海賊とよばれた男の作品情報・感想・評価

「海賊とよばれた男」に投稿された感想・評価

fumipen

fumipenの感想・評価

3.5
岡田准一の老けメイクと、店主の威厳がマッチングしていたので、時系列が変わっても、なんとか見ていられた。
良い話し!
kazya1129

kazya1129の感想・評価

3.3
20190518鑑賞。
メジャーと戦い続けた国岡鐵造のお話。実在の人物なのかなー、にしては国岡って聞いたことないなぁと思ってたら、出光をモデルにしたお話なんですな。
岡田君が二十代から九十代を演じているので顔の違和感は無し。流石に九十代のときは最近エンドゲームのキャップを観たからかちょっと茶々に感じてしまった。
大枠はジャイアントキリング的で良いですがカットバックが多過ぎてちょっと感情移入が難しいかな。
海賊のゆえんとなった海上での油の販売をしている頃や新しい事業や計画を始めるときの沸き上がってるシーンはやはり良いです。
もうちょっと短くまとまっていればよかったかな。
Fisherman

Fishermanの感想・評価

3.6
ビジネスマンが忘れている魂、ガッツを感じさせられた。激動の時代とは言え、自分にはできない。ラストもよかった。
戦前から戦後にかけて石油会社を経営する男の実話に基づいた物語。
海賊と呼ばれるほど異端な方法で乗り切る生き様が描かれている。

結構長い映画だが時代が行ったり来たりしてほとんどラストに近い日承丸のくだりまでやや盛り上がりに欠けていたように思った。
若い岡田くんから91歳の岡田くんまで一人で演じきっていたところが見どころ。
国岡鐡造店主は社員を一人も解雇せずに日本と国岡商店の再建に挑もうとする。

すごい男だ国岡鐡造..。

会社のトップと社員がこんなにも密接につながっている会社があるでしょうか。
社員のことを考え続けるからこそみんなが付いてくる、あるべき理想の会社像だと思います。

フィクションかもしれませんが、戦後の日本を立て直そうとする男たちのパワーを感じました。
その中でも飛びぬけてすさまじい鐡造の胆力行動力決断力は型破りと言えましょう。

一つ一つのエピソードが若干薄味な印象は残りますが観てよかったと言える映画でした。
岡田くんやっぱり演技上手いな〜〜。ちょい役の人多いのにキャストが豪華だった。ストーリーは時系列と山場が分かりづらかったかな。
やっぱりなんとなく醸し出される『永遠の0』感。笑
MashMerrow

MashMerrowの感想・評価

4.2
岡田くんの迫力と威厳ある演技力に感服! こういう男がいたからこそ、今の日本がある。
believe

believeの感想・評価

3.1
小説を読んでいないとシーンが飛ばされてるので、意味や感動が伝わらないのではないかと思いました!映画ならではの世界観でぐっと来ることもありましたが、小説で読んで欲しいです!
哲郎

哲郎の感想・評価

3.7
楽しみにしてた本作、昨日原作を読了して、早速鑑賞しました!😄
(GW中の読了と鑑賞をセットで目標にしてましたが、何とか間に合いました(笑))

やっぱり岡田くんの演技力は凄いですね~😄原作の国岡鐡造より野性味強めかな?

豪華俳優陣に支えられた映像も素晴らしいですが、
店主の生涯を貫いた信念が垣間見えると、もっと作品に入り込めた様な気もしました🙂
NNTN

NNTNの感想・評価

3.5
士魂商才ー。
上気した情熱で困難に立ち向かう男の姿に、知らずのうちに同じく拳を握り、打破の念を込めて見ていた!

魂から魂へ、思いが震い届き、大きな力が大きな波を引き起こし、さらに大きな希望を担って外洋を眩しく突き切る日承丸ー。

民族の誇りを高く、天晴れに感じられる。
日本酒🍶で見た‼️
>|