パーティで女の子に話しかけるにはのネタバレレビュー・内容・結末

パーティで女の子に話しかけるには2017年製作の映画)

How to Talk to Girls at Parties

上映日:2017年12月01日

製作国:

上映時間:102分

あらすじ

パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きなセックス・ピストルズやパンク・ファッションの話に共感してくれるザンと、たちまち恋におちるエン。だが、ふたりに許された自由時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発したふたりは、危険で大胆な逃避行に出るのだが──

「パーティで女の子に話しかけるには」に投稿されたネタバレ・内容・結末


。。。ぽかん (いろんな意味で)

パンクとSF、ボーイミーツガール、の予備知識だけで映画館へ。op〜半分くらいまではわかるわかる、トマト食べたいし手を繋いで走り去りたいし近距離で叫ぶのもかわいい!
で、途中からだんだん、?が増えてきてそれが笑いに変わっていって、ふふって。ニコールキッドマン。。?
(アイライン可愛かった〜〜)

はじめの方から薄々、あれっ?と思ってたんだけど、最後の方に腑に落ちた、完全にbjorkだ (ちがう) 。むしろエルファニング本人までもbjorkに見えちゃったりしてた。

映像体験というとこからだと、とても楽しめた!何より音楽がよかった。。。。♡
エルファニングがそんなことまでしちゃうのか~。あの家に入ってからおかしな世界を見れました。音楽の勢いも凄くてあっという間に終わった。人で壁を作ってた。3人乗り難しそう。
自称・映画ヲタ「童貞と異星人の超カワイコちゃんとのラブストーリー!?観に行かねば‼︎」

〜鑑賞後〜

同「まあ、思ってたのと違うけど、"画とかカオスで、俺は、好きだったよ"」

−–−–−–−–−–−–−–−–−–
と、まさに、自称カルト映画ヲタなんつうきっしょい奴らが、"映画代損してないよ!と自分に言い聞かせるかのように"褒めそうな映画。

確かに予告編や邦題のオシャレで甘酸っぱそうな映画を観に行くと、宇宙人がアナルに指突っ込んで増殖してたりするので拍子抜けするが、そんなことくらいでテメェらは好きな映画にするのかい??

小難しい言葉描写ばっかでわけわからん。自称カルト映画ヲタなんかは、「ふぅん、あれはさぁ、○○を感覚的に述べたんだよ。え!?ワカンナイノ!?!?」なんてほざいてそう。いや、ワカランヨ。

エル・ファニングのゲロは良かったけど、なんか見え見えなんだよな…

観たことない描写は確かにあるけど、他が陳腐すぎる。

もはや、"パンク"という言葉さえもが、描かれすぎて陳腐になってしまったのか!?!?

"パンクと言えば、殴り込みだよねぇ"って、パンクって元々確立されちゃいけねぇもんなのに、また殴り込みって、枯渇か!?枯渇なのか!?

もう自由を新鮮で斬新に表現できないのか!?!?

非常に考えさせられました。

あとさ、最後に本にまとめるやつってさ、スゲェダセェ。
ポスターに騙されて終始意味不明だった人が沢山居そう。サブカル青春映画かと思ったら超難解な前衛SF映画。ポスターや予告編であえて普通の映画感出してるのが面白い。
キューブリックを超チープにしたみたいな演出がわざとらしく思えて、いまいちノレなかった。あの宇宙人の設定がイギリスの階級社会のメタファーと考えるとパンクvsカルトというストーリーがしっくりくるけど、どうなんでしょう。。
前衛芸術を鑑賞するときもそうだけど、全然そんな気分じゃないところにこのアバンギャルドさをぶっ込んでこられるとなんでや!!という気分になる

何も知らずに観たらだいたいの人が苦手そう。
異星人と地球人の愛とパンクの物語で
かなりSFによってるってのを念頭に
入れた上でやっと"鑑賞"の目になると思うし
ただそれを予告から宣伝しまくっちゃうと
観てくれる人がかなり限られるよね...

