この世界の片隅にの作品情報・感想・評価・動画配信

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

観るのをお勧め出来ない人について

筋金入りの本作ファンです。
初めて鑑賞した試写会会場を出た後の記憶が飛ぶほどのショックを受け、その後映画館に8回通いました。
片渕監督が出演するトークショーも見に行き、誌面上のインタビューも無数に読み、数々の評論家のレビューも頭に入れた上で、著しく低い評価を付ける方々の共通点を見出しましたので共有させていただきます。
日本の映画史(世界の、とは言いません)に残る傑作であることは疑いの余地がない本作ですが、合わない人は必ずいるわけで、無駄な時間を使う不幸をひとつでも減らせたら、という思いで書きます。

まず、結論を先に書きます。
見ることをお勧めしないのは、以下のような方々です。
(1)戦争や原爆を、伝承すべき悲劇として認識している人
(2)話にオチを求める人
(3)芸能人の声優登用に強い拒否反応を示す人

まず(1)です。
特に「火垂るの墓」や「はだしのゲン」を戦争映画の到達点とする方々人に多いようですが、戦争や原爆の悲劇性を直接的に分かりやすく伝承するために戦争映画は存在している、と考える方々がいらっしゃいます。
考え方は人それぞれですが、そのような方々の評価軸に本作は当てはまらず、むしろ逆方向の描き方に怒りを覚えると思います。
まず、そもそも本作は戦争映画ではなく人間賛歌なので、戦争や原爆の悲劇性を直接的には描きません。
作品が志向するのはただ一つ、架空の女性である「すずさん」が本当に存在し、この時代を生きていたかのような現代との地続き感を演出することのみの一点であり、ここにスタッフの魂と全精力が込められています。
もちろん戦争が大きなモチーフになっていることを否定はしませんが、作品が直接的に描くのは一人の女性の人生の一部であり、戦争や原爆の存在は「ぼーっとしちょる」彼女の主観の一部ですので、その悲惨さは彼女の視点を通して視える一部のみが描かれます。
彼女の人生にとって戦争とは、炊事に創意工夫を強いられる配給生活であり、自分の右腕と姪の命を吹き飛ばした爆弾であり、夫の過去を知る夜の女の所在をかき消した空襲であり、実家の家族の命と未来を奪った原爆であり、彼女の人生に直接的にどう関わったかという点でしか、彼女は戦争を実感できません。
一方で彼女は生きていかなければならず、海水をバケツに汲んで持ち帰って味付けに利用し、義父の手によって電灯の暗幕が取り去られた明るい食卓を取り戻し、原爆孤児を引き取って養子にし、残った左手で出来る家事に取り組み、その後の人生を淡々と歩んでいきます。
その先には現代の暮らしがあることに気付いた我々は、とんでもなく悲惨な愚行である戦争や原爆というものの存在を知識ではなく初めて「体験」し、改めて今の平和の尊さに思い至るのです。
このように、本作は戦争や原爆を特異的な悲劇ではなく、日常に起こった一事件として描いていますので、戦争や原爆の悲劇性を浮き彫りにしないことに不満を覚える方は、観るのはやめましょう。
本当に時間の無駄です。

次に、(2)です。
前段の説明の通り、このような構造になっているため本作では明確なカタルシスを得ることができません。
「そうだったのか!謎が解けた!」「ざまあみろ!すっきりした!」そんな着地点がどこにも存在しません。残るのは終わりの見えない地続き感のみ。
これを凄まじい体験だと感じる方も実に多いのですが、エンタメってそうじゃないだろ?と考える一部の方には全く不向きな作品です。
絶対に観ないでください。

最後に、(3)です。
主役の声を務めるのんの声は、文句のつけようのない演技力を見せるプロ声優陣と比較して、非常に浮いています。これに関しては好みの問題だとしか言えませんね。
結果的に彼女の登用は正解だったと思いますが、作中ですぐに年齢が一気に飛ぶので、冒頭の幼少期の演技だけは子役を使ってもよかったかもしれません。
逆に言うと、冒頭の彼女の演技に我慢できる人は、何とか最後まで観ることが出来るでしょう。
sara

saraの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

戦争が淡々と描かれていて、人が死ぬのが当たり前に描かれているのに「悲しい戦争」なはずなのになぜか悲しくない。
絵と音楽と方言、のんびりな主人公になぜかほっこりする映画。
沢山印象が残るシーンや言葉があった。
一昨日広島に旅行に行ってきたばかりで、色々と情景が浮かんだ。

