この世界の片隅にの作品情報・感想・評価

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

あらすじ

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

大好きな映画。戦時中であっても、明るさを忘れない人々。だんだんと壊れてゆくすず。胸が苦しかった。ストーリーももちろんだけど、絵もきれい。カラフルな飛行機の煙とうさぎの波が好き。とてもあったかい映画。日本人全員に見てほしい。
浪人の時の二次試験前に見たのを思い出しました。
正味だいぶよかった。戦時中の映像作品で一番心に響いたかも。すず(声:のん)がほんまにええ子やのに、全然報われへん。泣く。
MisaoKato

MisaoKatoの感想・評価

4.6
毎日毎日、恐怖に怯えながら暮らす描写が多く、胸が痛くなりました。
腕を無くしてもなお前向きに生きていこうと、笑ってすごそうとしている姿勢にとっても勇気をもらったし、今この時代を生きていることに本当に感謝しなければならない
現代、日々の生活は豊かになり過ぎている。戦時、砂糖でさえ貴重であったことを思い知る。今ある環境は当たり前じゃない。代々受け継いで来た命があるから今の自分がいる。人それぞれ悩みがあると思うがすこしでもこれを見て和らぐ人がいればいいなと思う。
yuki

yukiの感想・評価

4.2
「日本が決して忘れてはいけない記憶」

名作であるということは知りつつも、この重いテーマを受け入れられるのか、心構えができておらず観てこなかった。だがアメリカ文化に触れ、やはり日本の歴史というものを再認識したいそう思った今、観れたこと本当に良かった。

舞台は戦時中の広島。特に海軍があった呉が舞台。私の祖父母は広島出身で、まさにこの映画のような出来事を経験している。その影響から、私は小さい頃から原爆、戦争というものをよく教わってきた。昔は「戦争=怖い」そういうイメージが強かった。だが改めてこの作品に触れこの歴史的な出来事を今の自分から見つめ直すいい機会となった。誰もが、自分自身としても目を背けたくなる事実、これをこの鮮やかなアニメーションとユーモアを交えながら描いていた作品、評価が高いのも納得であった。すずが描く絵とリンクしていくところや、温かみのある絵で戦争という正反対のものを描いているのも見事。まさに名作の一つである。

厳しい環境を懸命に生きようとするすず。人それぞれが抱える思い。終戦を知った時のすずの「まだ5人残ってる、まだ戦えるんだ。」あのシーンは戦争に大きく人生を動かされてしまった人々の感情。もう取り返しのつかない過去や失った人を思う気持ち全てが集約された重い思いだった。すずという一人の女性の人生がこんなにも心に刺さるとは予想もしなかった。

今、アメリカにいるからこそ観るべきだったと思う。それは誰かを憎むそいういうことを意味しているのではない。過去を過去として、母国のことを再認識すること、それは外国を知ることに繋がる。日本人という自覚が更に高まった。

特に世界に誇る日本のアニメーションであり、ユーモアもふまえているため誰もがみれる作品となっている。世界の人がこの作品を通して、原爆の事実、関わった人たちの人生についてもっと知ってもらえれればと思う。
自然体でほんとうにのんびりした雰囲気が伝わってくるような声が特徴的で、悲し過ぎる時も辛すぎる時もあの声が気持ちを和らげてくれていた気がした。
戦争のお話は最後すごく落ちて気分が上がらなくなることが多いけどこの作品はなんだかゆったりと穏やかに見終われたと思う。

見て良かった。
Dr

Drの感想・評価

4.2
悲劇を繰り返させないように、自分に出来ることは少ないかもしれない。
日常の中で、大切な人を愛し守れるように、正直に生きたい。
mayu

mayuの感想・評価

4.3
ほんわかした絵柄なのにとても心が痛くなる、辛くなる映画でした。
アニメ映画の名作だと思う。
想像を遥かに超えるいい映画でした。正直観る前は、よくある伝記物の映画を想像していましたが戦争を日常生活からみていて、とてもみやすくこれを観賞したあとご飯の食べ残しが出来なくなるほど感銘を受けました。
Mai

Maiの感想・評価

4.2
すずさんが健気で泣く。戦時中で生活が厳しくなってきても悲観的にならないで明るく生きているのが泣く。辛いことがあってもそれを乗り越える強さを持ってて泣く。もう泣くとこしかない。
>|