複製された男の作品情報・感想・評価

複製された男2013年製作の映画)

Enemy

上映日:2014年07月18日

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

3.2

あらすじ

大学講師のアダムは、ある日同僚から1本のビデオを薦められる。応じるままに鑑賞した彼は、その映画の中に自分と瓜二つの端役の俳優を発見する。あまりのことに驚きを通り越し恐怖を感じたアダムは、翌日から取り憑かれたようにその俳優を探し始める。アンソニーという名前を突き止め、気づかれないよう遠くから彼を監視するうちに、どうしても会って話しがしたくなったアダムは、遂にアンソニーに連絡する。その週末二人は対面…

大学講師のアダムは、ある日同僚から1本のビデオを薦められる。応じるままに鑑賞した彼は、その映画の中に自分と瓜二つの端役の俳優を発見する。あまりのことに驚きを通り越し恐怖を感じたアダムは、翌日から取り憑かれたようにその俳優を探し始める。アンソニーという名前を突き止め、気づかれないよう遠くから彼を監視するうちに、どうしても会って話しがしたくなったアダムは、遂にアンソニーに連絡する。その週末二人は対面し、顔、声、体格に加え生年月日も同じ、更には後天的に出来た傷までもが同じ位置にあることを知る。どちらが”オリジナル”でどちらが”ダブル”なのか―。なぜ自分と全く同じ人間が存在するのか―。アイデンティティの危機をミステリー仕立てで描いた衝撃作!

「複製された男」に投稿された感想・評価

静かな映画だなという印象。
こういうジャンルって無駄に効果音つけて脅かしにくるから構えて観てたら、そうでもなかった。笑
ここがあそこと繋がるのか、とか
え?どういうこと?とかあったので
もう一度鑑賞しよう。
otom

otomの感想・評価

4.3
まぁ、複製よりかは内なるエネミー。恐ろしい。強欲すな。『灼熱の魂』とはまた違う形の1+1=1。映像も良い。良作。

このレビューはネタバレを含みます

この映画を理解するためにはイングマール・ベルイマン監督『仮面ペルソナ』を予習しなければならない。いわゆるドッペルゲンガーものの系譜を継ぐ作品として観られる。詳しくは町山智宏氏の映画ムダ話を聞けば100倍理解が深まってハマるはず。というか、そうした知識や系譜を知らなければ何が何だかさっぱり判らない映画だ。
 この映画を実際に鑑賞する前は、なんとなくクローン人間の映画なのかと思っていたけど、全然違いました。終盤、自動車事故が発生するシーンの意味は、女好きな自分を殺す、決別するという意味だと理解して、映画的表現の奥深さを知った。
ものすごく緻密に作られた映画で、最後の映画が終わった後はわんかんねーよ!!と叫んでしまったくらい。
また少し見返してみると、いろいろとわかって来てなんて凝った映画なんだと思った。
やっぱり、ドニヴィルヌーブ監督はいつも格別である。
おもしろかったけど、わからないことが多すぎる映画やった。見終わってもスッキリしない。サイトで解釈が色々あるのを見て自分もそー思うわ、え、それはちゃうやろ、って思ってる時も含めて楽しめた。

とか思うけど、自分がジェイクが好きってのでプラス評価なんかも。
感性に訴えるドゥニの魅力が詰まったもの。

とても不気味なスリラー映画。不気味さはプリズナーズを超えている。が、緊張感はプリズナーズかな。

メッセージ、ブレランと最近のドゥニは丸くなりましたね。

ジェイクはいい顔してんなあ
Yuki

Yukiの感想・評価

3.2
No.16

してやられたりって感じ
やっぱり映画ってすごいなと思う
airBeast

airBeastの感想・評価

3.8
ジェイク・ギレンホールの演技は見物
髪型すらほとんど変わらないのに微妙な人格の違いを完璧に演じている

映画自体はほぼ全ての解釈を視聴者に丸投げしている
「シックスセンス」等と違い観直したとしても「あー言われてみれば」とはならない
hoz

hozの感想・評価

3.0
個人的にはイマイチ。
前衛的?表現は理解出来ない古い人間なので。
結局、なんの話かよくわからなかった。
My

Myの感想・評価

3.9
静かな映画が観たいときに良い。けど圧があるので疲れるかもしれない。ラストが唐突過ぎて笑いが出た。ジェイクギレンホールが良かった。
>|