海賊とよばれた男の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「海賊とよばれた男」に投稿された感想・評価

海賊とよばれた男

2013年に公開された「永遠の0」の岡田准一×山崎貴×百田尚樹が再び。
出光興産創業者 出光佐三をモデルとした百田尚樹のベストセラー小説を映画化。
1945年 敗戦後の日本
国岡商会の店主 国岡鐡造(岡田准一)は、売るべき石油がなくなろうと 店員を誰一人解雇することなく道を切り開こうとしていた。
そこに至るまでの過去 訪れる苦難の数々を通し、日本人の未来を誰よりも信じた男の 海賊とよばれた男の半生を描いた作品だ。

役者は皆素晴らしいし、20代〜90代までを演じ分ける岡田准一がスゴい。
決してつまらない作品ではなかった。
が、終始上の空感が否めない。

極論かもしれないが、出てくる人間は3パターンしかいなかった。

勇ましい人間
勇ましい人間に感化される人間
典型的なイヤな人間

そんな風に括れてしまう人間達に魅力を感じるのは難しい。
あなたやぼくと同じ人間の出来事だと実感するのも難しい。

今あなたは家にいるかもしれない
道を歩いているかもしれない
電車に乗っているかもしれない
カフェでお茶をしているかもしれない
何にせよ、周囲に人がいると思う。

見ず知らずの他人なんて(お互い様だけど)パターン別に括れてしまう連中だし、よっぽどのことが無ければ興味も抱かない。
その心を感じ取ることなんて絶対ない。

スクリーンに映る人物達が果たしてそれでいいのだろうか。
いや、いけない あってはならない。

何故そういった想いに至るのか
何故そんなにも逞しくいられるのか
何故そんなにも捻くれてしまうのか

そこに至る心のプロセスを大きく欠いて描いている場面が多過ぎるため、深い感情の領域にまで引き込まれることがなかった。

トラブルが起きたかと思えば、あっという間に解決して次の展開へ向かう。
そのトラブルに際し生じた葛藤が深く掘り下げられることなくシーンが切り替わっていくため、観客の心は置いてきぼりを喰らうことが多い。

点として描かれるシーンばかりで、線として連なっていくシーンにまで達していなかった。

現在と過去を織り交ぜながら描く手法はよくあることだが、明かすべきでない要素を先に明かしてしまっている場面が多い。

誰が死ぬことになるのか
妻とどうなるのか
船がどうするのか

国岡鐡造にとって重要な出来事のはずなのに、その末路が予め分かってしまう。

その細部を把握できずとも、辿り着く答えが分かってしまっている以上 ハッとさせられることは起こり得ない。

分かっていながらも、すべてを凌駕するだけの素晴らしいシーンも描かれちゃいない。

予告編に関しても重要な場面を使い過ぎていて、終盤における感動の妨げにしかなっていなかった。
日章丸事件等の実話ベースであるためネタバレもクソもないのかもしれないが、最後までハラハラさせて欲しかった。

国岡鐡造という男を モデルとなった出光佐三がやってきた仕事面を知ることはできるのかもしれないが、彼の人となり その心の奥底まで垣間見えることは一度たりともなかった。

力強い人間達の力強い部分ばかりが注力して描かれる。
本当に見たかったのは、力強い人間達の弱さ その弱さをどう払拭するのか
弱さを振り払った上で手にする力強さであった。

上下巻に至る原作小説を145分でまとめ上げる
そのために生かすべきエピソード 捨てるべきエピソード
その選定が 描くべき心の葛藤がズレていたように感じる。

劇中の魅力的なセリフ「いっちょやってやろうやないか」に感じたアツさを、胸の高鳴りをもっともっと見せつけて欲しかった。

青春★★★
恋 ★
エロ★
サスペンス★★
ファンタジー★★
総合評価:C
がみお

がみおの感想・評価

3.9
ピエール瀧
saa

saaの感想・評価

3.6
記録
あの長編大作の原作を、映画化するのは無理だろうと思っていた。映画化されことだけでも、非常に価値がある。
カジ

カジの感想・評価

3.4
原作が大好きなだけにちょっと残念。
百田尚樹が出光佐三をモデルニ著した同名小説の映画化。原作は未読です。
岡田准一のそつのない演技もいいけれど、まわりを固める俳優達がいい感じ。THE男祭り。
小林薫、いいねー。
色々と感動しましたが、もう少し、この偉業を成し遂げた男の魅力を出して欲しかったかも。ラストになって、身をひいた妻の綾瀬はるかのシーンで感動をもっていったのはちょっと勿体無かった。
まわりはすすり泣く声もきこえましたが、私は泣けませんでした。

息子も姪っ子もいまいち難しかったようですがお気に入りのシーンを聞いたら、日承丸が出航したシーンだと言っとりました。
息子よ。母もそう思う。
Motty

Mottyの感想・評価

-
普通に好き
CG感がすごい
えん

えんの感想・評価

4.0
岡田くんの演技がすごい!あれだけの幅はなかなか出せる俳優いない。
組織の団結力とか思いやりに感動させられた!
ラストも泣かせにきたけどちゃんと泣いた。
>|