ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男の作品情報・感想・評価・動画配信

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男2017年製作の映画)

Darkest Hour

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男」に投稿された感想・評価

えれな

えれなの感想・評価

4.5
孤立無縁の中の決断、和平か戦いか。歴史の中の実話なのですね。後半の演説の力強さは人々の心を掴んだ。ハンカチの演出はTVのADさんのようでした。言葉という武器を戦地に送ったとは‥。市民の声に耳を傾けるリーダーは素晴らしい。明日、安倍さんが電車で同席したら(ないない)喜んで席を譲ってあげますよ。政治家はこの映画を観るべきだ。
正直大分前に見たためうっすらとしか覚えておりませんが、部活動の顧問にチャーチルさんのような薄らハゲがおり引き寄せられるように視聴したのを覚えています。
内容としては第二次世界大戦初期なのでドイツがイキり倒しており、ヨーロッパ諸国がやべ、やべ。となっているときに「イギリス、すくっちゃいますか…」といった形でチャーチルが就任しなんやかんやでドイツに抵抗していくお話です。

マイペースなハゲのおじさんが有能で、いつもよりタバコがおいしく感じられるためいい映画だと思います。
tiwamura

tiwamuraの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

辻さんがアカデミー賞を受賞されたのがわかる。演説の迫力は見応えがあるが、途中退屈に感じた場面もあった。ノーラン監督のダンケルクとも併せて見たい作品。リリー・ジェームズも美しい。
何と言ってもゲイリーオールドマンと特殊メイクが素晴らしい。
何の違和感もなく、まるでチャーチルがそこに実在しているようだった。

直接的な戦争シーンはないが、首相就任からダンケルクの救出劇に至るまでの、舞台裏の信念と葛藤を知ることができた。
ゲイリーオールドマンが凄すぎて、もはや語る口無し。
特殊メイクが凄すぎて、もはやなんの違和感も感じない。
普通すごい時ってすげー!てなるやん?
でもあまりにナチュラルで、もはや何にも感じない。
特殊メイクも相まってチャーチルという人間が実際にそこにいるようにしか見えなかった。
アカデミー賞主演男優賞も納得の迫真の演技でござった。
その特殊メイクもアカデミー賞受賞だからね、もう納得しかしてない。
俳優の仕事をしてる友人がかつて、普通と感じさせる演技をすることは凄いんだと語っていたのが思い出される。

チャーチルってどんな人か全く知らんかった。
ダンケルク見ていたおかげでその時代の背景が分かっていたことだけは救いだった。
こういう実在の人物にスポット当てた映画て大抵史実に基づいた創作だから、ゲイリーチャーチルマンがおれの中のチャーチルということになる。
実際どうなの?
当時のイギリスてああいう感じなの?

その演技とメイクに心奪われがちだけど、おれ音楽好きだったなあ。
あと視覚効果とか演出も好きだったなあ。
つまり全体的に好きだったなあ。
いい映画でした。
チャーチルの感じてきた違和感と信念が、国民と触れ合ったことで初めて形になって見えてくるシーンにグッときた。そしてそれを後押ししてくれたのが始めは距離を置いていた国王という展開も熱い。

事前に「英国王のスピーチ」と「ダンケルク」を見ておくのが良さそう。“ダイナモ作戦”命名の瞬間は思わず興奮してしまった。
FREDDY

FREDDYの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

チャーチルの首相就任からダンケルクの戦いまでの知られざる4週間をジョー・ライト監督のメガホンで描いた歴史ドラマ作品ということで。まず触れたいのはやはり、ウィンストン・チャーチルを演じたゲイリー・オールドマンの抜群の演技力と圧倒的な存在感ですね。ちょっとした仕草すら目に残るほど印象的で、口の動かし方や歩き方、マッチを探す仕草までもがユニークで人間味があり愛らしく、尚且つ、国会での演説では画面越しでも"熱量"と"言葉"が真っ直ぐに伝わってくるほどの迫力があり、正直、演じていることを忘れてしまうほど彼の演技はとても素晴らしく、魅力的で心惹かれるものを強く感じましたし、ただただ驚かされました。そして、バッキンガム宮殿で国王ジョージ6世より組閣の大命を受けたウィンストン・チャーチルを軸に描かれる物語はとても面白く、第1次チャーチル内閣の発足からダンケルクの撤退までの約一ヶ月間の様子が映し出され、今まで知り得なかった多くの知識を得られましたし、ウィンストン・チャーチルが"英雄"と呼ばれるまでの苦悩や葛藤、そして、"嫌われ者"でありながら首相として国や人を想い成長していく姿には心を揺さぶられました。辻一弘による特殊メイクも本作の見どころの一つとなっていますし、終始見応えがあり、最後まで楽しめました。本作は観るべき作品だと思いますし、クリストファー・ノーラン監督作品「ダンケルク」と合わせて視聴するのも良いかと。
taku

takuの感想・評価

4.0
よきよき、チャールズの最後のスピーチには惹きつけられる
こういう映画を通して歴史を知れるのはとても良いことだと思う
きのこ

きのこの感想・評価

2.8
思ってたより普通。まさか、戦う前の段階で終わるとは……戦争という大きなものが、狭い部屋の中でやられていたような気分。舞台劇みたい。
地下鉄で人の名前を呼ぶシーンが臭すぎて途中からリタイアしそうになった。
なぜ、その後の5年間のエピソードの話にならなかったのか。
わけわかめ。
ただ、チャーチル博物館でみたものがあって興奮したけど。
K2

K2の感想・評価

4.0
内容はさておき、こういう奮い立つような血が滾るような演説は好き。いつも思うけどイギリスの国会って狭すぎない?笑
>|