傷だらけの天使の作品情報・感想・評価

傷だらけの天使1997年製作の映画)

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.5

「傷だらけの天使」に投稿された感想・評価

たえこ

たえこの感想・評価

3.2
トヨエツ大好き!
フィルマークスでチェックして観たの思い出しました。
ショーケンの傷だらけの天使も観てたけど、ラストはどちらも心に残ります。
yoruichi

yoruichiの感想・評価

2.5
みちのくプロレス!グレートサスケと新崎人生が登場するとは。傷だらけの天使を背負うのは 酷すぎる。
Shunsuke

Shunsukeの感想・評価

2.8
2.8点
トヨエツと真木蔵人のコンビ。
子供を送り届ける。
そうか、ハンバーグにミックスサンドイッチという組み合わせもあるんだなあ。
雪の中の原田知世は美しい。
真木蔵人の弟分感が水谷豊とはまた違ったテイストで、素晴らしい。
じゅんP

じゅんPの感想・評価

3.0
個人的カウントだけど2ヶ所くらい、ここで終われば綺麗に終われるじゃん!ってとこ普通に通り過ぎて、もがくもがく。

最初から最後まで、もがき続ける二人を追う旅。
ショーケンさんの『傷だらけの天使』もオープニングのアレしか見た事ないですけども、この映画…もっとハードボイルドな映画と勘違いしておりました。。

90年代によくあったノスタルジックなユルユル人情コメディって感じでした。リアルタイムで見てたらまた違った印象だったのかもしれませんが今見るとちょっと…。

何でも屋の探偵トヨエツと真木蔵人コンビが最後の依頼で死んだ男の息子を岩手にいる母親の元へ届けてほしいって事で、その息子を見つけ出して3人で東北へ。。
そこからグレートサスケに遭遇してプロレスするハメになったり、トヨエツがらしくない事ばかりしておりました!

後半、菅原文太さんが登場してグッと画面が引き締まりますがちょい役なのが残念。。トヨエツと共演してたんですねぇ~。。

ヒロイン役の原田知世が…いつの年代の作品見てもお美しい。。

エンディングもありきたりなようで、、実は最近コレ系すっかり見なくなったので逆に新鮮だったり。。

確かに好きな人は好きそうな雰囲気を持ってる作品でしたー。
中古屋にビデオ買いに行ったなぁ。

どーしようもないけど、かっこいい二人。
ponpon

ponponの感想・評価

4.0
すきすきすき!

かっこいいじゃない!
なんか、いい時代だよなー!
 豊川悦史と真木蔵人主演のあのテレビ作品とは違いますが、ヤクザもんの二人が織り成すドタバタ群像劇。わけあって、試写会で鑑賞しました。阪本順治監督の初期の佳作です。
RYUYA

RYUYAの感想・評価

3.0
チンピラ2人と子どもの、短い旅。題の通り、デコボココンビというより、もはやボコボココンビ。けだるいトヨエツと、背伸びする真木蔵人。菅原文太・原田知世・宇崎竜童・三浦友和といった主役級役所をサラッと出してくるあたりが阪本流というか、、、

オトコは失敗するほど、笑わせてくれるほど、カッコ良い、、、
>|