ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男の作品情報・感想・評価

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男2017年製作の映画)

Darkest Hour

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

あらすじ

第二次世界大戦初期、ナチスドイツの勢力が拡大し、フランスは陥落間近、英国にも侵略の脅威が迫っていた。連合軍がダンケルクの海岸で窮地に追い込まれる中、ヨーロッパの運命は新たに就任したばかりの英国首相ウィンストン・チャーチルの手に。ヒトラーとの和平交渉か、徹底抗戦かー。チャーチルは究極の選択を迫られる。議会の嫌われものだったチャーチルは、いかに世界の歴史を変えたのか。実話を元に、チャーチルの首相就任…

第二次世界大戦初期、ナチスドイツの勢力が拡大し、フランスは陥落間近、英国にも侵略の脅威が迫っていた。連合軍がダンケルクの海岸で窮地に追い込まれる中、ヨーロッパの運命は新たに就任したばかりの英国首相ウィンストン・チャーチルの手に。ヒトラーとの和平交渉か、徹底抗戦かー。チャーチルは究極の選択を迫られる。議会の嫌われものだったチャーチルは、いかに世界の歴史を変えたのか。実話を元に、チャーチルの首相就任からダンケルクの戦いまでの知られざる4週間を描く感動の歴史エンターテインメント。

「ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男」に投稿された感想・評価

tamashii

tamashiiの感想・評価

4.6
ジョー・ライト作品ということで鑑賞。小さめの劇場。満足。ノーランのダンケルクは泣く映画ではなかったが、こちらは結構涙腺にくる。

日本で同じ決断をしていたらと思うと、チャーチルに諸手で賛同する気にはなれない。勝者だと知っているからこそ感動するのだなあと思う。
ヒトラーから世界を救った男
ウィストンチャーチル
この役を演じたのはゲイリーオールドマン。
僕はハリーポッターのシリウスブラック役でこの人を知りました
他にもレオンやバットマンシリーズにも出演されてて知らない人はいない世界的な有名俳優です
映画自体の感想はちょっと内容が難しかったので、、
控えます
けん

けんの感想・評価

3.8
映画の展開自体は淡々としていて眠くなりそうだったが、最後の電車の中で民衆の声を聞くシーンなど、グッとくる場面もあった。チャーチルの演技力が圧巻。
memen

memenの感想・評価

4.0
拍手を送りたくなる映画
チャーチルのたった一人で大勢の政敵と闘った姿勢を尊敬するし、それを演じきった俳優陣とかっこよく見せるため洗練された映像の撮り方がとても好き
「言葉を操る魔術師」「言葉を武器に世界の戦場に乗り込んだ」って台詞は素晴らしいなと思った
最初の方の「バスに乗ったこともパン屋に並んだこともない、地下鉄は一度だけですぐに迷った」って台詞も後半でなるほどねって回収をされたので観ててなんだか嬉しくなる
しば

しばの感想・評価

3.5
私が日本人だからかもしれないけど、日本のいちばん長い日のほうがおもろい!

自分が英語圏の人間やないから、Gary Oldmanのあえて聞き取りにくい話し方やチャーチルへの憑依の仕方にブラボー!!って心からなれなかったけど、それは英語圏の人間が日本のいちばん長い日で本木雅弘の話し方聞いてブラボー!!ってならないのと同じやんなあ…!
k0103

k0103の感想・評価

4.0
チャーチルは国民の圧倒的支持を得て危機のリーダーになったが、戦後には国民によってその地位をおわれた。

古代ローマの独裁官のような活躍を遂げたチャーチルの最大の武器はこれも古代ローマに似て言葉だった。
最後の演説は胸に迫るものがある
kam

kamの感想・評価

4.0
ゲイリーオールドマンの演技が独特の雰囲気をまとっていて、カッコよかった。演説シーンの撮り方、そして、ラストシーンの紙が舞う中のシーン…いかにしてカッコ良く見せてやろうかという絵の作りを感じました。

最初から最後まで入り込んで見てしまいました!見て損することはない!
YUMI

YUMIの感想・評価

4.6
そんなにドイツ軍に対して劣勢だったなんて知らなかった。勝つことができたのは運だったのかもしれない。美とは真逆の風貌ながら、なぜか魅力的なチャーチル。ダンケルクのダイナモ作戦、カレーの部隊を囮に使うなんて、失敗していたら悪魔のレッテルが貼られていただろう。ゲーリーオールドマンのだと分からないくらいのメークだった。
時間を忘れた2時間だった!
後編として残りも作ってほしい。
素晴らしい最高の映画!
チャーチル好きにはたまらない!
Haggywood

Haggywoodの感想・評価

3.9
良くも悪くも政権発足からダンケルクまでのウィンストンチャーチルという人間にスポットライトを当てた映画

史上稀に見る危機に瀕したヨーロッパの未来を双肩に担ったチャーチルの苦悩や葛藤、時々ユーモアが挟まれてて見応えはあった
>|