パーティで女の子に話しかけるにはの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

パーティで女の子に話しかけるには2017年製作の映画)

How to Talk to Girls at Parties

上映日:2017年12月01日

製作国:

上映時間:102分

3.6

あらすじ

パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きなセックス・ピストルズやパンク・ファッションの話に共感してくれるザンと、たちまち恋におちるエン。だが、ふたりに許された自由時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発したふたりは、危険で大胆な逃避行に出るのだが──

「パーティで女の子に話しかけるには」に投稿された感想・評価

なにから話せば良いかわからない。一言でまとめるなら、滅茶苦茶パンクだった。70年代後半若者の誰しもが自由を渇望していた時代、社会からの自由がフォーカスされていた時代。そこにたどり着いたのは全てがシステム化された、宇宙人たち。まるで共産主義の様な分業制で厳しいしきたりが存在する。それをぶち壊そうとする活気溢れるパンクが固定観念をぶち壊す徹頭徹尾でパンクな一作と感じた。生きとし生きる全ての生き物が新しい方向へ進むパイオニアな感じが新しい時代の到来を感じさせた。
エルファニング可愛過ぎかて!
あお

あおの感想・評価

2.0
なんなんだーー!
最後までわからなかった
でもたまにはこういう作品もいいかな
okome

okomeの感想・評価

3.7
エルファニングちゃんと、【異性が〈異星人〉に思えたあの頃】っていうキャッチコピーに惹かれて

開始直後に「あれ、これ文字通り異星人なやつだ(笑)」となるくらいに何の予備知識もなく鑑賞

エルファニングちゃん可愛い、天真爛漫な美少女最高


ハッピーすぎない、1番じゃないハッピーエンド、だいすきだよ
松永

松永の感想・評価

4.2
昔懐かしい青春映画かと思いきや、同時に未来が混在していた。とにかく新鮮で前衛的。それでいて1970年代をこの作品は思い出させてくるのだから、とても奇妙な感覚に陥った。

ヒロインを演じるエル・ファニングが非常に純粋で愛らしかった。遠い惑星からやって来た宇宙人というだけあって言動が我々人間には理解できないものばかりなのだが、それでも彼女は可愛かった。あんな宇宙人と出会ってしまったら誰だって恋に落ちてしまうだろう。この難しい役を体当たりで演じている姿が良かった。ゲロを吐きながらキスをする彼女を観ることができるのはこの映画ぐらいではないだろうか。

取り敢えず、パンクでドラッグのような内容。オチには謎の感動があった。私も今すぐ外に出て何も考えずに叫び出したい、そんな気持ちになる映画だった。この映画を観る際には是非爆音で鑑賞して欲しい。

くたばれ!くたばれ!くたばっちまえ!

物語 ★★★★☆
映像 ★★★★☆
演技 ★★★★☆
音楽 ★★★★★
満足 ★★★★☆
このタイトルで、この内容を想像できる人は多分いない。そのくらい突飛なお話でした。悪くないかもしれないけどそういう話だと思って見に行ってないからまったく入り込めなかった。
蛇らい

蛇らいの感想・評価

3.9
自分も含めパンクシーンの最盛期を知らない若い世代はザンと同じ目線でパンクミュージックを体感できる映画だと思う。
あとはもうエル・ファニング最高!
ゲロ吐いても、下水管からクソが漏れてる横でトマト食っててもエル・ファニングはかわいい!
隅

隅の感想・評価

4.2
ファッションがとにかく素敵だった!音楽もめちゃめちゃ良い!パンクな女の子になってみたかった……

地球では若者が社会や大人達に対して不満を募らせるように、地球外生命体でも自分の置かれた境遇に反抗しようとする少女がいて…音楽はいつの時代も心に寄り添ってくれるのではないかと思った。

初見なのでハッキリとは覚えていないけど、''どの種族(人種?)も若者を喰うよ''というセリフが印象的。

エル・ファニングが最高!!!終始可愛い〜〜
misa

misaの感想・評価

3.8
ストーリー性がありすぎるのか、なさ過ぎるのか、理解できない部分が多かったがものすごく刺激を受けた
haretsch

haretschの感想・評価

2.8
12時30分の回。

パンクは好きだし、オープニングでダムドのnew roseがかかったから興奮したんだけど・・・

個人的に合わなかった。

別に内容がぶっ飛んでるのが嫌いな訳じゃないし、宇宙人?エイリアン?側がある種のメタファーになってるのもわからなくはないが。

主人公の男の子が錦織圭に見えてしまった。
あとエンドロール見て、あれニコール・キッドマンだったんだって気づいた。
宇宙人ものの青春ドラマ。
宇宙に帰る時、空へではなくビルから落下するのがおもしろい。不思議な感覚を楽しめる映画。
>|