メッセージの作品情報・感想・評価・動画配信

メッセージ2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「メッセージ」に投稿された感想・評価

いとよ

いとよの感想・評価

3.5
架空文字のデザインが良いと耳に入ったので
今更だけどみてみた。

鑑賞後の考察なんていらない答えが最後にある感じ!

SF映画として単純に重力のシーンがすごいと思った
Tucker

Tuckerの感想・評価

4.5
言語によって認識がどれくらい規定されるのか実際は知らんけど、発想が面白かった。

与えられた武器がわかった時は鳥肌が立った。

時間を同時的?に捉える力は人類にとって強力な武器になると同時に自由意志を失う事になってるのかなってないのか...はラストシーンであえてぼかされてる気もするけど、いずれにせよ日々を大切に生きていきたいですね。

ただ時間を連続的に捉えてる今ですら昨日の夕食すら思い出せなくなることの多い私がこの力を手に入れても、良い感じに使えない能力になりそうである()

仮に使えたとして、とりあえずあの言語をマスターすれば資格試験とか余裕だろ!...と全ての時空間で自分任せにしてる自分しかいなくて資格1つろくに取れない自分の運命を受け入れて、日々を怠惰に過ごす事になる未来がなぜか今の俺にもわかる。
まさか俺にもこの能力がっ...!

インターステラー好きな人は好きなんじゃないかなこの映画。
ぺあ

ぺあの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

『自分の気持ちをもっと相手に伝えるかも』

いつか失うとわかっていても、手に入れたい未来がある。
いつか失うとわかっているから、一瞬一瞬の時間をかけがえのないものとして噛み締めることができる。

侵略戦争にならずに、なんとかして意思疎通をはかろうとする展開が新鮮だった。

もし本当に地球がせめこまれた時、一体どうなるのだろう、、。

3000年後に一体なにが起こるんだろうか。
宇宙人遭遇系の暫定トップに認定…!
コミュニケーションを主軸にしてここまで描けるのか…!!と、震撼している。

宇宙紀行系の暫定トップ『インターステラー』もそうだけど自分の想像の及ばないところに連れてってくれる正にSFの真骨頂。
そして、踏み込むほどに孤独になっていく宇宙や時間(次元)の恐ろしさが余韻として残るのもSFの醍醐味…。


北海道に飛来した宇宙船の日本での呼び名が気になるところ。
ポテト、柿の種、鰹節…他の人の口コミで「ばかうけ」って呼ばれてたのにはくそ笑った。センスあるなぁ。
Natsumi

Natsumiの感想・評価

-
音響がほんとうに素晴らしいので公開当時映画館で観れてよかった…と心から思った作品。
人間やってると「自然言語ってなんて欠陥だらけのコミュニケーションツールだろう」と思うこともあるけど、やっぱり美しいよね。
小夜子

小夜子の感想・評価

4.2
SFファンを充分に満足させてくれる一作。宇宙の神秘と、親子&恋愛ドラマを同時に魅せてくれる。
ころん3

ころん3の感想・評価

4.0
すげぇ~
エイリアン映画にしては音楽が「2001年宇宙の旅」っぽく
それなのにストーリーは儚く、美しい
役者の演技もよく
解決の仕方もよかった

未来から情報を得て世界を救うなんて……

冒頭のシーンはいったい…未来なのかそれとも過去の…

そして……
ルイーズ「なんとでもなるはずさ!」
???「言語学者だと?」
₍₍(ง🎃)ว⁾⁾
鳴らない言葉をもう一度描いて
₍₍ᕦ(🎃)ᕤ⁾⁾ ₍₍ʅ(🎃)ว⁾⁾
₍₍🙏⁾⁾
₍₍🎃⁾⁾
赤色に染まる時間を置き忘れ去れば
₍₍₍(ง🎃)ว⁾⁾⁾
哀しい世界はもう二度となくて
₍₍ᕦ(🎃)ᕤ⁾⁾ ₍₍ʅ(🎃)ว⁾⁾
🙏
🎃
荒れた陸地が こぼれ落ちていく
₍₍ ʅ(🎃) ʃ ⁾⁾
一筋の光へ
よくも悪くも原作ありきな印象。

何となーく何を見ればいいか分かりかねたが、バカウケのフォルムはとても好きだった。

結局みなメッセージを受け取ることに必死になっている。
linus3

linus3の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

原作は未読(積読)
映画の原題はメッセージではなくARRIVAL到着
UFOが地球にやってきたってことか
原作はテッド・チャンのSTORY OF YOUR LIFE
主人公ルイスが娘のハンナに、彼女がどのようにしてこの世に生を受けたかということをものがたっているのか
(arrivalには新生児って意味もあるのか、意味深だな)
エイリアンからの贈り物は言葉、人類共通の言語?
人類が争わず、ユナイトすることを願ってのプレゼント、そしてそれが未来、エイリアンを救うことに繋がる、そのためのギフトなのか。
映画のメッセージはどんな未来が待っていようと一瞬一瞬を大切にするということか。
原作も未読だし、この映画が何を言いたいのか、私にはよくわからない。

それにしても、エイリアンの造形が、またしてもタコのような形状とは。
ウエルズの宇宙戦争から変わってない。
それとも欧米人にとって、タコは特別な意味があるのだろうか。
手(のようなもの)から噴出させる墨状のものが、表意文字となってコミュニケーションをとるというアイディアを具現化するにはタコなのだろうか。
まだまだ私には、わからないところがある映画
ぴ

ぴの感想・評価

3.3
ある日、宇宙から飛来した巨大な宇宙船が地球の12ヵ所に突如姿を現わし、そのまま上空に静止し続ける。その目的は判然とせず、世界中に動揺と不安が広がっていく。アメリカ軍の要請を受けた言語学者の女性が、地球外生命体からのメッセージの解読に取りかかり、思いがけない真実に近づいていく。
>|

あなたにおすすめの記事