メッセージの作品情報・感想・評価・動画配信

メッセージ2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「メッセージ」に投稿された感想・評価

ばかうけ(おへんべい)が地に突き刺さるところから始まり、ドッキドキ!
この映画はストーリーも
良いが、付箋の描き方が
素晴らしい作品なんだよなぁ。

この映画に隠された最大の
秘密は時間の逆転にあるんだよなぁ。

だから映画の中で様々なものが
逆さになっているんだよ。
これを理解しながら観ると
かなり面白い。

ドゥ二・ヴィルヌーヴ監督て
本当に見せ方が上手、
複製された男やブレードランナー 2049
で何とも引き付ける演出は
神技だと思うよ。

言語学者のルイーズ・バンクス
を演じたのは、エイミー・アダムスです
魔法にかけられてで知りましたが
かなり演技の幅広いよなぁ。

物理学者のイアン・ドネリーを演じたのは、ジェレミー・レナーです
ハート・ロッカーで頑張ってましたね。

二人の共演により物語がより厚くなっ
た感じだよなぁ。

映画的に奇妙な宇宙船等
世界観を演出してるし
で心が動かされるのが宇宙人が
タコ型な事、センス抜群ですよね。

時間軸と宇宙人とのミステリアス
な展開となるほどと思わせるラスト
本当に何度も観たくなる作品だ。
ヒュー

ヒューの感想・評価

4.7
とても画期的かつ現実的なSF映画。
あの世界観や設定、ストーリーにものすごく唆られました。
そしてヨハン・ヨハンソンの音楽が作品をより美しいものにしていたと思います。
観終わってからすぐにもう一度観たくなる。大傑作です。
peco

pecoの感想・評価

3.8
困難があると分かっていながらも、その人と歩むことを選択する勇気と愛に心動かされた。

このレビューはネタバレを含みます

『Despite knowing the journey and where it leads,I embrace it. And I welcome every moment of it.』

本作はソシュールの言語理論による表意文字による思考の変化やフェルマーの最終定理による時間を超越した概念の存在など難解なポイントが多い。勿論SFの醍醐味としては素晴らしいと思う。
ただ、この映画のテーマは冒頭の「メッセージ」に尽きる。僕ならどうするか。あなたならどうするか。一度は考えざるをえないだろう。ルイーズの様に悲劇的な未来を認識していても、瞬間瞬間を大切に生きていくという選択。反対に悲劇的な未来が待っているから現在を変えることで未来を変えようとする選択。あらゆる選択が考えられる。

しかし、ここで大切なのはルイーズの立場になって考えてみることだ。彼女は時間の概念を超越したツールを有した。彼女にとって過去→現在→未来という時間の流れはなく、過去⇄現在⇄未来が全て「現在」であるのだ。つまり、彼女にとってはその瞬間瞬間を大切に生きることしか選択肢がないということになる。
そして、僕たちも結局はルイーズと同じ結論に至る。僕たちは過去には戻れず、未来を知ることはできない。「現在」を生きることしかできないのだ。つまり、その瞬間瞬間を大切に生きるという選択をせざるを得ない。

約半年前、コロナウイルスによって今の様な未曾有の悲劇が起こることを誰が予測できただろうか。こんな筈ではなかった、こんなことになるとは思わなかった。コロナによって亡くなった志村けんさん、岡江久美子さん、他にも誹謗中傷によって亡くなった木村花さん等、それらを予測できたものは誰もいない。他にも僕らの知らないところで多くの人が命を落とし続けている。
決して過去をやり直すことはできず、未来を知ることもできないほど僕らは無力な存在だ。僕や親、友人、僕の知らない誰かも悩み、苦しんでいる。過去をやり直し、未来を変えたいと思うこともある。ただ現実はそうはいかない。
だからこそ、僕らは迫り来る毎日に怯えるのではなく、この瞬間瞬間を大切に生きるしかない。一生懸命生きよう、その瞬間瞬間を大切にして。

