君の名は。の作品情報・感想・評価

君の名は。2016年製作の映画)

上映日:2016年08月26日

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「君の名は。」に投稿された感想・評価

タイムトリップものの中でも、斬新な世界観で飛騨と都会を繋いでいて、面白い!
アニメがとても美しい。
けど、となりのおじさんが最後泣いてて引いた。おっさん泣かんとってぇな。
私の感受性がもう枯れているのだろうか?
さとう

さとうの感想・評価

3.0
あまり好きじゃない。子供ウケを狙ってるように思えて、くだらなく思えてしまった。
下書き見たら「入れ替わった相手を好きになれるかな」って書いてて自分のひねくれ具合に心が痛んだ、
hotkeiko

hotkeikoの感想・評価

2.5
出だしはテンポよく、非常によかった。
男らしいみつはも、女子力高いタキくんも魅力的で引き込まれる。
しかし、後半ちょっと失速。ラストも普通過ぎて。
入れ替わりという前半の話を生かして、どうせならラストもちょっと不思議さを出したらよかったのに。
mmichi

mmichiの感想・評価

-
泣けるから、超泣けるから


と言われ続けたがついにレンタルされるまでは見ることのなかった作品。


ありのまま約2時間の間で起きた出来事を話すぜ……
「俺はアニメ映画を見ていたと思ったら、RADWIMPSのPVを見ていた……」
レンタルを間違えたとか読み込んだディスクが違かったなんてちゃちなもんじゃねぇ……
恐怖の片鱗てやつを味わったぜ……

ふざけた感想はここまでにしよう

本作に対する素直な評価は、
オタク文化に触れてこなかった人達を客層にしたアニメ映画だ。

なのでオタク文化に触れてきた人達にはどうしても既視感のあるシナリオになってしまうし、尺的な問題か、ストーリーもダイジェストのように見えてしまう。
そして先に述べたRADWIMPSのPVという評価だが、この映画、けっこう挿入歌を挟んでくる。
曲自体はいい曲だ。挟むタイミングも絵的には丁度いい。
しかし、この演出は1回でいいのではないか。
曲を流して日常を飛ばす尺があるなら、日常の描写に尺を割いて、滝と三葉の恋愛感情への変化を描くべきだ。

もう、なんか、色々唐突なのである

やたら批判が多くなってしまったが、オタクの一人として本作を評価したい点も勿論ある。
1つは圧倒的作画力だ。
視聴時には目を見開いた。
新海マジックとでも言うのか、秒速五センチメートルや言の葉の庭での塗りやらなんやらが更に進化している。
これ、アニメ作画の1つの到達点なんじゃなかろうか。忠実に再現された新宿の街並みは圧巻である。
もう1つ、音楽の良さである。
「前前前世」がやたらと話題にされていたが、個人的には「なんでもないや」が演出も相まってお気に入りである。

最後にひとつ。
三葉の乳y
Rr

Rrの感想・評価

4.4
上映中は、波に乗らず観ないからな!なんて意地を張ってしまってた自分に後悔...。
一言では表せない最高のアニメーション映画でした。日本の歴史に名を刻み、これからも受け継がれてくであろう。
地上波初登場のタイミングで見た!ハラハラしたりしたけど、最後は特に感動したなぁ。見れてよかった!
高クォリティ。
苦手じゃない新海作品。人に勧められる。


ただ、好みではない
もォく

もォくの感想・評価

4.2
どちらかというとストーリーより絵(背景)が綺麗で好きな作品です。
あと登場人物の関係性も好きです。
神木くんの演技は流石だなぁと思いました。上白さんの声も聴いてて落ち着く声で羨ましいです。
WOWOW 録画鑑賞,
点と点を線につないだら「丸」で終わった映画。
>|