パーティで女の子に話しかけるにはの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

パーティで女の子に話しかけるには2017年製作の映画)

How to Talk to Girls at Parties

上映日:2017年12月01日

製作国:

上映時間:102分

あらすじ

パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きなセックス・ピストルズやパンク・ファッションの話に共感してくれるザンと、たちまち恋におちるエン。だが、ふたりに許された自由時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発したふたりは、危険で大胆な逃避行に出るのだが──

「パーティで女の子に話しかけるには」に投稿された感想・評価

chanmo

chanmoの感想・評価

3.8

エルファニングがもうたまらないんやけどニコールキッドマンも最高でした。
異星人がクレイジーすぎて、仕事終わりの疲れた状態で観てちょうど良かった。
とっても楽しみにしていた映画。

自分にはできないけど、ずっとパンクファッションに憧れているから、この映画に出てくる服、小物、髪型、音楽ぜんぶぜんぶ好きでした。

ザンがとにかくかわいい。「新しいこと」を見るたびに見せるキラキラした目、仕草、きゅんとしました。
エンがザンを連れて「パンクなこと」を色々するシーン、すっごく良かった、2人ともほんとに楽しそうで。

ラストも良かった◎
多様な価値観を溢れるいま、お互いのそれがぶつかり合うことは珍しいことではないし、その時に必要なのは自分の意思をはっきり貫くこと。そういう動じない反骨精神と自己を貫く意思をパンクから引き継ごうと描いたこの作品が『20センチュリーウーマン』に引き続き、今年観れたのは有難い。
てるる

てるるの感想・評価

4.0
可笑しくて切なくてシュールでクレイジーなラブストーリー。

「ワールズエンド」「アタック・ザ・ブロック」など、イギリス映画お得意のはみ出し者vsエイリアンかと思いきや、最後にあんな感動が待ってるとは。

もちろん対決はします。
しますけど、テーマは異文化の交流。
パンクが宇宙人を覚醒させる!

パンクって音楽だけと思われがちだけど、もとは反体制や反権力などのイデオロギーやatitudeから始まり、音楽やファッションなどのサブカルへ発展したもの。
でもこの映画の設定である1977年から既に人それぞれのパンクとして成り立っていた。

でもそんな難しいこと考えなくても、パンクを知らなくても楽しめる。
異文化同士の勘違いがもたらすシュールなラブコメがメインだし。

こんな変な映画が心を打ったのは確実にエル・ファニングの存在のおかげ。

ゲロ撒き散らしながら微笑むエル・ファニングの可愛さ。
顔も指も何かしらのソースもベロベロ舐める可愛さ。
そして彼女が決断をする時の強さ。
ここ最近、姉を超える活躍を見せる彼女の魅力が超新星爆発してる。
あ!あとメンズの服を着る女子たまらないよね!笑
それに「はじまりのうた」でもあったけど、音楽を二人でシェアするデート最高です♪

地味にニコール・キッドマンもチョイ役ながら重要な役。
一人だけ日本人がいて、エンドロールではマツモトヒナコって出てたけど、ロンドンを拠点に活動してる人らしい。

確実に好き嫌い別れる映画だと思うけど、ハマる人にはハマる。
そして自分にはかなりハマった。

エンドロールの「Between the Breathe」も好きすぎてサントラ買おうと思ったら、spotifyにあって帰りの電車で聴きまくった。
良い時代になったもんです。
jamming

jammingの感想・評価

3.5
エルちゃんもいいけど
アレックスくんが彼女をひきたててると思いました。^ ^
彼の今後に期待!
もひー

もひーの感想・評価

3.9
今年観た映画ベスト3を自分なりに考えてた最中に流星の如く現れた衝撃作。ダークホース的存在。No.1じゃないけどOnly oneな映画。映画で笑いが堪えられないって人生で初めて。決してコメディみたいな「笑わせに来る」映画じゃないと思うんだけど、一旦ツボに入ると抜け出せない。シリアスなシーンでも少し前のシーンを思い出して吹き出すレベル。ただ、ツボに入らない人には最後までのってこない映画。普通のコメントとしては、エル・ファニングがもうとにかくadorableで、くるくる変わる表情に目が離せない。あと、meditation的な音楽がかっこいい。みんな観てほしい。この独特の世界観。
nero

neroの感想・評価

3.0
予告ではパンクボーイの脱チェリーを描くせつないティーンズドラマ系かと思ってたら、なんとまあ、異種コンタクトSFラブストーリー???

