フランシス・ハの作品情報・感想・評価

フランシス・ハ2012年製作の映画)

frances ha

上映日:2014年09月13日

製作国:

上映時間:86分

3.7

あらすじ

ニューヨーク・ブルックリンで親友ソフィーとルームシェアをして、楽しい毎日を送る27歳の見習いモダンダンサー、フランシス。ところが、ダンサーとしてもなかなか芽が出ず、彼氏と別れて間もなく、ソフィーとの同居も解消となり、自分の居場所を探してニューヨーク中を転々とするはめに!さらには、故郷サクラメントへ帰省、パリへ弾丸旅行、母校の寮でバイトと、あっちこっちへ行ったり来たり。周りの友人たちが落ち着いてき…

ニューヨーク・ブルックリンで親友ソフィーとルームシェアをして、楽しい毎日を送る27歳の見習いモダンダンサー、フランシス。ところが、ダンサーとしてもなかなか芽が出ず、彼氏と別れて間もなく、ソフィーとの同居も解消となり、自分の居場所を探してニューヨーク中を転々とするはめに!さらには、故郷サクラメントへ帰省、パリへ弾丸旅行、母校の寮でバイトと、あっちこっちへ行ったり来たり。周りの友人たちが落ち着いてきていることに焦りを覚え、自分の人生を見つめ直し、もがいて壁にぶつかりながらも前向きに歩き出そうとするフランシス。不器用で大雑把だけどチャーミングな彼女の姿に、誰もが共感を覚え、心が軽やかになり、不思議なタイトル"フランシス・ハ"の意味が明らかとなるラストに胸を打たれる。

「フランシス・ハ」に投稿された感想・評価

ヒナコ

ヒナコの感想・評価

5.0
好きな映画だった!
フランシスの走りかた、大股で勢いあってちょっと危なっかしい、そこにいろいろ表れてる気がした。
ソフィーやルームメイトとの会話が好き。
ouch128

ouch128の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

2018.07.16

無駄の無い映画だったなぁと。
フランシスの人間味を、緻密な描写で描ききっているから、モノクロでもすんなり入ってくる。まさに飾り気無し。

拗らせという言葉で簡単に片付けられるのかもしれないが、理想と現実のギャップに直面したり、周囲に取り残されていく焦燥感は非常にリアルで、過去の自分の経験と重なり、他人事とは思えなかった。
だからこそ終盤、切り口を変えて自分なりの答えを出し、前進していくフランシスの姿には感動すら覚える。
個性全開の表札と共に、やっと自力で借りる事ができた家から始まる新しい暮らし。
その先のフランシスの人生にエールを送らずにはいられない。
そして、自分も頑張ろうと思える素敵な映画だった。
Ken

Kenの感想・評価

3.2
これだけ突っ走ってて見てられるんだから、力量が凄いのでしょう。
フランシスのキャラクターが強烈で自分のせいで破滅に向かっていることに気付いていない。
彼女にその才能がないことを知らしめるのは周りの人たちで彼女を追い込んでいく。
彼女が生き残るにはその方法しかない。そして、彼女もそれを飲み込まざるを得ない。
彼女は変わざるを得ないのだけれど、それは、社会に合わせていくということ。
彼女の意思が欲しいと思った。
コブラ

コブラの感想・評価

3.6
「なりたい自分」と「なれる自分」

その「なれる自分」とメンドくさい自意識とを、上手く付き合わせていけるのか。

テンプレ的プロットだけど全体的に軽めで観やすい。時間も短いし。

童貞ウォーズの
女性‘こどもおとな’版。

もしくはギリで大人になれた版
ヤングアダルト。
匿名

匿名の感想・評価

2.8
雰囲気は最高なんだけど、見栄っ張りすぎるフランシスに全然共感できなくてあまり楽しめなかった
でも最後は少しポジティブな感じで良かった
フランシス・ハの意味も
TKUCSY

TKUCSYの感想・評価

3.8
非モテ女フランシスの物語。

非モテ言動の共感がハンパない自分は非モテなんでしょうね。

1番最後のシーンでフランシス・ハの意味がわかります。かわいい。
kensteady

kensteadyの感想・評価

3.8
グレタ・ガーウィグの魅力全開の良作品。理想を求めつつオシャレ生活を夢見てそれっぽいことをするも若干滑り気味、現実に突き放されてというジレンマを嫌味なく描いていて好感が持てた。

ラストシーンで郵便ボックスに入れる名札の長さ調節で『フランシス・ハラデイ』→『フランシス・ハ』というネタばらし。だけど、そのためだけの映画ではないことは、作中で何度も出てくる“~~, ha!”という台詞にも掛けているんだけどね。つまり、人生って色々あるけどたとえ中途半端でも笑い飛ばしてればどうにかなるよ、というメッセージかと。
くろ

くろの感想・評価

3.6
白黒で味がある全てがラストの為の映画。主演は聞けば内容が大体分かるグレタガーウィグ。こじらせっていうけど、逆にブレてなくて見てて気持ちいい。人の人生は簡単に説明出来るものではないし、なにもかも狭すぎるし、回りに捕らわれられないのが本当の自分だけどかっこ良すぎるからこれくらいが自分らしい。そういう風に自分らしくする自分を応援したくなる作品。

ちなみにこの時期に見たのは今度アレを観る予定。エリオもいるし。
tamai

tamaiの感想・評価

4.3
ダンサーになる夢を捨てきれない拗らせ女のお話。

個人的にいいタイミングでこの作品に出会えたと思います。もう共感しまくりでした。

モノクロの映像は最初違和感ありましたが、等身大のキャラクターを飾らずに見せるこの映画のスタイルには合ってると思います。

主人公のフランシスは性格に難ありσ(^_^;)夢も友情も恋愛も全てが中途半端。でも自分なりに悩みながら、日々全力で生きてる彼女の姿を見てると応援したくもなります。

最後にタイトルの意味が分かって、観終わった後にじわじわくる良作。
もち

もちの感想・評価

3.0
フランシス・ハってそういうことね。

踊りを見るのが好きだから、踊ってるシーンはテンションあがるなあ。
>|