね。

ラスト...この切なさは何だ。
この人の描く、強さと弱さが際どいバランスを保って共存している女性像は大好きです。
黒田

黒田の感想・評価

4.5
凄い好き。だからこそ好き嫌い分かれそうってのもわかる。
言葉って面白いと思わされた。
しうち

しうちの感想・評価

3.8
インターステラーと並ぶ本格派ガバガバSF映画。面白かったし映像も良かったが終わってからストーリーの粗が気になった。こういう映画は映画館で観るべきだなとつくづく思う。音響を体感したかった。
ヤマハ

ヤマハの感想・評価

4.3
宇宙人が描く文字が丸形のようにこの話も最初と最後で繋がっていると感じた。
「その言語を理解することはその考え方を理解すること」というメッセージがとても良くて印象に残った。

最後のところでのシェン将軍への言葉って何ですかね?🤔
>|