メッセージの作品情報・感想・評価・動画配信

メッセージ2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「メッセージ」に投稿された感想・評価

最後まで見て鳥肌!!!
言語の習得で新しい思考生むの、高校の現国を懐かしく関した
壮大で知的なストーリー

このレビューはネタバレを含みます

「特別な名前だからよ、前からでも後ろからでも"Hannah"なの」

∞ループへようこそ!!!

興味もない事について延々と説明されているような感覚に陥ってしまった前半。知りたい!解明したい!っていう気持ちが生まれずちょっと退屈してしまった。のですが!

それでも観続ける価値あり!過去の記憶なのかと思っていたら、台詞の方が後?数学はパパ?のジョブからの、「あの子は誰?」で鳥肌ブワッ!未来を見ていたのか!って分かった瞬間テンションぶち上がり。&切ない〜っ!「この安らぎ忘れてたわ」っていうエモワード!ある種のループ映画だったんですね。これは面白い設定。

ただ…
キャスト変えてもいいし、エイリアンがあれじゃなくてもいい。SFなのに映像の魅力が感じられなくて、これはどちらかというと小説向けなんじゃないかな…?とも思ったり。CGの合成してます感もすごい。そこが世界観に入り切れない要因だったかも。ストーリーが面白かっただけに残念。
突如現れた宇宙船。モノリスのような黒い物体。
彼ら(宇宙人)が発する言語を解析する言語学者”ルイーズ・バンクス”と物理学者”イアン・ドネリー”。
彼らの目的は不明。一体何が目的なのかー

面白い、こう来たかと。非常に良く出来ている。

観ようによっては中盤ダレてしまうかもしれないが、(いや、そんなことはないか)これは最後まで観なければ。
一杯食わされた斬新な作品。

また見当違いかもしれないが、『ストーカー (1979)』のような、SFなのだけれどSFの型に囚われ過ぎていないような、上手く説明出来ないけれどもそんな印象を受けた。

因みに本作を視聴するまでは、邦題の『メッセージ』って、なんだか安易では?と思っていたが、これはこれで良い邦題だと感じた。
チキン

チキンの感想・評価

4.5
最初思ってた感じとは違かった!
なんかパラドックスだなという感想
結論みんな優しいのよ
Norman

Normanの感想・評価

4.2
ジェレミー・
RENER
目当てで観たが、鑑賞後も考えさせられる良作でした!
毛色はクリストファー・ノーラン監督っぽい。
(一緒くたにしてごめん)
その分、考察読解時の頭の回転速度は凄まじかった。

「ばかうけ」ってお菓子か!
鑑賞前にレビューでこの文字を見た際、「これコメディ映画なん?」と疑問に思ったのだが、あのかの有名なお菓子とは!!
(それを忘れてる俺って、、)
しかし、自己の貧弱な記憶の功績により、雑念なく鑑賞できたことは非常に誇らしいことであった。

P.S. そういえば、よく食べていたのはハッピーターンじゃん
不思議な映画でした。


言語が最重要テーマ。
面白い構成の映画だから一回は見てみてほしい。
ノル

ノルの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

1人で見ていたら絶対寝落ちてた笑

SFなんだけど、宇宙人が襲ってきてドンパチするのではなくて、何かの目的を持つであろう生命体がいきなり地球に現れて、その意思を汲み取ろうとする研究者たちの、ゆっくりとしたストーリー。なかなかこういうタイプのSFは見たことなかったから新鮮だった!

意思疎通の方法が独特の形象文字だったのも面白かった。パターン分析して解明するのはやい!学者さんたち有能すぎるな…。
知的生命体と対峙するときの音楽が印象的。重々しい音で緊張感がすごい。知的生命体と対峙する場所、横に幅広い空間であれ映画館で見たら臨場感がすごいだろうなあと思った。スクリーンがまるで実際の光景のようになりそう。光を効果的に使っている感じもあり。ずっと暗い映像から真っ白な空間に行くときは思わずルイーズと一緒に目を眩ませてしまった!

ちょこちょことルイーズの過去(だと思わせていた)映像を入れていたのが未来に起こることだとは思わなかった。作り方がうまいなあ〜
Iori

Ioriの感想・評価

4.0
公開当時は"ばかうけ"とネタにされていた本作。もうそれにしか見えない。

内容は文学的で美しいSFヒューマンドラマ。SFでは割愛されがちな地球人と地球外生命体の言語の壁がメインテーマなのが面白い。

作品を通して漂うドゥニ・ヴィルヌーヴらしい緊張感が良い。
でもフォレスト・ウィテカーの使い方が勿体ないなあと思った。
Yukie

Yukieの感想・評価

4.4
女性の言語学者が主役というところで、かなり好きな設定ですが、脚本もとてもいい。注目の監督でもあります。
2001年宇宙の旅然り、もっぱらSFを見るようになった。

SFと時間軸が交差する作品は大抵難解なものが多いが、今作はパラドックス的部分も視聴者に理解できるよう作り込まれている

テーマ性がとても良い。
起こりうる未来が分かっていても目の前の幸せを大切に生きる。
素敵な作品。あと劇中の音楽が神がかってる
>|