マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙の作品情報・感想・評価・動画配信

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙2011年製作の映画)

The Iron Lady

上映日:2012年03月16日

製作国:

上映時間:105分

ジャンル:

3.4

「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」に投稿された感想・評価

おかか

おかかの感想・評価

4.7
メリル・ストリープ×伝記
好みそうだったので選んだ作品

メリル・ストリープの視線?目線
「鉄の女」を感じた。
信念、情緒、周囲との関係
かっこいい女性って強いけどしなやか
papapaisen

papapaisenの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

俳優お化けのメリル・ストリープが脅威のなりきりっぷり。相変わらず本人にしか見えん。本人見たことないけど。
Maoryu002

Maoryu002の感想・評価

3.0
老いて認知症を患うマーガレット・サッチャー(メリル・ストリープ)は、食料品店の娘に生まれ、オックスフォード大を出て政治家となり、初の女性首相を務めた過去を振り返る。それは家庭を顧みず、経済政策で批判され、テロと戦う過酷なものだった。

あまり好きな政治家ではなかったが、その強い意志と、何より初の女性首相としての実績は偉大だ。
フォークランド紛争の場面が出てくるけど、そもそもの領有権にも疑問はあるし、あれが本当に正しい手段だったのかわからないが、周りをねじ伏せて強硬策を取る姿はパワフルで、とても魅力的に感じてしまった。

メリル・ストリープのそっくり演技も相変わらず驚異的!

全体的に淡々と人生を振り返る映像が続いて、鉄の女ぶりは伝わって来たけど、伝記映画ながらも一番のメッセージは何だったのか見えづらかった。
いやいやもうメリルストリープすごいの一言に尽きる。おばあちゃんにしか見えん!!!

映画としては、思い出しベースなので特に盛り上がり等はないけど良くできていたと思う。
UCHIKO

UCHIKOの感想・評価

3.0
私的にはじわじわ切ない内容でした🥺
いつもブルー系の服なのに、退陣する時が真っ赤だったのが印象的🤔
moechang

moechangの感想・評価

3.4
70年代イギリスという停滞と活気に挟まれた世界の中で、雑貨屋の娘という生い立ちの女性政治家が如何にそのあり方を定め、生きたかが描かれている。政治や文化に興味がなくても面白いけど、知っているともっと面白い。
kyoco

kyocoの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

マーガレット・サッチャー名前しか知らなかった。
ほんとにアイアンレディだった。
闘い続ける強さの隙間に見える影みたいなのが切なかった。

メリル・ストリープってこんなに老けたのかーと思ったらメイクだった。
完璧におばあさんの話し方や歩き方でほんとに老けたんだと思った。

甲高い声を説得力のある話し方に変える特訓をするシーン、役柄で声のトーンや話し方の癖まで演じ分けるのさすが大女優。
neminemi

neminemiの感想・評価

3.0
サッチャーの生い立ちからずっと描かれるのかと思ったらかなり断片的でよくわからなかった
Ugh

Ughの感想・評価

4.0
父親が市長だったマーガレット・サッチャー。自己の信念や理想を持ち、民衆を導く力は父親を見ていたからか。生い立ちや育った環境は、少なからず影響を与えているのだろう。

ふと気になった。自分は子供たちにどんな姿を見せているのか。最悪、反面教師にはなれるだろうか…
一緒にいられる月日は案外短い。



「あなたを愛しているわ。でも他の女のように夫に寄り添う、しおらしい妻にはなれない。台所で独り寂しくお皿を洗ってる妻にもね」

案外、そんな人生もありよ
(日々、夫に感謝!)
小学低学年の頃、担任の女の先生が朝から新聞を持ってきて、初めて女性が首相になった事を大変って喜んでいたのを覚えてます。当時のイギリスの様子や一時代を築いた人の人生は興味深かった。
>|

あなたにおすすめの記事