ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男の作品情報・感想・評価

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男2017年製作の映画)

Darkest Hour

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.9

あらすじ

第二次世界大戦初期、ナチスドイツの勢力が拡大し、フランスは陥落間近、英国にも侵略の脅威が迫っていた。連合軍がダンケルクの海岸で窮地に追い込まれる中、ヨーロッパの運命は新たに就任したばかりの英国首相ウィンストン・チャーチルの手に。ヒトラーとの和平交渉か、徹底抗戦かー。チャーチルは究極の選択を迫られる。議会の嫌われものだったチャーチルは、いかに世界の歴史を変えたのか。実話を元に、チャーチルの首相就任…

第二次世界大戦初期、ナチスドイツの勢力が拡大し、フランスは陥落間近、英国にも侵略の脅威が迫っていた。連合軍がダンケルクの海岸で窮地に追い込まれる中、ヨーロッパの運命は新たに就任したばかりの英国首相ウィンストン・チャーチルの手に。ヒトラーとの和平交渉か、徹底抗戦かー。チャーチルは究極の選択を迫られる。議会の嫌われものだったチャーチルは、いかに世界の歴史を変えたのか。実話を元に、チャーチルの首相就任からダンケルクの戦いまでの知られざる4週間を描く感動の歴史エンターテインメント。

「ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男」に投稿された感想・評価

まつき

まつきの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・ミッドタウン日比谷及びTOHOシネマズ日比谷オープン初日、先行公開で行ってきた!新宿はすぐ席うまっちゃうけど、こちらは直前まで余裕があるから、「寄っていこっかなー」って感じで席取れるのがいいですね!

・重いテーマだけど、演技・演出・セリフ、全体的に軽妙な作りになっている。

・ウワサの辻さんのシゴトはやはりすごい。当然オスカーをとったゲイリー・オールドマンの演技もすごい。だからキャラクターが生きている。だから世界観のリアリティが増す、強度が増す。そういう映画はやはり引き込まれる!

・ヴィクトリーのVサイン。裏返しは・・・笑

・チャーチル、特段人格者というわけではなかった。戦況の隠蔽だって、ある意味『ペンタゴン・ペーパーズ』でニクソンがやっていることとそう変わりはないような気もするし、ニクソンは悪として描かれている(歴史でも悪とされている)。チャーチルにあったものは、ただただ等身大の人間らしさみたいなものと、民衆の声を聞く耳と姿勢だ。そしてその民衆を始めとした”人々”を鼓舞できる、上手な話術があった。人格者のヒーロー実話ものもそりゃ面白いのだけど、一風変わったヒーローに不思議な満足感があった。芸術の才覚の話にも、私、とても興味があります!素敵だなぁって思いますぅ!

・というチャーチルの魅力が本作のキモと考えれば、チャーチルを演じる人の演技が本当に重要になってくるし、そこに前述のとおりゲイリー・オールドマンがバッチリ決めてきたってことが、本作の魅力につながってくるよなー!
あっという間に終わった。チャーチルの葛藤、国のトップとしての責任、プライド、孤独。よくストレスに潰されなかった。彼がいないと今のイギリスはない。それがよく分かる作品です。
なきょ

なきょの感想・評価

3.3
ゲイリーオールドマンさんなので鑑賞。
特殊メイクがすごすぎてゲイリーオールドマンさんみがあまりなかった。
イギリス人のプライドが感じられるシーンでは、伝統ある国のかっこよさも感じつつ、玉砕をも厭わない姿勢に危うさも感じて、なんだか日本の特攻隊とかとも被って複雑な気持ちになった。
そもそもイギリスが第二次大戦中あんなに追い詰められていたことを知らなかったので、歴史を勉強できる良い映画だった。
良かった。ゲイリー・オールドマンかっこいい。些かチャーチルの事よく書きすぎ?て思ったけどよく知らんから分からん。
とり

とりの感想・評価

4.0
ダンケルクの後の公開だったので、背景が分かってとても良かった。
スピーチ力の強さ、意志の強さ、頑固で偏屈だと言われたチャーチル、良くも悪くもそれがカリスマ性を感じる。

ゲイリーの演技に圧巻でした。


▽きろく
大きなイベントは無いけど、ずっと見入ってしまいました。電車で街の普通の人の意見を聞く場面、感動しました。人も傷つけるし家族も顧みないし偏屈だけど、必死で真剣で自分の信念を持つチャーチルがかっこよかった。そしてダンケルクの戦いの裏にドイツへの降伏という背景があったこと知らなかったです。勉強しなきゃ。
あご

あごの感想・評価

4.6
これもまたおもしろかったです。
1つの歴史の出来事を視点から見るととても興味深い。
ウィンストンチャーチル
英国王のスピーチみてたから繋がってた
mick

mickの感想・評価

4.4
ゲイリーオールドマンがすごい。
意外と茶目っ気のある場面が多くて驚いた。
ダンケルクとセットで見ると燃えるかも。
書庫番

書庫番の感想・評価

4.1
2018年04月13日 シネマシティにて鑑賞。

何か、ずっと観てられるよね。
安定感が凄い。
そして映画として面白い。
主人公の人間臭さを全面に押し出し過ぎると「あれっ?」となる事も間々あるが、本作はその辺のバランスも程良い。

酒豪・チャーチルの姿が描かれており、週一の国王との接見でシャンパーニュをグイグイ飲むシーンはニヤニヤしながら観てた。
首相就任後、家族との内祝いで飲むシャンパーニュはポル・ロジェ。
字幕はシャンパンだったが、そこだけは何故かはっきり聞き取れた。(笑)

鑑賞後はやはり『ダンケルク』を観直したくなるよね。
>|