ザ・ランドロマット -パナマ文書流出-の作品情報・感想・評価・動画配信

「ザ・ランドロマット -パナマ文書流出-」に投稿された感想・評価

ころん

ころんの感想・評価

3.0
パナマ文書の流出を描いたもの。
ペーパーカンパニーなど分かりやすい解説されていた。

映画としてはあまりおもしろみはないけれど、今も世の中がこのようにして回っているのかと思うと考えさせられる。

そういえば、パナマ文書流出を取り上げた新聞記者が殺されていたような…

タックスヘイブンの国って、あまり聞いたことがないような小さな島で、調べてみると、綺麗な海に囲まれていて、主力産業は観光業なんだろうなという感じ。
とりあえず、Google mapでWant to goリストに入れておいた。
1ssei

1sseiの感想・評価

4.0
パナマ文書の特大リークで世の知るところになったタックス・ヘイブンの存在
そのタックスヘイブンの内実が描かれる
内実といってもいかにしてその巨悪が暴かれたかではなく、それがどういうシステムで、どういう奴が得をしてい、どういう人が憂き目を見てるのかってのを見せる

『マネー・ショート』『バイス』などのような複雑な仕組みだからこそエンタメ要素を絡めつつ語っていくという作りなのだけれど、このフォーマットとソダーバーグの作風が思いの外ピッタリくる。縦横無尽に世界規模の話から一個人の話まで跳びまくり、その全容を見せる

レジャー船の転覆事故で夫を失ったメリル・ストリープから話が始まって、こっからどうパナマに繋がるのかわかんないと思うんだけど、繋がるんだよ
キャストもメリル・ストリープ、ゲイリー・オールドマン、アントニオ・バンデラス、シャロン・ストーンなど実はオールスター級

そして何と言ってもラストの長回し!
1カットの中で映画も役も通り越していく。そりゃメリル・ストリープくらいの絶対的な名優が必要だったわけだ
もた

もたの感想・評価

3.9
ソダーバーグの作品みてなさすぎる。これはかなり秀作。群像劇すぎて(笑)本筋から逸れていく感じが良い。これも贅沢な時間の使い方。
RonHaraDa

RonHaraDaの感想・評価

3.3
すごいわかりやすく説明してくれる。システム化して題材が異なったりしても楽しいんだろうな。
凄い!ヤバい!
あの事件の真相はこんなだったんだ!
顧客情報流出の法律事務所ってこれだったんだ!
このペーパーカンパニーの被害者こんなにいたんだ!
と驚くばかり。
そして最後のメリルストリープにはやられました😱
A

Aの感想・評価

-
メリル・ストリープとゲイリー・オールドマン、アントニオ・バンデラスがタックスヘイブンや選挙資金の問題について教えてくれる豪華な教育番組って感じ。3人ともさすがに上手だし喋ってるだけで見応えあるんだけど。
OZS

OZSの感想・評価

3.0
節税するためのペイパーカンパニーの話と思いきや、アメリカ社会や選挙システムの問題を指摘した作品。名優揃い
パナマ文書に関する話だが、日本に例えるなら、いま現政権が配ってるガーゼマスクで話題にあがった下請け会社四社のうち、まったく中身のない一社とはどういう仕組みなのか。
そもそも現政権は消費税を上げるかわりに、大企業に対する法人税をなくすのかということに対してのとりあえずのアンサー。映画は自分の興味だけでは中々行き届かないような物事を知るきっかけになる。

スコセッシなら尺を2時間50分くらいにしそうな内容を、第四の壁を越えることで台詞の多さのエクスキューズとして90分台にまとめた上で、最後には警告を発する構成がよかった。
Keiko

Keikoの感想・評価

3.1
映画としての構成が好みじゃなかった
抽象的にずっと言ってる感じ
詳細な話がない
Julie

Julieの感想・評価

3.5
パナマ文書について勉強になったし、俳優さん達のお芝居はリアリティあってよかった。
>|