パーティで女の子に話しかけるにはの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

パーティで女の子に話しかけるには2017年製作の映画)

How to Talk to Girls at Parties

上映日:2017年12月01日

製作国:

上映時間:102分

3.5

あらすじ

パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きなセックス・ピストルズやパンク・ファッションの話に共感してくれるザンと、たちまち恋におちるエン。だが、ふたりに許された自由時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発したふたりは、危険で大胆な逃避行に出るのだが──

「パーティで女の子に話しかけるには」に投稿された感想・評価

赤鬼

赤鬼の感想・評価

3.5
カルト映画で、ラブ要素もあって、よく分からないけど面白いなとは思えた映画。エル ファニングはやっぱり役者だなと見ていて改めて実感しました。きちんと作品毎に別人になれてるのは本当に凄い。若くて綺麗で、でも可愛らしさもあって、子役からキャリアをスタートさせていて、こうして大きくなっても役者として仕事が貰えている。ただただ尊敬。
パーティーで女の子に話しかけるには
「宇宙人、恋とパンクに目覚める。」

パーティーで出会った不思議ちゃんな女の子と恋に落ちたけど実はその娘は宇宙人だった、というお話。

簡単に言えばボーイミーツガールにSFの要素を足した感じ。この映画独自な宇宙人の設定がそこかしこに描写されてるが、正直良く分からんかった。変に小難しくしないで、シンプルな宇宙人娘と地球人との恋に重きを置けば良かったんじゃないかなあ。

ヒロインであり宇宙人役のザン演じるエル・ファニングの可愛さが全面に押し出されていて、彼女のファンなら悶絶モンだろう。彼女が出ている映画は何本か見たけど、ファンじゃない自分から見ても今までで1番可愛かったな。あとニコール・キッドマンがイっちゃってるパンク女演じてるのが良かった。てかエンドロール見るまで彼女だと気付かなかったわ。

かなりクセの強いラブコメなんで、賛否は激しそうでもある。自分もどちらかと言えば合わなかったなあ。劇中のパンク曲もあまりノレなかったし。エル・ファニングの可愛さでついていけたぐらいの感想に落ち着く。
意味とか考えだしたらよくわからなくなるけどフィーリングで良いと思う
パンクってのは音楽じゃなくて生き方だってことを前提に見ていくとしっくりくるかな
はな

はなの感想・評価

3.0
監督のオナニー映画としか思えんかった…
あまりの意味不明さに寝てしまったからもっかいちゃんとみよう
SF。カルト。パンク。
これは想像の斜め上をいく映画だった。
エルファニングがかわいいということに尽きる。踊り狂ってるところも最高。
りた

りたの感想・評価

-
エルファニングを拝むためのパンクカルト映画

父「オウムかな?」
hqho

hqhoの感想・評価

3.8
話はよくわかんなかったけどビジュアルとキャラが好みだったので結構面白かった。アホっぽいけどわりとマトモそうなエンの金髪の友達とかニコール・キッドマンにほだされてやさぐれたPTステラとか好き。エルファニングはとにかくかわいい。あの髪型彼女がたぶん1番似合う。あとスコットランドとかアイルランドとかイングランドの方の訛りが耳に良いです。期待していたより良かった
自分はパンクに憧れた世代ではありませんが、『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』や『サブマリン』のようなはぐれ者たちの青春を感じました。エル・ファニングが可愛い!自分も「パンクって何?」と思いながら観ていました。
宇宙人が色んな意味で宇宙!(笑)
もえか

もえかの感想・評価

2.0
内容と世界観がぶっ飛びすぎてて頭が追いつかない笑
どういう気持ちで観てたらよかったのか未だに分からない。すっごい思いつめた時とかに観るともう全部どうでもよくなりそうな映画。
「私は一体何を見ているんだ」と9回くらい思った。
なんでTSUTAYAでピックアップされてるのか分かんなかったけど、私にはまだこれを見るには早かったんだと思う。
>|