この世界の片隅に(2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:126分
    監督
    片渕須直
    原作
    こうの史代
    キャスト
    のん(能年玲奈)
    細谷佳正
    稲葉菜月
    尾身美詞
    小野大輔
    潘めぐみ
    岩井七世
    澁谷天外
    あらすじ
    どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

    「この世界の片隅に」に投稿された感想・レビュー

    nana
    nanaの感想・レビュー
    26分
    4.6
    戦争耐性低めの私にはちょっとキツかったけど、観なければいけない映画だった。
    あの頃のすべてのすずさんにありがとう。
    なかしゅん
    なかしゅんの感想・レビュー
    約4時間
    4.5
    とても「健気」な作品でした。

    戦争映画って、どうしても特殊な部分が描かれがちだと思うんですが、その中で、この作品は僕たちが日常の中で感じる「楽しさ」とか「悲しさ」とか「悔しさ」と同じものを描いていたので、すっと胸に入ってきました。

    昔を生きた人たちも自分たちと同じように笑ったり、怒ったり、泣いたんだってことは当たり前のことなのに、忘れがちになってしまいます。良い主題の作品でした。

    間の取り方や音楽の入れ方など、原作の良さを大いに活かす演出も絶妙でした。
    momo
    momoの感想・レビュー
    約5時間
    4.6
    すごく良かった、、、
    豆腐メンタル
    豆腐メンタルの感想・レビュー
    約6時間
    4.2

    このレビューはネタバレを含みます

    やっと観てきました
    この世界の片隅に

    絵のタッチになんとなく惹かれたんですよね
    実際見てみるとキャラクターはちびまる子と花田少年史を足して二で割った感じですかね。
    その他の部分は人の手が入っている感じの温かみのある画風で
    絵本を読んでいるような感じでした。

    正直な所、僕の想像では絵の柔らかい雰囲気からほんわかしたいい話だなぁ的な物かと思っていましたが結構重かったです。
    時々挟む笑いの要素で微妙にバランスを保ってる感じです。
    泣きまではしなかったけど
    ずーっと胸が締め付けれるような話です。
    劇中の流れから戦争映画によくある最悪のバットエンドも考えたんですけど、幸いにもそれはなかったかな。でも良かったのか、悪かったのか??
    中で描かれるエピソードに関して結論付けてない所が結構多くて
    見る人によって解釈は結構別れる映画なんじゃないでしょうか。
    感情の描写は戦時中が題材のものにしてはちょっと変わってたかな
    結構生々しいのもあります

    前にテレビで広島だったか呉の年配の方が当時の雰囲気そのままって泣いてましたね
    一部の人にとっては本当に特別な映画なんでしょう

    なんだろう
    安易に良いとか悪いとかで語る作品ではなかったかな
    すずさんの声役ののんは結構ハマリ役でした。

    是非劇場で見て見てください
    日が当たって良かったな
    この作品
    杏仁
    杏仁の感想・レビュー
    約6時間
    4.0
    くすっと笑えてぽろっと泣ける作品でした
    Naoki
    Naokiの感想・レビュー
    約6時間
    4.0
    主人公すずさんの声役をしてるのんがすごくマッチしていた。

    戦時中一般人(すずさん)目線で話しが進んでいくんだけどそこが新しくもあり良かった。
    戦争ってすごく絶望的に語られていくことが多いけど実際はもっと希望とか夢とかあってすごく必死に生きていたんだなーと戦争の体験をまた違う視点で捉えられてよかった。
    135
    135の感想・レビュー
    約7時間
    -
    みんなが、みんなの大事な人達と笑って生きていきたいですね。
    かとん
    かとんの感想・レビュー
    約7時間
    3.5

    このレビューはネタバレを含みます

    主人公がスイカを思い出すシーンで泣きました。
    越後
    越後の感想・レビュー
    約7時間
    4.2
    戦時下、呉に嫁いだすず。
    戦時下の人々の営みを丁寧に、しかし淡々と描いたアニメーション作品。

    ほんと素晴らしかった。
    朝イチの回で観に行きましたが、劇場は満員。
    じわじわと支持率を伸ばしているのは聞いていましたが、まさかここまでとは!

    私はまず原作を読んでいたので、ストーリーに関しては把握済み。
    アニメになることでどう表現されるのか楽しみにしていたのですが、はっきり言って期待以上の完成度でした。
    もちろん、2時間という枠の中なので、原作のエピソードは取捨選択されていて、アニメとしての「この世界の片隅に」として再構成されていました。

    監督が徹底的に考証を重ねたということで、原作では省略されていた街並みなどの背景がしっかり描かれており、より人々の暮らしの現実感が強まっていました。
    そのおかげで、日常にすっと忍び込んで、平穏を奪っていく戦争の異常性が際立っていました。
    空襲のシーンは本当に怖いです。
    いわゆる戦争映画はたくさん観てきましたが、こういう表現の仕方ってありそうで無かったので、すごく新鮮でした。
    なんといっても、過去と今が繋がっている、という感覚が強い余韻として残ります。

    のんの演技も主人公のキャラクターにマッチしていて、すごく良かった。
    少しでも興味がある人は是非劇場へ。
    ふじっこ
    ふじっこの感想・レビュー
    約7時間
    4.6


    戦争の重さ、ぐさっときて言葉にならなかった
    のんちゃんの演技が、主人公にも映画にもハマってた。この声でないと、全部観きれなかったと思う。
    大切な人を毎日、大事にしなきゃな。
    >|