フランシス・ハの作品情報・感想・評価

フランシス・ハ2012年製作の映画)

frances ha

上映日:2014年09月13日

製作国:

上映時間:86分

3.7

あらすじ

「フランシス・ハ」に投稿された感想・評価

ERI

ERIの感想・評価

3.5
このラスト(景色)を知ってしまったら暗中模索も愛おしくなる。


こじれてる。いやはやこじれてる。今この空間の状態より先に、自分の気持ち、自分のそわそわ、自分の言いたいことが優先されちゃう。一生懸命生きてるのにな。なんだかひとつひとつがうまくいかない。

私の居場所はどこ。だから、走る。走る。ひとりぼっちだと寂しくて誰かと一緒にいたくなるし、誰かに話したくなるのだな。

フランシスは親友のソフィーとルームシェアをしていた。夢はモダンダンサー。彼からの同棲を誘われた時ソフィーとの暮らしがあるからと自分は断ったのに、そんな親友は好きな街で暮らすからと引っ越していった。なんだかなぁ。


大事なときに見栄を張ってしまう癖。好意を受け取れず先行きが見えないでいる。そんなソフィーも実家に帰って見たり旅に出て見たり、古巣で働いて見たりするうちに、とりあえず一周まわったら自分のできることが見えてきた。ステージで踊ってはないけれど、あのステージを作るのはわたし。、、、最高だ。
ゆーか

ゆーかの感想・評価

3.7

2019年7作目

これも前から見たかった作品。

めんどくさい女の子だなーって思ったけど、あー私もーって思うとこがあった。

その生きにくさも、やっと理解できるときってやっぱ30歳前後だったりするわけで。

最後、早く気付けてよかったね😊とゆー気持ちになれた。

恋愛感だけはすごくわかる。
大勢の中、離れている2人だけの時間の共有
その特別な空間

そう、大勢の中にいても大好きな人だけは見つけられるんだよね。
tao

taoの感想・評価

5.0
オールナイト2本目 久々に劇場で見た たぶん初めて見たのは浪人生の頃ユーロスペースでだったと思う あの時と状況が全く違うからとても冷静に見れちゃったけどそれでもいいと思ったのには変わりなかった
ぱぴぷ

ぱぴぷの感想・評価

3.7
エンディングにこの映画の全てが詰まってる。
グレタが主演ってだけで他は何も予備知識無しで観たけど、アダムドライバー出てきたり汚れた血のオマージュやったりで私得な映画やった。
ダラダラ見れる感じと白黒なのがジム・ジャームッシュぽい。
わかるなあすごくわかる
友達に置いていかれる感じ1人になってく感じ
どんなに仲良しでも友達が自分だけのものじゃないことくらい重々承知してるんだけど、わたしの知らない世界を充実させてると、寂しくなっちゃう
わたしにはその友達が必要なのに、彼女にとってわたしは必要じゃないのかなあとか

悪いことって重なって、わりと限界なのに無理して明るく振る舞って、空回って、痛々しい
それを自分でもわかってるから自己嫌悪自己嫌悪

状況はちゃんと好転してくれるから後味すっきり
意地はってるといい事ないよね、素直になる。
グレタガーウィグ・スタイル

18〜25相当の精神表現が上手すぎるスタイル

さらには車から飛び出して骨折したり、メトロのホームでかましたり、時折魅せるパンクに惚れ込む人がいる
越太郎

越太郎の感想・評価

4.1
大人になるって何をさすのかよく分からないけど、大人にならないままできままに生きているようなフランシス。それでいて愛してくれる人が周りにいて、なんだか羨ましくもあり…。
その反面、お金が稼げなかったり、人に直球で自分の気持ちや願いをぶつけたり。その子どもっぽいところが、私には疎ましくもあり…。

親友はじめ周りの人たちとズレが見えてきたり、自己イメージと他人から見えてる自分の差に気付かされたり。その微妙な表情や仕草の描き方が、とても良かったです。
違和に戸惑って痛みを受けながら、次に進もうとするのが成長ってことなのかなと感じました。たくましくなったフランシス、素敵だった!

部屋のインテリアや食事のシーンがシャレていて、それを映す画角も好きでした。物語のある動くアート作品に触れていたような気分です。
ran6post

ran6postの感想・評価

3.8
タイトルの意味がわかるラストが、お洒落で粋な演出。
一生懸命なのに、空回りして拗らせてしまう彼女が、かつての自分のよう。

終始モノクロ映像にした意味だけがわからない。

このレビューはネタバレを含みます

非モテで変人、空回りしてて、どこかうざったい、しがないダンサー、フランシスの日常を終始モノクロの映像で切り取ったお話。

躍りながら街を走り抜ける彼女の躍動感と絶妙にマッチした音楽が心地良い。

俺だったら部屋が散らかってる女子もベッドにいきなり飛び乗ってくる友達も、靴下脱がないでベッドに上がってくる女子も嫌だ笑

27歳って微妙な年。恋も友情も仕事も色々考える時期だよね。
最後ソフィーと仲直りできて良かった。

ハってどうゆう意味だろうってずっと思ってたら、ポストに入りきらなくて小さく畳んだ表札の表記は「フランシス ハ」まで。

お洒落なラストに繋がり、エンドロール。
cozy

cozyの感想・評価

3.9
ジムジャームッシュっぽい、
ただモノクロだからかなww
それよりかはメッセージ性ありますね。

オシャレ映画と言えばそれまでですが、何回も観たくなる作品

最後のオチはオシャレですね

地下鉄のホームで、ピーするシーンは最高〜!!

シティーをバックパック背負ってランしたくなる映画ww
>|