複製された男の作品情報・感想・評価

複製された男2013年製作の映画)

Enemy

上映日:2014年07月18日

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

3.2

あらすじ

大学講師のアダムは、ある日同僚から1本のビデオを薦められる。応じるままに鑑賞した彼は、その映画の中に自分と瓜二つの端役の俳優を発見する。あまりのことに驚きを通り越し恐怖を感じたアダムは、翌日から取り憑かれたようにその俳優を探し始める。アンソニーという名前を突き止め、気づかれないよう遠くから彼を監視するうちに、どうしても会って話しがしたくなったアダムは、遂にアンソニーに連絡する。その週末二人は対面…

大学講師のアダムは、ある日同僚から1本のビデオを薦められる。応じるままに鑑賞した彼は、その映画の中に自分と瓜二つの端役の俳優を発見する。あまりのことに驚きを通り越し恐怖を感じたアダムは、翌日から取り憑かれたようにその俳優を探し始める。アンソニーという名前を突き止め、気づかれないよう遠くから彼を監視するうちに、どうしても会って話しがしたくなったアダムは、遂にアンソニーに連絡する。その週末二人は対面し、顔、声、体格に加え生年月日も同じ、更には後天的に出来た傷までもが同じ位置にあることを知る。どちらが”オリジナル”でどちらが”ダブル”なのか―。なぜ自分と全く同じ人間が存在するのか―。アイデンティティの危機をミステリー仕立てで描いた衝撃作!

「複製された男」に投稿された感想・評価

harusame

harusameの感想・評価

3.0
面白かったけれど、片手間に見ていると勘違いしたまま置いていかれる。
邦題はちょっとミスリード感が否めないような...
砂

砂の感想・評価

2.8
「メッセージ」のドゥニ・ビルヌーブ監督作。
大学講師が自分にとても似た俳優を見つけコンタクトをとったことから奇妙な運命をたどる。

これはまず邦題や煽り文が良くないというか、恣意的すぎる。
宣伝によって内容をミスリードさせるのはいただけない。

捉え方が変わったのは解説を見てからである。
なるほど、確かにそのように観ると、言われてみれば作中で幾度もヒントは提示されていた。
あるところで言われているが、リンチのロストハイウェイのようなものと考えれば合点がいく。

繰り返しとなるがパッケージングの先入観なしで観たら印象も違っていただろうが、また理解した上で見直すと印象も違ってくるかもしれない。小説の方も機会があれば読んでみよう。
kuroAru

kuroAruの感想・評価

3.1
ドッペルゲンガー的な
役所広司的な話かと思ったら
解説を見て、あぁそゆことか。

既婚者には少しわかる気がする映画でした。
sota

sotaの感想・評価

3.2
解説込みの映画。

解説見るまでは観終わっても「?」でした。公式サイトに解説が載ってるくらい解説込みの映画です!

このレビューはネタバレを含みます

単純な私は、双子なのかと思った
母親が事情があって手放したのがアンソニーなのかな、と

でもラストでびっくり!
わけが分からずネタバレサイトを読んでみたら、
同一人物が、浮気相手から妻に戻る話だと
そういや、傷や破れた写真など、あれ?と思うところもあった
できればネタバレサイトは読まずに済むような、明快なネタばらしのある映画の方がスッキリするんだけど

長身のジェイクギレンホール、濃いけどイヤな濃さじゃ無くて好き
今回良く演じ分けていたなと思う
【邦題が良くない】
「複製された男」というタイトルから想像する内容と言えばロボとーちゃん的な話かな?と思うじゃないですか。まぁ違うんですよ。
ずっとロボとーちゃんのことを考えながら見ていたのでオチに面食らいました。
《《《は?》》》と。
しばらく考えてわかったのが、
タイトルは気にしない方がいい、いや"enemy"こそがこの作品のテーマでありピッタリなタイトルだと思いました。

