この世界の片隅に(2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:126分
    監督
    片渕須直
    原作
    こうの史代
    キャスト
    のん(能年玲奈)
    細谷佳正
    稲葉菜月
    尾身美詞
    小野大輔
    潘めぐみ
    岩井七世
    澁谷天外
    あらすじ
    どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

    「この世界の片隅に」に投稿された感想・レビュー

    はぎみー
    はぎみーの感想・レビュー
    4時間
    4.0
    大学の授業で見ました
    元々 昔の話が大好きなわたしにとって
    とても良き
    与えられた環境の中で あまり苦に思わず
    前向きで小さなことに幸せを感じながら
    一生懸命生きてるところが良かった

    穏やかで家族とか結婚相手とかみずはらさんとの関係とか色々 あ〜〜ってなった
    何回か見て 理解を深めたいな〜
    はしもと
    はしもとの感想・レビュー
    7時間
    4.1
    ひとの幸せを願うとき、突き詰めたらそれはそのひとに"普通"を願うものなんでしょう。なんにも考えずぼーっと生き続けるなんてきっと誰にも無理だから、世界はなんにも考えずに生き続けられるようなところではないから、だから尚更そのひとにはごく普通の、あたりまえのような幸せを願うんでしょう。

    自分もね。自分も普通に、「あれよりはましだよね」なんてそんな幸せの感じ方ではなくて、まっすぐ普通に幸せでいられたらいいのにな、とか。そうやってみんな生きていくんだよな、とか。それは時代がどうとかの話じゃなかった。

    ぐろいというか、悲しいシーンみたいな、そういうのは勿論あるけど、全体的にずっと優しくて、圧倒的に泣ける!泣かせに来てる!クライマックス!っていうような露骨にきついのはないから、逆にリアルにぐさぐさ来る感じ。かな。じんわり全身に染みてくるような。

    時間をあけてまた見たいと思える映画。
    玉置雄也
    玉置雄也の感想・レビュー
    7時間
    3.0
    俺の中に全然入ってこない映画でした。
    buno
    bunoの感想・レビュー
    8時間
    -
    のんちゃん良かった。
    Mariko
    Marikoの感想・レビュー
    9時間
    3.6
    私がこの映画を観てそこまで感動できなかったとある人に言ったら、それは私にまだ本当に大切だと思える人がいないからだと言われました。なんか寂しい。
    みんみんぜみ
    みんみんぜみの感想・レビュー
    11時間
    3.9
    穏やかで幸せで切なくて恐ろしい、そして暖かい。戦争だからって全てが不幸じゃない。それぞれにちゃんと人生がある、みんな生きている。
    おわったあと、『もう1度目見たい』って素直に思った。
    猫のヒゲ
    猫のヒゲの感想・レビュー
    1日
    4.0
    記録
    良かったーー。主人公話すたんびにのんさん出てきてしまう。
    よんなむスタイル
    よんなむスタイルの感想・レビュー
    1日
    3.5
    のんの声が意外に合ってた。

    戦争という一見、非日常に思える中での日常を描いているのが新しい。
    かんぞう
    かんぞうの感想・レビュー
    1日
    3.9
    日常性と異常性
    やっぱり能年玲奈は天才だよね

    小説版が甘美と聞いたので読みたいです。
    >|