フランシス・ハの作品情報・感想・評価

フランシス・ハ2012年製作の映画)

frances ha

上映日:2014年09月13日

製作国:

上映時間:86分

3.7

あらすじ

ニューヨーク・ブルックリンで親友ソフィーとルームシェアをして、楽しい毎日を送る27歳の見習いモダンダンサー、フランシス。ところが、ダンサーとしてもなかなか芽が出ず、彼氏と別れて間もなく、ソフィーとの同居も解消となり、自分の居場所を探してニューヨーク中を転々とするはめに!さらには、故郷サクラメントへ帰省、パリへ弾丸旅行、母校の寮でバイトと、あっちこっちへ行ったり来たり。周りの友人たちが落ち着いてき…

ニューヨーク・ブルックリンで親友ソフィーとルームシェアをして、楽しい毎日を送る27歳の見習いモダンダンサー、フランシス。ところが、ダンサーとしてもなかなか芽が出ず、彼氏と別れて間もなく、ソフィーとの同居も解消となり、自分の居場所を探してニューヨーク中を転々とするはめに!さらには、故郷サクラメントへ帰省、パリへ弾丸旅行、母校の寮でバイトと、あっちこっちへ行ったり来たり。周りの友人たちが落ち着いてきていることに焦りを覚え、自分の人生を見つめ直し、もがいて壁にぶつかりながらも前向きに歩き出そうとするフランシス。不器用で大雑把だけどチャーミングな彼女の姿に、誰もが共感を覚え、心が軽やかになり、不思議なタイトル"フランシス・ハ"の意味が明らかとなるラストに胸を打たれる。

「フランシス・ハ」に投稿された感想・評価

かげ

かげの感想・評価

3.6
舞台はニューヨーク、プロのダンサーを目指すフランシスの日々を綴ったモノクロ作品。

その日暮らしにも近いフランシスの日常や日々訪れる出会いと別れは、ニューヨークの夢追う若者達の刹那的、享楽的な雰囲気がよく出ています。登場人物達は甘っちょろいといえばそうだけれど、私はとても好きです。

個人的には現代劇のモノクロは色味が寒い(寂しい)感じがして苦手なんだけれど、この映画は画面がとても賑やかで屋内のシーンが多いせいかあまり気にせず楽しめた。

おしゃべりのシーンから動きのあるシーンになると急にBGMが流れてとても印象的。比較的コミカルタッチせいか何故かサザエさん(カツオが出かける時のイメージ)を思い出す。
cako

cakoの感想・評価

3.5
フランシスの大人になりきれていなくて空気を読まずに喋ったり笑ったりしてるのが長く続いてイライラしてとばしながらみてしまった、、でも自分の目標に向かって走る姿はかっこよかったし尊敬。自分も人目を憚らずに街中を疾走、奔走してみたい。
夢が叶っていってラストシーンで何故この題名なのか分かったときは笑みがこぼれた。
27歳ダンサー志望のフランシス(グレタ・ガーウィグ)。ゆるゆるとした日常を送っていた彼女が、恋人からのプロポーズを断った直後に親友のソフィアからルームシェアを解消されたり、次々に悪いことが重なっていく話。

どこまで続いていくのか不安になるけど強がりながらも生きていくしかない。その中でフランシスが色々なことに気付き成長していくところがとてもいい。途中までは新手の鬱映画かと思いましたが、内容の割には暗さを感じさせず、ラストは爽やかさすら感じられて良かったです。

フランシスがまだ少しのプライドを持っていて、虚勢を張っているところ、共感できるなぁ~。とにかく要領が悪いフランシス、ちょっとイタイ女です。でも、ソフィアとのじゃれあいとか、税金還付で喜んだり、走って転んだり、魅力的なシーンも多かったです。グレタ・ガーウィグ好きになりました。
ニューヨークで生きていく若者たちの日常が見られるのもいいですね。

最後はフランシスを応援したくなるような映画。デヴィット・ボウイの「モダン・ラブ」がいいところで流れるのも素敵でしたね~(´∇`)

モノクロの映像はキレイで、情報量が少ない分だけ、しっかりストーリーに集中出来たし、ストーリーも解りやすかったので、見易かったですね。
2回目以降は音を消して流しっぱなしにしても楽しめそう...かな。
makiko

makikoの感想・評価

3.0
アダムドライバーがイケメンとして登場していて、不覚にもきゅんとした。
ありのままに生きるフランシスに、JUNOを思い出した。正直すぎて失礼なところは自分を見ているようでいたたまれないけど、やりたいことに正直で突き進むところは自分になくて羨ましい。
ソフィーにも幸せになってほしいな。彼女にも知らぬ間に自分を投影していたから。気付きながらも、流されていく姿に。
yume

yumeの感想・評価

3.2
夢っていつまで追いかけていいの?若さって何歳まで続くものなの?
人生ってこういうものだよなとも思う、「でも」を捨てられない限りわたしはフランシス・ハにはなれないのかな
恋も友情も仕事も紆余屈折でバタバタふらりなフランシス。けど最後には自分の生き方を見つけ、題名の意味にも繋がり、話はスッキリ◎ モノクロの描写が良き。
主演の子の、ふわっとしてるけど芯のありそうな目が好き。
20センチュリーウーマンでも出てた人だった。ちょいアーティスト系以外のキャラも見てみたい。
akuiym

akuiymの感想・評価

4.5
好き。
部屋の中で少し離れたところで目が合う。
お互いの特別な世界。
愛、人生、に求めるもの。
今までいろんなことがあったねの最終地点がタイトルに凝縮されているのがいい。ありがちだがアイデアの勝利。町を疾走する女の子のお話は好き。
Mariko

Marikoの感想・評価

-
悪くない、というかかなりいいんだけど
とにもかくにも主人公の、いわゆる「イタい」言動が
過去の自分的にあまりにも「あるある」過ぎてなんとも(苦笑)

タイトルのつけ方は最高
>|