ラブ・アゲインのネタバレレビュー・内容・結末

ラブ・アゲイン2011年製作の映画)

CRAZY, STUPID, LOVE.

製作国:

上映時間:118分

3.9

「ラブ・アゲイン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

個人的感想記録
ライアン・ゴズリングはこの映画の画像でよくイジられてる印象なのに観たことがなかったので観れてよかった。
予想できなかったので笑えたし、ほっこりして、よくできた映画だった。
出演者皆好きな俳優。
今では無理な配役。
メモ
💮のオススメでやはり良かった

奇妙すぎる複雑な繋がりがある日いっきに発覚して、全てが崩れたかのような辛い時期の後に、ハッピーな展開が待っていた!
弊害に負けない強い気持ちを持ち続けたからこそ、最後には実り合ったところが気持ちいい😊

軽くて楽しい好きな映画
色々な人の恋の形を表してる映画かと思いきや、最後は丸く収まる映画笑
でも、個人的にはダサ男からいけてるパパになったり、面白い映画☝️
・離婚を求めれたダサ男。バーで出会ったヤリチンに習ってイケおじに。そっから娘のこととか、元妻のこととか、ラブの話で。
・可もなく不可もなく。
エマストーンの緑色の目が綺麗。最後にかけての畳み掛けは凄い、けどエマとライアン・ゴズリングのカップルを認めるに至る展開は駆け足でないかい?と、思う。
笑えるシーンもあったし、良かったはずだけど、あんまりだったかな。
特に主人公が好きになれなかったのが大きいかな。
ライフみたいに最後にはかっこよくなるのかと思いきや、何も変わってない主人公。
で、それが彼の魅力、的な見せ方で終わったのも個人的にはマイナスかな。
ほっこりする家族映画。それぞれの想い、ストーリーがあって良い。エマストーンとライアンゴズリングと一家はどう繋がるんだろう?と思っていたら、なるほど、そういうことか という意外性が面白かった。みんなで揉みくちゃになるシーンはライアンと同じくこちらも吹き出してしまう。
全体的にめちゃくちゃよかった!!って訳じゃないけど笑えてなんだかほっこりする物語。別に励ましがメインの物語じゃないのになんだか少し気持ちが軽くなった気がした。

個人的にジェイコブとハンナのカップルが好き



キャラ関係メモ(自分用)
キャル→エミリー
エミリー(キャルの妻)→結果的にはキャル(?)

ジェイコブ(バーのイケメン)→ハンナ
ハンナ(キャルの娘)→ジェイコブ
((2人はバーで出会う))

ジェシカ(子守りの人)→キャル
ロビー(キャルの息子)→ジェシカ

デイヴィッド→エミリー
((エミリーの不倫相手))
前半、ライアンゴズリング先生のモテ男講座。
後半、ゴズリング息子になる。
まさかで笑いました。
最後のわっちゃーってなるところ、本当に笑ってしまう。

特に格言とかもないし、
なんか深いところも
あまりない。

けど、
なんか好きだわ〜〜
>|