冒頭のシーンと最後のシーンが繋がったり、エンディング曲が逆再生で流れていたり(確認できてないが)、映画全体でループ現象を表現し、時間超越などのSF要素を取り込みつつ、逃れられない運命を教えられる珠玉の作品。
signaldada

signaldadaの感想・評価

2.0
19年に『ブレードランナー2049』を、20年には『デューン』のリブートを公開予定など破竹の勢いでSF超大作を手掛けるカナダの新鋭ドゥニ・ヴィルヌーヴが監督した16年公開のSF映画。原作はテッド・チャンによるSF短編小説『あなたの人生の物語』で、主演はエイミー・アダムス。言語学者とエイリアンの交流を静謐に描き、人類の言語の性質や時空についても深く考えさせられる難解な描写の連続で途中置いてけぼりに。ただ、一切その全貌を現さない謎の知的生命体や、今までのSF映画では見かけない奇抜なフォルムの飛行船も、そして言語学者が交流の手立てにとエイリアンの為に生み出した「新たな言語」のデザインだったりがとにかくすべて魅力的。新しく目にするものを美しいと感じれる、心が静かに穏やかになるSF映画。音楽はポスクラ系に大人気のヨハン・ヨハンソン。ぴったりだね。

このレビューはネタバレを含みます

宇宙人とコンタクトし、なんとか意思疎通を図ろうとする話

原作タイトルが「あなたの人生の物語」という情報は知っていて観ましたが、タイトルが伏線になっていて綺麗な形で回収され、感動しました。

要所要所で挟まれる、ルイーズと、その子供の映像。ルイーズは夫と離婚し、子供も病気で死んでしまいます。最初は過去の話かと思って観ていましたが、終盤で、未来に起きることだとわかります。それでも、ルイーズはその夫と結ばれ、子供を産むという選択を取ります。
僕はいつも死ぬことを考えると怖くなります。どうやっても抗えない理不尽を恐れ、目を逸らします。そんな僕にとって、このルイーズの選択は希望になり得る予感がしています。
未来に不幸な病気で命を落とすと知っていても、その子を産み、一瞬一瞬を大切にするという選択を取ったルイーズのように、僕も生きれたらいいなと思います。


内容要約
主人公のルイーズは言語学者です。ある日、世界に12の物体が突如現れ、その宇宙人と会話をするために、コンタクトを取るようになります。世界の国々が協力して、言葉を覚えさせて、徐々に意思疎通ができるようになりますが、あるメッセージがきっかけで、国々の連携が取れなくなってしまいます。戦争が起きそうになりますが、ルイーズは1人で宇宙人とコンタクトを取り、宇宙人の言語を理解することで未来が見れるようになり、その情報で戦争を食い止めます。
正直映画だけだと理解が追いつかない部分もあったけど
言語っていう新しい視点から描いたSFストーリーは
新鮮で最後まで飽きずに一瞬で終わった

見た後ソシュールの言語理論について知ると
映画のいわんとしてることがよくわかるかも

自分たちが見てる世界は知らないうちに言語の構造が
影響しているという事を壮大なストーリーと共に教えてくれる
SORA

SORAの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

なんかふに落ちるような、落ちないような。
いいたいこともわかるけど、時間という概念が一方向に進まないことを取り上げるならもっとアプローチがあったのではないか?
でも、言語学の視点からの切り口はおもしろかった。
町山さんの解説を聞いて、映画にちりばめられたループのメッセージをもう一度見返したいなと思った。

なんと、主役の俳優さん魔法にかけられてのジゼル!?やはりお美しいですね。
jun

junの感想・評価

3.7
「殼」と呼ばれる宇宙船がとてもシンプルで惹き込まれた。

ジェレミーの眼鏡姿は知的でかっこよかった。

全くの新たな言語を解読するシーンはワクワクした。

時の流れが一方通行ではないから途中ん?と思うところがあったが、とても面白い作品だった。

派手派手しくないSFで好みだった。
>|