マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙の作品情報・感想・評価

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙2011年製作の映画)

THE IRON LADY

製作国:

上映時間:105分

3.4

「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」に投稿された感想・評価

はと

はとの感想・評価

3.7
旦那さんセレクト。実のところ、メリル・ストリープにちょっと苦手意識があって、サッチャーその人には興味があるけどどうかなぁ…と半信半疑。でも!この作品の彼女はやっぱり凄かった。素晴らしい。

映像も良かった。特にラスト。マーガレットが食器を洗うところからエンドロールに向かうまでのカメラが止まった映像はとても好きなテイスト。良い余韻。

サッチャーという政治家は功罪も様々だけど、この作品は彼女のことをジャッジしていない。映画は労働者や社会的弱者に寄り添うものが多いから、どの作品でもボロカスなのに、この映画は優しくでも優し過ぎずというバランスで描かれている。

最近のイギリス議会の映像だと3分の1くらい女性がいるように見えるけど、この映画では彼女1人に見えた(史実はどうなのかな?)その苦労は想像を絶する。

個人的に首相官邸がヒュー・グラントが踊ってたとこ!とか、フィービー・ウォーラー・ブリッジがチョイ役で出てきてビックリなど、イギリス俳優オタク目線で見ても楽しめました。
メリル・ストリープには、何かが降りて来ているんですかw
近しい人の心情を汲み取れない人、いるんです。
目標がしっかり見えてて、そこしか見えてない。
そして自分の心情も見えなくなってしまってたんでしょうか…
ご主人が居るのが当たり前すぎて居ないことにすら気づけなくて、悲しみがついて行かなかった
nana

nanaの感想・評価

3.2
政治家は優しくなんていられないよな。
メリルはいつもながらほんとすごい。
物語の奥行きは微妙だけど、こんな歴史音痴の私にもわかりやすくマーガレットサッチャーを教えてくれる映画だった。
要所で入る記録映像も◎
KotaAso

KotaAsoの感想・評価

3.2
この映画を観た殆どの人と同じ感想。
メリル・ストリープの演技は良かったけど映画としてはそうでもない
当時のニュースとか現代とか過去とかザッピングしすぎて凄い集中力のない人の気分味わったわ
1人の人間の人生を切り取る映画だし最高のハマり役使ってるんだから変な演出しないでしっかりスポットあてるだけでよかったんじゃ、、、
Mayu

Mayuの感想・評価

3.4
想像とは違う描き方だったなあ🥺
今でこそ当たり前に叫ばれる女性活躍推進だけど、この時代は女性がみんなの前に立つことすら珍しい時代だったんだよね😔
私はマーガレットを支持したいけど、実は孤独を多く味わった人なんだなあ🥺
昔から歴史だいすきだから最近歴史ものばっかり💗
メリルストリープの演技が相変わらず巧い。
サッチャー政権の歴史の予備知識がないと、所々挟まれている記録映像の意味が深く理解できないかも。
個人的には、認知症を患いながらも自分をしっかり保とうと抗う女性の姿に感動しました。
kana

kanaの感想・評価

3.6
なりたいかどうかは別としてかっこいい生き様だと思う。信念を貫き通してて当人なりに家族を大事に想ってて。

私は組織人としてどうしたいのか。
困難に陥ったとき同情を煽って縋るのではなく、希望を語って前に進み、「付いてきたい人は付いてこい」というスタイルを貫きたい。

賢くて情熱のある人にありがちなのが、怒りっぽくなってしまうこと。思い当たる節がありすぎて心が痛くなる。
リーダーとしての意識と役割を全うするからには、冷静で落ち着いていなければならないし、そういう人柄でいたいと思った。

「考えは言葉を作る〜〜」の有名な大名言があるシーン。
その名言の前のセリフが印象的だった。
「今の時代の問題の一つは、人々の関心は"どう感じるか"で"何を考えるか"ってことじゃない。」

私はこのセリフにハッとした。
個人の感性や気持ちをとても大切に思いたいけど、それは同情と同義ではないという事に気が付いた。

同僚の気持ちに寄り添いすぎて適切な判断や行動ができなかったり、一緒に落ち込んでモチベーションが下がってしまうのは元も子もない。相手の気持ちに寄り添いすぎて同化してしまう事がある。
そこを割り切り文頭に綴ったように希望を語って前に進みプラスの渦を作る役目がリーダーなんだ、と私は思う。

"気持ち"の上の「考え」がどういったものなのかを知る必要があると思った。
Maria

Mariaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

歴史の事実は分からないし、どれが嘘で本当かはわからないけど、これが本当のストーリーだとしたら、マーガレットはすごい人。寂しい人。大志を抱く人。鉄の心を持つ人。そして愛を知る人。女性として強いと思ったし、歴史に名を残す1人だと思う。でも、頑固になるのは良くないね。あと何と言っても演技力っていったらなんの。そこに関してはもう言葉もありません。旦那さんがいなくなっちゃったところで、涙ポロリ。洗っていたマグカップが一瞬映し出されていたけど、意味はあったのかな?気になる。
あとやっぱりゼミ論はフォークランド諸島のことについて書こうかな。
めぐ

めぐの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

サッチャーすごい
メリル・ストリープすごい
考え方は全然違うけど、これが本当の保守だと思うし、女の戦い方だと思った

最後なんか泣けちゃった
こんなに強い女でも幻覚を見続けるほど夫を愛してたんだなって、、
Ayako

Ayakoの感想・評価

3.0
メリル・ストリープの怪演がまたしても光る、という感じですが、なんかそれ以上でもそれ以下でもない感じがちょっともったいない🤔
>|