この世界の片隅にの作品情報・感想・評価

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.2

あらすじ

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が…

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

YujiGoto

YujiGotoの感想・評価

4.0
この映画以上に、平和が如何に愛おしく、普通の生活がどれほど美しいものなのかを教えてくれた作品はないかもしれない
みっき

みっきの感想・評価

3.8
ほんわかしたタッチで広島の原爆を描く。とにかくアニメーションが優しい世界。能年玲奈ちゃんの声も主人公と合ってて後半の大変な時も緩和される。

個人的には最優秀は「君の名は。」が取って欲しかったけど、玄人受けするのかもね。

食料も供給性になって野草を食べようと工夫して調理するシーンとか、懸命に楽しく過ごそうとしているところとか、主人公の一生懸命に生きてる感があって、好きです。

これなら戦争映画が苦手な人でも見れそう。
でも、どうしても、リアルな戦争に目を背けてる罪悪感が私を襲う。
上質なアニメのドラマで、動きもなかなか面白くたまに個性的な絵柄も出てきてアニメ映画が好きな人は満足させることができるであろうクオリティの高さを感じた。主人公のあの性格でも、イラっとしないキャラを作り上げたのは製作者の腕力によるもので上手いと思った。
ただ、正直、お涙頂戴路線があざとい印象で、音楽もややうるさく、『いかにもテレビ局が作ったんですよ!』というような、戦争→核兵器→死傷→感動しない奴はおかしくね? という邦画の戦争映画お約束の展開で、意図がミエミエなのが正直白けた。。。
ようやく鑑賞。上手く言葉に出来ないけれど様々な思いがぐるぐる渦巻く作品。毎日をバタバタ生きていると、目の前にある小さな幸せを、何気ない日常の尊さを見逃しがち。与えられたものを大切に慈しんでいける人間になりたいものだなぁと。
masatan

masatanの感想・評価

3.8
最初に言いたい。のんさんはもっと映画なりドラマなりいっぱい出るべき。こんなに才能がある女優をもっと見たい!!日本のくだらないしきたりを無視して、のんさんを起用した片渕監督のインタビューは強い意志を感じた。

戦争の怖さはもちろん、最初の化け物とか、屋根裏部屋の座敷わらし、はるみさん、被爆した孤児とか、色々と意味がありそうな描写がとても怖かった。
鑑賞後は解説サイトを読みまくった。
解説ないと理解できないくらい難しかったのは原作の綺麗な部分だけを切り取って映画にしてるからかもしれない。‬
masato

masatoの感想・評価

4.0
ほのぼのとした絵と語り口調ですが、どうしても戦争モノだから、残酷な描写も。

でも、語り継がれていかなければならない歴史だから、ご先祖様に感謝したくなる作品です。
弱りましたね〜と、困難な場面でものほほんとしてそうなすずさんも、奥底では耐えて耐えて、10円ハゲつくって。。。それで、戦争負けましたって急に言われてもキレるのは当然。時代は違えど、庶民とは?と突きつけられた。グサッ!

このレビューはネタバレを含みます

すごい映画だと思う。
水彩画のような柔らかいタッチであくまで日常の延長線上にあった戦争の日々を描く。柔らかく美しい画面とそこにある厳しい現実やリアルな感情の対比が…。

玉音放送のあと、そんなの覚悟のうえだろう、最後の1人になるまで戦うんじゃなかったのか、まだ戦える人がここに5人はいる…、と今まで困難な状況にも愚痴ひとつ言わず黙って耐えてきた、そしてできる限り明るく穏やかに過ごしてきたすずが怒りの感情を顕にするのは、胸にぐさぐさくる。
そして、そのあと畑で、何も分からない自分のままでいたかったと泣くすずの姿があまりに辛くて…。なんも考えないわけないんだよ…すずもぎりぎりのところで耐えてたんだと思わされた。

とにかく見たことないタイプの映画でなにがすごいとかいいとかあんまり言葉にならない!
yuse

yuseの感想・評価

3.7
この映画は思った以上に難しい映画だった。

アニメーションの描写が独特で、戦争映画をこのように描いている点では、物凄く斬新だと思った。
リンの存在やラストシーンの女の子は、一回の鑑賞では理解が難しかった。
緑雨

緑雨の感想・評価

4.0
この映画を観てからしばらく、心がざわついて仕方がなかったのは、映画の中のセリフにもあるように、すずさんが実に「普通」であるから。そんな「普通」があっけなく破壊される。その様に心が揺さぶられる。

ここで「普通」とは、善良であることであり、また愚鈍であることでもあるのだが、その一方で、絵を描くことへのひとかたならぬ執着と才能だったり、普段の穏やかさや受動性を覆す激しい感情を時に顕す面を持っていたりと、キャラクタの造形が絶妙で、作品全体に対して複雑な影響をもたらし魅力を生んでいる。不器用で抑制された分、性に関する数少ない場面が艶かしさを感じさせることもその一つ。
善良といえば、すずだけでなく家族も皆そうである。義姉のツンデレぶりもドラマに効果をもたらしている。

地方における「銃後」の生活に通底する緊張感と鬱積を描いている点で、個人的には『美しい夏キリシマ』に通じるものを感じたのだが、本作では悲劇が現実のものとなる様が痛切に描かれる。空襲、不発弾、そしてキノコ雲。
>|