メッセージ(2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:116分
    監督
    ドゥニ・ヴィルヌーヴ
    脚本
    エリック・ハイセラー
    原作
    テッド・チャン
    キャスト
    エイミー・アダムス
    ジェレミー・レナー
    フォレスト・ウィッテカー
    マイケル・スタールバーグ
    ツィ・マー
    ナタリー・ティボー
    マーク・オブライエン
    アナナ・リドヴァルド
    ラッセル・ユエン
    ジョー・コブデン
    あらすじ
    突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは―。

    「メッセージ」に投稿された感想・レビュー

    tomoville
    tomovilleの感想・レビュー
    6時間
    3.9
    設定は不思議だったけど、メッセージ性があって良かったなー。
    「もし、自分の一生がすべて見えるとしたら、何かを変える?」って、ストーリー的にグッときた。
    ちぇいす
    ちぇいすの感想・レビュー
    1日
    3.6
    イカ墨コミュニケーションは難しい。
    MatsuoHikaru
    MatsuoHikaruの感想・レビュー
    1日
    3.0
    なんだかんだ宇宙人と地球人女性の意思疎通の物語
    Taku
    Takuの感想・レビュー
    2日
    3.0
    メッセージ性に欠ける。宇宙人からの予想外の贈り物。
    ロビン
    ロビンの感想・レビュー
    2日
    3.6
    試写会にて

    いや~、かなり深い映画ですね。
    時間軸が複雑なので見終わった後、そういうことなのかと感じるところがあり、もう一度観てみたくなりました。
    単純なSF映画ではないですね、派手さもないので。
    宇宙人が、一昔前のタコの火星人みたいなのと最後の遺言の内容が気がかりです。
    ベニギツネ
    ベニギツネの感想・レビュー
    2日
    4.5
    未知との遭遇ものの傑作だと思います。
    めっちゃ好き。
    共通のツールを持たない存在との意思の疎通を軸に、時間が絡んでいくストーリー。映像、デザイン、エイミーの演技も相まって、終始静かな展開で惹き込まれました。
    理解できてないとこもあるので、これは何度か観たい作品です。
    ウンちゃん
    ウンちゃんの感想・レビュー
    2日
    2.5
    普通にSF好きやけど、こっち系はまだ面白さがピンと来ない。

    つうか、遺言訳してくれんねやwww
    piroshi
    piroshiの感想・レビュー
    3日
    2.5
    SF宇宙人モノですが新しい切り口?視点?でのストーリー展開はマァマァ楽しめたかな。

    ただラストの1番重要なシーンでこの映画『矛盾』してる事に気付きました。

    なのでこの評価😅
    licccccc
    liccccccの感想・レビュー
    3日
    3.0
    非常に個人的な先入観ですが、キャストや映像、音楽いろいろが「あ、これたぶん最大にクリエイティブではないパターンだ」って思ってしまって最後までなんかそんな感じだった。年に数回お届けされる、期待が膨らみそうでそうでもないSFにガッカリするのはもうやめよう
    間接照明
    間接照明の感想・レビュー
    3日
    3.5
    ストーリーは至極単純なSFです。
    「エイリアンがやってきた。」ただそれだけです。

     この映画はそんな単純なストーリーに、巧みにサイドストーリーを絡めてきます。そのサイドストーリーこそ、本来の原作の題名である「story
    of your life」。映画の序盤から、エイリアン到来のメインストーリーと、ヒロイン娘のサイドストーリーが複雑に・執拗に繰り返されます。

     メインストーリーは、ひたすら接触。エイリアンと接触。その過程が創造的で面白いのですが、静かな深みがあります。ワクワクハラハラな展開ではないけれど、なかなか目が離せない…そんな印象です。人間の「特定の言語に頼った思考回路」、「文字の認識の仕方(表音文字・表意文字を使ったコミュニケーション)」、「単語・文・文法の扱い方」……その深みはまるで言語SFです。

     サイドストーリーは、そんな一見単調に見える接触プロセスの随所に差し込まれます。終盤まではなぜそのシーンが散りばめられるのかワカラナイのですが、”記憶”・”時間”をキーワードにメインストーリーと結びつき、最後に美しく謎が解けます。

     『宇宙戦争』や『インデペンスデイ』、のようなアクション・スリルに長けた展開ではなく、ただただ、宇宙人との接触が協調されます。今までのSFと敢えて区別するなら「言語SF」です。
     『プロメテウス』『インターステラー』のような「未知との遭遇」「未来からの予感」のようなテーマは似ていますが、音響も映像にもスリルさ・迫力はありません。寧ろ、そういったことに頼らない良さがあります。

     一時期盛り上がったエイリアン領域も、『トランスフォーマー』『オデッセイ』『インターステラー』などテーマや監督の趣向で多くの作品が出ていますが、”コミュニケーション”・”時間”を武器に、本作は知的な深みのある作品に仕上がっています。

     毎回、映画に使われる音に注目して観るのですが、冒頭の音楽「On the nature of daylight」然り、キャストの呼吸音、異星人の発する音など、「静けさの中で響く音」を大切にしているように感じます。この映画に「壮大な」とか「迫力のある」という言葉はあまり似合わないのではないでしょうか。まるでキャストの耳元で聞いているような呼吸音・物音は、実際にコミュニケーションをとる人間にクロースアップしたかったような気がします。大きなスケールではなく、あくまで静かに、淡々と、深みのある作品を作り出したかったのではないでしょうか。
    >|