マーターズ(2015年製作の映画)

MARTYRS

上映日:2016年01月26日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:83分
    監督
    ケヴィン・ゴーツ
    マイケル・ゴーツ
    脚本
    マーク・L・スミス
    キャスト
    ベイリーノーブル
    トローヤン・ベリサリオ
    ケイト・バートン
    ブレイク・ロビンス
    あらすじ
    10歳ルーシーは、監禁され虐待されていた 人里離れた倉庫から、逃げ出す。がその心の傷跡は深く、彼女を受け入れた孤児院で恐ろしい悪夢に悩まされる。彼女の唯一の心の安らぎは、同じ年齢のアンナだった。約 10年後 ルーシーは、彼女を監禁していた一家を見つけ出す。そして、アンナと共に、この悪夢を終わらせる為、復讐へと向かう。

    「マーターズ」に投稿された感想・評価

    こちらはリメイク。大衆向けになってるので普通に楽しめます。しかし、その反面、ずっと記憶に残るような作品にはなれず。映画作りの難しさを感じました。とは言えこのジャンルの中では間違いなく良作です。
    オリジナルの方のマーターズのほうがなんかよかったなーって思った。
    うまく言えないけどオリジナルの方が雰囲気がよかったな。

    このレビューはネタバレを含みます

    救いようのない結末から生まれた光が見えたオリジナル版

    救いのある結末から生まれたリメイクの闇

    単なるB級スプラッタもどきになってしまいました。
    オリジナル版は独特の哲学を、凄惨な描写や突発的なシナリオをもってして、それ一発で終わらせない、またそれが作品哲学に意味を成す佳作であったが、そのリメイクとなる本作に価値を見出せず。

    描写自体がマイルドになったこと、プロットの変更やマーターズといえばな前任殉教者の欠如等のキャラクター変更、改変部はとにかくインパクトに欠け改悪としか思えない。
    あれ?これってホラーじゃなくて、サスペンスじゃない?

    設定が緩すぎだし、謎の組織が適当すぎる。
    特殊能力ねぇ...。
    オリジナル版を借りたと思ったら、ハリウッドリメイク版だったオチ。

    幼少期のふたりが回転遊具に寝そべって話すシーン、とても綺麗で
    その時だけまるで永遠のようで。好きです。

    今度ちゃんとオリジナル版見よう。
    なんとか最後までは見たが、もう2度と見たくない作品
    観たよ



    冒頭から
    クリーンであっさりテイスト!
    オリジナルよりも2人の関係性に視点を強く置いた感じでしたね。
    絶望感、喪失感、そして痛々しさはオリジナルの足元にも及ばず良くも悪くも普通のホラー映画になっちゃいましたね( ̄+ー ̄)嫌、悪かないんだけど。

    後マドモアゼルね、、
    マドモアゼルさぁ、、、なんと言うかヒラリークリントン風味で薄味なんだよな〜(´-`).。oO
    オリジナルのマドモアゼルはもっとこう癖が強いのよほんと。

    私は食べ物でも何でも味が濃くて癖の強いのが好きなのでね!!!( ̄+ー ̄)ドヤ
    >|