映画 聲の形の作品情報・感想・評価

映画 聲の形2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:129分

ジャンル:

3.8

あらすじ

『映画 聲の形』に投稿された感想・評価

原作を読んでいたので、一番大事な部分が端折られている印象を強く受けた。
なんで恋愛にもってっちゃうんだろ〜〜〜
天然水

天然水の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

川井さんに関しては、こいつが悪いらしいという先入観が入っていたから、もっと裏で悪いことするのかと思った。
たしかに笑ってたくせに自分だけ罪はないみたいに逃れようとするのは悪いけど、ここまではっきり言わずとも、傍観者には関係ない!と思う人はいるんじゃないのか。
変わりたい。変わりたい。そう言って手話を覚えた2人は素敵だし、十分見える世界が変わっているのではないかな。その点で川井さんは変わろうともせず、自分を正当化しているあたりは好きになれない。

原作を読んでいないので映画だけで。橋での言い合いで、石田くんの発言に対してみんなの幻滅度が異様に高く感じた。そこまで怒る内容でもなかったような気がする(笑)

大人になった今、「小学校の頃は〜」と語り出す人は、昔のことなのに根に持ったり誇りに思ってるように思える。だけど人格形成においてかなり重要な時期なんだなと改めて感じた。

彼らはまだ高校生なので、この経験も素敵な人格形成の糧となっていてほしいものだ。
Yamato

Yamatoの感想・評価

4.1
カワイちゃんが一番悪い。
とにかく絵が綺麗だった。さすが京アニ!!!
あい

あいの感想・評価

3.9
小学校の頃って何にも考えてないのわかる
マイノリティまで理解できないの
み

みの感想・評価

4.0
おい金髪おさげお前ちゃっかり自分も含めてハッピーエンドになろうとしてるがお前だけは違うからな‼️‼️‼️千羽鶴作るセンスまで嫌な人間性出てるぞ‼️‼️‼️

友達と映画見るのの何が嫌かって人に泣かれるのを見られたくないというバカデカプライドが邪魔してくるところなんですよね、が、泣いてしまいました

人の顔にバツつける表現面白い、一瞬信じられるかも…?と思ったあとまたバツが舞い戻ってくるのとかわかるわぁと思った 罰とかかってる…わけないよな
Rinka

Rinkaの感想・評価

3.5
変わる人は変わる。
変われない人は変われない。
小学生って時に残酷で、一生の傷を与えるなあと。成長過程で変われる子とそうじゃない子の人間味的なものがリアルに描写されてた。
日本って人の顔にバツをつけてた方が生きやすい世界でもあるのかも。

障害を持ってる人、過去のトラウマで前が向けない人、世界には数えきれないコンプレックスと悩みで溢れているんだな。
そう思ったら、本当に少しだけ心が軽くなりそうなきがする。
これ小学生に道徳の授業で見せたらいいと思う。
泣きはしなかったんだけど、いい話?すごい話だなとは思った。序盤の描写がすごい不快だったので男の子にだいぶ影響起こったのはスカッとしたしそのあと変化していくのも受け入れられた。
あと映像すごい。ぬるっぬる動く。1秒に20枚くらい動かしてそう。
それぞれ考えていることがあるから、誰の視点でも面白そう。
泣けるストーリー、感動するとの口コミで見てみたが、涙も出ずただ淡々とストーリーが進んでいった。なにも感じれなかった。歳をとったのか感受性がなくなったのか、自分でもびっくり。
hisagi

hisagiの感想・評価

3.6
所々分からない場面があったけど
人気な理由は分かったかもしれない
み

みの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

川井さん最後まで好きになれなかった、、西宮さんの『好き』は結局作中では届かなかったのかな。的外れかもだけどいじめの学習教材とかに良さそう。
>|

あなたにおすすめの記事