マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙の作品情報・感想・評価

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙2011年製作の映画)

THE IRON LADY

製作国:

上映時間:105分

3.4

「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」に投稿された感想・評価

Asahi

Asahiの感想・評価

3.3
メリルが主演ってことは勿論知ってたけど、まさかこの老女がメリルだとは…歴史の勉強になりました。メリルの演技力
は流石というもので、マーガレット本人の音声とメリルの声はほとんど同じ。すごいなぁ…
あちらの政治やサッチャーのことをあまりよく知らず視聴したのでなかなかついていけなかった。
ある程度知識がある人のための映画なのかな。
メリル・ストリープの役作りは凄い。
どういう映画?と言われてもなんとも説明しづらい作品だった。マーガレット・サッチャーの人生と言えば軽い、ただ信念を貫いた人とすればそんなに暑苦しくない。結果、最終的には感動寄り。考えが人を作るという哲学は素晴らしい。
めちゃくちゃ綺麗なおばーちゃんだなっ…

?!
メリル・ストリープ?!
気がつかなったw
いや、メリル・ストリープってこんなにおばーちゃんだったっけ?!

--------------

マーガレット・サッチャーの人生を通して
私の母親のこと
私のこの先の人生を想像することができた

自分がどう生きていきたいか
どんな人生にしていきたいか
とか

そばにいてくれる人の有り難みを感じた

デニスが去っていくときに
待ってってとめるマーガレットが泣けた

信念と老い 終焉
家族
Christina

Christinaの感想・評価

2.5
メリル・ストリープがすごい映画
ストーリーの作りは???ってかんじ
現在イギリスのEU離脱で騒がれている中、この映画を観た。

サッチャーさんの功績や過去の家族とのあり方の回想と老後を交互に映す。

旦那さんデニスさんは政治については助言していたけど、表立ってはそうしてないようにおちゃらけていたらしい?
その雰囲気が老後のサッチャーさんに現れるデニスさんなのかな。

全体的に功績や歴史を事細かく描かれているわけではなく、先に逝ってしまった夫への想いをこれからどうしていくのかがメインだと思った。

男の人たちの中で戦った鉄の女。信念を曲げないすごいさ。

それにしても、メリル・ストリープよかった。
ただひたすらにメリル・ストリープ安定ののカメレオンっぷりを堪能するための作品。サッチャー政権下のあれやこれやをある程度知っていると、伝記映画のお定まり、直球の英雄譚としての見方はどうしてもできない。恐らくそういう見せ方をする体で撮られた映画でもないだろうし。そもそも、作品中の時間軸で、presentとpastに割かれた時間がちょうど同じくらいなので、これは回想の体裁をとった伝記映画というよりは寧ろ、年老いたサッチャーを描くpresentの方が本筋で、presentで起こる些事に引き金を引かれる度呼び戻される彼女の記憶は、飽くまでもサブプロット程度に過ぎないんじゃないか、とも思う。
むー

むーの感想・評価

4.5
メリル・ストリープを観たくなって借りてみたんだけど、やっぱ好きだなー
それに、マーガレット・サッチャーとデニスとの感じがとても好きだった。
なんとなく、私の知ってる人の口説き方がデニスに似てるような気もしなくもなくて、最後にサッチャーがデニスと2度目のお別れするときなんかは、泣いてしまった。
シャルウィーダンスの曲いいなーとも思ったので、ちゃんと聴いてみようかな。
他にも思うところはたくさんあったけど、私はサッチャーとデニスの関係性がこの映画で一番好きなところ。
Naomical

Naomicalの感想・評価

3.8
イギリスの映画観たいと思って選んだけどなんかイギリスらしい映画やった。言い方とか留学思い出す感じで良かった。ハッピーエンドでもなく、こういう上に立つ人はいっぱいの犠牲払わなあかんくて、でも誰かがやらなあかんのがなんともいえない感じ。完全にサッチャーやと思って観てしまったぐらい演技の凄さに感動。
MiYA

MiYAの感想・評価

3.0
相変わらずメリル・ストリープのなりきり芸は凄いの一言。これだけでも観る価値があるのは間違いありません。

「鉄の女」としての彼女の信念と強靱な意志(そして苦悩)はよく描かれているのですが、彼女がなぜあのような政治信念を持つに至ったのか、そして彼女の政策の是非についてはあまり深く掘り下げられていない印象。そこを期待すると肩透かしを食うかも。

規制緩和と民営化を進めて新自由主義のもと経済成長を果たした反面、貧富の差は拡大。それは小泉純一郎のそれと重なります。彼女の政治家としての功罪を評価するにはもう少し時間が必要ということでしょうか。
>|