海賊とよばれた男の作品情報・感想・評価

「海賊とよばれた男」に投稿された感想・評価

PDeSIGN

PDeSIGNの感想・評価

3.9
商売はギャンブル。泥臭く熱意を持って社員と一丸になって働く男。メジャーに飲み込まれず戦う。イランへの航海でイギリス艦とのギリ擦れ違い。96歳迄
NaoTani

NaoTaniの感想・評価

3.8
あの2冊をどうまとめたんやろう、という疑問から見たから最初は端折られてる違和感をすごく感じたけれど
途中から勢いに飲まれた。
商売やから、情じゃない。その淡々と冷徹に、ただ内側には熱く、をうまく表現できていたと思う。
あとオマケに一言
岡田くん泣くのうますぎww
Ken

Kenの感想・評価

4.3
先見の明が光る國岡店主。アツいです。やはり仕事には人間関係が大事ですね。岡田くんはジジイになってもカッコいい。
KOICHIRO

KOICHIROの感想・評価

3.0
映画『海賊とよばれた男』鑑賞。

面白かったんだけど、なんだろう、この違和感。

原作を読んだときには主人公に感情移入できたのに、映画ではそこまでの気持ちにならない。

『永遠の0』を観終わったときは、気分は零戦パイロットだったのに(笑)

映像にしてしまうと、ワンマン経営者に社員が振り回されているだけのように見えてしまうからかな。
戦時から戦後の日本の産業を支えるべく奔走した男の人生を壮大なスケールで描いた大作映画。CMが入る地上波放映、TVで観るて分はキライじゃないが、この映画に関しては少々マイナスに働いたかも。そもそもが長〜い人生を2時間ちょいで描くワケだから人生ダイジェスト感は仕方ないとは思うが、CMが入ることによってそれが助長されてる気がした。感動ポイントはいくつか用意されてるも普通に観てたが、ラスト、そこ描き方不十分だったろ?そんなんで泣けるワケ、、、と思ってたトコで不覚にも泣けた。ずるい。
2018.12.8.
地上波放映 金曜ロードSHOW!
船上でオイル売ったり、ヘドロまみれになったり、メジャーと喧嘩したり、今なら大問題のイラン行っちゃったり、奇想天外な社長。社員とヒヤヒヤだろうがこの社長に従業員は救われ、また日本も救われたと思う。 発想の転換が大事なんですね。
yum

yumの感想・評価

3.3
岡田准一の熱さも、追っての老け演技も素晴らしいが、ベストはこれではない気がする。
けい

けいの感想・評価

4.0

アツくて豪快で
ちょっと強引な、まさに九州男児

岡田くん、ハマり役でした
有名なお話だし、まぁ見とくかくらいの気持ちで。
ほんとに最後の最後まで、ふーんって感じで見てたんだけど、最後に今までの分グッときた。
hitoma

hitomaの感想・評価

4.2
岡田准一は軍師官兵衛のときに初めてまともに観てジャニーズの中でも特に良い演技をするんだなと思っていた。歴史好きな事もあるのだろうけど、時代背景や作品背景の事をしっかり調べて、丁寧に演じているのがとても良い。でも最近、演じる役柄が“神妙な面持ちで時に熱く絶叫する”役に偏ってきていて、少なからず藤原竜也化している気がする。背が高く無い二枚目だから、サムライ役や時代劇は特に合っているんだろうけど、演技力は高いし、映画やドラマの仕事が好きなら、もっと幅広く現代劇やコミカルな役を演じられると魅力が深まると思う。

日本映画のCGもかなり質が上がってきて、長谷部が搭乗する戦闘機の銃撃戦のシーンや、日承丸の描写なんかは違和感無く良い出来だった。時代が飛び飛びに描かれる脚本にはさほど意味を見出だせなかったけれど、熱く盛り上がる良い映画だった。
>|