この世界の片隅にの作品情報・感想・評価

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

4.3

あらすじ

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が…

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

mayo

mayoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

国のために頑張ってきたのにそれが報われないと話すシーンが泣けました。戦争に賛成反対関係なく、国が頑張る、誰もが頑張る風潮の中で生きてきた人々の虚しさ。
Hanapuu

Hanapuuの感想・評価

4.4
戦争の中にある日常が描かれていて、より当時の実情を感じれました。
ぱん

ぱんの感想・評価

4.5
ずっとずっと観たくてやっと映画館で観ることができた。
この作品は戦時中を舞台にしているけれど、戦争をテーマにしているわけではないところがとても良くて、
戦時中でもその時代の人達にはそれが日常で、主人公であるすずさんの日常を描いている。
のん(能年玲奈ちゃん)が声優をしてるんだけど、とっても合っていて、
のんがやる事で、すずさんがより魅力的になってたと思う。
観る人みんながすずさんの幸せを望んでいたはず。
前半のすずさん達の慎ましくも幸せな日常の描写があったから、
後半になるにつれ激しくなっていく空襲と、迫ってくる8月6日が切なく悔しく悲しかった。

鑑賞後、原作との比較サイトを読んで、2人のあのシーンには本当は裏にこんな出来事があった、と知って、より納得する反面、すずさんには健やかな夫婦関係でブレることなく幸せでいて欲しいから、映画はあれで良かったなって思った。
周作さんのあの時のあの行動にはそういう気持ちがあったのかな。
いつか本も読んでみたいな。
れんげ

れんげの感想・評価

4.6
まるで火垂るの墓なのに、サラッと物語られていた。いや、サラッとはしていないのかも知れないけど、絵のタッチや主人公の性分など、内容の重さを中和するかのよう。

終戦記念日によせて。
ゆずる

ゆずるの感想・評価

4.3
記録
戦時中だって日々の暮らしはある 何気無い生活の中にある笑いや寂しさや辛さを切なく柔らかに描くことで現れてくるどうしようもない優しさが却って心に突き刺さる
Wataru

Wataruの感想・評価

4.4
優しさと強さ
ハル

ハルの感想・評価

3.4
声だけでも可愛い
Kana

Kanaの感想・評価

4.5
すごくよかったです。
物語としても楽しい上に、戦争という重く、体験したことのないことをこの主人公のおかげで、さらに身近なものとして捉えることができた。

最後に、あれ?もしかしてあれは…!ってなるのがまた楽しいですよね。

見に行った映画館のロビーから、映画に出てくる景色が実際に見えた。
カヲル

カヲルの感想・評価

3.7
普通感。日常感。

戦争を題材にしてる作品の中でこれが際立ってリアルな作品て他にないんじゃないの。
必要以上に過激なわけでも美しくしてるわけでもなく、あくまで普通でリアル。
優しい
ISHII

ISHIIの感想・評価

4.5
すずさんの実存感がすばらしかった…
>|