この世界の片隅に(2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:126分
    監督
    片渕須直
    原作
    こうの史代
    キャスト
    のん(能年玲奈)
    細谷佳正
    稲葉菜月
    尾身美詞
    小野大輔
    潘めぐみ
    岩井七世
    澁谷天外
    あらすじ
    どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

    「この世界の片隅に」に投稿された感想・レビュー

    あおや
    あおやの感想・レビュー
    3時間
    4.5
    2017年一発目の劇場鑑賞。ロングランということもあり再び劇場にて二回目を鑑賞してしまうほどに印象深い作品。この映画で描かれている“戦争”は主人公すずの視点からみえるそれである。いち庶民の、しかも普通の女性である彼女の視点から描かれる戦争は、いままでいくつか見てきた軍部や軍兵にフォーカスが当てられた戦争映画とは大きく異なるものでありとても新鮮に感じられた。厳しいはずの戦争最中でも楽しく生きようとするすずの姿は微笑ましく、彼女のまったりとした性格も相まって戦時中の日常描写の中にもクスッと笑えるシーンがたくさんあるところがおもしろい。なおさらすずの日常が逃れられない戦争という荒波に呑み込まれていくのには胸が苦しくなる。玉音放送後にすず感情が爆発する描写はとても印象的。また、絵の具でのすずの心情描写やワニが出てくる場面などアニメーションでしかできないであろう演出もとても上手く使われていたと感じた。伏線の回収もお見事。戦争を全く知らない世代である自分にも本当に心に響くものがあった。これは泣けたなあ。
    SetsukoAzuma
    SetsukoAzumaの感想・レビュー
    3時間
    4.7
    周りで絶賛の声しか聞こえないので、やっと行きました!
    丸の内東映に滑り込みセーフでレディースデイに(笑)

    かなりのロングランですが、結構入ってます。
    週末はまだ満席近くになるんじゃないでしょうか。

    戦前から広島に原爆が落とされて終戦までの日本を一般のほんとに普通の女の子の生活から描いた作品。

    主人公のすずが戦時下でも、マイペースで空襲が来てるのに、それを観て絵が書きたくなってしまったりするくらいの超マイペースさに、たまに早く!と観てる側が焦るくらいなんですが、呉の田舎町ののどかな風景と彼女ののんびりさが相まって、戦時中の話とは思えないくらい平和な気分になりました。

    でもでも、もう広島と長崎がどうなるかを知ってる我々としては、こんな平和に日常を過ごしている人たちが巻き込まれるのか、という不安を抱えながら、すずが幸せそうにただのんびりと過ごしているのを観て、逆に戦争の非道さを感じてしまう映画です。

    何より、日常のすばらしさや小さな幸せに気が付きます。

    少女のころから大人になって、会ったことを覚えてもいない人に嫁入りし、そこで大事にされて平和に主婦生活を送っている主人公すず。

    いじめられてもあまりへこたれもせず、寂しがるわけでもなく、言われたものを素直に受け止めて、嫁いだ先の旦那も優しくするから自然に好きになって、食料難でも何とか食料を多く演出しようと工夫してみたりして、状況を悲観したりしない。

    ありのままを受け止めて、どこまでも自然体のすずの、よく考えたら全然普通じゃない平凡さが私が一番印象に残った点です。
    こういう性格が羨ましい。

    弱そうで超精神的にタフ。
    たぶんどこでも生きていけるのはこういう人なんじゃないかなあ。

    声優の”のん”の声がぴったりでこれまた驚きました。
    広島弁が耳に心地良かった。
    erika
    erikaの感想・レビュー
    4時間
    4.4
    2017.3/29 機内にて

    日本アカデミー賞、アニメーション作品賞を受賞した作品。
    いやあ、納得です。素晴らしい映画でした。
    戦争を扱った映画ですが、見終わってみるとこれは1人のすずさんという女性の日常を描いたものなのだと思いました。
    前半はほっこりとする内容なのですが、後半につれて少しずつ戦争の悲惨さがじわりじわりと伝わってきて苦しかったです。
    苦しい生活の中でも必死に生きるすずさん達がすごく印象に残っています。

    ラストが特に印象的でした。
    私たちが見ていたのはすずさんの日常だった、みんな同じように日常を過ごしていたけど奪われた日常もあるんだということをグサリと突きさしてきたような感覚でした。

    声優さんたちも良いです。
    声優初挑戦の 能年玲奈改め のんさんの声がすずさんぴったりでした。

    こういった悲惨な戦争があったということを知ることができるだけではなく、当時の人々の生活も見ることができる作品だと思いました。一度は見て欲しい作品です。
    かなこ
    かなこの感想・レビュー
    5時間
    3.7
    感動はしなかった。
    ただただ見ていて苦しかった。
    思い出すと涙が出る。

    若干テンポが早く、方言もあり、ストーリーが伝わりにくいところがあった。
    すずの年齢の変化も少し分かりにくい。

    映像、演出、音楽は良かった。
    ayaetu
    ayaetuの感想・レビュー
    5時間
    3.6
    のんちゃんの声が可愛いかったなー。戦時中の夫婦の描き方も良かった。
    ハム大
    ハム大の感想・レビュー
    7時間
    4.1
    鑑賞中もマスクしてたのにな。花粉が多いのかな。

    涙も鼻水もとまらへん。いい映画です。
    いのうえ
    いのうえの感想・レビュー
    7時間
    4.2
    「どういう映画?」と聞かれると答えに詰まってしまうような作品。ギャグはキレッキレ
    may
    mayの感想・レビュー
    9時間
    5.0
    戦争物だけど押し付け感が無くて、悲惨だけど不思議と重くない話。
    すずさんの声、すごくはまっていて癒された。
    温かい家族の物語、大切な人と一緒に観るのがおすすめ。
    タカユキ
    タカユキの感想・レビュー
    9時間
    5.0
    原作は読んでないけど、戦争の話だから知らない話では無い。観た後の気持ちをずっと忘れちゃいけない気がした。
    >|