この世界の片隅にの作品情報・感想・評価

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

4.2

あらすじ

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が…

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

もっと、暗いトーンで進んでいくのかと思ってたけど、そんなことなく気負いしなくみれた。
最初ちょっと置いてかれて誰が誰か分からなくなったりもしたけど、戦争の惨禍を後世に伝えるのに必要とされてる形の作品に感じた。
伏線が多いので一回通してみただけで分からないところも個人的にはポイントたかい
16/11/7
本当に淡々と描いてるだけなのに良い
詳しくは書かないが主演声優が能年玲奈だったのには大きな意味があったなあ

18/1/23 レポートで言及するため鑑賞
戦争中でも変わらない日常と、変わっていく日常。たとえ大切な人を失っても家がなくなっても、居場所まではなくならないんだと。
世界の片隅にっていう言葉が綺麗で深くて胸に刻まれた。原作も皆に読んでほしい。
かのみ

かのみの感想・評価

4.0
戦争は悲しいし苦しいし怖い、けれどその中で確かに紡がれた市井の暮らしや人生があった。ご飯を食べて笑って、横並びで眠って。戦時下に生きた人々は不幸だった、なんて一言で片付けてしまえるものじゃない。

「まだ若いのに、子どもがいるのに、可哀想に…なんて思われたくない。なぜなら、病気になったことは私の人生を代表する出来事ではないから」という小林麻央さんの言葉をふと思い出した。
mfj3

mfj3の感想・評価

5.0
すばらしい!もう言葉はありません。後世に残していって欲しい!
poem

poemの感想・評価

4.7
既に何回も鑑賞しているものの、見るたびに新たな発見がある。戦争とは何か?生きることの意味とは?後半は反戦を物語る強いメッセージ性を感じるが、この映画の醍醐味は戦争だけではないと思う。愛情に人情、広島という地域、戦前の人々の文化や生活と様々な物語が織り合わさってできた大作だと私は確信している。水原さんが賞を獲得したすずのあの絵が大好き。あの絵から消えていく水原さんのカットとかたまらなく格好いい。
今年末の長尺編も鑑賞しに行きたいし、何より早くDVDを買わねば…。

このレビューはネタバレを含みます

戦争しかも広島ですが意外と死ぬ人が少ない。
日常がジワジワと壊れて戦争に洗脳されていくのがこわい。
エンドロールで拾った女の子とお義姉さんが仲良くなってたのが良かった。
最初はほのぼのしたストーリー。その時代に生きた「普通」の人々をユーモアも加えて描かれていた。戦争はただ怖い、グロい、ってありきたりな感じではなく、戦争によって、日常が変わって行く感じが出てたのでより一層怖くなった。
ゆるり

ゆるりの感想・評価

4.7
すごくよかった。
戦争ものだが重くなく描かれていて、当たり前のように家族がしんでも冗談を言う。それこそが戦争の恐ろしさを浮き彫りにしていて素晴らしいと思った。
戦争を体験したことのない平和慣れしてしまった世代の私たちが見るべき作品。
原作読みてえ
途中で出てきた遊郭の女の子の意味が絶対なんかあるやん、って思ってググったらやっぱそうだったようなので原作読みてえ
>|