複製された男の作品情報・感想・評価

複製された男2013年製作の映画)

Enemy

上映日:2014年07月18日

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

3.2

あらすじ

大学講師のアダムは、ある日同僚から1本のビデオを薦められる。応じるままに鑑賞した彼は、その映画の中に自分と瓜二つの端役の俳優を発見する。あまりのことに驚きを通り越し恐怖を感じたアダムは、翌日から取り憑かれたようにその俳優を探し始める。アンソニーという名前を突き止め、気づかれないよう遠くから彼を監視するうちに、どうしても会って話しがしたくなったアダムは、遂にアンソニーに連絡する。その週末二人は対面…

大学講師のアダムは、ある日同僚から1本のビデオを薦められる。応じるままに鑑賞した彼は、その映画の中に自分と瓜二つの端役の俳優を発見する。あまりのことに驚きを通り越し恐怖を感じたアダムは、翌日から取り憑かれたようにその俳優を探し始める。アンソニーという名前を突き止め、気づかれないよう遠くから彼を監視するうちに、どうしても会って話しがしたくなったアダムは、遂にアンソニーに連絡する。その週末二人は対面し、顔、声、体格に加え生年月日も同じ、更には後天的に出来た傷までもが同じ位置にあることを知る。どちらが”オリジナル”でどちらが”ダブル”なのか―。なぜ自分と全く同じ人間が存在するのか―。アイデンティティの危機をミステリー仕立てで描いた衝撃作!

「複製された男」に投稿された感想・評価

みお

みおの感想・評価

3.2
解説読んでやっと理解。
邦題の『複製された男』だと勘違いしてしまいますね。
原題『Enemy』、うんうん、なるほどです。
Eirik

Eirikの感想・評価

4.2
『複製された男』という邦題に騙された。クローンとか遺伝子系の話かと思いきや…全然違ってビックリ。

ジェイク・ギレンホールが一人二役やってて服装しか違いがないから、どっちがどっちか分からなくなる時がある…

ラストシーンは意外というか、驚いて思わず叫んだ。
ぶん

ぶんの感想・評価

3.6
蜘蛛はあの男の中にいる女性そのもので、彼はその蜘蛛に躍らされながらも恐怖と心地よさを感じているのでは… スッキリしないと言う意見も多いいが、こういった自分の解釈の中で結論づけていく映画は監督の本当の主張が見えてくるようで結構好きかもです。
なさか

なさかの感想・評価

3.0
正直な感想としては、意味不明でした。
雰囲気は好きなのでもう一度観ようと思います。
tori

toriの感想・評価

3.8
難解。邦題は確かに違う。もう一度見たくなる映画だね。メラニー・ロランがステキ。この監督なんか凄いわ。
nG0

nG0の感想・評価

3.1
心理学的に物事を印象付ける比喩的表現がいちいちまどろっこしい。かなり鬱陶しい
c

cの感想・評価

3.6
ヴィルヌーヴ作品どれもすごいんだけれど、これが一番自分好みだった。
他作品と同様想像力を掻き立てられる描写に加え、本作は実生活により近い設定なので、誰にでも起こりうる話のように思える。

この世に答え合わせなどなく、われわれは総て(ナゾにさえ)に含まれる存在なんでしょう。不穏のなかに見いだされる、ちっぽけな安穏にしがみついて笑っている恐怖、について考えた。
雪鳩

雪鳩の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

難解。考察サイトいわく、主人公が二重人格だったらしい。でも、そうすると指輪の跡は?女性がそれまで気がついてなかっただけなのか。
ひとみ

ひとみの感想・評価

4.0
最後は「ん?」てなったから、もう一回見たい。「複製された」とは。
てん

てんの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

邦題が「複製された男」だから、クローンとかそういうSF的な話かと思ったら、心理的な話だった。
途中の巨大グモとかラストとか、イメージが具現化してあらわれてて、それが何となくわかった感じ。
というか、それくらいしかわからずあとは推測してネットで考察調べて読まないと理解できなかった。

ひたひたと真実に近づいてく主人公の焦り?みたいなのが伝わってきたのはよかった。

なんしかむずいねん。
>|