星空のマリオネットの作品情報・感想・評価・動画配信

「星空のマリオネット」に投稿された感想・評価

tomtom

tomtomの感想・評価

-
78年の新人監督賞を取った作品なんだけど、この暗い映画どこが良かったのかなぁ。
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

2.0
「星空のマリオネット」

冒頭、東京近郊の町で暴走族のリーダーをしている男。廃抗、鉄工所勤務、殴る、入水自殺、三人の生活、入水自殺、狂気、喧嘩と暴力と対決。今、若い血が暴れだす…本作は喜多唯志の同名小説をATGで、橋浦方人が昭和五十三年監督し、脚本は彼とピンク映画を撮っていた大和屋竺が担当している。本作は近年、アマプラにて購入と言う形で配信で鑑賞できる。私は持っているVHSを久々に見返したが、橋浦による暴走族から脱皮した若者が理由もなく自死していく姿を描いた風変わりな作品で、洋画で言う「サイコマニア」的な雰囲気がある。趣旨は違くとも…。

さて、物語は時として狂気に近い爆発を見せる地方都市の暴走族のリーダーヒデオは、その狂気の末の果たし合いに敗れ、病院に担ぎ込まれる。仲間からも愛想つかしされた彼を慕う少年ヒロシは、病院長の息子だったが、自分の出生の秘密に悩み、シンナーと薬の虜になっていた。友情にも似た親しみを感じ抱き始めた二人の前にアケミと言う女が現れたとき、それぞれの人生は、なお一層大きく傾きをます。まず自殺願望に取り憑かれたヒロシが、二人の目の前で入水自殺を遂げた。それはヒデオの心の傷口を、大きく広げてゆく。



いゃ〜、独特のフラストレーションを爆発させた異色映画である。この作品は理由なき自殺に秘められた理由を描き出そうと言う意図が混沌とした構図の中に入り込み、影の薄い(女性的なビジュアル)のヒロシとの友情に不思議な安らぎを覚えていく主人公のビデオとそこに現れる少女との三人の奇妙な三角関係が徐々に物語の展開をおかしくさせていく。結局のところ虚しさをもたらしてしまう悲劇的な終わり方にいたる…。正直ギルド作品の中では好まない映画であるが、橋浦監督が何をしたいかと言う事は映画から伝わってきた。
橋浦 方人監督は、非常に寡作でわりと難しそうな映画を撮る人という感じだ。暴走族の映画かと思いきや家族をめぐる暴走族青年の苦悩であった。ちょっと驚くのは、税金の番組なんかでは必ず出てくる牟田貞三が気弱でありながら精力ありまくる父を演じているのが凄い。亜湖のデビュー作。三浦洋一演じる暴走族青年がシンナー吸いながらも父や母のことを考えているのが真面目。淡々と描かれていて盛り上がりはないが、セックス・シーンはあるというATGならではの作品。
完成度高くはないけど、青年期のモヤモヤみたいなものが独特な描かれ方でクセになる。
亜湖の存在感が素晴らしい。
ATG十八番の鬱屈青春映画。
暴力、寝取られ、妊娠、同性愛、自殺、近親憎悪…負の満腹感。

陰キャ揃いのATG主人公には珍しく、暴走族のリーダーを三浦洋一が演じているが、それをものともせず暗い。
ATGの映画って印象に残る作品が多い。

いったい何に悩んだり苦しんだりしてるのか。
怒りの根底に何があるのか。

身の回りにあるリアルなエロス。

もやもやしっぱなしの感覚でした。
僕達は間違っていた。数々のドラマでの三浦洋一を観た後にこの作品を観るのではなく、この映画を観ておいてから三浦洋一の出演する80年代のドラマをいっぱい観るべきだったのだ。
亜湖という女優はどこかで見たなと思ってたが、「蔵の中」に出てたから覚えていたのかな。「赤い髪の女」にも出ている。
牟田禎三がその全盛時の出演でありながら、なかなかにスットコドッコイな親父さんを演じていた。(笑)劇場中笑いに包まれる。
それにしてもあの時代、ああやって1人で悩んで死を選ぶしか無いのか、、、
アーツ

アーツの感想・評価

3.5
大学時代に今はなき池袋の文芸座でATG3本立ての中の1本として鑑賞。内容は全く覚えてないが亜湖がブスなのに魅力的だったことだけは覚えている。
日活ロマンポルノなのかな。
この作品すごく心に残ってる。
入水自殺する男子をがんばれーって応援する人。
けんちゃんちゃこちゃんのお父さん役だった俳優さんの濡れ場。
まだ子供だった私には衝撃でした。
今はレンタルされてないだろうな。
残念。