パーティで女の子に話しかけるにはのネタバレレビュー・内容・結末

パーティで女の子に話しかけるには2017年製作の映画)

How to Talk to Girls at Parties

上映日:2017年12月01日

製作国:

上映時間:102分

3.6

あらすじ

パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きなセックス・ピストルズやパンク・ファッションの話に共感してくれるザンと、たちまち恋におちるエン。だが、ふたりに許された自由時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発したふたりは、危険で大胆な逃避行に出るのだが──

「パーティで女の子に話しかけるには」に投稿されたネタバレ・内容・結末

抽象的な表現が多く、若さがあふれる作品だと思いました。
そして、ニコール・キッドマンさんがカッコよく、宇宙人達の攻撃の仕方が可愛かったです。
朝の小屋でエル・ファニングが主人公のパンク観に疑問を呈する場面。支配への反抗であるパンクが主人公の支配欲求と化しているという矛盾に直面する展開と当然思っていた。脚本に変更が加えられたのだろうか。
途中から、これは映画じゃなく演劇なんだと思うことにした。
久しぶりにこういうベクトルにぶっ飛んだ映画を見たが、まさに「考えるんじゃない、感じろ」と言わんばかりの映画。
正直万人受けはしないと思うし、途中退出していた人もやはりいた。私も家で見ていたら1時間半この映像にだけ集中していられてはないと思う。
設定と展開を早くに受け入れることが出来てしまえば、あとは所々のギャグにも笑えるのかな。
ニコール・キッドマンの役が好き。
異星人の変な動きには、思わず吹いた🤣けれど、最後ザンが帰ってしまう所でホロリ。エンの元へ子供たちが訪れたシーンには泣いた。Johnの愛溢れる世界観に、いつの間にか包まれていた。
ぶっちゃけストーリーは理解できない。
ベタベタなラブストーリーがベース。
エル・ファニングがただ可愛い。
エル・ファニングにならゲロぶっかけられたいと思わされる。

面白いかと聞かれると答えに窮する、また見たいかと聞かれると「絶対見たい」と言い切れる不思議な映画。

スカトロ、エロ、パンク、ラブストーリー、苦悩、色んな要素が混ざっていて、見た人に必ず何か共感できるところを残す不思議な映画。
大好き…音楽も服装も世界観も全部大好き。
宇宙人の女の子と出会って恋する話。ありえない展開だけど、エルファニング可愛すぎてもう、ほんとこんな宇宙人いたら好きになるわ!天真爛漫に地球楽しんでて、全部の文化を楽しんでくれる。超可愛い。でもその先がきになるじゃん。2人の先が。それも最高なの。終わりまで最高なの。全部。みるしかないの。スピード感すごいしほんとに好きだわー


昔のイギリスのパンクロックが好きな人って今も、イギリスでこんなかんじの格好してんのかな???だとしたら最高。
青春×パンク×SF

イギリス人はもちろん、かなり自由に見える宇宙人も、彼女たちなりのルールや規範に縛られている

様式化された自由で社会のコードを壊していくパンクの精神が、宇宙人たちを解き放っていく

という話なのかな…?

アナーキズムを標榜するパンクをもって、多数決の原理を抜け出せないところに、真の自由の難しさを感じなくもない

ちなみに一番笑ったシーンは、強制的に3Pになってしまうとこ
1890ごろ? 英米関係、青春の閉塞感、親と子、保守と革命に人口爆発の未来、そして愛。直接的な比喩とパンクという概念が入り混じりつつ、異星人というSF要素とキスや頬舐めよりも「愛してる」でガツンとやられるエルファニングの魅力にもう見ていて呆気にとられた。
ロケーションを見ていると、限られた中で撮影している感が伝わって来てやる気をノックしてくる作品だった
ボーイミッツガールと聞いて500日のサマーとかエリザベスタウンとかウォールフラワーとかあの頃ペニーレインとか、そういったほろ苦オサレ青春映画かなぁと思って観にいったのがダメだった笑

残念ながらツボに入らなかった

あまりストーリーに感情移入できなかった。異星人の館のシーンはぶっ飛び過ぎてて、苦笑いが出てしまった笑
自転車乗ってるシーンとかのシャッター速度を落としてるのはなんでなんだろと思ってたけど未来の主人公が過去を振り返ってるよってことなのかな?
肝心のライブシーンは予想を遥かに凌駕させられて度肝を抜かれた、後光が差して顔のアップはいきなりボリウッドのミュージカルを観せられてるのかと思ってしまった笑

スイスアーミーマンがトンデモ設定で取り上げられてたけど、こっちの方がトンデモないよ、ほんと画面が。

冗談が正直笑えなかった、下品すぎた。笑えないタイプの下品すぎる冗談。
序盤はこの映画をどういう立ち位置で観るかに戸惑う。これは真面目なシーンなのか、それとも笑わせようとしているのかと。まさに未知との遭遇。

ある程度ストーリーが進んでいくと立ち位置がわかってきて居心地の悪さがなくなって、楽しみ方がわかって、それなりに楽しめた。性のコロニーの人と主人公の友達のくだりは笑った。あんなの顔芸やん、笑うわ!ストーリーやキャラクターには魅力を感じられなかった。

異星人ってのを最初から知らないで頭のおかしいカルト集団ってことにしといて最後に実は宇宙人でしたってしとけば結構面白いのではと思った

エルファニングが男物の服を着てるのが、かわいい、とてもかわいい。
チャーミングなエルファニングを見るにはオススメしたい映画ですね
2018/02/28(Wed)

久しぶりにこんなにハチャメチャなの観たな…
下品で粗野でサイケでシュール、でも最高に可愛くてキラキラしてたんだ!
観終わって「あー!楽しかった!」ってなった。

大人のルールはクソくらえ!かっこつけて空回っても、呆れるくらい真っ直ぐで、一瞬だって先のことは考えない!だってその一瞬が全てだから!
そういう10代のキラキラがこれでもかってくらい詰め込まれてる。
そんなキラキラなボーイミーツガールだけど、女の子は異星人、これがたまらない!!
無鉄砲な少年も青春の酸っぱい部分を味わって…
ラストはすごく優しくて、愛に溢れてた。

エル・ファニングの可愛さったらもう。何しても可愛い。
ニコール・キッドマンのパンク姉さん、最高だったわ。
>|