メッセージの作品情報・感想・評価

メッセージ2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「メッセージ」に投稿された感想・評価

異星人というか異文化との対話映画でした。はじめての自分たちとはまったく違う外観で言葉がまったく通じず、敵?味方?混乱するなかでなんとか対話の道を目指す学者の物語でした。
ただ淡々と物語が進みときおり挟まれる娘との会話が混乱を生み、???となっていました。これにも最後に理由があったのですが。
調べてみるとSF短編小説「あなたの人生の物語」という短編集を映画化したらしい映画でした。これで納得。
mkking

mkkingの感想・評価

3.5
武器
という言葉に詰まった大きな意味が深い。
難しいけど、一つ一つ考えていけば見えてくる内容がありました。
アボリジニのカンガルーの話が、あったから、全く言葉の通じない者同士での会話の複雑さを感じさせて、そこからの展開がSF感満載でした。

SFは面白い。
yone

yoneの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

「前後がない」「非線形」「時間の概念がない」

最初から伏線がはられていて、そしてこの映画自体がそれを体現している

正直 彼らの言語を理解することで彼らの時間の概念を理解できる因果が捉えきれなかったが、映画自体の構造が彼らの時間の概念を体感させてくれるものになっていてストーリーの構成として完璧すぎる

(以下ネタバレ含む感想)

物語の出だしに娘を病で失う描写がありそれはルイーズがこの物語が始まるまでに起こったことなのかと思っていた

が、話が進むにつれ違和感に気づく

「この子は誰?」とヘクタポットに問うルイーズ。そこで全てを理解する。これまで私たちがルイーズの過去だと思って見てきた娘との時間は来れたら先の未来に起こることであることに。

娘が病で死んでしまうことを知っていながら、イアンと子をなし育てる。尋常ではないその覚悟に感銘を受ける面もあり、怒って離れていったイアンの気持ちも理解できる。多くが語られない中で感情やストーリーを強く刻んでいく。
いち

いちの感想・評価

3.5
初めはよくわからなかった最初のセリフ、こんなにも重要だったなんてね

すごい…見終わってからすごいと気づいた。もう一度ゆっくりみたいかも。
あるとき、地球の各地に計12隻の未確認飛行物体が出現します。何かアクションを起こす訳でもなく、佇む宇宙船。
そこで政府は、エイミーアダムス演じる言語学者のルイーズとジェレミーレナー演じる物理学者のイアンを招き、エイリアンとのコミュニケーションを試みます。

この映画、ネタバレなしだと話せることが本当にありません。笑

ストーリーの進み方自体にも大きな意味があり、細部に至るまでとことん作り込まれた作品になっています。

どんな方にも響くかと言われたらそうでもありません。
ですが、私にとってこれ程美しく、感動するSF作品は他にないと言ってもいいでしょう。

是非観てください。1度と言わず、2度観ることをお勧めします。
1度目で意味を理解し、2度目でこの美しい世界に浸ってください。
Kazukidz

Kazukidzの感想・評価

3.9
時間や言葉、存在的価値観の概念を一掃させられる。未来、過去、現在も一瞬曖昧になりましたが、選択によって未来、過去、現在も変化してゆくと解釈。見えた未来がすべてではなく、今があって、過去になり、未来へ繋ぐということか。

映像にベストマッチした音楽がより映画に深みを増していた。
映画「メッセージ」を鑑賞。エイミー・アダムスさん、いいなぁ。
john

johnの感想・評価

4.2
物質、言葉、時間
人間世界での以上3つの因果関係が圧倒的他者(地球外生命体)と触れ合うことで、崩れた時、人はどうなるのだろう?

まず物質は物質でしかなくなる。
そこに共通概念はない。移民が母国で見慣れない動物について質問をした時、カンガルーは、先住民のアボリジニーにとって、訳の分からない袋に子供を入れる動物という意味だったという都市伝説がこれを上手く表している。言葉は所詮後付け。

つぎに発達し過ぎた言葉は一度なくなり、事象を極めて感情的にそしてシンプルに捉えるようになる。すなわち喜怒哀楽が複雑な感情から蒸留される。

最後に過去、現在、未来というリニアが崩れ、全ての時間を自由に行き来できるノンリニアの世界観を享受する。

文字通り、常識破り。

原作小説はブラウン大学コンピューターサイエンス学部卒業のSF小説家という異色の経歴を持つ中国系アメリカ人の、Ted Chiang。
フェルマーの定理とソシュールの言語理論を組み合わせて、残酷な表現も入れず、静かな現代人の頭を疲れさせる良い頭のストレッチを作った。
重厚でミステリアスな雰囲気を土台に、無駄な表現を削った、ミニマルなSF禅アート映画。

ただ黒くて大きい地球外生命体ヘプタポッドや水墨画のような表義文字も印象的だった。

時間の概念が薄れるというのはインターステラーなどで既視感のある設定だったが、言葉を通じてフラッシュフォワードを体験して、それを身に付けていく主人公の様子は新鮮。

※以下別者解説を抜粋

フェルマーの定理
「光というものは、かかる時間が最も少ない経路をたどる」
なぜ、光はあらかじめ最短経路を知っているのだろうか?
最短距離をたどれるということは、光は最初から未来を予知できているのでは?
光はノンリニアな性質。


ソシュールの言語理論
「異星人と我々地球人とは、話す言葉が異なる。話す言葉が異なるのであれば、世界の見え方も違うはず」
我々が目にしているこの世界は、言葉によって編み上げたもの

ソシュールの言語理論によれば、言語には「INU」という発声される音としての側面(シニフィアン)と、「犬」という概念・意味としての側面(シニフィエ)の2つの機能がある。

我々は素朴に、「まず目に見えている客観的事実がある。それらに対して言葉を割り当てている」と考えている。
しかし、ソシュールの言語理論によれば、この世界が完全に逆転してしまう。まず「INU」という音を割り当てた言語体系があって初めて「犬」という概念が存在し得る。
ルイ

ルイの感想・評価

-
非ゼロ和ゲーム

"言語は文明の基盤だ。人々を結び対立時には最初の武器となる"

"記憶って不思議。色んな見え方をする。人は時の流れに縛られて生きてるけど…。もし、時の流れがなかったら?"
ana

anaの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

過去か現在か未来の話しなのかよくわかんなかったけど
最後まで見たら亡くなった娘の父親がイアンってわかったよ🙋‍♀️

宇宙人との接触は怖かった
>|