メッセージの作品情報・感想・評価

メッセージ2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:116分

3.9

あらすじ

突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは―。

「メッセージ」に投稿された感想・評価

まちこ

まちこの感想・評価

2.4
子供が死ぬ未来が分かってて未来を変えずに突き進もうとする主人公がすごい
Masaki

Masakiの感想・評価

3.4
新宿人としては、コクーンタワーかよ!と思わずには居られなかった。それか、バカうけかよ!のどっちか。
ピナコ

ピナコの感想・評価

3.8
地球外生物
相手からみたら地球人はなんて小さい(体格や考え、時間の観念)と思うのだろうか?
それとも大小の基準じゃないかも😅
地球の中で人間が1秒の長さを決めているのだから
地球外生物からしたらどう見えるのだろう?
変な疑問をすいません。

同じ人間でもコミュニケーション難しいのに、その理解で合ってるの?と心配になる。

私の知らない世界少し覗けたかな?

面白かった。


映画について…

画面くらいくらい
暗さで怖さを表現してるのか??
私が怖がりなので
なんで明かりをつけないかなぁ~とか
日常で確認したいときには明るくしませんか?

ちゃんと観たいんです!
せっかくの演技やセットが見えないじゃん。

ときどき映画は暗さでごまかしてる気がする。
ダン

ダンの感想・評価

4.9
レベル高い。作品も宇宙も宇宙人も。浅はかな宇宙映画しか観て来なかった私にはとても良い経験になりました。
8回寝たけど、最後はバキバキになった。あざす。
映画館で観たかった本作をようやくビデオで鑑賞。ドゥニ監督作品は「ブレードランナー2049」を観たばかりですが、なるほど同じように静かで観念的な内容です。ブレてないですね。過去や未来といった概念がなく、未来に起きる事を諦念もなく受け入れているというのは「スローターハウス5」に登場するトラルファマドール星人であり、痙攣的時間旅行者のビリー・ピルグリムそのものだなぁと。
トラルファマドール星人はこう言う。「人が死ぬとき、その人は死んだように見えるにすぎない、ということである。過去では、その人はまだ生きているのだから、葬儀の場で泣くのは愚かしいことだ。あらゆる瞬間は、過去、現在、未来を問わず常に存在してきたのだし、常に存在し続けるのである」と。
作品冒頭に流れる母娘の物語は未来の出来事であり、娘の病気が原因で数学者の夫と別れる事も、地球を一つにまとめた偉業を成し遂げる事も今ある事として捉えられる「能力」を手に入れたヒロインの静かな人生。「コンタクト」と「インターステラー」の風味を感じさせつつ素敵にまとめ上げていたように思います。人類はいつか、この様な高度な存在に導かれる時が来るのでしょうか。ただ……ブレランでも思いましたが間が長いですね。しんみり観るタイプの映画だとは思いますが、長い。所々1.5倍速再生で観ていました。もう少しテンポ良くても…?と。
ルイーズの母性&温もりが、人類の未来を照らすヒントになる。悲しくて美しい思い出は大きな敵にも挑める位に強くて、地球を飛び出す。
この映画が伝えたいメッセージってもしかして、地球人への警告じゃなくて、人と人との幸せの分かち合いなんじゃないかな。ただ単純な宇宙人映画ではない事は鼻から分かってたけど、見終わった後のふわっとした感じが心地良くて、まるで、テレンスマリック観た後みたい。回想シーン凄い好きだった。

このレビューはネタバレを含みます

ずっと観たくてやっと観れました。

主人公が謎の宇宙船を知るまでの過程、
大学の講義で違和感、ニュースを見て…
といった感じが現実的でリアル。

宇宙船は予想を上回る巨大さ。更に観る前に、勝手にあの円盤状の宇宙船全体と何か交信すると思い込んでいたので、
宇宙船の中に入るの!?しかも、地球外生命体も姿を現わすの!?という衝撃がありました。

宇宙船の中に初めて入る場面は、緊張感があり見入ってしまいました。
地球外生命体が霧の中にいて全体像が見えない感じ。画面に近寄ったって見えないはずなのに、自然と体が前のめりに笑
でも終盤、ちゃんと全体像も見れて良かった。


言語学者の主人公が地球外生命体が話す言葉を理解しようとして、墨絵みたいな言語一つ一つのわずかな変化から言葉を割り出していくのが凄い。

それと
主人公の度々見ていた子どもの映像が、未来のことだったとは…!ハッとしましたね。

個人的に疑問だったのは未来の映像で中国軍の上将が今に繋がるヒントを与えてくれる展開のところ。未来の映像なのに、自分も戸惑っているのは何故…?上将も携帯の番号を見せてくれるあたりも…?



宇宙船が辺りに溶け込んでスーっと消えていく場面が綺麗。映像の映し方が好きでした。音楽も重みがあり地球外生命体の音?等不気味で存在感がありました。


なんだろうなんだろうと惹きつけられるストーリーに集中して観てしまい、やや疲れました。難しくて細かいところまでは理解できていません…笑

あと、謎の宇宙船が現れる冒頭の場面で「日本」ではなく、「北海道」に現れた!とちゃんと地名を言ってくれたのが嬉しくてそこでテンション上がりました笑
なます

なますの感想・評価

4.2
全体の色彩と音楽がどことなく叙情的で、
切なくて良い作品。
ヤマ場の仕掛け以外は、
概ね原作に忠実な印象。
時はサークル、円。

ある時突然謎の巨大な物体が何体も別の場所に現れる。
それは一体なんなのか。危害を加えるものなのか、はたまた…
そんな何もわからない状態の巨大物体の正体と目的を解明しようと言語学者と数学者のエキスパートが呼ばれる。

まず、その謎の物体が現れてからの国家の動きが早い。言語学者を呼ぶあたりがすごい。何かのエキスパートって本当にかっこいいし、熱中して、ハマって、その世界に堕ちていくのだなと、自分には無い世界を羨ましく思った。

観ていて最初から、彼ら宇宙生命体は危害を加えにやってきたのでは無いんだろうなとは思っていた。理由としては割と最初からなんだか愛嬌があったから。

言語学者の女性の問い、「時間が流れていくものではなかったとしたら?」を念頭に置いていたのが逆に内容を複雑化させてしまった気がする。純粋に、時はサークルで、一直線ではない。一直線を進むのではなく、サークルの中に自分が存在するだけ。宇宙生命体が使った文字がそれを表している気がした。

なんだかとっても言語学者に憧れる映画だった。

原題のARRIVAL の方がずっと生物っぽくて、違う星からやってきたという感じがして、良い。
wakaba78

wakaba78の感想・評価

3.4
独特の世界観。宇宙人系の映画で初めてのパターン。
ゆっくり静かにストーリーが進む。突然のフラッシュバックで混乱しそうになるも、途中でそれも明かになります。
ゆるやかな音楽がとても印象的。
1つの出来事で2つの運命を受け止める主人公が強い。
>|