メッセージの作品情報・感想・評価

メッセージ2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは―。

「メッセージ」に投稿された感想・評価

エイリアンと人類の話
ではなく、
特別なルイーズの話
記憶に時系列は無い
e抜け

e抜けの感想・評価

-
冒頭に流れる曲が良い。ゴダールの『軽蔑』の曲かと思ってたが違うみたい。すごく好みの曲だった

画の美しさ、未知の生物の発する音、見どころ満載でした

この監督の作品をいくつか見てみようと思う
buccimane

buccimaneの感想・評価

3.0
劇場で見逃して今更見たけど勿体ぶった割には運命論的オチであんまり盛り上がらないなという感じ。
世界の危機に文系(かつ女性)が最先端で活躍するというのがミソかも。
○で会話するアイデアは面白いと思ったけど。
あとメニュー画面の音楽かかったまま寝落ちしてたら結構気持ちよかった。
ストーリーがわかりやすくて良い
最後の2人のやり取りは無理やりに感じた
キティ

キティの感想・評価

3.8
よかった!
静かな映画で集中できるかな?と思いましたが、淡々と引き込まれる!

面白い!対話は何にも勝る!
今の時代に観て良かった。

このレビューはネタバレを含みます

言語学を極めると未来がわかる(超要約)

SFとしてめちゃくちゃ面白い。
昔から潜水艦なり猫型ロボットなり、その時代でちょっとの真実味をもたせたSFというのは新しくて面白い。
言語はその言語をつかう人々の思考を表すのに最も適しているわけで、中学生が英語を習い始めた時に完了形でつまづいたりするのがわかりやすい例だなと思う。
だからすべての概念(自制)をもつヘプタポッドの言語を理解してしまったら、本当に時間認識が変わって未来がわかる……かもしれないと楽しめた。

主人公の家があまりに広いので夫と娘と住んでいたんだなぁ…と途中まで思いっきり伏線に騙された。

音がいい。音楽もヘプタポッドの声もいい。
こういう最近流行りの映画音楽はポストクラシカルというんですね。
調べたら作曲のヨハンは先日亡くなったとのことで、映画音楽界で惜しい人を亡くしたと思います。
meran

meranの感想・評価

4.3
ようやく観れた感がありますが、評判通り面白かったです^ ^

先の読めない展開で進むので予想しながら観てたらどんどん予想外の展開が続きラストでまたまた予想外の着地(^^;

未来のわかる女と地球外生命体がコミュニケーションを取り自分の未来を知りながら生き方を考えると言う変わったストーリーでした^ ^

後から考えると回想シーンだと思ってたシーンが未来だったり、見応えありましたけどこれは結末を知った上でもう一回くらいは観ないといけない映画でした^ ^

この監督の映画は面白い!
後半に入ってから、予想の斜め上を行く展開の連続。
宇宙人が来た目的、子どもの話、主人公の選択肢など、全部予想と違った。

遠い遠い未来のことを思えば、前向きな終わり方かな☺︎
masa

masaの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

世界中に飛来したUFOのひとつに会話を試みるある学者。その主人公の女性の背景が過去のものだと思って見ていたら…意識の中に混濁するシーンは未来のものだった!綿密な作りの作品なのに宇宙人がタコなのには少しがっかりかな。
Ri

Riの感想・評価

3.9
これまでみてきたSF映画って宇宙人が人間を襲ったり闘ったりする作品ばかりだったけどこれは突如現れた宇宙人を研究、解明することを焦点に当てた新しいSFだなと思った。それだけじゃなく人々の心理にも面白く描かれていて良い作品だ。
>|