国家が破産する日の作品情報・感想・評価・動画配信

『国家が破産する日』に投稿された感想・評価

maipop

maipopの感想・評価

3.8
これは他人事ではないですね。韓国が何故今の社会構造になってしまったのか、こんな史実があったのも知らなかった。IMFもアメリカも政府も皆んなヤクザなんだけど、自分が良ければそれでいいになっちゃってる。今の日本もそうよ。国民の御機嫌取りでその場限りの試作ばかりしてると破産しちゃうよ。
し

しの感想・評価

4.3
韓国で実際に起きた通貨危機を、①内部で対立する国家の対応②危機の到来を察知して会社を辞めてファンドを設立して儲ける若者③不渡り手形を手にしてしまった中小企業の社長という3つの視点から描く。
難しいテーマではあるが、②の若者が仲間に対して状況を丁寧に説明していて、かつ色んな視点から描かれているので、話がとても分かりやすく、経済史に精通していなくてもよく理解できた。

韓国の社会派作品は(史実に基づいているかは別として)リアリティとスピード感があってとても面白いです。

2022-108
韓国がIMFに支配される日

結局、資本主義社会では一番お金持ってるところが強いし
今まで好き勝手にやってきたところは自分に回ってくるということ。
政治家も適当に選べば国家を破綻する人を産むし、その時に力のあるものは余裕があるから圧力を押し付けてくる

ストーリーの中でショートを仕掛けてくる人いたけど目線が逆なので別の映画とかで扱った方がいい
cielo

cieloの感想・評価

4.0
韓国の通貨危機に興味があり鑑賞。
IMFに頼るか否かの政府の話の軸ももちろん面白いのだけど、
“先見の明を持って、ドルを買ったり、
不動産投資に乗り出して人生を逆転させようとする人間”と、
“紙クズ同然になった手形を眺めて呆然とする人間”の対比が印象的。
良作です。
ユアイン祭が続いているので、見逃していた本作を視聴。しかしまずは何と言ってもキムヘスでしょ。ドラマ「シグナル」以来だけど、暗くて重くて辛い空気でもあの華やかさ。真っ直ぐな目。肝が据わってて内なる闘魂燃やせる役ぴったりだなあ。ユアインの笑みが消えた後、憂いを浮かべたような眼が印象的。
キムヘス、ホジュノ、ユアインの三者の視点から運命のその日を迎えるまで、そしてその日を振り返りつつ今をどう生きるかのメッセージが残されていて、面白かった。直球。すごく分かりやすい。邦画にもこういう作品が沢山あればいいのに、と思う。歴史は繰り返す。中小零細企業を弾き大企業優遇、非正規雇用化促進、隣国だけの話だとはとても思えない。
ハリウッドは名優揃えて『マネー・ショート』撮ってるし、韓国映画界もヴァンサン・カッセルまで呼んでこれ撮ってる。日本映画界はこんなの5本は撮れる経済ネタ腐るほどありながらもまだ撮る気配もなく、いまだパンとサーカスで誤魔化してござる。ござるうちに食糧危機でパンが消えそうな気配と、通貨危機で命綱なし綱渡りサーカスの気配ヒタヒタ。リーマンショックとIMF危機を経た後も米も韓もあるんだから、日だってひっくり返って後もあるはあるのかもしれん。とりあえず地球はあるんだろうしその頃の地球儀に日本列島の形もあるんだろう。けど日本という国名はなくて、合衆国日本州か中国日本地区になってるのかもしれん。ローマ帝国もムガール帝国もソ連邦も消えたんだから、日本くらい消えたって俺は驚かない。
日下勉

日下勉の感想・評価

3.1
97年の韓国通貨危機を描いていて、とても勉強になった。

ただ映画としては、良く出来たWOWOWドラマ版といった印象。
1997年の韓国通貨危機で、IMFとの交渉チーム長を担う女性をキム・ヘスが演じてカッコいい。

実際には日本にも大きな原因があったといわれているIMF危機ですが、この映画では米国との結託というフィクション要素が強くなっています。
それでも、官僚や財閥支配の体制、非正規雇用、その後の外国人労働者導入など、韓国社会の問題点を次々と描き出してとても興味深い。

こうした国を批判する映画が韓国の観客に歓迎されて大ヒットするのは羨ましいかぎりだ。
翻って日本を見てみれば、権力の横暴や腐敗はこの10〜20年すごく強まっていて、なのに規制がかけられたり、国民のほうも政治家を悪しざまに言うのを避ける。
国を批判する人がおかしいみたいに。日本を思うと歯がゆい。

あと、韓国の男のミソジニーって半端ない!
【鑑賞履歴】
2021.1.9 A
2022.10.22 U
chika

chikaの感想・評価

4.0
国民の多くが自らを中間層と自覚し、今後も好景気が続くと信じている中、翌年の1997年11月にはアメリカの投資家たちは韓国から手を引き始める
1997年の通貨危機(IMF経済危機)が題材で面白い
韓国の映画とかドラマを観ているとたまに通過危機の話しが出てきたりするよね
元金融コンサルタントのユアインが説明を結構してくれるからマネーショートよりも分かり易い
国家破産まで残された期間はあと7日
国民を守るために奔走する人を潰して権力の座にのうのうとついている人物は、過去の話でもなく日本だってこれまでそうやってきたんだよね、金と権力、そうだよね、世界で横行しているんだよね
絶えず疑って考えるキムヘスがめちゃくちゃ格好良かった
隣の国のたった25年前の出来事なんだね
>|

あなたにおすすめの記事