この世界の片隅に(2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:126分
    監督
    片渕須直
    原作
    こうの史代
    キャスト
    のん(能年玲奈)
    細谷佳正
    稲葉菜月
    尾身美詞
    小野大輔
    潘めぐみ
    岩井七世
    澁谷天外
    あらすじ
    どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

    「この世界の片隅に」に投稿された感想・レビュー

    ちょい長湯
    ちょい長湯の感想・レビュー
    18分
    -
    記録 2017/02/19
    MikuShiwaku
    MikuShiwakuの感想・レビュー
    42分
    5.0
    食事も睡眠もままならない日常。身近な人が亡くなっても、人前で泣くことが憚れる時世。理不尽な現実を受け入れつつも、小さな幸せや喜びを見つけては大切に噛み締めていた市井の人々。彼らも静かに闘っていた。
    まゆこ
    まゆこの感想・レビュー
    1時間
    4.5
    「この世界の片隅に」を観ました。
    原作が大好きだったからかなり贔屓目になってしまったかも、なんと開始直後に涙してしまった。原作で好きだった場面がばっさりと切り落とされていたのは悲しかったけど、戦争を生き抜いた日常生活の中にある強さというテーマはよく伝わった。すずの性格もあって、内容はほのぼの物。だからこそより戦争の描写が映える。そこが見所の一つでもあったなぁ。アニメ化多いけれどアニメ化にする意味があったと思う。戦争のシーンもそうだけど、呉市の発音は字だけじゃわからんもんね。広島と呉の人ではイントネーションが違う。そんな細かい所までこだわっていて、片渕監督の熱意がわかる。制作期間長いだけの事はある!こうして観ることができて良かったです。

    コトリンゴさんの歌もなんとなく能年玲奈…のんちゃんの声に似てて、すずが歌ってるような気がした。あと、忘れちゃいけない。声優さんの中で最も好きな細谷佳正さん。適任ですね!ありがとうございます!!
    紅孔雀
    紅孔雀の感想・レビュー
    1時間
    4.9
    見終わった後も、声優のんの口調と水彩画のような画面のリズムが、私の体をゆったりと包んでいるようでした。
    そして、この時代の細部までを描くため、アニメという手段が必然的に選ばれたのだ、という思いもまた深かったです。
    日付が表示され、あの運命の日まで徐々に近づいていく、という緊迫感。そして何もかもが異常になっていく戦争末期に、なお「普通」でいる主人公すずの有り難さ。幼馴染の水原が「すずは普通でいてくれる!」と叫ぶ、一夜のエピソードが深く心に刺さりました。
    そしてクライマックス。玉音放送を聞いたすずの慟哭に心が震え、静かな涙が流れました。
    というか、ずーっと心が波だっていたような気がするのは、あの時代の日本人の健気さに、ただただ感動していたからかもしれません。若きレビューワーさんたちが、この先人達の労苦に対し、最大限の共感と賛辞を捧げている(そして中にはクラウドファンディングに参加もしている)のを読んで、まだまだ日本も捨てたもんではないなぁ、と思いました。
    戦中、戦後、そしてもはや戦後ではない時代に生まれた人々を繋ぐ、世代を超えた名作と思います。
    すみれ
    すみれの感想・レビュー
    1時間
    4.0
    記録
    Sashiwo
    Sashiwoの感想・レビュー
    2時間
    -
    映画館で鑑賞。
    完成度高くとても良かった。
    前髪
    前髪の感想・レビュー
    2時間
    4.0
    多くの著名人から絶賛され、数多くの賞を受賞し続けている本作。やっと観にいくことができました。公開開始から随分経った今でも、地域を拡大していっているようですね。

    ぼうっとしててドジっ子で、人に愛されやすくって、芸術に長けているすずさんの生活に、徐々に、徐々に、悲しみが降ってくるさまが丁寧に描かれており、それがとてもえぐい。悲しくてやりきれない。最初から最後まで、私の頭の片隅には、同世代の祖父母の存在がありました。涙がスーッとスーッと、ボロボロではなくスーッと流れてきて、こらえきれなくなってくるのです。泣ける泣けないは良い映画の判断基準になりえませんが、この涙の落ち方は、感情の揺さぶられ方は、なかなかないと思うのです。

    またすずさんを始め、でてくる人たちが皆人間くさいのです。感情の描き方にリアリティがあり、綺麗な感情も、不謹慎とも言える屈折した感情も、その中間を行き来する形容しがたい感情も、丁寧に丁寧に描かれています。普段は、アニメーションをほとんど観ないので、衝撃を受けました。アニメーションの訴えかけてくる感情が、こんなにも生々しいなんて!

    そして主題歌と挿入歌になっているコトリンゴさんの楽曲が、スッと心に染み込み、感動に拍車をかけてきます。『悲しくてやりきれない』は、曲調がポップなので綺麗な歌声だなあと聞き流してしまうのですが、歌詞をよく読んでみると、非常に暗い、絶望的な歌詞なのです。それはこの映画にも言えるかもしれません。どんなに悲しい事実も、それを自分がどのように捉えるのかが大切なのかもしれないなと帰り道考えたのでした。すずさんが、周作さんに「ありがとう」と伝えるシーンの一連のセリフがしばらく私の頭から離れそうにありません。
    tmk
    tmkの感想・レビュー
    3時間
    4.7
    のんの声が主人公のすずと絶妙にマッチしていました。戦争モノであるにも関わらず、上映中に笑い声がひっそりと響く映画を観るのは初めてでした。

    悲惨さや深刻さはそこまでハッキリと描かれていなくても、自然と自分自身によってとても考えさせられるような作品でした。

    映画館で鑑賞出来て良かったです。
    みーや
    みーやの感想・レビュー
    3時間
    5.0
    こんなにがっつり戦争ものとは思ってなかった。主人公の笑顔かわいい。ウルっとシーン何箇所かあった。のん良き。
    これは映画館で観るべき。
    ビスコ
    ビスコの感想・レビュー
    3時間
    4.0
    のんの声が良かった
    >|