アニー・ホールの作品情報・感想・評価

アニー・ホール1977年製作の映画)

Annie Hall

上映日:1978年01月21日

製作国:

上映時間:93分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「アニー・ホール」に投稿された感想・評価

らら

ららの感想・評価

4.0
常に皮肉の効いたジョークが飛び交っていて面白かった
ネイティブ並みに英語ができたらもっとこの映画の面白さを理解できたと思う
また、構成が独特で模範的なロマンスではないところも良かった
Ryohei

Ryoheiの感想・評価

5.0
個人的歴史的名作。
ファッション雑誌等、衣装に目を向けられがちだが、ウディ・アレン、ダイアン・キートンの掛け合い、どうしようもない男心。さすがです。
lunetta

lunettaの感想・評価

-
ハンサムな着こなしで、うざい男にも無邪気な笑顔をふりまくアニーが、他のヒロインとまた違ってとても魅力的
ずーっと会話だったけど、コミカルでnyの雰囲気が漂ってた
たぺ

たぺの感想・評価

3.5
なんとなく、お洒落な映画〜という感じ。
アカデミー賞4冠の理由はイマイチ理解できない自分だけど、この後味の、まろやか心地良い感じは何なんだろう。。
ウディ•アレンの映画って、大体こういう後味になるので、つい観に行ってしまいます☺️

ダイアン•キートンのスタイルとファッションが素敵で、すごく印象的。
ウディ•アレンのわめんどくさいけどリアルな男性像も、なんとなく共感しつつ、リアルで面白かったです。

あとは『シャイニング』の絶叫奥さんがチョイ役で出てきたのも、個人的には楽しかったです(笑)
ウディアレンの代表作だけど他にも良い作品あるよ、ダイアンキートンも
Octobersky

Octoberskyの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ウディ・アレンの実物始めてみたけど、こんなムカつく感じのおじさんだったんだ笑
ぶっ通しの会話で構成されてる作品
ウディ・アレンのキャラクタだけあって、なかなか物好きでないと会話の内容にはついてけないのではないか
多少時系列の入れ替えを行っているが、ストーリーはシンプル
ストーリーよりも、会話の節々にメッセージが込められている気がする
特に映画の最後を締めくくる卵の話は、すごい染みたなあ
これは年取ってからまたみたい映画
ぺ

ぺの感想・評価

4.5
まぁーお洒落な映画。いわゆる「行間」を映像とかモノローグで表現してるけど、説明はしすぎてないので洒落て見える。
BGMも少ないのでドラマチックにはさせず、それ故にクールだと思う。

それでいてアルビーが、ものすごく格好悪いのが良い。見た目ではなく終盤にかけての女々しさが。でも、すごくわかる。
久々に再見。
あまり好きな映画ではないが、映画館で後から聞こえるシネフィル蘊蓄にイラつく場面は毎回共感する。
謎。吹き替えが昔っぽいおじさん口調で途中で字幕にした。
なんかはげた屁理屈おじさんがさらっと普通にモテて恋愛してる世界観についていけなかったし、おもしろさもわからなかった。
おしゃれ映画で服もおしゃれって聞いて見てたけど全然そう思わなくてむしろダサく感じた。(ほかの最近の作品ではお洒落と思ったけど。イケメン効果だったのかな?笑)
ミッドナイト・イン・パリも見たい。
たろ

たろの感想・評価

3.9
こじらせキモキモなのにオシャレやな〜笑(褒めてる

だんだん面倒になってくる、大人の恋愛の先の煩わしさが苦々しい。
ダイアンキートンの衣装が今見ても良すぎなのすごいな。

今も色んな人や映画に影響してるのがよくわかる作品だった。
>|

あなたにおすすめの記事