ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男の作品情報・感想・評価

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男2017年製作の映画)

Darkest Hour

上映日:2018年03月

製作国:

上映時間:125分

あらすじ

第二次世界大戦初期、ナチスドイツの勢力が拡大し、フランスは陥落間近、英国にも侵略の脅威が迫っていた。連合軍がダンケルクの海岸で窮地に追い込まれる中、ヨーロッパの運命は新たに就任したばかりの英国首相ウィンストン・チャーチルの手に。ヒトラーとの和平交渉か、徹底抗戦かー。チャーチルは究極の選択を迫られる。議会の嫌われものだったチャーチルは、いかに世界の歴史を変えたのか。実話を元に、チャーチルの首相就任…

第二次世界大戦初期、ナチスドイツの勢力が拡大し、フランスは陥落間近、英国にも侵略の脅威が迫っていた。連合軍がダンケルクの海岸で窮地に追い込まれる中、ヨーロッパの運命は新たに就任したばかりの英国首相ウィンストン・チャーチルの手に。ヒトラーとの和平交渉か、徹底抗戦かー。チャーチルは究極の選択を迫られる。議会の嫌われものだったチャーチルは、いかに世界の歴史を変えたのか。実話を元に、チャーチルの首相就任からダンケルクの戦いまでの知られざる4週間を描く感動の歴史エンターテインメント。

「ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男」に投稿された感想・評価

砂場

砂場の感想・評価

2.4
ゲイリーオールドマンがすごい、シドヴィシャスからチャーチルまで演じられるんだからなあ

ダンケルクの戦いも少し出てくる
nori8

nori8の感想・評価

4.1
とにもかくにも
ゲイリー・オールドマンの憑依度が
凄すぎて圧倒される。

感情的でワンマンでセルフコントロールが苦手な
新首相ウィンストン・チャーチル。
第二次大戦下、首相に就任し
ヒトラー率いるドイツ軍の侵攻に脅かされる。

屈服か徹底抗戦か…
瀕死の兵士たちの救出のため苦悩する27日間の
舞台裏をドキュメントではなく「人間」そのものに
スポットを当て描ききった作品。

昼間から肉にシャンパン…
気に入らなければ暴言を吐く
傍若無人な姿に孤立を深めてゆく。

靴音、指の動き、眼差し…
生臭いほどの一挙一動を繊細に描くことで、
世界の命運を背負った為政者の
苦悩と葛藤を映し出す。

ゲイリー・オールドマンの面影をまるで感じない
秀逸な特殊メイクに目を奪われるが、
それ以上に全身にまとっている
不気味なほどリアルなチャーチルの
オーラに引き込まれる。

側近の話にも耳を傾けない頑固者の孤独な為政者に
歴史を動かす“最後の決断”を促したのは、
知られざる王室との友情と「民の声」だった。

ラスト4分にわたる国会での演説シーンは、
まさに圧巻。
自信と慈愛に満ちた為政者の力強く
神々しい姿に万感の思いが迫る。

ゲイリー・オールドマンの役者魂を
2時間たっぷり堪能できる秀作。
細かい所作の一つ一つを観察しながら、
もう一度じっくり堪能したい。
Moro

Moroの感想・評価

4.7
堂々たる作品!
オールドマンがすごい。
地下鉄のシーンにうるっと来た。
あーち

あーちの感想・評価

3.8
北京百老汇電影(北京)にて鑑賞。
実にチャーミングなゲイリー・チャーチル。『ダンケルク』とセットで。
すみません、作品は鑑賞してないですが、
これだけ、

ゲイリー!
ゴールデングローブ賞受賞おめでとう!
アカデミー賞も取ってほしい!

作品ちゃんとみてレビューあげますので、どうか悪しからず(^◇^;)
Mai

Maiの感想・評価

4.0
チャーチルはこんな人だったのかと初めて興味を持ちました。
怒りっぽくちょっとぼーっとしているけれど、時に可愛らしく時に熱く人間味のある人物で、そんな彼があの危機的状況にどう対処するのか最後まで息を呑んで見入りました。
イギリスやフランスの市民の服装が素敵でした〜♡
Rio

Rioの感想・評価

4.5
ゲイリー・オールドマンの演技に引き込まれた。見た目も全然違ってびっくり!
頑固で気迫溢れるシーンもさることながら、悩み弱ったちっぽけなおじいちゃんのようになった姿も印象的。

今夏見た「ダンケルク」の戦いにもかなり関連してて、あちらの映画はまさに現場の死闘を描いていたけれど、今作は政治的な駆け引きや決断が描かれていて、違った面白さを味わえた。

映画を見てる間、ずーっと、チャーチルの家の本棚が印象的で、あんな本棚を家に置きたいなって思ってたけど、あとで調べたら、チャーチル自身が本が好きな人だったそうで。知らなかった😅恥
映画の作り手のそういう細かい部分も読み取れて、ちょっと嬉しい笑

チャーチルが主役の物語だけど、私が女性だからか、彼を支える奥さんの強さを同じくらい感じた。肝っ玉が据わってて器が広くてかっこいい。私の中の理想の奥さん像。

とりあえず、この年末年始休暇でチャーチルや当時の世界情勢を学ぼうと思います!
臣

臣の感想・評価

-
チャーチルて、余り良いイメージがないけど、世界史の本を読まねば!
ロシアとアメリカ?いなければ、ヨーロッパはナチスに支配されたイメージ。

ヒトラーがユダヤ教嫌った理由て、ユダヤ教徒て、悪魔崇拝して残虐なハザール人だからでしょ?
filmoGAKU

filmoGAKUの感想・評価

3.0
【記録】us st.louis i.f.f. 12 nov. 2017. in eg.
Tomoka

Tomokaの感想・評価

3.0
英語だけでは正直難しかったが
1つの記録として。
チャーチル役の人の演技はすごかった。

しかしそもそもわかってなかったのだろうか、他の人のレビューとむしろ逆のこと考えている。
>|