レディ・バードの作品情報・感想・評価

レディ・バード2017年製作の映画)

Lady Bird

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:93分

3.9

あらすじ

「レディ・バード」に投稿された感想・評価

るる

るるの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

「カルチャーのあるところに行きたい」

わかる!!!って。

文化と教養が自然と手に入る環境が羨ましくて仕方ない。ネットがある今のほうが切実さが増してるかも。刺さった。

車に乗って朗読のテープを聴いて涙ぐむ母娘、喧嘩ばかりだけど、仲良し。グザヴィエ・ドランの『マイ・マザー』『mommy』なんかを連想、なんだろ、世代を感じた。

親友のいる生活、いいね。

ゲイとカトリック、もうなんか定番の描写になってきてないか、ホントに、なんとかならんのかね。

カウンセラーの母、うつ病の父、なかなかしんどい家庭環境だけど、あっけらかんと育ってるレディバード、なかなかすげえ。

演劇やって、生徒会に立候補して、飽きたらやめちゃう、イタイ子の代名詞みたいなレディバード。

あの感じ、誰かに似てる、と思ったけど、誰だろう、クラスに一人はいた? いや違う…誰かに似てる。

あんなに破天荒でいかにも悪目立ちしてそうな女の子なのに、クラスのクイーンビーに「あんた誰?」って言われちゃうのかよ、マジか、なんて。

レディバードとギャルの一時的な友情、なんだか、わかる気がした、あれだけ生きる環境が違うと、逆にこう、物珍しさも手伝って、気が合う部分もあるにはある、という。リアリティがあった。早く結婚して子供が欲しいギャルに、ちょっとだけ戸惑う感じ、この世にはいろんな人生、いろんな夢があると知る描写、成長、とても良かった。

ティモシー・シャラメ、独特だな、昔から誰かがやってきたポジションの役どころだけど、明らかに新世代、って感じがするのがすごいな。

田舎なんか大ッ嫌いだけど、田舎をバカにされるとチョットいらつく、嫌なところいっぱいあるけど、郷土愛はある、あるよね、ほどよい。

どこかの時点で、もういつ終わってもいいやと思ったけど、ちょうどいいところで終わった感じがする。

なんだろうな、共感できそうで、できなかった理由を考えてる…うーん…恋愛が特に重要じゃなかった、それどころじゃなかった十代の女の子の話が見たいかな。映画になりにくいのはわかってるけど。
mina

minaの感想・評価

4.0
一緒にいる時は、もううんざりするのに、離れてみると、その存在が大きすぎて、愛されていたんだと気づくものだ…
子どもから大人へと成長していくレディバードの姿が、昔の自分に重なった。
旅立ちの季節に観たくなる作品。
もやし

もやしの感想・評価

4.9
「青春」という時期を一番普遍的に表現してる洋画のように思った。自分にとっては。
情報量多すぎて少々疲れる映画だけど笑

親友とのところとか親子のところとか泣けるねえ…
お母さんのあの車のシーン…


彼女を見て一番思うのは「無根拠な自信」だと思うけど、自分は発達障害ということもあり、「無根拠な不安」に支配されてるタイプだったから、彼女がとても眩しかった。そうして徐々に大人になっていく彼女…
自分は不安のせいで結果的に失敗からも逃げて、そのまま大人になっちゃったから、自分はまだ厳密には青春を知らないんだなとこの映画を見て気付いた。結構ショッキングな事実だけど。
何歳になろうとこれから別の形で青春を経験していけたらいいなと思う。


親に感謝できるようになったのも俺たぶん24ぐらいになってからだもんなあ…
色々と遅い。



どんどん経験して、失敗して、そうして色んなことがわかってくる。
彼女も、自分というもののこと、本当に合う人のこと、親の思いのこと、世の中のこと。一歩一歩わかっていく。
その過程こそが青春であり、それが大人への階段、ということなのだろう。
自分も変化球な人生だし年齢ももうあれだけど、そうしてこれからでも本当の大人になっていきたい。




あの元アメフトコーチがアメフト流に演劇を説明するところ爆笑した笑
mochiz

mochizの感想・評価

3.3
可愛らしい。
グレタカーウィグらしい話。
お友達がおデブさんという設定は、上からっぽくて嫌かも。

お母さんに感情移入しがちで、歳くったなぁと、とほほな気持ちにもなった。
かずー

かずーの感想・評価

4.0
ゴーストワールド、スウィート17モンスターと同系列になってくる映画だと思うんだけど、レディ・バードが一番出てくる人物すべてにそれぞれの柔らかさを感じる映画だった。

だいたいこういう拗らせ系映画って主人公がどーにも好きになれない(まわりの優しさに気づけなくて無下にしたりエゴイズム振りかざしてたりすることが多いから)んだけど、レディ・バードのことは最初から最後までとても好きでいられた。

ってか見終わってから気づいたんだけど、わたしの大好きな「フランシス・ハ」の主演の女の人が監督なのね……?!?!拗らせてるのに主人公に好感が持てる理由にむちゃくちゃ大納得した。フランシス、グズで垢抜けないけど大好きなんだよな。
それに比べるとレディ・バードは誰からも好かれるし器用だよなあ。狙った男の子は落とせるし、クラスのイケてる女の子にもすぐ取り行っちゃうし、夢の大学へも行けちゃうし。でも自分の現状や環境に不満があるのは確かで……この手の感情って幸せボケしてる人間には湧かないんだよな。きっと行動力があってビッグなものを追い求める性格じゃないとこうはならない。から大学進学後のレディ・バードの行く末も見守りたくなるようなエンディングでした。

彼氏と友達を蹴って、大親友と暴食してからプロムに二人で向かうシーンは最高だった。
あめ

あめの感想・評価

4.5
私の高校時代…?って思うぐらい私の高校時代でもういろんな感情が入り乱れて大変だった。母との喧嘩も一緒の買い物も親友も恋も進学も全部全部知ってる…すごい…。しょうもないことでずっと笑ってたし親に嫌われたらこの世の終わりだったし、でも私の人生なんだから好きにさせてよ!って毎日思ってた。すごいなぁ…
joruri

joruriの感想・評価

4.0
母親と娘の物語。青春。沁みる。家族とか田舎とかが懐かしくなる。だんだん主人公可愛くなっていく。序盤のアラニス・モリセット時点でハマってた。
ちゃん

ちゃんの感想・評価

4.5

「同じことじゃない? "愛情"と"注意を払うこと"は 」

とても刺さった映画だった。自分も地元ではなく県外の大学に行きたいとずっと願ったこと、金銭の問題で反対され続けたこと、親の過ぎた干渉が嫌で逆に嫌われてると思ったこと、思い通りにいかない現実に焦ったこと、全てに共感してしまった。

誰もが経験したことがあるだろう人生の岐路での夢と現実のギャップ。等身大で表現してくれたレディバードを全力で抱きしめたくなった。
ioppi

ioppiの感想・評価

4.1
17歳レディ・バードの衝突と成長の物語といえばそれまでだが、心動かされた。家族、恋、進路、宗教。特にエンディングが気に入った。その後は全く描かれず、エンドロールも何も予感させない。鉄は熱いうちに打て、愛と感謝は熱いうちに伝えろ。
(ティモシー・シャラメが理想的男の子すぎた。)
ワルなティモシーシャラメエッチでしたね
もっと見たかった。
>|