舞台は1977年、エリザベス女王即位25周年に湧くロンドン。若者のメインストリームはパンク! パンクな生き方に憧れる学生エンは、仲間2人とギグに紛れ込むが相手にされない。迷い込んだ妙なパーティ会場でエンは美少女ザンと出会う。”コロニー”と呼称する6つのグループごとに不思議なダンスや触れ合いに興じる彼ら。エン達も巻き込まれトリップしていくが、彼らは地球人類ではなかった。観光なのか逃亡なのか、目的はよくわからない。48時間後には(地球を)去るという状況で、ザンは許されない現地人との接触を宣言してエンと街に脱出する。

当時ロンドンを席巻していたパンクムーブメントど真ん中の若者たちと、カルトなエイリアンチームとのコントラストが面白い。特にスペイシーでアヴァンギャルドなコスチュームは、クレージュなどの当時のパリコレを思わせる。確かに70年代のカルチャーが放っていた空気感を存分に楽しめたのはうれしい。
ただ、サウンド面は結構新しいんじゃない? ザンがステージで披露するパフォーマンスを観ていると、ラップってパンクの延長にあるのかもしれないと感じたりもして。パンクミュージックって外郭触れたくらいの体験しかないからなあ。

ドラマは、2つのチームがぶつかり合って、ちょっとだけ分かり合い、彼らは去っていく。言ってみればそれだけ。まあ秩序と自由とか、群体と個体とか、相克と融合に関わる意味付けもできるんだろうが、メインテーマはそこにはないよね。
SFとして作られているわけではないのだろう。特撮やCGなどはほとんどなく、ビニール/プラスティックをメインにしたエイリアンのコスチュームだけで宇宙感を表現していると言っていい。もちろん予算的にも低いのだろうが、チープではなく存在の異物感は充分感じられた。エンディングのオチもスマートで好み。
ボウイの「地球に落ちてきた男」を思い浮かべたりもしたが、原作がニール・ゲイマンと知って納得。ドクター・フーの空気に近いね。SF風味のファンタジーなわけだ。知らなかったが「コララインとボタンの魔女」も彼の著作なんだ。

ところで、エル・ファニングって可愛いの? 「ネオン・デーモン」とかでも絶対美少女として扱われていたが、正直よく解らんのよ。
lisa

lisaの感想・評価

3.8
パンク。
パンク。
パンク。

SFは苦手だけど、オシャレで、どこか切なくて。

人間は自由を求めるもの。

自由=パンク
なのかは私にはわからないが

自由への一歩は確実にそこにあるもの。

人を好きになること、自由になること、我がままに生きる、そして仲間

人生はいつでも選択に迫られる

でも、その先に切なくとも幸せはある。

そんな映画。


この映画、アホでハチャメチャでバカらしいけど。深い何かがあって、感動的でもある。

画面がとても美しいし、どこを切り取っても画になる。耳にも染みる音楽。


私はすごく好みだった。
A

Aの感想・評価

3.2
ただひたすらにエル・ファニングが可愛かった。本当に可愛かった。
正直パンクとかちょっとよく分からないから、ずっと何か不思議な光景を眺めていたという感じ。でも、メッセージは何となく伝わった気がする。ラストとニコール・キッドマンはよかった。
ところで、パーティで女の子に話しかけるにはどうすればいいんですか?いや、そもそもパーティに縁がねぇや。なんとかならねーかな。
カラフルでキュートなカオスっ。
ほろ苦く切ない恋と自由への切望。
『Punk me!』ってわたしもゆってみたかった。

違う世界に連れてゆかれたような陶酔したトリップ感でゆらゆらと可笑しくて楽しっ。

燃えるように生まれた"愛"のカタチにきゅんとなる。
幸せと平和への挑戦。
そして、おかえりなさい◎。。
>|