パーティで女の子に話しかけるにはの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

パーティで女の子に話しかけるには2017年製作の映画)

How to Talk to Girls at Parties

上映日:2017年12月01日

製作国:

上映時間:102分

3.6

あらすじ

パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きなセックス・ピストルズやパンク・ファッションの話に共感してくれるザンと、たちまち恋におちるエン。だが、ふたりに許された自由時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発したふたりは、危険で大胆な逃避行に出るのだが──

「パーティで女の子に話しかけるには」に投稿された感想・評価

エルファニングかわいいし話の展開も最高!なんだけど、「もっとできるよ〜もっとぶっ飛んでほしいよ〜〜」と終始思ってた
ヘンテコ映画。こういうのあってもいいね。マジカルなファンタジーな感じがヘドウィグの映像思い出したよ。ゲロはあんなきれいじゃないだろ。エルちゃんが男の子の格好するのはかわいかったね。
Toshiaki

Toshiakiの感想・評価

3.0
意味不明なんだけど、エルファニングがとても良い。イギリス人のこういう感覚は嫌いじゃない。
シングストリートみたいなのを予想してたら、トレインスポッティングだった。飛んでたなー。
Yuumi

Yuumiの感想・評価

3.5
駆け込みで観てきました!ずっと観たかった作品で、もちろんエルちゃん目当て。パンクな世界に宇宙人?がやってきた?みたいな?だいたいそんな感じでしょうか?笑
内容はなんかもうすっからかんと言うか、中身なんてなかったけど、面白かった!ユーモアもあってテンポも良くて、個人的にバンドが好きなので歌もノリノリ。
あと、あのラストもいいですね。何かホッとする。エルファニングが好きな方は楽しめる作品かなと思います。
17 想像の斜め上をいった。シュールすぎて笑った。エルファニングかわいすぎて泣きそう
エル・ファニング主演!ジョン・キャメロン・ミッチェル監督待望の最新作!77年ロンドン、遠い惑星から来た美少女と冴えないパンク少年の恋。音楽とファッションに彩られたラブ・ストーリーの傑作誕生!!
NANOHA

NANOHAの感想・評価

4.3
名画座で鑑賞
宇宙人のパーティに迷い込むところとかロッキーホラーショーを彷彿とさせて楽しかったし、映像が微妙にダサい感じとかが70年代らしくてよかった!
パンクスといいモッズといいスキンズといいフーリガンといい、イギリス映画の不良キッズたちって一生懸命で不器用な感じがカワイイ
Penny

Pennyの感想・評価

3.6
なんか本当に意味不明のストーリーだったけど、すっごいシュールで面白かった!
そして最後はほっこり。観て良かったなって私は思いました。

映像の撮り方も他とは違うところがあったり、パンク要素満載のファッションや部屋がとにかく可愛かった!

エンとザンが歌うシーンは最高!
何にでもなれるエルファニングは本当に天才だと思いました。

万人受けを狙うわけでもなく、自分が作りたかった映画を作ったって感じで好きかも。

って映画を観ただけではインパクトのあるストーリーに圧倒されて深く話を考えられなかったけど、パンフレットを読んでこの映画の見方も価値観も変わった。
いろんなことが詰まってる。
若者。親。愛。現代社会。パンク。音楽。反抗精神。

もう最高じゃん!
もう一回観ます。
予想外映画!ポスターのイメージとはまったくちがった!笑
わりと昔のSFのような、いい意味で予想を超えてきたカオスな映画。カメラワークというか、ブレた加工がカラオケの映像みたいな感じのシーンがあり、結構好き。2人がはしゃぐシーンがめちゃよかったです…。エルファニングかわいすぎ…。観て観ないと分からない予想とは違う感おもしろい。
タイトルだけ見てこういうの大好き〜!と思っていたらトラウマSFで辛かった。耐えた…という感じです。
パンクは好き!
>|