まず始まりの曲がなんとも切ない。泣きたくなった。
物に対する価値観、もっと物に対して愛情を持ったり大切にしなければなと思った。
あとご飯を試行錯誤して作るところ、料理が楽しそうに描かれていた。
当時の人はとても力強く生きていたのだな、と感じた。

一番印象に残ったシーンはすずさんが「今ここに絵の具があれば」と言った空襲のシーン。
恐ろしい情景なはずなのに、なぜか鮮やかで、現実離れした美しさに見惚れたのか。


・過ぎた事、選ばんかった道、みな覚めた夢と変わりやせんな。
・あっけのう人はおらんなる。姿が見えんようなれば、もう、言葉は届かん。

人間一日の決断回数はかなりあると言われているけれど、自分が選択した道は、何がどうあれ最良の選択なのかも、と思った。
後悔したとしても、その時の自分はどちらにせよその道を選んでいるだろうし、その直後はたとえ受け入れることができなかったとしても、その後をどう生きるか、に繋がる気がする。
考え方一つで本当に変わる物だと思う、物は考えよう。


普通に生活して普通に生きていく、それは意外と難しい事なのかもしれない。
こういうコロナ禍の中で、差別があったり、世界のどこかでは戦争があったり。
自分が置かれている環境下に感謝している反面、同じ地球で色々な事が起こっていて悲しくなる。


そして周作、推せる。
優しくて、包容力があって、嫉妬したり、可愛いが爆発してる!
直接的な言葉はないけど本当に愛を感じた。
キュンキュンするシーンもありました😅
こまき

こまきの感想・評価

3.8
綺麗な終わり方してるけど、最後に家に来る女の子みたいな状況になる人達が実際にたくさんいたんだろうなあって思うと悲しくなった😔
温かくて切ない
前半と後半の高低差がすごい
ところどころキャラクター達の心情がわからなかった

柔らかい絵なのに日常シーンの背景に飛行機の音が絶え間なく流れてたり、空襲を防空壕で耐え凌ぐシーンは臨場感満載で戦争を体験したことはないけどすごくリアルに感じた
製作陣の平凡な日常と暴力の描きわけの拘りがひしひし伝わってきた

このレビューはネタバレを含みます

戦争の話だと思い見てなかったけど戦争の話じゃないと言われ見てみたら戦争の話でした
久しぶりに途中で飽きて辞めることなく観れた。
日常の中に戦争がある歪さ
入り込んでたからこそピカっと光った時身体跳ねるくらいびっくりした…
火垂るの墓と同じくらい 1度は見るべき映画だった。手をつけるの遅くなったけど…
Maverick

Maverickの感想・評価

4.0
背景が緻密なのに人間のセルがシンプルでどっちにも目がいく
首の角度が日本昔ばなし
光当たってるところが薄い
ヒキの絵の切り替えがはやい

デザイン
4頭身くらいのキャラデザが
戦争映画を和らげてるから良き


ストーリー
「なにが良かったんやろうか」
ストレスしかない生活で、絵を描くことが支えになってたすずにとって
右手を失う
ことが何より辛いことを表す表現
その場で泣き崩れるとかじゃないのがリアル

アニメーション
湯気がきれい
mayu

mayuの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

戦争の話。もっと早く観るべきだった。知識として知っていたり、実際に広島の原爆ドームへ行った事もあったりしたけど、この映画を観たら、より自分事として色々と考えることができた。

戦争面だけでなく、この時代の「暮らし」や「結婚観」についても知ることができ、とても勉強になった。

受け継がれていってほしい作品✨
ほのぼのとした日常の中の戦争を描いているので、戦争がものすごく近い存在に感じる。ゆえに、恐ろしさも痛感する。
のんさんの演技が本当に素晴らしい。
沢

沢の感想・評価

4.0
良かったと記憶しているがあまり覚えてないのでもう一度みたいです
>|

あなたにおすすめの記事