海賊とよばれた男の作品情報・感想・評価

海賊とよばれた男2016年製作の映画)

上映日:2016年12月10日

製作国:

上映時間:145分

3.7

あらすじ

主要燃料が石炭だった当時から、石油の将来性を予感していた若き日の国岡鐡造(岡田准一)は、北九州・門司で石油業に乗り出すが、その前には国内の販売業者、欧米の石油会社(石油メジャー)など、常に様々な壁が立ち塞がり、行く手を阻んだ。しかし、鐡造はどんなに絶望的な状況でも決して諦めず、それまでの常識を覆す奇想天外な発想と、型破りの行動力、何よりも自らの店員(=部下)を大切にするその愛情で、新たな道を切り…

主要燃料が石炭だった当時から、石油の将来性を予感していた若き日の国岡鐡造(岡田准一)は、北九州・門司で石油業に乗り出すが、その前には国内の販売業者、欧米の石油会社(石油メジャー)など、常に様々な壁が立ち塞がり、行く手を阻んだ。しかし、鐡造はどんなに絶望的な状況でも決して諦めず、それまでの常識を覆す奇想天外な発想と、型破りの行動力、何よりも自らの店員(=部下)を大切にするその愛情で、新たな道を切り拓いていった。その鐡造の姿は、敗戦後の日本において、さらなる逆風にさらされても変わることはなかった。そしてついに、敗戦の悲嘆にくれる日本人に大きな衝撃を与える “事件”が発生する。 石油メジャーから敵視され、圧倒的な包囲網により全ての石油輸入ルートを封鎖された国岡鐡造が、唯一保有する巨大タンカー「日承丸」を、秘密裏にイランに派遣するという“狂気”の行動に打って出たのだった。イランの石油を直接輸入することは、イランを牛耳るイギリスを完全に敵に回すこと。しかし、イギリスの圧力により貧困にあえぐイランの現状と自らを重ね合わせた鐡造は、店員の反対を押し切り、石油メジャーとの最大の戦いに臨む。果たして、日承丸は英国艦隊の目をかいくぐり、無事に日本に帰還することができるのか?そして、国岡鐡造は、なぜ“海賊”とよばれたのか?その答えが、明らかになる―。

「海賊とよばれた男」に投稿された感想・評価

mochi

mochiの感想・評価

-
仕事に一生懸命で、あれだけ楽しそうで
船を乗る海賊感溢れる岡田准一かっこよかった
英太郎

英太郎の感想・評価

4.3
伝説の出光創業者の生きざまに魅せられます。自分的にはとても好きな映画です。
上に立つのではなく先頭に立つ。
命を削って戦った男の話。

メイク技術やばい。
岡田さんはじめ、役者の皆さんの演技も良い!

「さんのーがーはい」で写真撮るところが好き。
shihono

shihonoの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

すごい金かかってそうだなー。

けどおもしろい。
海賊と呼ばれつつ、自分の社員を家族のように守る姿がかっこよかった。

ゆきさんとは幸せになって欲しかったなー。
ゆう

ゆうの感想・評価

3.4
あの時代を懸命に生き、国産の技術を発展させようとする人々の姿が描かれていた。
主人公が、「海賊」と呼ばれる理由が途中から分かってきた。
法に縛られず、型破りなやり方で、会社を育てていく
戦争を経ても、諦めずに社員を信頼し信頼される姿が強く、勇敢だった。
Kuni

Kuniの感想・評価

3.0
2017.3.28 ハノイ便にて。 音楽が過剰に盛り上がてる感があり、感情移入しにくいシーンもあった。スケールの大きい映像はちょっとCGぽさが感じられた。
はっぱ

はっぱの感想・評価

3.5
企業家の顔をした海賊。
どんなに上手くいかない時でも、諦めずに前へ前へと進んでいく。
てつ造のエネルギーは凄い!ずっと戦ってきた人。
「仕事が無ければ、作ればいい。」
映画の随所に流される國岡商店の歌を聞くと、何故か胸が熱くなる。
ラストの船のシーンが、とても良かった。
まるで、七福神が乗った宝船の様だった。
「國岡のもんじゃ、油持って来たけん。」
tobi

tobiの感想・評価

3.9
戦時中、戦後の日本の石油貿易を復活させたお話

日本は戦争に敗け、日本を取り巻くあらゆるものが外国に支配されていた。それは國岡商店が扱う石油も例外ではなかった。

それでも諦めない店主と店員たち。店主が親父、店員たちはその家族と思えるくらいの信頼で結ばれた國岡商店。

初めは一隻の船で売り付けに行き、二隻三隻と船が増えて行く。國岡商店の成長は見もの!

無茶苦茶な仕事にも応えてくれる店員たち、店主の人柄がそうさせるのでしょうか。
泥々なタンク内の石油を引く上げる作業のシーンや、危険と思われるイランまで渡る船内でのシーンに心打たれました!

キャスト一人一人に存在感があります!
岡田くんと染谷将太は言わずもがな、吉岡秀隆がめちゃくちゃよかった!偶然にもピエール瀧さん4連発目に。

世界からの攻撃や劣勢にもめげず、店員を信じて戦った店主に勇気をもらえる良い映画でした!
tak3tak3

tak3tak3の感想・評価

3.7
▼劇場
 MOVIXあまがさき
 シアター6
▼作品名
 海賊とよばれた男
▼日時
 2016/12/11(日)
 12:40~15:15
▼座席番号
 O-19
▼チケット
 購入特典クーポン(1200円) 1,200円/1枚
ザン

ザンの感想・評価

3.3
信念。綾瀬はるかが不憫。敗戦時こそ、長いものに巻かれようとしない反骨精神が必要だったのだろう。
>|