自分で気付いた時の気持ち良さと言ったらサイコーなので一応ヒントだけ書いておきます。
左手の薬指
対話と独り言
蜘蛛
ファイト○ラブ
KOTARO

KOTAROの感想・評価

2.9
見終えてすぐ解説サイトみたいなの調べた。意味不明だった。
ちょっと難しすぎて雰囲気しか楽しめなかった。
akiRa

akiRaの感想・評価

3.6
うぉぉ、、なっかなか難解な映画が来ましたねぇ、、


これは考察のしがいがあります。


無気力で休みの日も何もしないアダム。
仕事は教師で美人な彼女もいる。
でも無気力。

そんな彼に同僚は一つの映画を勧める。
無気力ながらも映画を観ているとエキストラ役に自分とそっくりな男アンソニーを見つける。
調べて行くうちに顔だけではなくプロフィールも全く同じアンソニーに興味をもち、興奮冷めやらぬうちに彼に会いに行くアダム。
対面した2人は恐怖しその場は分かれるが、、

同じ顔、同じ声、そして身体にある傷までも同じ2人の男の運命は、、


そんな話。
後半の展開は、ウソだろっ!?
ってなりましたが、、謎の残るエンディングに考察が止まりません。
ここから拙いながらも僕なりの考察を記載していきます。


まずは主人公2人についてですが、
性格が真逆。
質素で地味な家に住むアダム。
一方売れない役者ながらも高級マンションに住み家具もお洒落なアンソニー。

パートナーは2人とも美人。
ブロンドヘアの高めヒールを履くアダムの彼女と、妊娠6ヶ月のこちらもブロンドヘアのアンソニーの嫁。

ブルーベリーが苦手なアダムと有機栽培にまでこだわる大好きなアンソニー。

そして2人が会っている所には他の人物が登場しない。

以上のことから2人は同一人物で二重人格なのではないかと思います。
好みの女性も特徴が似ているし、、
性格を真逆にすることで浮き出る違和感。
そうやって観てみると2人に関わる女性達の反応にも見方が変わってきます。
嫁がアダムに会いに行った際の涙のわけや、彼女の急変する態度、指輪の跡への拒否感。
あぁそういうことかな?ってなる。

続いて所々に現れる蜘蛛。
蜘蛛といえば象徴されるのは糸、蜘蛛の巣ですね。
考え方にもよりますが束縛、逃がさないと言った執念を表しているのではないかな。
そしてやはり女性を意味しているのかな?
蜘蛛は交尾後にメスがオスを捕食してしまう種が多いですよね。
このことからアダムとアンソニーは女性に対して恐怖や罪悪感があるのではないかなぁと、、
母と嫁、彼女に対してですね。

そして、作品全体の黄色い雰囲気。
黄色には正のイメージもありますが、負のイメージに焦点を当てると不安や緊張、危機感とかを表すそうです。
確かにデンジャーの色って黄色だよね。

ということで、アンダム(アンソニーとアダム)は性欲が強く妻がいながらも浮気し、愛人と暑い情事を過ごしている。
そんなアンダムは罪悪感から常に不安で危機的な状況。
お金がないはずのアンソニーの家が豪華なのもアダムの収入があれば納得できる。

こんなところでしょうか。
自分が納得できるように意味付けして組み立てて行きましたが、割と合ってるんじゃないかなぁ(●'w'●)
【最大の敵は自分自身?】
1回目と2回目で鑑賞者の見方が大きく変わる作品だと思う。1回目は主人公ギレンホールの視点で一緒になって自分と瓜二つの人間がいることに何故何故と物語にのめり込んで行く。しかし、最後のオチを知ってしまった2回目にはギレンホールを取り巻く周りの人たちが彼の不審な行動をどう感じてたのかを考えてしまうと思った。特に奥さん、大変だったね、とても気の毒…。
Yumi

Yumiの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

最後の最後でなるほど…という
まんまと騙された
という見解であっているのか??
面白かったけどスッキリしない…
もう一度観てみようかな
>|