この世界の片隅にの作品情報・感想・評価

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.2

あらすじ

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が…

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

nasa

nasaの感想・評価

4.5
評価の高い戦争の映画、おおまかなことしか知らず、早く観たくてやっと鑑賞。


生活を垣間見ているような淡々とした話のテンポ、独特の雰囲気、主人公の声。
不思議な感覚につつまれた。

優しいタッチのアニメーション、説明のないストーリー、シンプル。
でもそのシンプルさが、とてつもないインパクトを残しているのだな、と。
こんな壮絶な時代があったことの説得力がすごい。

すずさんが実在して生きていたら、こんなお婆ちゃんだろうな、と考えてしまった。
のんの声が上手いとか下手とかではなく、残るものがある。
そして綾瀬はるかの声に似てる。

恥ずかしながら、火垂るの墓をちゃんとみたことがないので、戦争アニメというものをいくつかみた上でまた観直してみたい。
あいこ

あいこの感想・評価

4.0
泣いた〜

確かに戦争の映画は「いい話だなあ」で終われない難しい
よく見る殺人映画とかはどれだけ人が死んでも「いい映画だ〜」「ムナクソ〜」で終わるのにね、不思議だね

戦争自体も直接体験したことないのに

戦争は日本人にとって生々しすぎるものなのかな

ほんわかした雰囲気に見えるけど、戦争を題材にしてる時点で綺麗事では終わらない映画だろうなあとは思ってたけど…
思った以上に残酷で、最後の小さい子のくだりにしても、ね、

平和ボケ平和ボケ言われても「は?なにが?」って思ってたけど、白ごはん食べられることがどんなに幸せなことか、ましてやご飯残しちゃうとか、そんなのダメだよねえ

前付き合ってた人と長崎旅行に行って、原爆資料館にいったとき私はひとりで眺めながら涙が出てしまって、そのときそれが恥ずかしいと思ってしまって、見られたくなくてそそくさと資料館を出てしまいました

たまにそのときのことを思い出して愚かだったなあと反省するし、なまぬるい生活をしている若者がそんなことを言っても何も説得力ないし偽善に聞こえると思うけど今こうやって日常を過ごせるのってほんとはすごい幸せなことなんだって、ちゃんと自覚しなくちゃいけないよね
MARQUEE

MARQUEEの感想・評価

4.9
この映画は言葉を尽くして誉めようとしても全く足りずレビューを書くたびに消す、を繰り返している。
初めて観た直後は素晴らしい映画ながら二度と観れない気がしたが、結局劇場で五度観ることになった。
恐らく今後そんなことはもうないだろう。

満点を超えてる映画だが長尺版で5.0としたい。
優しく描かれてる
けど、話の節々でしっかり伝わってくるものがあった映画

最後の親子の描写はすごく胸が痛む
lunba

lunbaの感想・評価

-
思った以上にのんびりな始まりで、
声がやわらか〜なので
あれ?
戦争の映画だっけ?
と思うけど、
ユーモアがある新しい伝え方に
目が離せなくなった。
tk

tkの感想・評価

3.0
第2時世界大戦中、広島の田舎町に住む主人公を描くストーリー。

不本意ながら、お見合いにより結婚し、広島から遠く離れた相手宅に嫁ぐ。家事が全くできない主人公の成長過程をみると、不器用ながらも働く一生懸命さが伝わり、面白おかしくほのぼのとする。

また、広島原爆投下を離れたところで経験する主人公。戦争による喪失感に対し、強い気持ちで対抗しようとする主人公の姿勢が印象的。
みぃ

みぃの感想・評価

3.8
戦争物の映画の中でもここまで当時を生きる人の心情が見えたものはない気がする。
Takakore

Takakoreの感想・評価

4.6
もう一回、もう二回、観たい!
野草の食べ方、調理法、知恵、そこらへん観てて面白かったな〜!何不自由なく暮らせてる今に本当に感謝せねばなって思えた。
kazu

kazuの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

あまりにも

あまりにも自分の「戦争」に対する免疫の無さに驚いた。

この映画は、

映画と呼ぶことすら申し訳なくなるほど

戦争のありのままを隠すことなく、かといって美化することもなく描いているようで息苦しくなった。

スコアがいくつなんて、おこがましくてつけられない気分だ。

戦争を生きた人々の先に、今の俺らが、いる。

残念ながら、俺も、平和が当たり前だと思っている人間で…だからこそこうして、明け方にアプリに何食わぬ顔でレビューをしたためている。

時代にあわせて、人々は生きている。


今の俺が、食べたいときに食べたいものを食べ、映画や音楽に心酔し、何となく仕事したりして…それが当たり前のことと捉えているように

主人公すずは、好きな絵を描き、呉に嫁ぎ、さつまいもを食べ、防空壕に避難をする。

身近な人が出兵もするし、被災して死んでしまう者もいるし、被弾すれば体の一部だって失う。

そんなひとつひとつが、悲しいかな当時の人々にとっては風が吹くくらい当たり前のことだったんだな、と

身につまされる。


月並みだが

戦争は二度と起きてほしくないし、起こしてはいけないものだと痛感させられる。

このレビューはネタバレを含みます

めちゃくちゃよいです 。

なぜ早く観なかったのかと後悔しました 。

工夫をしながら料理する姿にばあちゃんを思い出し 、すずちゃんと周作さんの結婚から始まる恋愛にきゅんとしました 。

他の方のレビューで おばあちゃんと観たとか 、映画館で年配の方と観て笑いが漏れたとか ありましたので ばあちゃんと観たいなぁなんて 、密かに思っています 。
>|