この世界の片隅にの作品情報・感想・評価

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

4.3

あらすじ

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が…

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

niwasaki

niwasakiの感想・評価

4.0
素晴らしかった。
文句なく素晴らしかった。

沢山の人が書いているように、言葉にならない感動に満たされて、この映画を観られたことは私のとても幸福なエピソードの一つになった。
悲しい話なのにどこかほっこりする話でもある。
wyzbar

wyzbarの感想・評価

4.0
□物 語 ★★★★★ ★★★
□配 役 ★★★★★ ★★★
□演 出 ★★★★★ ★★★
・テ ン ポ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆
・喜怒哀楽 ☆☆☆☆☆ ☆☆☆
・ドキドキ ☆☆☆☆☆ ☆☆
・雰 囲 気 ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆
・エンディング ☆☆☆☆☆ ☆☆☆
□映 像 ★★★★★ ★★★
□音 楽 ★★★★★ ★★★
suzu

suzuの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

これは映画館で観たかった。
戦時中の広島。
明るく真面目、ボンヤリした所のあるすずの視点で、あくまでも優しく淡々と展開するが、
終盤になって彼女がボンヤリした自分のまま死にたかったと怒り泣き喚くシーンは切なすぎた。
色々なシーンを思い返してまた観たくなる作品。
アニメだからって食わず嫌いは良くないな。
のんの声がめちゃくちゃ良い!
アニメで描いているからこそ、当時のリアルさがヒシヒシと伝わってきますね(^^;)
和やかな昭和の物語。舞台が広島で戦時中とは思えない長閑さ。
ご飯作って食べて、裁縫して洗濯して、掃除してお風呂入って、寝て起きて…どんな日でも、どんな時代でも紡がれてきた営みはこんなにも愛おしかったんだと気付かせてくれる作品でした…
【戦争】そのものはわかりませんが【暮らし】とゆうカテゴリーの中でこんな生活は2度と訪れないと思い、この時代を過ごしていた訳ではないのに、変な懐かしさが溢れ出てきました( ̄□ ̄;)
素晴らしい映画でした。たくさんの方にみてもらいたいです。
テトラ

テトラの感想・評価

4.2
教科書では伺うことのできない、戦中の日常が観れる素敵な映画。

クスッと笑えて、ホロリと泣ける。

周作さんみたいなお方と結婚できたら幸せなんだろうなぁ
絵が柔らかいのに日本の原風景が生々しく匂ってくる。

戦争を経験した世代ではなくても
不便で必死だった生活とか人との繋がりの尊さ愛しさが蘇りました。

子供の頃はただ従兄弟や叔父さん、叔母さん、が遊びに来てくれるだけで、遊びに行くだけで物凄く楽しかった。

どんどん便利になっていく中で大切なことを失わずに居るために何度でも観たくなる作品です。
F

Fの感想・評価

2.8
舞台は戦時中の広島。
のんびりとした性格の主人公すずは、呉に嫁ぎ、ささやかな幸せを感じながら生活していた。ところが、時代と共にどんどん戦争は激化していき、すずのささやかな幸せが崩れていってしまう。
すずはどのように生きていくのか、家族愛とはなんなのか、戦争の中で見つけていく希望の物語。

これを観て偏に思うことは、戦争さえなければ幸せに暮らせただろうということです。
ただ、失ったものばかりではなく、戦争を通してすずが成長していく姿も見られました。
淡々と優しいタッチで描かれた
終戦の時代のお話
辛いエピソードもあるけど
その中でも普通に暮らしてるすずさんに
かなり感動しました。
ほっこり笑える所もあって
この時代を描いた作品では今迄にない雰囲気の映画です
出会えて良かった
ちょっと長いかもしれないけど
是非一度は見て欲しい
>|