そして理解した上で観たらこれが
SFよりの愛とパンクの物語じゃない
ってことがわかる。

親から子への愛情も、子から親への愛情も、
他人への愛情も、グループとしての愛情も
全部詰め込まれた深い愛の物語。


何年も描かれてきた"差別"とか"格差"とか
"自由"とかを新しい方向から刺した話やと思う。
異星人の行動とかは私たちへの皮肉で、
存在は異性とかけてるとみるとまた面白い。

「傲慢にたくさんの資源を使ってきた」とか
「絶滅しないために子どもを食べる」とか
現代社会への皮肉でしかない。
裏で偶然にも"不都合な真実2"が
上映されてるのがおもしろい!


予告に騙されてでもいろんな人に
観てもらいたいし同じ考えの人がいたら
いいなって思った。好きな作品でした。
3人のキスシーンの画がよかった
日本語字幕が少し鼻に付いたのが残念
いろんな要素があり過ぎて消化不良ぎみ
ザンが嘔吐した感覚に似てるかも(?)

とりあえず今は、エル・ファニングが超絶可愛かったという点で満足してる
48時間という短い時間の中で始まり、そして終わる恋。

エル・ファニングの可愛さはじけるSFラブストーリー。

ハマる人にはとことんハマる、ハマらない人にはとことんハマらない。

そんな映画が僕は好きです。
私たちが二度と味わえない完璧な青春

遠い宇宙からやってきた美少女ザンは、キスもすればゲロだってする。それなのに、でもそれだからこそ、素直で嘘の無いザンとエンの愛は、今まで見た中で最高に綺麗だった。お互いに常識が通用しない世界で、心のままに触れて、認めて、愛して、壊して、叫んで。十代の私の心はぎゅうぎゅう詰めの電車、からっぽのお財布、無関心な親とそのコントロールに麻痺してたくさんのものを諦めて、叫ばずに、叫べずに十代を終えてしまったことに気づいた。もっと触れて、愛すべきものがたくさんあったのに、求める気力を失っていた。私は、高校生までアイスさえ母の許可なく食べたことがなかったし、唯一ずっと読んでいるマンガを部屋に置くこともできなかった。だから、自転車を3人乗りして、ポテトを壁に投げつけて笑いあって、テクニックも構成も気にせずに不満を歌に乗せて叫ぶ彼らが、目をつぶりたくなるほどうらやましかった。でも、ふたりの軌跡を「完璧な青春」にしたのは、それがただパンクだったというだけではなくて、”I love you.”のきらめきを支えに新たな価値を生んだところだと思う。あんな風にこどなからおとなになれたら。はたちを超えて、来年社会人になる私にはもう、「とりあえず叫ぶ」という選択肢はない。建設へたどり着く前にエネルギーが足りなくなったら、また代わりにザンとエンに叫んでもらうしかない。

最後に、本作も最高にキュートなエルファニングちゃんの、大胆な決断とますます魅力を増す虹色の表情にお腹の底からありがとうを叫びたいのだけど、近所迷惑になってしまうから、代わりに公開前にポスターを見て買ってしまったグレンチェックのコートを大切にしようと思う。
なかなかの力技でぶっ通してくれた感じ。

舞台装置と演者にお金をかけた
スペクタクル(カラフル)ファンタジー。
壮大な学芸会を見た感じがするのはどうしてだろう…。

姿を消したザンの思いを十数年越しに受け取るエン。
最後はこんな感じか〜と思ったけれど、
破滅ではなく種が繋がる様子を垣間見れてよかったです。

お屋敷のカラフルファミリーは、
それぞれのチーム(?)ごとにナイスキャラがいてすごくよかったな…。

エンの幼馴染の太っちょキャラも、
序盤からブリブリ好きにやってくれていい感じ!
(きみの第3の乳首も、いい音奏でてたゼ!)
>|