ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男の作品情報・感想・評価

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男2017年製作の映画)

Darkest Hour

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.9

あらすじ

第二次世界大戦初期、ナチスドイツの勢力が拡大し、フランスは陥落間近、英国にも侵略の脅威が迫っていた。連合軍がダンケルクの海岸で窮地に追い込まれる中、ヨーロッパの運命は新たに就任したばかりの英国首相ウィンストン・チャーチルの手に。ヒトラーとの和平交渉か、徹底抗戦かー。チャーチルは究極の選択を迫られる。議会の嫌われものだったチャーチルは、いかに世界の歴史を変えたのか。実話を元に、チャーチルの首相就任…

第二次世界大戦初期、ナチスドイツの勢力が拡大し、フランスは陥落間近、英国にも侵略の脅威が迫っていた。連合軍がダンケルクの海岸で窮地に追い込まれる中、ヨーロッパの運命は新たに就任したばかりの英国首相ウィンストン・チャーチルの手に。ヒトラーとの和平交渉か、徹底抗戦かー。チャーチルは究極の選択を迫られる。議会の嫌われものだったチャーチルは、いかに世界の歴史を変えたのか。実話を元に、チャーチルの首相就任からダンケルクの戦いまでの知られざる4週間を描く感動の歴史エンターテインメント。

「ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男」に投稿された感想・評価

FUU

FUUの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

太平洋戦争の頃のジャパンかと思うほどの精神論が展開される。イギリスは結果オーライだっただけだと戦い抜いた末の敗戦国に生まれ育つと冷笑的な見方になる。チャーチルのメンタルやらかしてる感が危うくて、傍にいたら超絶ウンザリするタイプだった。
言葉の魔術師として士気を高めたが良いが終戦までの5年間はどうだったんだろうか?国民にとっての暗黒はこれからなのでは。
ゲイリー・オールドマンは素のままで素晴らしいから特殊メイクには大いに首を傾げた。クリスティン・スコット・トーマスは圧倒的に美しい。
ゲイリー・オールドマンの演技に感服。
「ダンケルク」と連続して観ることをオススメします。プラスするなら「英国王のスピーチ」。

あの有名なスピーチに向かって重く暗い時間が過ぎていく。
もちろんあのスピーチは素晴らしいもので気持ちが鼓舞される。しかし、歴史上においてはそれではすまないスピーチだと思う。複雑な思いと共にエンドロールを迎えた。
マーチ

マーチの感想・評価

4.5
《2018年公開映画特集》


【省略レビュー】

アカデミー主演男優賞を受賞したゲイリー・オールドマンの迫真の演技は勿論のこと、照明や撮影の美しさに見惚れてしまう傑作だった!

電車のシーンはフィクションらしいけどあのベタさが良くて泣けるし、嫌い嫌われていた者同士が打ち解け合う様を見るのは本当に感動する。

辻さんのメイクは言うまでもなく素晴らしかったです! 辻さん、受賞おめでとうございます🎊


【p.s.】
忙しくてレビューをしっかり書く機会が無いので短めに今年観た作品のレビューを投稿しています。
暇があれば正式なレビューと入れ替えますが、きっとそんな瞬間は訪れないでしょう。
だって、私ですからね。
え

えの感想・評価

3.7
もうもうゲイリーオールドマン!
この映画に限らずだが、演説(の演技)での良し悪しが役者のそれにも通じる気がする
国をまとめる、守るって大変!だからこそ市民の声を聞くシーンは涙無しでは見れませんでした。かっこいい…!ちょうどダンケルクを映画館で観た数ヶ月後に鑑賞できてよかったなー。
あと特殊メイクすごすぎます。私の知っているゲイリーは何処へ?良作!
ogi

ogiの感想・評価

4.0
イギリスの首相って大変‼️責任が重すぎて潰れそう…
ゲイリー・オールドマンは素晴らしい俳優さんですね。
mii

miiの感想・評価

3.0
電車の中の民衆とのシーンが印象的

飛行機でなくて映画館で観たかったなぁ…
機内で4本目に観るべきではなかった
絶対もっと違う印象と捉え方になっただろうな

数年後改めてゆっくり観るべきやつ


20180525
りょー

りょーの感想・評価

3.5
チャーチルに似すぎ、いや、チャーチルに会ったことないけど、魂が入っていてチャーチルになっていた。劇中の全ての演出が凄かった。どんどん引き込まれていった。
1mmもゲイリーオールドマンに見えなかった。あとウイスキー飲みたくなる
てびち

てびちの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ずっと息抜けずに観続けて疲れたから、
2回観ました(笑)

原題のDARKEST HOURの
タイトルにしびれたw

映画ダンケルクを見たときに、
市民が、帰還兵をすごい勢いで褒め称えてて
本人たちもポカーンだったけど、
こういうことからかー、な。

しかし、映画という中で、
2時間強の真っ暗な時間を共有したけど、
ツラすぎる。
しかも終戦迎えたら選挙で負けるって
貧乏くじ引きすぎっしょ!

歴史として見ると
独伊と和平を、なんてあり得ないだろうが
当時は悩むだろうな。

言葉は武器になる。
武器になるからこそ、
慎重に決断しなければならない。
でも決断したら、その言葉に責任を持つ。
そして言葉で市民を鼓舞する。

リーダーとはそういうものだと、実感できた。
>|