この世界の片隅に(2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:126分
    監督
    片渕須直
    原作
    こうの史代
    キャスト
    のん(能年玲奈)
    細谷佳正
    稲葉菜月
    尾身美詞
    小野大輔
    潘めぐみ
    岩井七世
    澁谷天外
    あらすじ
    どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

    「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

    高評価がつくほどかな〜という印象。
    戦争の中、ひたむきにマイペースに生きる主人公は素敵だけど、
    本当の戦争を知ってる人がこれ見て共感するのかなぁ。
    戦時中の広島の生活を知る事ができました。

    こんなに心を強く持って生きていけるだろうか>_<
    戦時が舞台だというのに、のんびりとしていて、邦画チックでありながら古臭くない。笑えるシーンも。泣けるシーンも。
    隙がない。
    ぼーっと見終われば、
    凄まじい内容を淡々と描かれていたことに驚きを隠せません。

    黒いバックに白い線で描かれるアニメーションは、やられた感がありました。
    これは本当に良かった。
    アニメーションを駆使した名作。

    このレビューはネタバレを含みます

    静かに泣いちゃう映画
    主人公が戦後の感覚的な戦争反対ーではなくて、その時代の普通の人の感覚?
    勝つまでの辛抱だって言ったじゃないかと悔しさ、怒りをあらわすシーンがよかった。
    戦争以外悪意のない世界だった。
    >|