嘆きの天使 ナースの泪の作品情報・感想・評価

「嘆きの天使 ナースの泪」に投稿された感想・評価

daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

3.0
桃子(神崎詩織)は看護師。時に患者のセクハラに遭い、時に同僚ナースが患者とセックスする姿を目撃しながらも、日々マジメに仕事に打ち込んでいた。しかしそんな桃子にも人に言えない秘密が一つだけあった。 それは同じ病院で働く医師・二階堂との不倫関係。 決して実ることのない思いに身を焦がしながらも、桃子は彼に求められるがまま、体だけの関係を続けていた。 そんなある日、桃子は出勤途中に交通事故を目撃する。重症を負った大学生・達也を救急車で自らの勤務先へ搬送したことをきっかけに、彼の担当看護師として初めてのリハビリを受け持つことになった桃子。 優しく献身的な介護の甲斐もあり、達也の体はみるみる回復。 2人は患者と看護師という関係を超え、徐々に距離を縮めていく。 しかし桃子は相変わらず不倫関係を続けており、達也も一つだけ、桃子に言えない秘密を抱えていた・・・。 
単なる看護婦もののセクシー映画というだけではなく、「白衣の天使」になりきれない看護婦の恋と女心を描いていて、単なるセクシー映画にとどまらないハートウォーミングなテイストのセクシー映画。
Keiji

Keijiの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

一人でベラベラ喋って振り向いたらもういない、なんてベタな事もやらないし、コーヒーの対比などサービス精神旺盛な反面、堀口奈津美は自分でドアを閉めるし、運転手笑っちまってるしで良い。それまでがらんどうの様だった神咲詩織が泣き出した時の地獄感もよい
紫色部

紫色部の感想・評価

2.5
2018.7.18 CS

自転車での通勤やリハビリでの往復にドラマが宿る。前半こそかなり微妙だが、朝日→夕陽の転換、室内→室外へ移動する緑色、橋を捉えるためのアングル変化、映画的なカーテン・ベンチ・河の演出で魅せる後半の畳み掛けは流石の城定。ラストは『(ハル)』からの引用?
城定秀夫監督にしては、どちらかというと出来が良くないほうの部類に入る作品のようにおもう。

神咲詩織はかわいいけど。
あおい

あおいの感想・評価

3.4
Amazonって、ほんま幅広い。絶対TSUTAYAでみっけても借りないようなものを揃えてくる。

まぁいわゆるナースものなんです。医者と不倫中のナースが、新しく入院してきた大学生とも関係を持っちゃいます。これが意外とやるだけじゃなくて、ストーリーにも力入れててビックリなんです。

主役の女優さんはあらゆる演技が上手く、可愛いです。もう1人おばさん系の女優さんが出てるのも、この手の作品の鉄板です。男優さんも棒読みで冷めるようなこともなく概ね良好です。

一般的な映画として観たら、セリフも脚本もクソかもしれんけど、これを普通の映画と比べるのはアホがすることです。これを真剣にレビューするのもアホがすることかもしれません。でもこれは男の性ではないでしょうか?

世の男性諸君、これがあなたへのおススメに出てたら、ウォッチリストに入れないでいられるでしょうか?その胸にを手を押し当て、心に聞いてみてください。どうしておススメに出てるのかは聞かなくていいです。

前観た「ナースの残業」より面白いです。Amazonプライムの方は、見てみません?

Amazon Video#254
映画チャンネル見てたら始まって。
エロシーン目的で見てたんだけど、単純に面白かった。
女優さんも可愛かった。
心優しい白衣の天使と、彼女に思いを寄せる青年の切ない恋の行方。安定と信頼の城定作品。日常の自然でリアルな演出が光る。のり巻きのワサビのくだりは巧すぎる。付箋のメッセージ。「ゴメンはなし」♪太田胃散のCM
皆山

皆山の感想・評価

2.1
こういうチープそうな作品のわりにはちゃんとしたお話だったとおもいます!
tomomorero

tomomoreroの感想・評価

1.5
医師と不倫中のナースが、交通事故で入院してきた大学生と仲良くなって…みたいな話。
思った以上にストーリー性はない。
何も考えない映画を見たいと思ったけど、もー少し意外性があったらよかった。
良くも悪くも見た目通りの映画。
はくしゅん(笑

神咲詩織が可愛い。正直にいうとジャケ借りです。正直です。
主人公は真面目なナースという設定ですが、不倫をしています。何が真面目かよくわかりません。
まぁ…性格が真面目という設定なのですが、プライベートな描写や甘えるシーンなどは非常にいい!(エロい!)

ストーリーはいたって普通。昔のAVやエロ漫画みたいな感じ。
>|