無宿 やどなしの作品情報・感想・評価

無宿 やどなし1974年製作の映画)

製作国:

上映時間:97分

ジャンル:

3.4

「無宿 やどなし」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

 お宝さがしをする男女3人の話。

 メインテーマが延々と流れてきれいなロングショットの映像が独特の雰囲気の作品でした。東宝映画だけど東映の任侠もののような展開で、高倉健さんが兄貴分を殺した相手にリベンジする展開と詐欺師のような勝新太郎さんがヒロインの梶芽衣子さんを足抜けさせて、沈没したバルチック艦隊からお宝を探し出そうとする

 90分ちょいですが、お宝さがしに展開が後半になるまで起こらず退屈さを感じました。それまで延々と不思議な映像が印象的に挿入されて戸惑いました。

 とはいえ水平線に沈んでいく夕日に海原に浮かぶ小舟、青々とした稲だったりが綺麗な映像でその中を高倉健さんと勝新太郎さんが一緒に映っているだけで満足な1本でした。
nanabee

nanabeeの感想・評価

3.0
顔だけで画を保たせる健さんと勝新は流石の存在感。
聞き取りにくい台詞もありますが
梶さんの美しさ、男性2人の仲よさ。
最近のわかり易い映画とは対極のような不思議な筋書き。
83roh

83rohの感想・評価

3.0
高倉健、勝新太郎、梶芽衣子、メインの3人は素晴らしい🎉特に梶芽衣子が可愛すぎ💕

フランス🇫🇷映画の「冒険者たち」がベースになっているようだけど、設定にはちょっと無理があるかなぁ…
悪胡瓜

悪胡瓜の感想・評価

3.9
一攫千金を夢見る勝新、兄貴分の仇討ちを狙う健さん、女郎屋からの足抜けを頼む梶芽衣子。

フランス映画『冒険者たち』を原案としたロードムービーだけど、そこはかとなく西部劇のような印象もある不思議な感じ。

男2人がどう交わったかの過去は一切語られず、ただ「同じ釜の飯を食った仲」だけを接点に物語が進められるのも良し。

2人の進む道が異なる様子が視覚的に明示された後、復讐にケリをつけた健さんが辿り着いた大海原の青さと砂浜の白さのコントラストは絶品。

つかの間の生きがいを見出した健さんに訪れる訪問者たち…そこからエンディングまでの一瞬一瞬に目を離せず息も呑めない緊張感に満ちる。
寿都

寿都の感想・評価

3.9
勝新と健さんの出所シーンのツーショットが興奮のピーク。二人共いかにもなキャラ立ちする服装で笑った。浴衣で出所かっこいい。昭和12年、絵になる時代です。

お二人が面白いのは当然のことで、映画としては大して盛上がらない。でも【冒険者たち】のオマージュとのことで、クライマックスはそれなりに切なくて涙。最後を引き立てるために日本映画らしくもっと重く描けばよかったかもしれない。良く出来たテレビドラマって感じ。

梶芽衣子が可愛くて、愛するジョアンナ・シムカスくらい気になっちゃう女優だ。乱れた浴衣姿と日傘っていうのは女のいちばん美しいファッションだと思う。粋な浴衣を着たいけど夏は暑くて無理、でも夏に着るものだし。初秋くらいに着る風習にしてほしい。
刑務所で一緒だった高倉健と勝新太郎の男ふたりに梶芽衣子を加えた三人組が、海に消えた軍資金を追って宝探しをする冒険ロマン映画。
映像派の監督が演出する海の青さと小麦色の肌がみずみずしく綺麗な映画世界。しかしながら、映像に入れ込むあまりバディであるはずの健さんと勝新のドラマが限りなく希薄で、なぜこいつらが仲良くなるのかよくわからなかった。梶芽衣子さんの和服姿が美しい。彼女のサービスショットもあるので嬉しいのだけど、同じ音楽が間隔を開けずに何度も何度も使い回される映画は、観賞後に眼球が痛くなる率が高いことに気付いた。
梶芽衣子はきれい。高倉健はかっこいい。勝新太郎はかわいい。
勝新と山城新伍が並んで軍人コスプレするから3.5
この映画を観て良かった、と思うのは、初めて梶芽衣子が綺麗だと感じたことである。

もともと、斎藤耕一監督、高倉健と勝新太郎の共演、ということで観たのだが、自分の眼はすっかり梶芽衣子を追っていた。

物語は、けっこう他愛ない。
刑務所で一緒だった男二人(高倉健と勝新太郎)が出所後にも出会って、勝新太郎が沈んだ軍資金を潜水して取らないか、と高倉健に持ちかける。

高倉健の女が梶芽衣子。
和服が美しく、こんなに美人だとは思わなかった。(海で泳ぐヌードシーンは差替え)

しかし、斎藤耕一監督、前年の『津軽じょんがら節』の直後に、どうしてこのような映画を撮ったのであろうか?

<映倫No.18138>
elurra

elurraの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

梶芽衣子が超可愛い💓💓💓

ただ、健さんを追いかける勝新が可愛い場面の方が多い…。

スターのスターらしさがしっかりカメラに収まっている。

すべてのシーンが美しい。撮影は坂本典隆。

夢と希望のあるラストに変えてほしかったな。
>|