海賊とよばれた男の作品情報・感想・評価

海賊とよばれた男2016年製作の映画)

上映日:2016年12月10日

製作国:

上映時間:145分

3.8

あらすじ

主要燃料が石炭だった当時から、石油の将来性を予感していた若き日の国岡鐡造(岡田准一)は、北九州・門司で石油業に乗り出すが、その前には国内の販売業者、欧米の石油会社(石油メジャー)など、常に様々な壁が立ち塞がり、行く手を阻んだ。しかし、鐡造はどんなに絶望的な状況でも決して諦めず、それまでの常識を覆す奇想天外な発想と、型破りの行動力、何よりも自らの店員(=部下)を大切にするその愛情で、新たな道を切り…

主要燃料が石炭だった当時から、石油の将来性を予感していた若き日の国岡鐡造(岡田准一)は、北九州・門司で石油業に乗り出すが、その前には国内の販売業者、欧米の石油会社(石油メジャー)など、常に様々な壁が立ち塞がり、行く手を阻んだ。しかし、鐡造はどんなに絶望的な状況でも決して諦めず、それまでの常識を覆す奇想天外な発想と、型破りの行動力、何よりも自らの店員(=部下)を大切にするその愛情で、新たな道を切り拓いていった。その鐡造の姿は、敗戦後の日本において、さらなる逆風にさらされても変わることはなかった。そしてついに、敗戦の悲嘆にくれる日本人に大きな衝撃を与える “事件”が発生する。 石油メジャーから敵視され、圧倒的な包囲網により全ての石油輸入ルートを封鎖された国岡鐡造が、唯一保有する巨大タンカー「日承丸」を、秘密裏にイランに派遣するという“狂気”の行動に打って出たのだった。イランの石油を直接輸入することは、イランを牛耳るイギリスを完全に敵に回すこと。しかし、イギリスの圧力により貧困にあえぐイランの現状と自らを重ね合わせた鐡造は、店員の反対を押し切り、石油メジャーとの最大の戦いに臨む。果たして、日承丸は英国艦隊の目をかいくぐり、無事に日本に帰還することができるのか?そして、国岡鐡造は、なぜ“海賊”とよばれたのか?その答えが、明らかになる―。

「海賊とよばれた男」に投稿された感想・評価

たけ

たけの感想・評価

4.0
何度挫折しても折れずに立ち向かう熱い話、あんな社長の元で働きたい(>_<)
meran

meranの感想・評価

4.4
ガソリンスタンドの出光の創業者出光 佐三をモデルにした伝記映画で、大正時代に油を売り始めて戦後の復興を成し遂げ大企業へ成長していくサクセスストーリーです^ ^

これだけの業績を残した人だからやっぱり凄いやり手だし人間的にも魅力溢れる人でした^ ^

主役の役者さんも若い頃から老人まで全て演じてて演技が素晴らしいので映画の完成度も高く見応えありました^ ^

一難去ってまた一難、でも何とか乗り越え熱い映画です^ ^
岡田くんの演技が素晴らしい。あの人なんでもできるのね。
会社を経営するということの難しさと苦悩を描いた作品。良作。
山崎監督の昭和ものはハズしませんね。
こんなリーダーの下で働きたい。
戦前戦後に石油を販売した出光興産の創業者がモデル。
戦後GHQ統制下でそもそも商う油が全くない状況で社員の頸はきらないと断言した、男が惚れる男の話し。
こんな社長いたらついていこうと思うし、こんな男いたら惚れる。
岡田准一の永遠の0に続く演技力が映画の良さを引き立てていた。
すごいよな、鋳造さんやそこで働く人達。
しんや

しんやの感想・評価

3.5
最近の岡田くん主演作品に興味が湧かずにいたが、これはフォロワーさんの評価も高かったので見てみた。

いきなり岡田くんの老けメイクにどうしようかと思ったが、気になりつつも最後まで見れたのは彼の力だろう!
彼が大作に起用されるのも分かった気がした。

成功の影にあった挫折や失ったもの〜観客の涙を誘うことが出来る場面を、あくまで人生の一部として、淡白に描いていたのは好感が持てた。
PIXY

PIXYの感想・評価

2.8
なんかたんたんとしてなんだろう、国岡って誰がモデルですか?予備知識なく観たので「永遠の0」期待しちゃうと盛り上りにかける。
ちょっとキャスト出しすぎで誰に思い入れをしていいのかわからん。
売れてる俳優出せば良いってもんじゃない。
海賊というよりヤクザとしか・・・。
Hideto

Hidetoの感想・評価

4.2
永遠の0に継ぐ岡田主演映画
20代~90代まで一人で演じ切る演技力
>|