この世界の片隅にの作品情報・感想・評価

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.2

あらすじ

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が…

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

ゆ

ゆの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

原爆投下の情報が後から口伝いで追いかけてきて、事の深刻さが浮き彫りになる感じ
玉音放送が流れた後の、重みがなさすぎる終戦とかどっとくる喪失感すごく生々しく感じた

悲しくてやりきれない故の穏やかな振る舞いから、環境が変わるにつれてそう振る舞うのすらままならなくなっていくみたいでそこからはもうアカンかった
たんぐ

たんぐの感想・評価

4.5
哀しくて虚しいことばっかだけど、そんなこと言ってても生きていけない、でも生きていかなきゃいけない。
Hana

Hanaの感想・評価

5.0
ドラマもドラマでいいところもありますが、やはり私は映画の方が好きです。

戦争はあってはならない、と改めて気付かさせてくれる作品でした。

これからの日本を担っていく若い人達が見るべき作品だと思います。
KARA

KARAの感想・評価

3.5
どうしようもない不条理にぶつかったとしても私たちは生きていく。そうしてきたたくさんの人たちがあって今の私たちがいるということを改めて感じた。なんでもない日常を大切にしたいと思った。
Haruna

Harunaの感想・評価

4.5
ゆったりとした主人公につられてゆったりと見てしまうものの戦争のシーンはきちんと描かれていて胸に刺さりました。
戦争ものはどうしても遠ざけがちですがこの作品はつらいだけではない場面も多く見続けることができました。それでもしっかり戦争の悲惨さは伝えているのが凄かったです。
ちまき

ちまきの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

水原さんが泊まりに来るくだりは、想像がしにくくてかなりリアルに感じた
戦争モノは苦手だけど、これは好き。

なんでもない毎日が幸せなんだって改めて思う。
戦時中のリアルな暮らしがわかった。戦争ものの映画が苦手な私でもみれてよかった。
Thekio

Thekioの感想・評価

4.6
悲しい物語 もう一度ゆっくり観たい

-20180820追記-
普通の日常の中に戦争がある感じが、きっとこんな感じなんだろうなと思ってしまうあたりがとてもリアルで怖かった。
登場人物の性格も良く描かれていて、節々の繊細な演技に泣きそうになる。
ふわふわした作風は、初めて観た時はただすずさんが何も考えてない風に映ったけど、2回目はすずさんに通底する切なさを孕んだ空気だったように感じた。ふわふわ切なかった。そんな中周作さんに出会えてよかった。

コトリンゴさんの曲がとても良い
何かが起きるんじゃないか?と思い過ぎてぬるっと終わってしまった。
けど、じわじわくる。
>|