複製された男(2013年製作の映画)

Enemy

上映日:2014年07月18日

製作国:
  • カナダ
  • スペイン
  • / 上映時間:90分
    監督
    ドゥニ・ヴィルヌーヴ
    脚本
    ハビエル・グヨン
    原作
    ジョゼ・サラマーゴ
    キャスト
    ジェイク・ギレンホール
    メラニー・ロラン
    サラ・ガドン
    イザベラ・ロッセリーニ
    あらすじ
    大学講師のアダムは、ある日同僚から1本のビデオを薦められる。応じるままに鑑賞した彼は、その映画の中に自分と瓜二つの端役の俳優を発見する。あまりのことに驚きを通り越し恐怖を感じたアダムは、翌日から取り憑かれたようにその俳優を探し始める。アンソニーという名前を突き止め、気づかれないよう遠くから彼を監視するうちに、どうしても会って話しがしたくなったアダムは、遂にアンソニーに連絡する。その週末二人は対面し、顔、声、体格に加え生年月日も同じ、更には後天的に出来た傷までもが同じ位置にあることを知る。どちらが”オリジナル”でどちらが”ダブル”なのか―。なぜ自分と全く同じ人間が存在するのか―。アイデンティティの危機をミステリー仕立てで描いた衝撃作!

    「複製された男」に投稿された感想・レビュー

    けんいちろう
    けんいちろうの感想・レビュー
    8時間
    3.0
    2015/07/22 鑑賞
    サト
    サトの感想・レビュー
    21時間
    3.4
    複製された男見ました

    いわゆる文学作品って感じの映画で表向きの映画の内容は短時間なのにすごく内容が詰まっていてテンポは早かったが名前を呼ぶシーンとかジェイクの演技でアダムなのかアンソニーなのかすぐ分かることができました。
    ですが1回見ただけだし自分は映画に込められた比喩とか裏の意味?みたいなものを読み取るのが苦手なのでいろいろとブログ漁って考察見ていきたいと思います。

    ジェイクギレンホールの演技力マジで感無量です
    new
    newの感想・レビュー
    1日
    3.8
    冴えない日常を送る学校の教師が、ある日映画の中で自分にそっくりな人間を目撃する。そして、彼はその人物を探っていく…。

    難解。とにかく難解。この物語の解説となる場面は一切なし。自分で考えろと言わんばかりの不親切さ 笑。
    驚愕のラストとかよく言うけれど、これはホントに驚愕でした…。終わったあとに思考が全くついていけない。
    何か少しでも、話してしまうと物語のネタバレになってしまいそうで怖いので物語のことについては触れないことにします。

    「カオスとは未解読の秩序である」
    Moomoooo
    Moomooooの感想・レビュー
    1日
    3.3
    発想は面白い!
    ただなんで2人が瓜二つなのかとかあんまわかんない?
    あと、最後の妊婦さんもよくわからず…解説サイト読まなきゃだし、ああなる意味が前に描かれてればいいんだけど、描かれてないから解説サイトもただそれっぽく言ってる感じあり??
    2人も見分けはうちはがっつりとは付かなかったからわからなかったけど、見分けついちゃうって言ってる人もいるー
    同じ役者が演じ分けてたらもっと話題性あったかな??
    すごい!って思ったのは、妊婦さんの方の家に行った時、部屋の中を探す姿が、あ、鏡か!って時があって、2人の相対する感じ?複製されてる感時のカットがよかったー!
    Natsuki
    Natsukiの感想・レビュー
    1日
    -
    統計では妊娠3ヶ月目が最も夫が浮気する確率が高いのだとか^_^;

    ググって解説読まないと、さっぱりな映画です。
    キャッチコピーが『脳力が試される、究極の心理ミステリー』なので、この時点でノーサンキューな感じもありましたがつまらない訳ではなかったです。が、星つけるのが難しい。
    michingooo
    michingoooの感想・レビュー
    2日
    3.5
    サスペンスかと思ってたら違った。
    りーずん
    りーずんの感想・レビュー
    4日
    2.5
    たぶん今年いちばんの『は?』がでました(笑)
    世にも奇妙な物語だとおもえば、まあ意味不明なとこがありますが、観れます。
    嫌いじゃないけど、オチが雑(笑)
    制作途中で飽きたんじゃなかろうか?とゆうくらい、とにかく雑(笑)飽きたからもうおしまい!はい!みたいな(笑)←見所はそことゆうことで!(笑)
    HidekiIshimoto
    HidekiIshimotoの感想・レビュー
    5日
    4.0
    D.リンチの呪術ミステリーとD.クローネンバーグの魔術映像とR.スコットの緊縛活劇のDNAを全て引継いだみたいなこのドゥニ・ヴィルヌーブという監督はまるでキューブリックのように次々ジャンルを横断しながらジャンルを塗りかえる傑作を次々叩きつけてきやがる。新作ブレードランナーは一体どういうことになってるのやら。しかし1度目は…へ??だったラストに2度目は心底肝が冷えた。あのラストは二度と観たくない恐ろしすぎると思いつつまたいつか観るに違いない見事な悪夢の像。体現するJ.ギレンホールもここ数年ジャンル横断の鬼気迫る演技で全くお見事。
    inayujiii
    inayujiiiの感想・レビュー
    5日
    3.3
    解説読んで納得。
    ??ってなるけど内容分かると、よい映画やったんやと手のひら返した
    >|