赤色彗星倶楽部の作品情報・感想・評価

赤色彗星倶楽部2017年製作の映画)

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:82分

あらすじ

数十年に一度、地球から観測される赤色彗星。「彗星が通り過ぎる時、強力な磁場を作ることによって、タイムパラドクスが発生する」という奇妙な学説を耳にした主人公ジュンと天文部の仲間たちは、宇宙をひた走る彗星と同じ物質であり、強い磁力を持つ「彗星核」の制作に取りかかった。くだらないことに没頭する仲間がいる、隣には幼馴染のハナがいる。平凡なようで、充足した日々。彗星の真実なんて、どうでもよかった。願い事な…

数十年に一度、地球から観測される赤色彗星。「彗星が通り過ぎる時、強力な磁場を作ることによって、タイムパラドクスが発生する」という奇妙な学説を耳にした主人公ジュンと天文部の仲間たちは、宇宙をひた走る彗星と同じ物質であり、強い磁力を持つ「彗星核」の制作に取りかかった。くだらないことに没頭する仲間がいる、隣には幼馴染のハナがいる。平凡なようで、充足した日々。彗星の真実なんて、どうでもよかった。願い事なんて、きっとひとつもなかった。

「赤色彗星倶楽部」に投稿された感想・評価

notitle

notitleの感想・評価

3.8
少し苦味ある青春を駆け抜ける、天文部と彗星の話。構図含むカメラワークと編集が凄い。駄目な程、映画好きが滲み出てる。型に納めず、感情ままにぶっ込んで欲しい。後悔する位なら失敗してみんなで隠れれば良い。ヒロインの子がとてもチャーミング。
開始1分半でこの映画がとてもスペシャルな作品であると分かりました。嫉妬します

このレビューはネタバレを含みます

自主制作でこのクオリティですか...凄すぎてしんどくなった。

画面が全体的に淡いのが良い。煙っている雰囲気もあったけど、現場でドライアイス使ったのかな?
ヒロインの死にショックを受ける主人公の演技が、本当にリアルで良かった。中途半端じゃない。
カットがどれも素晴らしい、特にラストシーンの屋上へ走るのを窓越しに撮るカットが良かった。最後の机を歩くのも良い。
能のシーンは何故?と思った。
あずみ

あずみの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

赤色彗星倶楽部~‼
タイトルが良すぎて何回でも唱えたくなる

純粋に笑って、驚いて、ドキドキした

白みの使い方がめちゃくちゃ上手い。カメラワーク、画面作りも上手すぎる

ラストカットが美しすぎて、ため息しか出なかったです
「そんな前向きになれないよ」
「じゃあ横向きでいいよ」
「いやだよ」
「どうして?」
の疑問形で終わるところで震えた
卵

卵の感想・評価

3.0
大林!相米!あと古厩!とか!好き!みたいな、新しさは何にもなくてザ・ニッポンの自主映画!ぴあっぽい!最早伝統芸能!みたいな感じで、めっちゃ手間暇とお金をかけた丁寧な演出で、エンドロールのラストに「早稲田大学映画研究会」って出てイラーッとする。
(虫の声とか音のこだわりがよくて、でも台詞が基本アフレコでそれはいいのに微妙に何箇所かのおっさんのセリフとかだけ同録で聞き取りづらいのがかなりマイナスポイントになってる)

追記:例えば、この映画はある出来事の真相というか原因?を説明しないということをストーリー上の仕掛けにしているのだけど、そういうことをするならばいっそ、その出来事が起こってしまいました、というシーンごとなくしちゃって、不在によってそれを示唆するぐらいの発想が出てこないと「すごくよくできた自主映画」以上のものにはならないということ。
審査時
審査でこの作品だけ観て、「学生映画ってこんなすごいのか〜!」と思ったら赤色彗星倶楽部がすごいだけだった、という思い出。

このレビューはネタバレを含みます

天文部のまわりの苦い青春の話。

PFFでは一番わかりやすい雰囲気。

ヒロインが可愛いのも高ポイント。
しかしヒロインの死因が未だに謎。

青春臭い! いいぞ! と思いきやラストで一気に前衛的になる。ただの青春モノではない感。
田辺・弁慶映画祭④

グランプリ受賞作品。

おお、レビュー件数が二桁ある!
さすがPFFに入選したり、他でも結構上映しているようです。

高校、文化祭、実験室、部活、彗星、ファンタジー、、まさに大林監督の某作品を連想させます。実際、監督は大林監督好きとのことで納得。ただ、大林監督はあのお歳でも、さらにトンガっていますが。

若さの弾けとか、10代の頃のなにかモヤモヤした感じとか、愛らしさとか、いいシーンあるのですか、同じくらいもう一つなシーンもあって、、
いろいろやりたかったことちょっと詰め込みすぎかな?

ヒロインの女の子(手島実優)、剣道着姿も可愛いかったので、そこはちゃんと押さえられてました、、^_^
PFFアワード、青山シアターの配信で視聴

真新しさはないが、妙な懐かしさがある
全体的な雰囲気は好きだ
ヒロインがとにかく魅力的
それに準じてメインキャスト達も魅力的である
役者の力がものすごく大きく表に出ている

だが大事な部分が意図的だとは思うのだが描かれてない
ヒロインが死んでしまい、その幻を追い続けるのは良いが
死ぬ前に旅行準備してたのは何なのだろうか

あと全体を通して、しょうもないネタが各所為にちりばめあっれている
あれは一歩間違えれば作品全体を壊してしまうと思う
かなり勇気がある行為だと思う

あとMVのようなシーンを入れてるのはなぜだろう
なんか最近こういうのしたがる人多いよね
卒業制作だからやりたい事出来る事を全部入れるのは
正解だと思うし、それが次回作に繋がるのだろうけど
PFFの作品全体的に言えるのだけど
物語の部分を重要視してない風潮があるよね・

ラシトシーンはものすごく良い

けどエンドロールは疲れる
長いしクレジットが大文字単独多すぎ
サクサク流して欲しい
TAYA

TAYAの感想・評価

4.0
監督の武井さんが同じ高校の先輩ということもあってか懐かしいフレーズがちらほら。
高校生の未完成な様が丁寧でキャラクタライズもとても好きでした。
特にハタケが自分的にお気に入りでした。

あーめちゃ悔しい
>|