この世界の片隅にの作品情報・感想・評価

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.2

あらすじ

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

ei

eiの感想・評価

4.2
戦争で貧しく悲惨だけれどそれでも皆んなで前向きに一生懸命生きている、現代の物で溢れている世の中からするととても考えさせられるところがあった。
こういう時代を生きてきた人達がいるんだということを知る為にもずっとこういう作品はあり続けるべきだなと思いました。
かとう

かとうの感想・評価

5.0
映画館で大事な人と二回観た、個人的ベストオブ映画。映画ファンとして、そして広島で生まれ育った身として、この作品は未来永劫語り継いでいきたい。
公開延期になった新作も楽しみ。
最後の最後 思わず手を振ってしまった
のんさんが本当に素晴らしい
比較作品で挙げられる「火垂るの墓」同様、戦争で振り回される日本国民たちの話でした。

絵柄は優しいのですが、内容はリアル。
ヒロインのすずさんもおっとり温厚なのですが、そんな女性だからこそ、戦争に振り回され心に傷をつけられる様が哀しかった。


とてもじゃないけど目を覆いたくなるシーンもあった。
それでもこの作品に救いがあったように、また温かいものに感じるのは、すずさんっていうヒロインの存在が大きいのかな。

すずさんの周囲の人たちと一緒に、すずさんに癒され、すずさんのおっとりドジっぷりにくすっと笑わされるんです。


いつもすずさんのように、日常に小さな幸せや楽しみを見つけられたら、誰しもが心穏やかに豊かに生きていけるのかも。

自分もそうだけど、
ちょっとしたことですぐ後ろ向きに捉えてもうダメだーって立ち止まったり、
上を見すぎて背伸びし過ぎて辛くなって、身近にあるほんのちょっとした幸せや人の思いを忘れがちな現代人。

こういった現代社会に疲れてる人たちに観て欲しい作品でした。

戦争もの、というよりも、
戦争を生き抜いた人たちの強さに着目して鑑賞しました。



ちなみに、
リンさんファンとしては、あの話が無かったことが一瞬気になりましたが、
それも盛り込んでいてはこの映画の軸がズレてしまっていたかもしれないので、
映画版「この世界の片隅に」はこれで完成されているなと思いました。

しかし続編でリンさんとの話があるそうで!
とても楽しみです。
色々なところで大変評価されているけど、あまり何が良いのかわからなかった。
映画館で観たのではなくホールで見た為か、前半部分は方言がキツいのに加え、音声が少しズレているように感じた。

戦争に対してアンチテーゼを投げかけた作品であるのだということはよくわかる。
そして、凡人だった主人公がその時代での一般的な経験を通じて、少しずつこの世界観における基準からズレた片隅に移動していく姿は観ていて痛々しかった。

秀作の評価がメチャメチャ高いけれど、私は拗ねた男程、女々しく情けない存在はないと思う。
ズレているのかもしれないが、私はあまり彼が好きではない。

そもそも、「この世界の片隅」とは何なのであろうか。
私は上記の通り、すずの思想基盤が普通からズレていくことだと思う。

確かに一国民など搾取の対象でしかなく、「世界」の中心に国家が位置しているのならば、片隅なのかもしれない。
しかし、そういうことではないだろう。

すずの住むところは確かに長閑で爆撃機なぞ最も似合わない世界の片隅かもしれない。
しかし、そういうことではないだろう。

これは製作者に委ねられるのではなく、各々が各々の解釈を持つべきであると思う。

ある意味、この作品は多様な解釈を許容する、まるで哲学書の様なものなのかもしれない。
とも

ともの感想・評価

4.0
なんとなーくずっと見たいなぁと思っててやっと見れました。
戦時中って暗ーくて悲しーいイメージが付きまとうけど、今の人と同じようにたくさんの人が健気に懸命に生きてたんだなぁと、強いなぁ
Maple

Mapleの感想・評価

4.0
晴美ちゃんの手を右じゃなく、左で繋いでいたとしたら…みんな良かったと言ってるけど、私には何が良かったのか分からない。と思いを張り巡らせるあたり…とても苦しかったです。
これはホントいい作品。劇場で見られて幸せでした。

まず、原作が素晴らしい。こうの史代さんの描く戦争には、変な政治的意図を感じない。戦争を知らない、ということが負い目なんじゃなくて、ただただ知らないことを知ろうとする姿勢が心地よい。この作品を選んだことに拍手。

次に、すずさんを演じた「のん」ちゃんが素晴らしい。「あまちゃん」という当たり役を得て、そのあと何やらかんやら色々あって、もう見られないのかなぁと残念な気持ちだった。が、やはり魅力のある人は、周りが放って置かないんだな! この人を主役に据えたことに拍手。

そして、コトリンゴさんの音楽も素晴らしい。幾度となくカバーされている名曲「悲しくてやりきれない」に、まだまだこんな魅力があったとは。この作品のために作られた曲のようにさえ感じられた。このミュージシャンを選んだことに拍手。

最後に、決して恵まれた制作環境ではなかったのに、こんなに素敵な作品を生み出してくれた片渕監督に感謝です。
Yuhei1229

Yuhei1229の感想・評価

3.9
何か分からないが、後を引く映画だった。

ストーリーは割と淡々と進むし、衝撃的な出来事があっても、それをすんなりと受け入れている部分に違和感を感じたが、この時代は死や怪我が当たり前だったからなのだろうか。

同じジャンルでは、やはり火垂るの墓の方が衝撃的で、戦争の悲惨さはより感じることができるのではないかと思う。

ただ、大変な状況の中、色々な気持ちと共に一生懸命に生きる人達の姿に、じんわり胸を締め付けられ、観ている時間を忘れる程の良い映画であった。

このレビューはネタバレを含みます

笑顔の裏に。

かなり評判だった時期に劇場で観ない僕がバカでした。めちゃくちゃ素晴らしい映画。映画の限らず物語って展開の緩急が肝になってくると思うんですけど、本作はそれが見事ですよね。前半のゆったりとしたムード。その中にも戦争の気配は感じますが...。単に心に何か残してくれる作品ではなく、展開も非常に丁寧で繊細に描かれているので感情移入しやすくなっています。

これまでにも兵士たち以外の様子を描く戦争映画は様々あったと思いますが、普通だと「平凡な日常を過ごしていたところを戦争が襲ってきて、もう二度と経験したくない」という話で落ち着くと思うんですよ。確かに本作もそういう要素は十分にあるんですが主人公のすずは何のために“失うことを我慢”をしたのか悔いる場面があって、今を生きる僕らには全く理解できない思考ですけど、仮に勝っていればまだ救いがあったと思うんですよね。でも負けてしまって、これで何を得たかというと家族だったり食事だったり生きていく上で普遍的なものが普通に“ある”っていう日常の輝きですね。

作画の雰囲気も凄い好きだなぁ。ほんわり。
>|