リーマン・ブラザーズ 最後の4日間の作品情報・感想・評価・動画配信

「リーマン・ブラザーズ 最後の4日間」に投稿された感想・評価

yuwki

yuwkiの感想・評価

3.2
Amazon primeで鑑賞。
リーマンショックは、言葉としては知っているが細かな内容は知らず、この配信を興味深く拝聴。

コンパクトにまとまっていて◎。
なるほどーーー。
って、どこまで理解できたかはさておき、
倒産する前に、もっと手前で手立てを組んで倒産を回避する事が出来なかった事に驚く。
実話且つ短時間でのまとめなだけに
下知識がないと置いていかれた。

こういう映画のとき、アマプラの
コメント欄がめっちゃ有能。
教えたがりおじさんたちがわかりやすく
端的にまとめあげてくれている。


政府と企業トップの駆け引きや、
気さくな仲のようで決して相入れない
上下関係のような空気感、ヒリつくねぇ。
嫌いじゃない。
Tomokichi

Tomokichiの感想・評価

3.0
ちょい難しかったかな。
アメリカの本社はあんな感じだったんだと(もし、ホントのホントなら)…
あの当時、少し前にBear Stearnsが救済されたからLehman もどこかが救うと疑ってなかったんだよね。経済破綻するのが見えてたから。結局、Barclays が株のフロントだけ買収して、残りは野村が。NYの緑のライトでLehman となっていたのが青くBarclaysに変わった時はとても複雑な気持ちになった。そして、多くの人が苦しんだ時代になったよね…
さ

さの感想・評価

3.6
面白い、1時間だからすぐ見れるし理解度深められる
事前情報無しだと難しいかも。ほぼ全員実在した人たちなので下調べありのほうが楽しめる
制作BBCなのか、やりよる
尺を長くしてでも、証券会社の資産量による力関係、なぜ国は金を出さないのか等説明が欲しかった。
tang

tangの感想・評価

2.0
緊迫感は伝わったけど、あまりよく理解出来なかった。
自分の勉強不足なだけか?
MUTRON

MUTRONの感想・評価

-
低所得者向けの住宅ローン「サブプライムローン問題」に端を発したリーマン・ブラザーズの破綻までの4日間が描かれた映画🎬

ずっとみようと思ってみてなかったヤツ。

きっと当時リーマンに居た人は、このコロナによる量的金融緩和をみて、なぜあの時我々を助けてくれなかったのか、と思っているに違いない。
Isami

Isamiの感想・評価

1.0
リーマンショックコンフィデンシャルっていう、リーマンショック前後を緻密に書いてる本を読んで、すごい難しかったから理解度深めようと観たけど、ひどい映画!!!むしろ映画と呼べるのか……まるで即席劇というか学校の文化祭の劇というか。テンポ良いを越えて、話が省略されすぎててびっくり。こんなん誰が理解できるんでしょうか。しかも誰が誰かわからず。ファルドとポールソンしか顔と名前一致しなかった。
唯一観てよかったと思ったのが、サブプライムローンとかって名前を変えて、色んな商品になっていってるってことを知れたくらいかな。あーだから値付けの話をずっとしてるのねって。
これはちょっとリーマンショックの背景知らない人は観ない方が良い。し知ってても観やんくて良いな。誰やこの映画を公共に出そうと思ったやつ。
くお

くおの感想・評価

3.2
リーマンブラザーズが破綻していく経緯の説明はマネーショートのが分かりやすかった。
なおや

なおやの感想・評価

3.2
 登場人物の立場が分かりにくく、それが物語の理解を難しくしてた。
>|

あなたにおすすめの記事