彼岸島 デラックスの作品情報・感想・評価

彼岸島 デラックス2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

2.2

あらすじ

全ては一人の吸血鬼から始まったー。ようこそ、「地獄にいちばん近い島」へ。「彼岸島」へ行き、生きて還ってきた者は誰一人いない。およそ600年前より吸血鬼伝説が残るこの孤島で、禁断の封印が解かれた時、溢れ出たのは恐怖と絶望だった。島全体は吸血鬼や邪鬼(おに)とよばれる巨大で異様な化け物がはびこり、島民は絶体絶命の窮地に追い込まれる。人間として生き延びるか、感染して吸血鬼と化すか。次々と襲い来る恐怖を…

全ては一人の吸血鬼から始まったー。ようこそ、「地獄にいちばん近い島」へ。「彼岸島」へ行き、生きて還ってきた者は誰一人いない。およそ600年前より吸血鬼伝説が残るこの孤島で、禁断の封印が解かれた時、溢れ出たのは恐怖と絶望だった。島全体は吸血鬼や邪鬼(おに)とよばれる巨大で異様な化け物がはびこり、島民は絶体絶命の窮地に追い込まれる。人間として生き延びるか、感染して吸血鬼と化すか。次々と襲い来る恐怖を目の前に立ち上がったのは、二年前に島へ行ったまま姿を消した兄の篤を探すため上陸した弟の明とその仲間たちだった。島のレジスタンスと共に化け物たちに立ち向かう明たち。それが想像を絶する戦いになるとは知らずに…。

「彼岸島 デラックス」に投稿された感想・評価

【36-134】連ドラ版『彼岸島』『彼岸島 Love is over』の続篇としての劇場版。まぁ、前半は『Love is over』と被るシーンも多かったので、加藤が明達と合流する辺りからが未知の領域だったかな、と。
それにしても、ここで終わるのかよ!と云わずにはいられない。まるで急遽打ち切りになった週刊連載の最終回のようなラストであった。続篇、やらな……どうなんでしょうね。
しかし、あれだけロケ映えするような場所が幾つもある彼岸島って、やっぱ凄いところだなぁ笑
はる

はるの感想・評価

2.4
同じ感じがずっと続いてて飽きた。
鈴木亮平がもったいなかった。
hideharu

hideharuの感想・評価

2.2
2012.12.23 DVDで鑑賞。

ちょっと前に劇場公開されたばかりの映画なのにこのレビューの少なさ。見る前に不安になる。

オープニングを見てると何だか見たことがあるシーンがチラホラ、もしかして随分前に映画化された物の続編なのかと思ったら映画が公開される前にテレビで放送されてたシーンだった。丁度、里帰りしててたまたま深夜に眠れず何話目か分からないけど見たことを思い出した。

その割に冒頭で結構いろいろと説明してくれるので親切だとは思います。それでもテレビ版は見てたほうが良かったのかも登場人物が多いから個々の情報がイマイチ把握できなかった。
でも基本的には吸血鬼と戦うアクション映画だから、そして本当にアクションシーンが大半を占めてる感じだった。

CGがメチャクチャ安っぽい上にクリーチャーの造形もイマイチかな。あと普通の人間があんな高くジャンプしたり現実味が全然ないです。
前に映画化された物も見たことありますがあまり思い出せないので比べられないけど確か変なクリーチャーのとかは出てこなかった記憶がある。

今時の吸血鬼は陽の光を浴びても大丈夫なんですね。オープニングでチラッと見たけど実験で生まれた吸血鬼だからか?
吸血鬼軍団の頭の雅がどうして栗原類なんですかね。まともに演技もできないのに。

そしてまたまた鈴木亮平は何でこんな映画に出てるのよ。仕事を断るのも勇気ですよ。

そして何も決着付いてないんですけど。続編あるの?大した映画ではないけど見た以上は続きが気になる。
クラゲ

クラゲの感想・評価

1.9
読書ノート[11]

「彼岸島 デラックス」観た。

“姫”のデザインは良かった。

うん、、、まぁ、そんくらいかな(笑)
mak24

mak24の感想・評価

3.0
記録。
待望の続編。お金がスゴイかけて作ってる割には、普通な気がした。
最期、若干納得いかずな終わり方だったけど、まぁこんなもんかなと。。
TVサイズの続編?

予算感溢れるしょっぱなのCGにて心を砕かれ、最初のアクションシーンで「あら?意外と殺陣はいいのでは?」と混乱したけど、彼岸島で普通のアクションは必要ありませんでしたね。後ずさりしたら必ず下を向かなきゃいけない決まりでもあるのかな?
例に漏れず邦画のダメなところ、衣装に使用感がゼロなのはそのまま。ワイヤーバリバリアクションは(予算的に)いいとして、師匠の丸太はなんていうかもっと無双感が欲しかった。日本刀がどうしてもメインになってますけど、彼岸島のさいつよウェポンといえば丸太ですよね。
雅がすごく、なんていうか、蹴ったら折れそうな感じでウケる。

キッズ向けからティーン向けになった仮面ライダーを見てる感じ?
まるで仮面ライダーを見てるような感覚になりました。見た目もバトルも。

原作ファンなら楽しめるのでは…
自分には退屈でした。
よく考えたら彼岸島って原作ですらヒドいわけだし、実写化してもヒドいのは当たり前でしたね
原作はまだ笑えるけど、実写はちょっとキツいっすね…
みんなの演技もヤバいしアクションもヘタクソ、CGも安い
マスコットキャラクターの丸太くんに至っては存在感がほぼ無いし質量も伴ってないし2つの意味で空気だった 化け物さんたちも「重さ」が圧倒的に足りない。主人公さんたちは逆に軽過ぎる。ワイヤーアクション多用し過ぎで大変なことになってるよ
姫は割と原作準拠だったな 栗原類というキャスティングは思い切ってて良い
ていうかドラマ版観なくて良かった…
あと多分未完で終わると思うんですけど(名推理)
AnnaUtsumi

AnnaUtsumiの感想・評価

2.8
ドラマが好きな人用。
鬼の動きがすごかった。
鈴木亮平はいついかなる時も素敵
ちぇる

ちぇるの感想・評価

2.8
ドラマ版の続き?と言うことで
みてみたけど原作をより再現してたといえば再現してたのかなあって。
オチが少し「え...」って感じ。
確かに1時間ちょいに詰め込むのは無茶かもしれないけど、もう少しスッキリさせるオチでも良かったと思う。
あとは、死んだキャラの処理が甘い(笑)
何かあるみたいな感じで死んだりするけどその後何もなしに終わった。
総合的に普通に考えたらバッドエンドに見えちゃう。
アクションシーンとかオニは良かったと思う。
>|